2019年05月26日

御礼)5/22 昭和精吾事務所BAR 第三夜[水鏡譚ひと月前]

本番ひと月前なので、この日も20時よりイッキさんによる予告編を上演。

アメリカよの一部でした。

昭和精吾事務所BAR、三夜皆勤賞のお客様、おみやげをくださったお客様、
昭和さんと共演したことある先輩俳優さん(月蝕歌劇団初日を見たあと立ち寄ってくれた)、
わたしの舞台仲間のかたたち(あとD×U×SのBOOくん!)など顔を出してくれて、
人数少なめだったので初めましての皆様をひとつのテーブルに集めて座談会風のBAR…
まあサロンということで。

近況報告から演劇の話、音楽の話(正確には音の話)、
昭和さんの昔話、あ、あと昭和精吾モノマネなど始まったり、濃い夜でした。

ひとが少なかった故にみなさん気を使って帰りづらかったのか(笑)
長時間滞在ありがとうございました。





言われるまで気づかなかった。
それだ、令和初イベント!







ゆきさん長時間おつきあいありがとうございましたー!
本番楽しみにしていてくださいね。


6月は月末本番なのでおやすみをいただいて、第4夜は7月に。
公演の感想などお聞きできたら嬉しいです。

でもその前に、水鏡譚とノーチラスの調べ(6/1 19:00)よろしくお願いします。





このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月13日

告知)劇団フェリーちゃん朗読音楽劇「ノーチラスの調べ」ゲスト出演

廻天百眼で何度もご一緒してる、なにわえわみさんが作・演出を務める[劇団フェリーちゃん]の
朗読劇の日替わりゲストとして、6月1日(土)19時の回に出演します。

廻天百眼『殺しの神戯』で、わみとふたりの語りのシーンがあった。
わみがナレーションで私が登場人物って役割だったけど、ふたりでちらっと読み合わせした時に
「こういうことがしたいんだよね?だったら、こういうやり方があるよ」って提案をちらっとやってみせた。とても短い時間だったのだけど、それがわみには大層おもしろかったようで、ブログに長い文章を書いてくれた。
わみは声楽の勉強をして、今も歌の先生をしていて、専門的に声を聞き分ける耳を持っているという。
それで、どうやったらあの感じの語りができるんだろう、って興味を持ってくれたみたい。

で、今回朗読劇をやるにあたって、オファーをいただいた。
稽古後だったかな、夜遅くに自転車で待ち合わせて、3時間くらい話したんだったかな。

そんなわけで、本番一か月前を切ってるんですが、出演します。

稽古初日。
一応一度読んではいたけど、あんまり作らずに話聞いてから考えよう、って感じで行って、
わみと、初めてちゃんとご挨拶する岩崎さんも楽しそうにいろいろ試してくれて、発想が進む。
終わりがけに「こうしたそうな気配を感じたから、次回それ試さない?」と言ったらふたりとも「わたしもそう思いました!」ってことだったので、持ち越し。

二回目の稽古。
演者三人と音響してくれる住吉さんとの4人で、稽古開始すぐから「こないだ話してたあれから相談しよう」ってアイデア話して、「あとはノリで行ってみよう」って試す。
集中したいい稽古だった!

ちなみにその二度目の稽古は、本編「NEMORABILIA」の衣装メイク付き通し稽古を見学したあとでした。だから、本編の前に上演するものとしてこうしたほうがいいって発想も湧くし、とてもいい時間になったと思う。

フェリーちゃんは3作(正確にはダイジェスト版がひとつあるから2.5作品)めだけど、
今回はわみが出演しないで演出に専念していて、わみが通し稽古を真剣な顔で見ているのも新鮮。そしてその表情は、いままでみたわみである意味一番美しいものだったかもしれない。

出演者さんたちも、通し稽古10分前に入って座ったわたしにそれぞれ挨拶に来てくれた。
(普通なら初対面のかたがいる現場ではわたしから挨拶に回るのですが、通し稽古前なので場を乱さないよう遠慮してたらあちらから来てくれたのでした)
なんと真面目な人々か…そしてまっすぐな瞳で作品に立ち向かうのか…と好感を持ちました。
いい座組です。
(廻天百眼やA・P・B-Tokyoでご一緒した辻真梨乃さん、柚木成美さんもご出演です)

そして、朗読「ノーチラスの調べ」を見てから本編を見るのは、結構わかりやすくていいと思いました。
お時間あるかたは、本編のより一時間だけ早く来て、30分朗読聞いてから続けて見ていただくの、おすすめ!

6月1日19:00〜19:30の朗読に出演したあと、客席で20:00からの本編を一緒に楽しませてもらいます。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 10:37|PermalinkComments(0)演劇・舞台 

水鏡譚)チラシ入稿完了




朝方こんな状態でしたが、先ほど無事に入稿完了。
最近はデータ不備をどきどきして待つくらいなら…とpdf入稿にしています。
以前、トンボのレイヤーに背景載せてて、背景写真全部消えた仕上がり確認用pdfが届いたこともあったなあ…成長したなあ(笑)

pdfだとレスポンスも早くて、入稿1時間以内に仕上がり確認用pdfが届いて、
できました。

f_2109_b

f_2019

早く実物を見たいなあ。
上にも書きましたが、5月下旬からあちこち折り込みます。


5/22 昭和精吾事務所BAR 第三夜
5/22-27 月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』※岬花音菜さん、大島朋恵さん、白川沙夜さん出演
5/29 FOXPILL CULTライブ
5/31-6/2 劇団フェリーちゃん ※こもだ6/1(土)19:00の回 朗読ゲスト出演
6/13-16 A・P・B-Tokyo


他、6/13〜24リオフェス、偏執狂、廻天百眼ハムレットマシーン、3/31廻天百眼ライブなど。
まずは5/14正午のチケット発売です。よろしくお願いいたします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 02:59|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2019年05月12日

水鏡譚フライヤーメインビジュアル完成

今回も秘境までロケに行きまして、撮ってきましたメインビジュアル完成です!
※ロケのことはこちら参照 http://komodamari.blog.jp/archives/2019-04-15.html

f_2019

前々から狙っていたこの雛壇シチュエーション、うまくいくかドキドキしながらの現場入りでした。
Twitterで公開したらなかなか好評で、今回も設営・撮影・編集と西邑さんが大活躍です。
まだまだ音楽や映像で助けてくれるんですけど、
…と書いてるうちに、さっそく仮曲がUPされている!脚本完成急がねば!



この撮影は

撮影・広告デザイン:西邑卓哲
美粧監修:左右田歌鈴
衣装・小道具:こもだまり


そして
題字:砂越聰志

聰志さんは、随分前から知っているうちのお客様。
寺山修司に造詣の深い、そして遊び心があるかたなので、前からなにかと相談に乗ってもらったりしていたのだけど、今回はひょんなことから題字を書いていただきました。
『七七火-なななぬか-』の小道具で実加りんに文字書いてもらったことあるんだけど、生文字(ニュアンス伝われ…!)の力ってすごいですね。おかげでいいのができました。聰志さんも喜んでくれてよかったです。


14日についにチケット発売です。
イープラスにはもう情報自体は公開されていますが、14日正午より受付開始です。
事務所でも、前売とご予約を承ります。
そして、リオフェス通し券(全7演目が一度ずつ見られるチケット)一万円も受付中です。
わたしも参加以前に買ったことあって、前払いしてるからすごく気が楽だし、3つ見たら元が取れるので、おすすめです!

▶︎チケット総合案内 http://bit.ly/ssj_ts
▶︎ご不明点はこちらまでshowaseigo14★gmail.com(★→@)


この一ヶ月、個人的に「撮影」って項目の用事が5つくらいあって、なんだったのかは追い追い発表になると思うのだけど、深夜に長時間カメラマンして筋肉痛になったり、何着たらいいかわからないって直前までうだうだ悩んだり、急いでメイクしたり、猫と遊んだりしました。

それはまた別で書きますね。

昭和精吾事務所恒例、ついでに新アー写も撮ってきたので、(これやると公演数ヶ月前に衣装とか小道具を暫定で決めなくちゃいけないので、大変だけどエンジンかかるし、やってみると生身の力ってすごいからいろいろアイデアが浮かぶし、楽しいです。

この日は、ひさつさん・花音菜ちゃん・歌鈴ちゃんが初対面だったけど、
半日一緒になにかすると、(わたしと西邑さんが撮影準備でテンパって待たせてる間に)、きゃいきゃいと仲良くなってくれたりして、嬉しい。
麻人楽は特にそうだったけど、今回は決め打ちというか、わたしの中でこの人にはこれをお願いしたいっていう役割分担がはっきりしてるのもあって、お互いを認め合ってくれるんじゃないかな。

そんなわけで昨日はチラシの情報面作り(こっちは情報の調整や確認があるので、デザイナーではなく主宰のわたしが作る習わし)のために各人のアー写を選んでいた。初めて見るきれいさだったり、ドラマ性があったり、いい写真が撮れてて楽しい。大量の写真から「いいね」ってのにかたっぱしからタグ付けていく。その中からさらに絞って、本人に候補を送ってダメなの教えてもらって、全体のバランスで決める、みたいな感じ。
イッキさんとぜんさんはおやすみだったから、被写体の男性は西邑さんだけで、しかも西邑さんのはわたしがシャッターを押すから当然なのだけど、西邑さんのはほぼ全部タグついて笑った。
撮影の日にも書いたけど、去年の『七七火-なななぬか-』にも繋がる世界なので、衣装も雰囲気も引き継いでいるところがある。




これが去年の公演『七七火-なななぬか-』のフライヤー。
歌鈴ちゃんは帯まわりと髪飾りのマイナーチェンジ。
花音菜ちゃんは七七火で使った着物に、自分で持ってきてくれた帯。
西邑さんはまったく同じセットだけど、髪色が違うからかなり印象がいました。
ひさつさんは、和装男子、似合ってた。
わたしの着物についてる印をシロにもつけて、髪飾りもお揃い。
どういうことかは、本番で確かめて。



では、いましばらくお待ちくださーい!



このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月11日

リオフェス2019 総合案内

昭和精吾事務所が今年も参加する(正式には2度目、でも一昨年も理生さんで麻人楽やってるから気持ちは3回目)のリオフェス!

今年もラインナップを紹介します。
(各団体のチラシなどまだ手に入っていないのでまた後日)

☞以下、全7公演を一回ずつ見られるリオフェス通し券(1万円)お取扱いあります。
お気軽にお問合せくださいませ。

リオフェス2019チケットとシロ

昭和精吾事務所窓口
showaseigo14★gmail.com(★→@)


▶︎総合チラシ裏表
リオフェス2019チラシ1

リオフェス2019チラシ2



リオフェス2019(第13回岸田理生アバンギャルドフェスティバル)
ー今年も7作品5会場!団体5会場!ワクワクが止まらない!−


リオフェス2019チケット


プロジェクト・ムー「アリス採り」
 原案:岸田理生 脚本:福田光一 演出:大橋宏
 6月13日(木)〜16日(日) プロト・シアター
 前売 3800円 問合せ:080-3242-0773


こちらが理生さんを偲ぶ会代表の宗方さんのチーム。
数年、野外でしたが今年は高田馬場のプロト・シアターだそうです。
いつも大人数出演される作品を作るので、頭が下がります(わたしは3人くらいが得意)。


吉野翼企画「疫病流行記」
 作:寺山修司・岸田理生 構成・演出:吉野翼
 6月13日(木)〜16日(日) 北千住BUoY
 前売 3800円 問合せ:03-6265-0825
https://www.facebook.com/events/%E5%8C%97%E5%8D%83%E4%BD%8Fbuoy/%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B92019-%E5%90%89%E9%87%8E%E7%BF%BC%E4%BC%81%E7%94%BB%E7%96%AB%E7%97%85%E6%B5%81%E8%A1%8C%E8%A8%98-%E4%BD%9C%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8-%E5%B2%B8%E7%94%B0%E7%90%86%E7%94%9F/2061180477294301/


去年は野外で「糸地獄」を上演した吉野翼企画。
吉野さんは絵空箱のオーナーさんでもあります。
餅月わらびも今年の春に吉野さんの舞台に出演しました。
女を描いた作品を、シャープに潔く描くイメージ。媚びない故に見える色気というか。
去年うかうかしてたら完売で見損ねた「糸地獄」のこともインタビューしたい…


ユニットR「ラビリンス」
 原作:岸田理生「恋 其之参」 脚本・演出:諏訪部仁
 6月20日(木)〜23日(日) 中野スタジオあくとれ
 前売 3500円 問合せ:080-9484-7539
http://unitr.art.coocan.jp/labyrinth.html


リオフェス常連、ユニットR。お世話になっている雛涼子さん在籍のチームです。
リオフェスを知ったのも雛さんを見に来たから。
雛さんは、いつまでも錆びない。芳醇な水源を体内に潜めている女性というイメージです。
とてもやさしいけど、表情の変化が目まぐるしくて、猫みたい。
不思議な魅力をたたえた人。
(ユニットR見たさに公演日程を悩む…でも今年も本番間近になってしまった!)


URARA「雪女」
 作:岸田理生 構成・演出:大沢由加子
 6月24日(月) こまばアゴラ劇場
 前売 3000円 問合せ:goldenswallow.co@gmail.com
http://www.komaba-agora.com/play/7935


台本は読んだことがあり、語りものなのでとても気になっています。
去年も、タイミング合わず大沢さん作品は見られていないのです。



※ここに入ります。
f_2019

f_2109_b

昭和精吾事務所『水鏡譚』
 作:寺山修司/岸田理生 構成・演出:こもだまり 音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
 6月25日(火)〜27日(木) こまばアゴラ劇場
 前売3800円 問合せ:showaseigo14★gmail.com(★→@)
http://www.komaba-agora.com/play/8925


劇団 風蝕異人街「メディアマシーン」
 上演台本:岸田理生 構成・演出:こしば きこう
 6月28日(金)〜30日(日) こまばアゴラ劇場
 前売 3000円 問合せ:090-8272-4299
http://www.komaba-agora.com/play/8926


北海道より遠征の劇団。昔ここに所属していた女優さんふたりと仲良しだったのですが、見たことがありません(北海道なので)。数年前、稲川実加さんがゲスト出演しました。わたしの赤襦袢を北の地まで連れて行ってくれたんだったなあ…懐かしい。(わたしは北海道に行ったことがありません)


MISYUKA「吸血伝説」
 作:岸田理生 構成・演出:大沢由加子
 7月11日(木)〜13日(土)六本木ストライプハウスギャラリー
 前売 3000円 問合せ:goldenswallow.co@gmail.com


「雪女」の大沢さんがもう一本。


以上、7公演です。

共催:理生さんを偲ぶ会
提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場



このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 10:17|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2019年05月10日

告知)6/25-27 昭和精吾事務所『水鏡譚』こまばアゴラ/リオフェス2019参加

2017年『血系譜』(原作『吸血鬼』)
2018年『七七火-なななぬか-』(原作『火學お七』)
そして今年は『水鏡譚』。
寺山修司との共同執筆で知られる映画『草迷宮』のリオ版戯曲を軸に、麻人楽音楽劇の新作を作ります。

青森の一人息子の母殺しを描いた長編叙事詩「李庚順」ほか寺山修司の詩を J・A・シーザーの曲に乗せて語る[詩劇]と、
失われた面影と手毬唄を求め彷徨う青年の物語「リオ版・草迷宮」を中心に構成した、映像×音楽×語りの洪水 [幻想音楽劇] の双極で構成した、
昭和精吾事務所版・百物語。



昭和精吾事務所 公演
水鏡譚 -すいきょうたん-
 

f_2019

6/25(火)前夜祭★19:30公開ゲネ※終演後OPパーティあり
6/26(水)15:00、19:30
6/27(木)18:00 

こまばアゴラ劇場


作:寺山修司/岸田理生「草迷宮」「糸地獄」
構成・演出:こもだまり
音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)



天井桟敷の伝説のアジテーター・昭和精吾。
装置もなく、語りの力のみで情景を鮮烈に想起させる彼の技法を継ぐ昭和精吾事務所第二世代が 昭和精吾と所縁のある二人の作家・寺山修司と岸田理生の作品を上演するシリーズ第三弾!



[出演]※名前のLINKは個人twitter

prof_2019ssj_name<
prof_2019_4name



こもだまり
イッキ(アクロスエンタテインメント/なめくじ劇場
西邑卓哲FOXPILL CULT
左右田歌鈴
久津佳奈
ぜん舞台芸術創造機関SAI
岬花音菜


[音声出演]
prof_2019guest_name


のぐち和美青蛾館
大島朋恵りくろあれ
白川沙夜月蝕歌劇団

f_2109_b


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【チケット】(日時指定自由席)
2019年5月14日(火)正午 e+、事務所より同時発売 
水鏡譚チケット


チケット総合案内▶︎http://bit.ly/ssj_ts


入場順:前売→予約→当日

前売・予約 一般3500円/学生2500円
※当日各+500円
公開ゲネ 前売・当日一律 2500円
※公開ゲネ後のオープニングパーティはどなたでもご参加可能です(参加費500円)

※リオフェス通し券10000円取扱あります(リオフェス7演目を一度ずつ見られます)

【会場】こまばアゴラ劇場
目黒区駒場1-11-13
京王井の頭線 駒場東大前駅(東口)徒歩3分
www.komaba-agora.com/

スクリーンショット 2019-05-13 1.13.21


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月07日

チケット総合案内)2019.6.25-27 昭和精吾事務所「水鏡譚」

チケット総合案内

事務所チケット(前売・予約):5月14日正午発売
イープラス前売:5月14日正午発売

※各フォームは発売日より表示されます
☞公演詳細案内 http://bit.ly/skt_z


●チケット
1)6/26,27
前売 一般3,500円
前売 学生 2,500円
(※当日は+500円)
※学生券は当日受付にて学生証要提示。
 年齢が確認できない場合、差額を頂戴いたします。


2)6/25[公開ゲネ]
前売・当日ともに2,500円
※e+では6/25「限定鑑賞券」という名称です

【リオフェス通し券】
リオフォスの全団体を一回ずつ見られる通し券(1万円)もございます。


受付開始:開演45分前 開場:開演30分前
※開場の5分前より受付時配布整理番号順にご整列いただきます
ご入場順:1.事務所前売→2.e+前売→3.予約→4.当日

【チケット取扱所】


事務所チケット(前売・予約):5月14日0:00発売
●昭和精吾事務所
前売(事前精算) 6月14日23:59まで受付
http://bit.ly/ssj_p

※郵送料82円別途頂戴します。

●昭和精吾事務所
予約(当日精算)公演前日23:59まで受付
http://bit.ly/ssj_r




●e+(イープラス) ※発売日0時までは検索してもヒットしません
イープラス前売:5月14日 10:00発売予定
http://bit.ly/201906e[パソコン・携帯]
昭和精吾事務所「水鏡譚」
※上記リンクで飛べなかったらこちらです
https://eplus.jp/sf/detail/2949640001-P0030001

※6/25「限定鑑賞券2500円」が「公開ゲネ」のチケットです。
※リオフェス通し券をお持ちのかたで、ご来場予約をなさる場合は
昭和精吾事務所までご一報ください。

[昭和精吾事務所]
電話 050-5318-7445
showaseigo14★gmail.com(★→@)






このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月04日

寺山修司さん三十七回忌

新宿で中央特快に乗って気がついた…



モバシロ(ふわふわ)は去年の7月に生まれたから、まだ高尾行ったことなかったのに…
ミニシロいつも連れててよかった。









寺山修司記念館が今日の修司忌に向けて、「#修司忌2019 のハッシュタグとお花の絵文字(写真やイラストでも可)をつけて寺山さんにメッセージを贈ろう」という言葉の献花企画をやっていて、事務所とわたし個人で参加しました。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 21:56|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2019年04月30日

御礼)SAIBAR 1周年記念祭 ※ゲストで短編朗読

4月の昭和精吾事務所BAR 水鏡譚チケット先行発売でお世話になったSAIBARが1周年とのことで、
お祝いに駆けつけた。

先のチケ発で『倉垣吉宏の[俺の唐揚げ]』出品してもらったから、
わたしの『ポテト狂いのポテトサラダ』を出品。




この日は17時に天皇退位のお言葉があったので、その生放送を見て、あいにくの雨の中、
自転車で向かう。(どうやら雨が降るのは必然らしい)

初めましてのお客様が多かったけど、SAIのお客様はなんとなくわたしを認識してくれてるみたいで、あたたかく迎えていただけました。
おにいと朗読「星の王子さま」やったハロウィンにお会いした方も数人。

そしてこの日も、平成最終興行として、短編朗読してきました。
平成の終わる4時間前に演し物やるとは予想もしてなかった(笑)

2019.4.30 即興短編朗読「猫の恋」(15分)
テキスト:高橋源一郎/横田創
構成:こもだまり

出演:倉垣吉宏×こもだまり




初演が1999年(あ!シアターPOOだ!)、再演が2014年(ふじみやたくとこもだまり)。
お客様に「20年前の作品ですか」って言われるまで気づかなかった。

その1999年「Air*1999」はわたしが初構成演出した作品で、三人の出演者が声で演奏するというコンセプトで、高橋郁子さんが提唱する、声の楽譜のような形式で書かれています。
「猫の恋」のほか、短歌と詩で構成した「さまでして」と、重奏版「霧笛」。
これは、同じくシアターPOOで出会った昭和さんの公演に「音楽ライブみたい!」って強い影響を受けて作った作品で、短編(レパートリー/音楽家でいうなら曲)を並べてアルバムや公演を作る、ということの実験でした。麻邑楽できたのもこれの蓄積だし、いまの事務所公演に繋がる思想です。
長くなるからこのへんで(笑)。




2014年の再演時と同じ見た目にしてみた。
猫、原作は白猫な気がするけど、たしかこの日は麻邑楽も初ライブでそっちが白い衣装だったからこっちはしましま猫にしたんだったかな?
お客様が指摘してくださった通り、髪型は猫耳。
4月1日のお教室エキシビジョンに続き、
おにいと全然打ち合わせしないでの即興上演は、大変スリリングでしたが、
「そういう解釈で来たか!みたいな読み合いは、やはり楽しいです。
(ただし今後no打ち合わせの時は、ふりがなは振っておこうと思う。)


シロ(モバシロ)も「あ!これが噂の!」って構ってくださる方があり、嬉しい限りです。
ポテサラも、なかなか好評でほっとしました。

BARって、構えずお話できていいですね。
昭和精吾事務所BARもそうありたいところです。

SAIBAR1周年おめでとうございました!
舞台芸術創造機関SAIは、夏に15周年です。


▶︎舞台芸術創造機関SAI公式
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月29日

[昭和精吾事務所BAR]ごあんない

昭和精吾事務所BAR
〜まりママ&イッキパパNight〜
 新宿シアターPOO 

【第四夜】7月××日( )
※6月は本番月なのでおやすみです
 18〜24時(LO.23:30)


昭和精吾事務所BAR看板B

昭和精吾事務所の こもだまり・イッキが 一日ママ&パパとしてお出迎え!
(モバシロもいるので、ツーショットはご自由に)

寺山修司さん・昭和さんの話でも、人生相談でも。
(予告してくれると喜びますが)ご予約は特に必要ありませんので、
ふらっと、お気軽にお越しくださいませ。
公演日はいつもゆっくりお話できないので、会話が目的のBAR営業ですが、
リクエスト等あれば、たまに短くステージがあるかも。


●料金
チャージ800円(お通し付)



▶︎ドリンク:シアターPOOのメニュー
アルコール700円〜
ソフトドリンク500円〜

※ドリンクは主にイッキが担当。

▶︎日替わりフード 400円〜 ※小鉢300円も対応 



==================

●フードメニュー

日替わりです。

◎これまでのラインナップはこんな感じでした◎
・ポテト狂いのポテトサラダ
・ふつうのポテトサラダ
 →上記2種 利きポテサラ
・きんぴら(ごぼう/れんこんピリ辛)
・かんたん棒棒鶏
・新玉ねぎのオニオンスライス
・味付卵
・ふろふき大根
・おにぎり

・イッキの鶏肉ガーリック炒め(なめくじ劇場・アフロ後藤 監修)



参照[3/27のフードメニュー写真]
POO1メニュー




●物販
事務所グッズは持って行きますので、お気軽にご用命ください。

ママハパパ写真2



==================

※来場ポイントカード制導入検討中。

記念すべき第一夜の様子はこちら
過去BAR記事一覧はこちら
==================

※グッズ内容はこちらをご参照ください。
[昭和精吾事務所 SHOP]
https://showaseigo.theshop.jp
※この他にも、なめくじ劇場、麻人楽グッズ等取扱いあります。

●会場
新宿シアターPOO
JR新宿駅・東南口より徒歩1分
東京都新宿区新宿3-35-5 守ビル3F
TEL&FAX:03-3341-8992
http://www.poo.co.jp/





==================続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加