2019年03月23日

告知2)昭和精吾事務所BARの開催情報、掲載されました

いつも通りリリースしましたら、演劇公演の時並みにあちこち掲載していただけました。
朝日新聞デジタルにまで・・・!




[掲載一部]

・朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/area/event/detail/10339668.html

・Yahoo!ロコ
https://loco.yahoo.co.jp/event/bfc4dd2e8f9a343f385c4e28fa8f280888e7bbbc/

・BIGLOBE旅行
https://travel.biglobe.ne.jp/family/event/detail/10339668.html
事務所BAR_BL

・パナソニック おでかけ旅ガイド
https://odekake-strada.panasonic.jp/search/detail.php?dest=event_10339668

・ニコン すぽっとサーチ
https://spotsearch.nikon-image.com/EventDetail?eventId=10339668

・J:COM ZAQおでかけガイド
https://odekake.zaq.ne.jp/b/zaq/info/eb10339668/?poi=event

・大東建託 進化する暮らし
https://dk-kurashi.com/events/10339668


ご協力ありがとうございました。



昭和精吾事務所BAR
〜まりママ&イッキパパNight〜
3月27日(水)18〜24時
新宿シアターPOO

94BFC5E6-134E-4D30-ADA8-FCFB610943F2


昭和精吾事務所の
こもだまり・イッキが
一日ママ&パパとしてお出迎え!
(モバシロもたぶん一緒)

公演日はいつもゆっくりできないので、
特に演し物を用意せずお話する機会を設けました。
寺山修司さん・昭和さんの話でも、人生相談でも(笑)。
ご予約は特に必要ありません。
ふらっと、お気軽にお越しくださいませ。


料金)チャージ800円(お通し付)

あとはお好きなものをご注文ください。
ドリンクはシアターPOOの基本メニューです。

お通しはポテトサラダかスープでも作ります。

「簡単なのいくつか作るよ」と言ったらイッキさんが
「俺もなんか作る!」
「え、作れるの?」
「友達においしいつまみのレシピ聞くから大丈夫!」←

ということなので、何品かフードも出すとおもいます。


物販は、事務所グッズは持って行きますので、お気軽にご用命ください。
平日夜ですが、初登板なので応援に&冷やかしにいらして。

※グッズ内容はこちらをご参照ください。
[昭和精吾事務所 SHOP]
https://showaseigo.theshop.jp
※この他にも、なめくじ劇場、麻人楽グッズも置く予定です。

会場)

新宿シアターPOO
JR新宿駅・東南口より徒歩1分
東京都新宿区新宿3-35-5 守ビル3F
TEL&FAX:03-3341-8992
http://www.poo.co.jp/

7A32D9AD-CCF9-455C-ACF5-4CBCBF6B844F

[昭和精吾事務所とは]
演劇実験室◎天井桟敷 伝説のアジテーター昭和精吾が、寺山修司の死後、語り続けるため設立した個人事務所。
舞台装置もなく声の力のみで情景を鮮明に想起させる語りで、2015年他界の2週間前まで生涯、寺山修司の作品を上演し続けた。
2016年、昭和精吾と18年に渡りともに活動してきた二人、代表・こもだまり・副代表・イッキを中心とした新体制で再始動。
音楽・映像作家・西邑卓哲(FOXPILL CULT)を迎え、既存の作品の保存に止まらず、岸田理生アヴァンギャルドフェスティバルへの参加や、映像による照明と音を同期させる幻想音楽劇、麻人楽の製作など。

公式 http://bit.ly/showaseigo


このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 02:17|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2019年03月22日

水鏡譚)久津佳奈[ひさつ・かな]さん出演決定!

昭和精吾事務所にまた、新しい風!

[出演]■久津佳奈 Kana HISATSU

役者/ダンサー/振付師/初期装備DJ/MC/整体師と
詰め込めるだけ詰め込むエンターテイメント何でも屋さん
【ステージマイスター】

久津2

ストリートダンスの経験から楽曲に対する高い感性を持ち、その感性は役者としての演技にも活かされている。
座右の銘は“為せば成る”。
「今生まれている感情に素直に」を信条とし、表情や身体全体を使いその場に必要な空気を作ることを得意とする。


■twitter
http://twitter.com/k_hisatsu
■ブログ「久しいの『久』にさんずいの『津』で久津です。」
https://ameblo.jp/hisatsu-hisa/ 

【今後の出演】
3/23(土) #ユウヤのパジャマparty @池袋バナナボンゴ
3/30(土) #supernova_dj @恵比寿umineko
5/11(土) 劇団たんぱく質 「うろおぼえがいっぱいコレクション2」 @中野nakanof


---
☞こもだとは今井夢子(椿組)主宰のManhattan96 レヴュー#3「50とひとつの蝶結び」(2016)で共演。



2年半前、梶原航さんとも出会った公演で初共演した久津さん。
主宰の今井夢子さんは椿組だけど、彼女は全然アングラの人じゃない、どころかストリートダンサーが基となっている女優。昭和精吾事務所を見たときもびっくりしたと思うけど「見られてよかった」と言ってくれて、今回の出演依頼もすぐお返事いただけました。うれしいな。

初共演の作品で、わたしが歌って語ったワンシーン「カミとタブレット」の中では敵国の王子と王女。
(なので今も、わたしはひさつさんを「わたしの王子」と呼んでいます(笑))
舞台上で直接会話するのはほんの一瞬だけど、私たちの中ではとても強烈で濃厚な時間でした。
夢ちゃんの集めた出演者たちは強くて暖かい人ばかりで、梶くんの動かすワークで深く交流したおかげで仲良しで、今も「まり姉」って呼んでくれます。

久津さんは中でも特に感受性が豊かというか、素直というか、自分の中にあるものを表現する/受けるというワークでは暴発するのが当たり前(笑)、それだけこの場を信頼して開いているんだなあと感じたのを覚えています。
そしてわたしは開放してる人がいると同調して泣いちゃう「吊られ泣き」かつ、喜怒哀楽どれでも昂ぶると泣く「昂奮泣き」の人なので、久津さんと一緒にポロポロ泣いては、みんな(梶くん・夢ちゃん・ウッチー・あっちゃん・りおりお・ゆきちゃん・鶴ちゃん・本間さん)に「あーまたこの感受性コンビがぁ(笑)、よしよしよしよし(੭ु ´ω`)੭ु⁾⁾」て囲まれたものでした。
あれ、そんな話でしたっけ?

公式プロフ写真もうひとつ置いて仕切り直し!
久津1

今回「草迷宮」という作品を上演するにあたり、明役をどなたにお願いするか長いこと悩んでいました。
そんな折、久津さんから届いた公演告知に共通の知り合いがいるとわかって少し盛り上がって「またひさつとも共演したいな」「そうですね、ぜひいつか」的な何気ない会話をした。そしたら天啓のごとく和装の久津さんが浮かんだ。その公演はわたしの栃木行きとドン被りだったので、栃木に行く電車に揺られながら、この公演が終わったらお声掛けしてみよう、とワクワクしたのを思い出します。

いろんな偶然がわたしたちをまた繋げてくれました。
こういうのってきっと、強い。

(こもだまり)
==================

昭和精吾事務所 公演
水鏡譚 -すいきょうたん-

闇夜に覗く水鏡 映るは現世か、幻か。

2019.6.25(火)・26(水)・27(木)
こまばアゴラ劇場
※タイムテーブル後日発表

作:寺山修司/岸田理生「草迷宮」
構成・演出:こもだまり
映像・音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)


水鏡譚修正m
天井桟敷の伝説のアジテーター・昭和精吾。
装置もなく、語りの力のみで情景を鮮烈に想起させる彼の技法を継ぐ昭和精吾事務所第二世代が 昭和精吾と所縁のある二人の作家の作品を上演。


■詳細(3/22現在) http://bit.ly/skt_z
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【料金】4月16日先行発売予定
前売一般3500円 前売学生2500円 ※当日券は+500円
※リオフェス通し券10000円取扱あり ※リオフェス全演目を一度ずつ見られます
【会場】こまばアゴラ劇場
目黒区駒場1-11-13
京王井の頭線 駒場東大前駅(東口)徒歩3分
www.komaba-agora.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 21:30|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2019年03月20日

2019年3月、このあとの出没予定

3月中にまとめたいことがあったり、
あらたな出演者が決まったり、
お仕事のオファーがあったり、
ヒューマンアカデミーでの演技講師2期めの最終日が近づいてきたり。

そんなわたしの三月の予定まとめ。
「出没」とはなにか!?
つい首を突っ込んでしまう出没加減に、どうぞご期待ください。






それぞれの詳細はこちら!

▶︎3/20 西邑卓哲(FOXPILL CULT)生誕祭/ポトラッチデッドvol.31




▶︎3/27 昭和精吾事務所BAR@新宿シアターPOO 一日ママ&パパ
http://komodamari.blog.jp/20190301.html

▶︎3/31 ナカムラマサ首個展『首茶論-クビサロン-』@ことたりぬ






このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月11日

御礼)舞台芸術創造機関SAI「イト2019」終幕

『イト2019』終幕。
イトシリーズに返り咲きました!

3/8に栃木入りして、二日間のワークインプログレス(完成までのプロセスを作品とみなす手法のこと)を経て、3日めに一度だけ上演しました。
東京組7人+栃木組6人=13人の出演者でお届けしました。
(とっきーと大島さんは栃木勢とも言えるか?)

イトシリーズに返り咲き。
プロジェクトリーダーとして企画をひっぱった常盤さん、お疲れさまでした。
舞台芸術創造機関SAIの皆様、呼んでくれてありがとうございました。
以下、Twitter投稿を交えてご紹介。




[ワークショップ]3月8日・9日
[上演]2019年 3月10日(日) 17:00 南宇都宮 悠日


[出演]
常盤美妃(舞台芸術創造機関SAI)
三國谷花(舞台芸術創造機関SAI)
倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
渋谷翼(舞台芸術創造機関SAI)

大島朋恵(りくろあれ)
こもだまり(昭和精吾事務所)
小林機械

阿久津奈愛
今井悠莉
奈良貴大
橋本栖実(ニノマルプロジェクト)
丸井裕也(ニノマルプロジェクト)
吉成容平(ニノマルプロジェクト)

■プロジェクト「イト2019」■
企画担当:常盤美妃(舞台芸術創造機関SAI)
照明:RON(Unique Rabbits)
音響:森島修一
協力:PATCH-WORKS アトリエ・サードプレイズ 兎亭 演劇集団つむぐ 劇団シンの箱 昭和精吾事務所 りくろあれ
企画/製作:舞台芸術創造機関SAI

=====
栃木勢紹介
=====
生徒ガル:阿久津奈愛
生徒ヲタ:今井悠莉

高校卒業したてのナチカとユーリ。
臆することなく、まっすぐ前向きに取り組んでくれたし、過酷な現場だなあと思うのにふたりの楽しんでいる様子に「このまま突き進めばいいんだ」と勇気をもらいました。
あとユーリくんに「まりたん、衣装のベストむっちゃ似合いますね!」と褒められたのも自慢しておきます。

生徒バン:奈良貴大
生徒タイ:吉成容平
(ニノマルプロジェクト)
イト2017にも出演し、別次元の母役が大好評(なので今回も続投)のタカさん。
学ランが似合いすぎたので、ちょっと長ランの番長役。
ヨシさんは素朴で直線的な体育会系の学生、バンとタカはライバルだが最後は共闘するのがいいね。

生徒イン:橋本栖実(ニノマルプロジェクト)
生徒ブン:丸井裕也(ニノマルプロジェクト)
委員長役のハシさんも栃木上演の「贋作マッチ売りの少女」に出演している。ナチカに付けまつげの装着方法を丁寧に教えてあげていたのが印象的。
マルさんは、女性キャストのつもりで解説に「文芸部、腐女子」と書かれたのに黒縁メガネと柔らかな口調でハマっていた文学青年役。東京勢を宇都宮駅までお迎えに来ていただいたり、ありがとうございました。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)演劇・舞台 

2019年03月03日

御礼)ムラさん企画ライブ「Thank you for coming vol.12」ゲストボーカル

ひさびさ歌のお仕事でした。
10年くらい前になりますか、わたしがフロントマン(語りと唄)をしていた犬吠埼ヂル氏率いるバンド第十三号雑居房の二代目ベースとしてしばらく一緒に活動したムラさんこと村上和臣氏の企画ライブで、
なんともう12回目。何度かオファー頂いてたけどムラさん曰く「だいたい百眼とかぶってたよね〜」でやっと参加することができました。




「Thank you for coming vol.12」@早稲田RiNen
出演/
じどうぽるの砲♡
灯月いつか&ハヤシタカユキ
内山ゲートウェイ (Vo.こもだまり/音子/灯月いつか/葵うさぎ/はるのうらこ)
LiLee+phallus(倖田李梨)
音子


Twitter投稿の引用で紹介します。





そうなんです、いろいろ不都合あったらと思って当日まで黙ってましたが、
「首吊りの木」(詞:寺山修司、曲:J・A・シーザー)を歌ってきました。
月蝕の詩劇ライブで、はるのうらこさんボーカルの為にムラさんがしたアレンジなんですって。
「まりさん出るならこれしかない!」って思ったそうで、原曲との差にびっくりしたけど、プログレ(人間椅子)色加わってかっこいいので、「やる!」と言いました。


この日は気付いたら、イッキさんと西邑さんもそれぞれ本番日で、昭和精吾事務所はあちこちでがんばってたひな祭りでした。



バンド時代の写真。一枚目のわたしの奥にいる長髪がムラさんです。
着付けとメイク済ませて会場入りしたらムラさんが「まりさん絶対着物だと思った。見た瞬間それそれ!って思った」と言うから、
「じゃあ衣装訊いたときに言えばよかったのに」
「いやあ、そこはさ・・・(阿吽の呼吸でしょう?)」
気持ちが通じてよかった(笑)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月01日

告知)3/27水、新宿シアターPOOで昭和精吾事務所BAR開催!1日ママ&パパします

昭和精吾事務所BAR
〜まりママ&イッキパパNight〜
3月27日(水)18〜24時
新宿シアターPOO

94BFC5E6-134E-4D30-ADA8-FCFB610943F2


昭和精吾事務所の
こもだまり・イッキが
一日ママ&パパとしてお出迎え!
(モバシロもたぶん一緒)


公演日はいつもゆっくりできないので、
特に演し物を用意せずお話する機会を設けました。
寺山修司さん・昭和さんの話でも、人生相談でも(笑)。
ご予約は特に必要ありません。
ふらっと、お気軽にお越しくださいませ。


料金)チャージ800円(お通し付)

あとはお好きなものをご注文ください。
ドリンクはシアターPOOの基本メニューです。

お通しはポテトサラダでも作ります。

「簡単なのいくつか作るよ」と言ったらイッキさんが
「俺もなんか作る!」
「え、作れるの?」
「友達においしいつまみのレシピ聞くから大丈夫!」←

ということなので、何品かフードも出すとおもいます。


物販は、事務所グッズは持って行きますので、お気軽にご用命ください。
平日夜ですが、初登板なので応援に&冷やかしにいらして。

※グッズ内容はこちらをご参照ください。
[昭和精吾事務所 SHOP]
https://showaseigo.theshop.jp
※この他にも、なめくじ劇場、麻人楽グッズ等も置くかも。

会場)

新宿シアターPOO
JR新宿駅・東南口より徒歩1分
東京都新宿区新宿3-35-5 守ビル3F
TEL&FAX:03-3341-8992
http://www.poo.co.jp/

7A32D9AD-CCF9-455C-ACF5-4CBCBF6B844F

[昭和精吾事務所とは]
演劇実験室◎天井桟敷 伝説のアジテーター昭和精吾が、寺山修司の死後、語り続けるため設立した個人事務所。
舞台装置もなく声の力のみで情景を鮮明に想起させる語りで、2015年他界の2週間前まで生涯、寺山修司の作品を上演し続けた。
2016年、昭和精吾と18年に渡りともに活動してきた二人、代表・こもだまり・副代表・イッキを中心とした新体制で再始動。
音楽・映像作家・西邑卓哲(FOXPILL CULT)を迎え、既存の作品の保存に止まらず、岸田理生アヴァンギャルドフェスティバルへの参加や、映像による照明と音を同期させる幻想音楽劇、麻人楽の製作など。

公式 http://bit.ly/showaseigo

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2019年02月21日

告知)3/10日 舞台芸術創造機関SAI「イト2019」出演します




2011年、4人(+生演奏)で「イト」初演。
2012年、加筆されてpit北/区域で大人数で「イト」再演。
2014年5月、関連作「PARADE」に出演。
同年11月、舞台芸術創造機関SAI十周年企画で大人数で「展示する演劇- イト2014」を上演。

そんな風に何度も姿を変えて、その度わたしの役割も変わりながら共に歩んできた「イト」です。
今回も、プロジェクトリーダーの常盤美妃さんの意図を汲み、あらたな要素が加わってまた生まれ変わりました。

本読みをしても、倉垣おにい(脚本・演出)の言を聞いても、思い出すからふと苦しくなったり悲しくなったりする。
レモンを見ただけで酸っぱいみたいに、台詞を見ただけで当時の光景を思い出す。
前にも書いているけど、知っている台詞や風景のせいで、間違ってしまった前世の記憶を反芻させられてるような感覚で、苦しくなる。(だから嫌だというのではないです、念のため。普段生きるのには考えていたら不具合あるから忘れているけれど、忘れちゃいけない記憶や出来事がふと蘇るときがあるでしょう、そんな感じです)…と書きながら、今回のプロジェクトの意図そのものじゃないか、と驚いている。

「青春群像劇」と謳っている作品群ですが、今回が一番、恋しいということに焦点が当たっている気がします。遠く離れてしまって、もう触れることができない誰かを想ったり、それでもどうにかしようとするような気持ち。


わたしとおにいは『イト』初演では「セカイ」開発者のコンビ、ジミ(とラリ。
『イト2012』では「オトウサン」と「オカアサン」。
『PARADE』では「イミ」と「ハライ」という存在。
『イト2014』ではオトウサンでありながらイミであるような存在と、オカアサンでありながらハライであるような存在(伝わる気がしない…)。

今回はどんなでしょうね。
プロジェクトリーダーの常盤美妃さんより「倉垣さんとこもださんで」というコンビ指名だったので、久々のおにいとの絡み!楽しみです。

あ!あと、音楽。『PARADE』主題歌「プラルサナ」は、りくろあれ(大島さん)作で、
あとは初演時からお世話になっているAsohgiさんの楽曲です!




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 04:35|PermalinkComments(0)演劇・舞台 

2019年02月19日

告知)6/25-27 昭和精吾事務所『水鏡譚』こまばアゴラ/リオフェス2019参加

2017年『血系譜』(原作『吸血鬼』)
2018年『七七火-なななぬか-』(原作『火學お七』)
そして今年は『水鏡譚』です。

J・A・シーザーの楽曲に乗せて語られる青森の母親殺し、寺山修司の長編叙事詩『李庚順』
寺山修司との共同執筆で知られる映画『草迷宮』のリオ版戯曲を元に
記憶の面影を探し迷宮を彷徨う人々を映像×音楽×語りで凝縮した音楽劇『水鏡譚』をお届けします。



昭和精吾事務所 公演
水鏡譚 -すいきょうたん-
 

闇夜に覗く水鏡 映るは現世か、幻か。


2019.6.25(火)・26(水)・27(木)※タイムテーブル後日発表
こまばアゴラ劇場

水鏡譚修正m


作:寺山修司/岸田理生「草迷宮」
構成・演出:こもだまり
映像・音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)



天井桟敷の伝説のアジテーター・昭和精吾。
装置もなく、語りの力のみで情景を鮮烈に想起させる彼の技法を継ぐ昭和精吾事務所第二世代が 昭和精吾と所縁のある二人の作家の作品を上演。



[出演]※名前のLINKは個人twitter

こもだまり http://bit.ly/showaseigo



イッキ(アクロスエンタテインメント/なめくじ劇場)


西邑卓哲(FOXPILL CULT)http://foxpill.com/


左右田歌鈴



久津佳奈
久津2


---
昭和精吾 ※映像出演 http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/syowa/



ほか出演者随時発表!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【料金】4/16先行発売予定
前売一般3500円 前売学生2500円
※通し券10000円取扱あり(リオフェス全演目を一度ずつ見られます)

【会場】こまばアゴラ劇場
目黒区駒場1-11-13
京王井の頭線 駒場東大前駅(東口)徒歩3分
www.komaba-agora.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月15日

昭和精吾事務所通販サイトリニューアルOPEN & ミニシロお取扱い開始

14日とゾロ目進行の昭和精吾事務所、
1月14日に通販サイトを改装OPENしました!

[昭和精吾事務所 通販サイト]
https://showaseigo.theshop.jp/

54508D2F-C125-46CF-BC39-CE01412D7747

コンビニ振込とかできるみたいです。

そして2月14日にはミニシロ広報動画作りました(笑)








ぜひ、チョコの空き箱持参でお迎えにいらして。
もちろんこれまでのグッズや、「氾濫原」音源もお取扱い中です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 18:21|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2019年02月14日

代表就任3周年

本日2019年2月14日にて、事務所代表に就任して3年が経ちました。
『仮面劇・犬神』に登場する【シロ】(犬の生首)が公式マスコットになった年でした。





3年目は、2本の公演を打ちました。




ひとつめが7月、リオフェス2018参加作品『七七火-なななぬか-/七七歌-ナナナノカ-』

うちの三本柱のふたり、イッキ・西邑卓哲(FOXPILL CULT)さん、
2017年に続き出演の麻宮チヒロさん、左右田歌鈴さん、稲川実加さん、
そしてあらたに鋤柄拓也さん、餅月わらびさんが出演。

昭和精吾【生誕77年】記念に、昭和さんが出演した岸田理生作品【火學お七】が題材の麻人楽音楽劇と寺山作品を上演。七尽くしの企画でした。
7月7日の特別ライブには、蘭妖子さん、犬神サアカス團の凶子さん・情次2号さん、死神紫郎さん、虚飾集団廻天百眼の石井飛鳥さんの協力で、紅日毬子さん・十三月紅夜さんがゲスト出演。




ふたつめは12月、昭和精吾誕生日企画『氾濫原-はんらんげん-』


この昭和精吾の語りが、氾濫する水のように拡がれという想いを込めてつけた名前です。
【こもだまり×●●】というコラボ企画で、
イッキ、西邑卓哲さん(FOXPILL CULT)、左右田歌鈴さんという昭和精吾事務所常連のほか、ゲストに小林桂太さん(演劇実験室◎万有引力)、梶原航さん(航跡/ZINGY ZAP)、本山由乃さん(劇団ロオル)、死神紫郎さんを迎えてギュッと2ステージ。

昭和精吾映像、イッキとも李庚順でコラボ。全員参加のコラボ音源集も発売しました。
テキストは寺山修司、岸田理生のほか、今井夢子さん(Manhattan96/椿組)の作品と、数年振りに横田創さんの「短歌零年」を上演しました。



ほかにも、2013年の昭和精吾復活の年からずっと当日制作を支えてくれている舞台芸術創造機関SAIの倉垣吉宏さん・常盤美妃さん・渋谷翼さん。
リオフェス参加に際し、お力添え下さる理生さんを偲ぶ会の宗方駿さん、理生さんとともに活動していた友貞京子さん、雛涼子さん(ユニットR)。
昭和精吾時代から音響オペを続けてくれてる、信頼の飯塚ひとみさん。
そして昭和精吾没後もかわらず音楽を使わせてくださるJ・A・シーザーさん。


昭和精吾事務所を支えてくださる人、関わってくださる人が増えていく、嬉しい年でした。
そうだ、「あしたのジョー」連載50年を記念した読売新聞から「力石徹告別式」に関して資料を提供したりインタビューを受けたりという代表らしい業務もありました(残念ながらスペースの都合で名前は掲載されずでしたが)。


そして、公式マスコットとなったシロをモデルに
7月に左右田歌鈴さん製作のふわふわのモバイルシロ、通称「モバシロ」が誕生。


そして12月には森下保さん製作の本体のミニチュア版「ミニシロ」が誕生。

ミニシロは量産型で販売中です。


■昭和精吾事務所通販サイト■
https://showaseigo.theshop.jp


今日で4年目突入、そろそろ代表と名乗ることには慣れてきましたが、
今後裾野を広げていくため、今年は積極的に、昭和精吾事務所としてイベントやワークショップを企画したいと考えています。

6月25〜27日に今年もリオフェスにて新作『水鏡譚』を上演します。
イッキ、西邑卓哲(FOXPILL CULT)さん、左右田歌鈴さんの出演と、一部スタッフが決定しています。
どうぞお楽しみに。


今後とも応援よろしくお願いいたします。



(2018.12.14「氾濫原」上演後のシアターpooにて イッキさん、西邑卓哲さんと)

昭和精吾事務所
こもだまり

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 20:28|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所