2018年12月10日

氾濫原)コラボ演目紹介

氾濫原で上演する、コラボ演目を紹介します。
(イッキ、西邑卓哲、死神紫郎はこのほかにソロ演目あり)


==================

▶︎こもだまり×本山由乃
【身毒丸ダイジェスト/岸田理生】

音楽・映像・演奏:西邑卓哲
※本山由乃は15:00の回のみ出演





▶︎こもだまり×死神紫郎
【蝉が鳴いて 私が呻いて/死神紫郎】
▶︎イッキ×死神紫郎
【恐山和讃】

※死神紫郎は19:30の回のみ出演


▶︎こもだまり×小林桂太×左右田歌鈴
【麻人楽音楽劇・血系譜/岸田理生「吸血鬼」】

音楽・映像・演奏:西邑卓哲


▶︎こもだまり×小林桂太
【少年航空兵の背理】

演奏:西邑卓哲




▶︎こもだまり×西邑卓哲
【銀幕哀吟/寺山修司】他

作曲:朝比奈尚行



▶︎こもだまり×昭和精吾(※映像出演)
【長篇叙事詩・李庚順/寺山修司】

音楽:J・A・シーザー


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月03日

氾濫原)イッキ、出演します。



12月2日21時の発表した通り「今回はおやすみです」とお知らせしていたイッキが出演します。

あちこちに載せちゃって[居ない居ない詐欺]って言われそう。
とはいえ「イッキさん居ない、どうしよう…」によって企画が産まれたので、結果オーライかと!
出られるようになった理由は、きっと本人が14日にお話します(笑)


イッキは昭和精吾より受け継いだ、あの詩を叫びます。
引き続き応援よろしくお願いいたします。

構成も見えてきたので、そろそろ演目紹介をしようと思います。

昭和精吾事務所 企画公演
氾濫原 -はんらんげん-
2018.12.14(金)15:00/19:30 (上演時間110分予定)
新宿シアターpoo
 

☞公演詳細 http://komodamari.blog.jp/201812z.html
☞予約フォーム http://bit.ly/hrg-r





このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2018年11月22日

氾濫原)公演情報を掲載していただきました

▶︎朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/area/event/detail/10328279.html




▶︎Walkerplus(KADOKAWA)
https://www.walkerplus.com/event_list/20181214/ar0313TER/t_shinjuku/2.html




万有引力のメルマガにも、 
小林桂太さん外部出演情報として紹介されました。

▶︎演劇実験室◎万有引力メルマガ 臨時増刊号11/20発刊




ほか、たくさん情報を掲載していただけました。
少しでも多くのかたに届きますように。

チラシは、idenshi195「眼球綺譚/再生」、劇団ロオル「まぼろしの薔薇」等で配布中。
11/24FOXPILL CULTライブにも持っていきますので、よかったらお声かけてくださいませ。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 22:22|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2018年11月20日

氾濫原)フライヤー完成しました



12月企画公演「氾濫原-はんらんげん-」のフライヤーが完成しました。
今回も西邑卓哲(FOXPILL CULT)さんのデザインです。

もとの仮チラシごらんになってた方はその違いをお楽しみください。
あらためて出演者が豪華!!


常連組の西邑卓哲さん、左右田歌鈴さんとともに、
ゲストのみなさんとつくるコラボ短篇集!
まだこれから、演目やら協力者も追ってご報告いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 17:12|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2018年11月18日

感想)演劇実験室◎万有引力「狂人教育」観劇




ご挨拶も兼ねて14日(チケット発売日)にザ・スズナリの
演劇実験室◎万有引力「狂人教育」-人形と俳優との偶発的邂逅劇- へ。


10分前到着予測で下北沢駅からさくさく歩いていると、目の前に見知った背中が。
「シーザー先生!おはようございますこもだです!」
黙って追い抜く訳には行かないし、大きく声をかける。振り向いて
「お!俺もギリギリだよ」。
ふたりで速足で歩きながら、12月14日に「李庚順」の楽曲を使わせていただくお礼と、先日の古稀のお祝いを伝える。
「昭和さん14日が誕生日なのか…」
「そうですね、寺山さんともわたしとも近くて」
昭和さんとふたりで万有を見に行って、一緒に打ち上げにお邪魔してた頃はシーザー氏の感情は読めなくて、とてもクールな人という印象だったけど(最初に一緒に飲んだのは2010年「くるみ割り人形」だと思う。桂太さんがくるみ割り人形で、ようこちゃんがクララだった)、万有忘年会やシーザーコンサートに行ったりしたせいで馴染んだのか、表情がわかるようになってきた。
あとは[昭和さんのとこの子]だからだろう。昭和さんにとって兄貴分だった寺山さんは(会ったことないのに)わたしやイッキさんにとっては伯父貴のような存在で、昭和さんより歳下のシーザー氏だって叔父貴という感じなのだ。
「では、チケットの精算がありますので、わたしは走ります!」と告げて、一足先に劇場にダッシュ。


「狂人教育」は、実は初めて触れた寺山修司の戯曲。
高校2年生の全国高等学校演劇大会の演目候補としてあがって読んだ。
青蛾館の初期一幕劇連続上演(2013)でも青木砂織演出で上演されたのも見ている。

もともと人形劇団「ひとみ座」のために書かれた作品だという。
いま改めて戯曲を読みかえすと、なるほど人形使いと人形の関係が肝だ。
17歳で戯曲を読んだときにはその構造はまったく理解できなかった。
本来なら交わらない世界の者が会話する、見えていないはずの「人形使い」が「人形使い」として喋ってしまうこと(=邪宗門でも使われる手法)が衝撃だったわけだ。

青蛾館で見た記憶からは[人形]ということがなぜか完全に抜け落ちていた。
「家族の中にひとり狂人がいる」と言われて、疑い、告発しあう場面が強い印象を残すからだろうか。
それとも人形使いも人形も、同様に誇張して人らしく演出されていたからだろうか。
(5年も前なので記憶があいまい)

今日の「狂人教育」では、人形役は終始人形としての身振りで、
人形使いは闇に紛れ、暗躍し、
舞台に吊られた人間大の人形がブラブラと揺れていたり、
人形と人形使いの住むふたつの世界が、白黒の衣装でも演出でもくっきりと区別されていて、揺るがないところが美しい。

見ている間ずっと、おそらくわたしは満足気に笑っていたと思う。
万有引力を見に行くときに「見たい」と思う項目がふんだんに詰まっていたし、
構造も、演出も、既存の作品を書き換えて いま彼らが上演する「意義」とはこういうことだと感じた。

その日に興奮してたくさんツイートしたので、あとはそのまま引用します。
今までみた万有で一番好きな舞台かも。
見に行けてよかった!













このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 02:23|PermalinkComments(0)演劇・舞台 

2018年11月17日

氾濫原)4人目のゲストに小林桂太氏(演劇実験室◎万有引力)決定!

11月14日、発売日の夜に急に発表となりました。

演劇実験室◎万有引力・小林桂太さんの出演が決定!

出演者のお名前が出揃いまして、お写真を並べて感慨に浸っています。
ありがたいことです。


小林桂太さんとは青蛾館「青ひげ公の城」で初共演。
わたしは千賀ゆう子さんとふたりで「朗読者」という特殊な役回りで、他の俳優さんとほとんど絡みのない役でした。
桂太さんが稽古場で、自分の役のことだけでなく、作品全体を広く見渡して思考し、取る振る舞い。
わたしは大学で劇団旗揚げに参加したせいか、昭和精吾事務所でも俳優だけに専念することがなく、その振る舞いはとても勉強になりました。
ごく自然にそれをする桂太さん、歴史ある劇団に長く所属する人の強さだ、と感じました。
で、生意気にも飲みの席で意見交換させてもらったりしました。いま思えば本当に生意気(笑)

桂太さんは昭和精吾とも親交があったし、わたしの舞台も(昭和精吾事務所以外も)いくつも見てくださいました。去年の市街劇「田園に死す」参加により、万有引力の稽古場に潜入し、ともに青森へ。
そんな流れもあり今回、お招きに応じていただけました。
寺山さんの世界をたくさんご存知の頼もしい兄貴を迎え、なにをするか楽しみでなりません。


[ゲスト出演]■小林桂太(こばやし・けいた)



俳優。1993年、演劇実験室◉万有引力に入団。俳優のほか舞台監督や演出もこなす。
野村萬斎『マクベス』、青蛾館などへの外部出演も。

所属:演劇実験室◉万有引力


☞こもだとは青蛾館「青ひげ公の城」(2010)
幻想市街劇「田園に死す」三沢篇(2017)で共演。


[出演予定]
公演中
演劇実験室◉万有引力 第67回本公演「狂人教育」-人形と俳優との偶発的邂逅劇-
作:寺山修司 演出・音楽:J・A・シーザー 構成・共同演出:高田恵篤
2018/11/9(金)〜18(祝)下北沢ザ・スズナリ
前売¥4,000円

演劇実験室◉万有引力 第68回本公演「リヴォルヴィング・ランターン」
総合演出・音楽:J・A・シーザー 構成:高田恵篤 演出:力引有万◉室験実劇演
2019/1/10(木)〜15(火)オメガ東京

☞詳細
演劇実験室◉万有引力
https://banyuinryoku.wixsite.com/index


==================

昭和精吾事務所 企画公演
氾濫原 -はんらんげん-
2018.12.14(金)15:00/19:30 (上演時間110分予定)
新宿シアターpoo
 

☞公演詳細 http://komodamari.blog.jp/201812z.html
☞予約フォーム http://bit.ly/hrg-r


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月11日

氾濫原)2018/12/14 出演者プロフィール[11/14更新]

出演してくれる皆さんのプロフィールを紹介します。


昭和精吾事務所 企画公演
氾濫原 -はんらんげん-
2018.12.14(金)15:00/19:30 (上演時間110分予定)
新宿シアターpoo
 

☞公演詳細 http://komodamari.blog.jp/201812z.html


[ゲスト出演]■梶原航(かじわら・わたる)


ハイスピードでもぶれない台詞回し、子供から老人まで七変化する演技力ともに定評があり数々の作品に出演。代表作にラゾーナ川崎プラザソル「ハムレット」(演出:西沢栄治)、CEDAR「夜への長い旅路」(演出:松森望宏)。口跡の鮮やかさと印象的な声を武器に、NHK「青春アドベンチャー」「FMシアター」などラジオドラマでも活躍する。

☞こもだとは今井夢子(椿組)主宰のManhattan96 レヴュー#3「50とひとつの蝶結び」(2016)で共演。

梶原航twitter http://twitter.com/wataru_kaji
航跡 http://kou-seki.net/

梶くんは共演する前にManhattan96の公演で見たことがあった。「卒塔婆小町」を元に夢ちゃんが書いたそのシーンがとても印象的で、見終わったあと興奮して仲間に長いLINEをしたのを覚えている。その二つ先のManhattan96公演への出演依頼をもらった。梶くんが作品を作るところを見てみたい、というのが出演を決めた理由の一つだった。どちらかといえば翻訳物出演の多い梶くん。今回は何をしてくれるのでしょう。売れっ子のため、直前まで本番中。それでも二つ返事で「やるよ!」と言ってくれた。ありがとう!(こもだまり)


タグステ『YOSHITSUNE 〜呪われた英雄〜』
2018/12/5(木)〜9(日) 新宿シアターモリエール
演出:田邊俊喜 脚本:西瓜すいか
前売:プレミアム席 9,000円/一般席 5,500円
※プレミアム席はオリジナルグッズ特典付き
☞詳細
https://homepagetagstage.wixsite.com/yoshitsune
--------------------------------------------


[ゲスト出演]■本山由乃(もとやま・よしの)


15歳より芸能の仕事を始める。
高校卒業後、旅巡業劇団に所属し全国行脚の修行の旅に出る。2年半の巡業後、退団。
東京を拠点として舞台、映像、モデルなどマルチに活動。
2011年より劇団ロオルを主宰として旗揚げ。
同時に演出家、劇作家としても活動を始める。
2015年冬より、中野区観光大使としても活動。

☞こもだとは虚飾集団廻天百眼「悦楽乱歩遊戯」(2017)等で共演。

本山由乃twitter https://twitter.com/ysysyoshino_m
よりどりよしの https://ysysyoshino.jimdo.com/
劇団ロオル http://role.theater/

よしよしは「悦楽乱歩遊戯」内の朗読劇で、とても明晰な発音と情感のある朗読をしていたのが印象に残っていました。先月はproject Nyx「星の王子さま」(作:寺山修司)で点子役を演じるなど、活躍中の女優であり、主宰する劇団ロオルでは脚本・演出も務める才媛。
劇団ロオルは【女性キャストのみで、空想・幻想・現実を描く表現団体】。11月に本公演を控えている。どうぞお見逃しなく!「こもださんとまた共演したいです」と折にふれ言ってくれたのが、頭に残っていたみたい。ご縁のあるpooだしね。よろしくお願いします。(こもだまり)


劇団ロオル第6回本公演「まぼろしの薔薇」
作・演出:本山由乃 
出演:本山由乃、柚木成美、ほか
2018/11/22(木)〜25(日) 高円寺明石スタジオ
前売¥3,500円

☞詳細
http://role.theater/2018/09/29/maboroshinobara/
-------------------------------------------


[ゲスト出演]■死神紫郎(しにがみ・しろう)


2004年から活動するギター弾き歌手。
日本独自の“間合い”を生かした情念フォーク。
展開の多いスリリングな楽曲に変則的なリズムギター、歌舞伎や童謡、ゴシックロックを思わせる歌声が絡み付く。
2018年、死神から死神紫郎に改名。

☞こもだとはこもだのバンド時代に対バン多数。
舞台芸術創造機関SAI「SHUJI TERAYAMA #13」(2013)で共演。
昭和精吾事務所ライブ「七七ノ歌-ナナナノカ-」(2018)に出演。

死神紫郎twitter  http://twitter.com/46shinigami
https://blog.goo.ne.jp/shinigami-itansya

死神さんとは長い知り合いで、その変遷を見てきています。
繊細につくり、緻密に積み上げられた技術で、どんどん研ぎ澄まされていくステージング。見るたび刺激をいただく。先日も、新しい楽器について教えて貰ったり。
7月に参加してくれた事務所ライブ「七七ノ歌-ナナナノカ-」での死神さんもとても好評で、続けて、昭和精吾事務所企画にご参加いただけて嬉しいです。
11月23日にも大きなイベントを控えているのに、快諾ありがとうございます。(こもだまり)


◎2018/11/23(祝) 新宿ロフト「トーゴーフェス」
13:30開演(22:00終)
通常チケット¥5,800+D
Tシャツ付チケット¥8,500+D
※死神紫郎予約→特典CDR有
☞詳細
rosecreate.jp/thogofest
---
◎2018/12/22(土)名古屋サウンドノート※特典あり
-------------------------------------------


[ゲスト出演]■小林桂太(こばやし・けいた)



俳優。1993年、演劇実験室◉万有引力に入団。俳優のほか舞台監督や演出もこなす。
野村萬斎『マクベス』、青蛾館など外部出演も。

☞こもだとは青蛾館「青ひげ公の城」(2010)、幻想市街劇「田園に死す」三沢篇(2017)で共演。

小林桂太twitter:http://twitter.com/k_illuminations
演劇実験室◉万有引力 https://banyuinryoku.wixsite.com/index

桂太さんとは青蛾館「青ひげ公の城」で初共演。桂太さんは昭和精吾とも親交があったし、わたしの舞台も(昭和精吾事務所以外も)いくつも見てくださってます。またご一緒したいと思っていましたが、去年の市街劇「田園に死す」参加でついに万有引力の作品作りを体験。そして今回、昭和精吾事務所にお招きすることができました。寺山さんの世界をたくさんご存知の頼もしい兄貴を迎え、なにをするか楽しみでなりません。快諾ありがとうございます。(こもだまり)



演劇実験室◉万有引力 第67回本公演「狂人教育」-人形と俳優との偶発的邂逅劇-
作:寺山修司 演出・音楽:J・A・シーザー 構成・共同演出:高田恵篤
2018/11/9(金)〜18(祝)下北沢ザ・スズナリ
前売¥4,000円

演劇実験室◉万有引力 第68回本公演「リヴォルヴィング・ランターン」
総合演出・音楽:J・A・シーザー 構成:高田恵篤 演出:力引有万◉室験実劇演
2019/1/10(木)〜15(火)オメガ東京

☞詳細
https://banyuinryoku.wixsite.com/index
---






このあとレギュラー出演陣についても。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

告知)12/14金 昭和精吾事務所企画公演「氾濫原-はんらんげん-」@新宿シアターpoo

[氾濫]とは言わずと知れた、水脈の水量が増して勢いよく溢れでること。
[氾濫原(はんらんげん)]とは、氾濫により浸水する土地のことを指します。

ここから、さらなる遠くへ。
同じ音の氾濫[源]と、ふたつの意味が込められた名前です。

12月14日、昭和精吾の誕生日。
イッキ(大事な仕事で)不在につき、多彩なゲストをお招きしました。
いつもの公演とは趣向のちがう企画公演、どうぞご期待ください。

昭和精吾事務所 企画公演
氾濫原 -はんらんげん-

2018.12.14(金)15:00/19:30 (上演時間110分予定)
新宿シアターpoo
 ※客席数が少ないため、できるだけご予約をお願いいたします。

構成・演出:こもだまり 音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)





天井桟敷の伝説のアジテーター・昭和精吾。
装置もなく、語りの力のみで情景を鮮烈に想起させる彼の技法を継ぐ昭和精吾事務所第二世代が、師の誕生日におくる、平成最終興行!

初の試みとなる【こもだまり×昭和精吾「長篇叙事詩・李庚順」】をはじめ、
こもだが外で出会い 再共演を望んだ人々を招いてのコラボ短篇集。



[出演]
※名前のLINKは個人twitter
出演者プロフィールはこちらにてくわしく



こもだまり http://bit.ly/showaseigo



西邑卓哲(FOXPILL CULT)http://foxpill.com/


左右田歌鈴


---
昭和精吾 ※映像出演 http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/syowa/



イッキ(アクロスエンタテインメント/なめくじ劇場)は今回はお休みです



[ゲスト]
梶原航(航跡/ZINGY ZAP)http://kou-seki.net/


本山由乃(劇団ロオル) ※昼のみ http://role.theater/

死神紫郎 ※夜のみ https://blog.goo.ne.jp/shinigami-itansya


---
小林桂太(演劇実験室◎万有引力)https://banyuinryoku.wixsite.com/index



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【料金】 ※1ドリンク500円

前売・予約:2,800円+1D/当日:3,300+1D
昼夜通し券(前売・当日共)5,000円+2D

※12月生まれの方には当日証明書提示でプレゼントあり
※45分前:受付開始/30分前:開場

【会場】新宿シアターpoo

JR新宿駅東南口より徒歩1分
新宿区新宿3-35-5 守ビル3F TEL&FAX/ 03-3341-8992


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【チケット】
入場順:前売(出演者より直接購入)→予約→当日

1)予約フォーム 11/14(水)18:00〜12/13(木)23:59まで受付
http://bit.ly/hrg-r

2)ほかご予約方法
ご希望の回と、お名前、枚数、ご連絡先(電話かメールアドレス)をお伝えください。

●昭和精吾事務所
メール showaseigo14★gmail.com(★→@)
TEL 050-5318-7445

●シアターpoo(会場)
TEL&FAX 03-3341-8992
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月05日

緊急告知)12/14金 昭和精吾事務所で企画うちます




(2014.12.14 昭和精吾誕生日公演 シアターpoo)


12月14日は昭和精吾の、
12月10日は寺山修司さんの、
そして9日は不肖わたくしの誕生日なので、
来たる12月は昭和精吾事務所的に誕生日月です。
(※イッキさんは1月、西邑さんが2月なので、うちの幹部みんな冬生まれです)

というわけで、(どういうわけで?)今年も12月に、しかも昭和さんの誕生日に企画を打つことになりました。
まだ詳細出ていませんが、日にちと時間と場所だけ、取り急ぎお知らせします。

こもだがこれまでに触れ、またご一緒したいと思っているかたをお招きしたら、
自身の団体の主宰や首脳部として活動している人ばかりでした。

対バン企画のつもりでしたが、どうもコラボ企画となりそうな気配。

また、なんとイッキ不在期間につき、今回初の試みとなる
こもだまり×昭和精吾による「長篇叙事詩・李庚順」にも乞うご期待!


2018.12.14金 15:00/19:30
新宿シアターpoo

(新宿区新宿3-35-5 守ビル3F TEL&FAX/ 03-3341-8992)


[出演]
こもだまり
※イッキ → 今回はおやすみ!
西邑卓哲(FOXPILL CULT)
左右田歌鈴
昭和精吾 ※映像出演




ゲスト枠を近日発表!
続報しばしお待ちください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月29日

2018年、昭和さんの命日に寄せて

事務所のご挨拶は下記に掲載されているので、別のことを書きますね。

▶︎「昭和精吾の陸・海・空」2018.8.29記事☞ http://showa-seigo.blog.jp/180829.html
▶︎お墓のご案内記事☞ http://showa-seigo.blog.jp/151214_2.html


2015年8月29日に昭和さんが急逝して、3年になりました。
その後、お力添えあって2016年末に新体制で活動を再開し、一年一本ペースで3本の公演を打てました。
副代表のイッキや、協力してくれた皆や、応援してくださった皆様のおかげです。
ありがとうございました。

2年半前に代表になってはみたものの、右腕時代とはやるべきことが違って暗中模索の日々。
主宰の先輩方にアドバイスをいただきながら再構築してきて、やっと、あたらしい昭和精吾事務所のかたちが見えてきた感じです。

今年は寺山さん関係者はもちろん、理生さん関係者の方々にも大変お世話になりました。

あんまり詳しく言ってなかったけど例えば、のぐち和美さん(青蛾館主宰)。
数年前、初めてわたしに理生さんの台詞を声にする機会をくれたのが のぐちさんです。
だから今年は別団体(吉野翼企画)とはいえ、リオフェスに一緒に参加できたのが嬉しかったです。

2010年の青蛾館「青ひげ公の城」(座・高円寺)は、寺山修司「青ひげ公の城」と岸田理生「悪徳の栄え」の二本が融合した作品で、わたしがリオフェスに初参加したこの時から、道は今年の(寺山修司×岸田理生二部構成の)「七七火-なななぬか-」に繋がっていたのかもしれませんね。

しかもリオフェスに昭和精吾事務所として初参加の今年題材とした「火學お七」は、昭和さんが出演した作品です。
今回の捜索で昭和さんの書斎からノートや過去台本が発掘されたので、もう少し足跡を辿れそう。


昭和精吾事務所、来年もおそらく6月末〜7月初旬頃に公演を打ちます。
はっきりしたらまた改めてお知らせしますね。
今年あらたに出会えた、理生さんファンのお客様にもまた見て頂けるといいのですが…

そこまで結構間が空くので、あいまに小さめの企画でもできたらいいなと思っています。



「こもだ、あんましがんばるな」と言ってる昭和さんが目に浮かぶようです(笑)
夜、帰宅したら昭和さんと、昭和さんが大好きだったビールを飲みます。


昭和精吾事務所
こもだまり


==================続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:45|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所