2017年06月21日

事務所仮チラシ入稿



リオフェス用の仮チラシを入稿いたしました。
少しだけ情報解禁されます。
ついに進み出したって感じです。
webでの公式発表はまだ先なのですが、ユニットR『ドア』にお越しのお客様は折込にご注目いただけますと幸いです。
(リオフェス1番手の吉野翼企画『血花血縄』は外部折込受付予定なしなので、チラシを入れていません。)


今月中に本チラシ用の撮影をするのでそれまでにいろいろまとめなければ!
今週は観劇が続くのでいい刺激をもらってきます。

寺山さん以外の作家をしばらくの間読んでいたのですが、おかげで寺山さんの詩を読んだらいつもと違う景色が見えました。まっすぐ進むだけではわからないものが、寄り道すると見えたりするんですね。


twitterで「仮チラシ入稿しました」って書くために、まだ出せない情報をモザイクして、全体にブラー掛けたらモザイクした文字が読めちゃってびっくりしました。あぶなかった!(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月20日

砂々良45周年記念日



おかげさまで砂々良は2017年6月20日で開店45周年を迎えることができました。
ひとえに、ご愛顧のおかげです。ありがとうございました。

この日はたくさんの常連さんが顔を出してくださり、
お酒やお花もたくさん差し入れてくださり、
たくさんお話をし、愛されているお店だなあと嬉しかったです。

ご来店時間がずれててなかなか会えないカウンター族同士が一堂に会すると、なんだか同窓会みたい。


 
お酒(ささら、って名前のお酒。40周年の時にもいただいた)やTOPSのチーズケーキ、このほかにもお土産いろいろいただきました。



最後には、お客様によるお祝いマジック!(一応お顔はモザイクします)
今日のために準備してくれたんですね。ありがとうございました。
ほかにも手品できるお客様がいたので、このあとさらにマジック披露大会が続きました(笑)




今後とも砂々良をよろしくお願いいたします。

ご来店のみなさんにメッセージ書いていただいたので、形にしてマスターにプレゼントしたいと思います。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)砂々良 

2017年05月02日

御礼)麻人楽音楽劇09『犬神抄+k』クレジット(藤田幸也リアル誕生日パーティ@新宿LOFT)

 

5月1日の深夜というか5月2日(藤田幸也氏の誕生日)なりたての深夜に、
お誕生日に華を添えられたらと急遽上演いたしました麻人楽のクレジットを記載します。

麻人楽音楽劇09『犬神抄+k』
〜寺山修司「仮面劇・犬神」より(16分ver.)

2017年5月1日(月)27:00-27:20 新宿 LOFT
[構成・演出]こもだまり
[音楽・映像]西邑卓哲(FOXPILL CULT)



[出演]
月雄:こもだまり(昭和精吾事務所)
鬼の影(シロ):左右田歌鈴
影=詩人:鋤柄拓也
鬼:シロ(昭和精吾事務所)

花嫁(映像):稲川実加
母(映像):こもだまり(昭和精吾事務所)

夫(月雄の父)の声:麻宮チヒロ(舞台芸術創造機関SAI)
近所の女の声:犬神凶子(犬神サアカス團) ※特別出演

先祖の声:のぐち和美(青蛾館) ※特別出演
男の声:イッキ(昭和精吾事務所/アクロス・エンタテインメント)


===
[使用楽曲]
曲/西邑卓哲(FOXPILL CULT)・歌/麻邑楽(こもだまり×西邑卓哲)
亡き母の歌 詞/寺山修司
四つ足 詞/寺山修司
鬼の帰り道 詞/西邑卓哲(FOXPILL CULT)


[スタッフ]
音響映像オペ:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
PA:新宿LOFT
衣装(鬼の影):左右田歌鈴
書(母):稲川実加


[協力]
株式会社テラヤマ・ワールド
昭和精吾事務所
FOXPILL CULT
青蛾館
犬神サアカス團
アクロスエンタテインメント
舞台芸術創造機関SAI
虚飾集団廻天百眼


この日はわたしと歌鈴ちゃんと西邑さんが次の出番の百眼ショウと掛け持ちで、バッタバタしてて集合写真がありません。記録映像は撮ってたけれど、カメラ本体で音声だけチェックをしたときに撮った、モニターの写メしかいまはありません。すっきーごめん…。(映像を手に入れたらもう少しだけきれいな画像を追加します)
☞(やじるし)が指しているのが鋤柄さんの勇姿です。
(どなたか写真お持ちでしたらぜひお知らせください)





さみしいので過去上演時の写真をもう一度。
このあとの本番写真すべて[写真:荒川れいこ(zoisite) 2016.1.20] 







続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月29日

緊急告知)2017.5.1深夜「藤田幸也リアル誕生日パーティ」に麻人楽と廻天百眼とFOXPILL CULT出演決定

本日、幸也さんの誕生日イベントの情報が発表されました。つまり、

【5/1夜・赤坂BLITZ →5/1深夜・新宿LOFT →5/2夜・赤坂BLITZ】

幸也さん、パワフルですね…!
ところで


(2017.4.16のtweet)


ん。大きくしてみよう。


・・・あれ?

「しばらくのんびりします」詐欺で有名になりつつあるうちの代表、
またやってしまったようです…申し訳ありませんでした!!(笑)

だって赤坂BLITZに出演する機会をくださった藤田幸也さんのお誕生日を祝う会だし、
しかも新宿LOFTは出たいと思ったら出られるって会場じゃないし。
西邑さんと相談して「やったほうがいいに決まってる」ということになり、出演することにいたしました。昭和精吾事務所と麻人楽のダブルネームで参加いたします。

なにしろ急で準備期間がないうえ、Kαinの隙間に稽古しなくてはいけない。
参加できる人員から演目を考えようといつものメンバーに打診すると、歌鈴ちゃんが参加してくれるという。
『短歌掛け合い』とか『自殺考』はできるけど、他はおそらくライブだからやっぱり「麻人楽」が合う。じゃあ『犬神抄』をふたりでやる? 不可能ではない。と考えていたら、たまたますっきーが、1日の深夜は朝までいることを小耳に挟む。すっきーにうちわ面だけお願いするなら稽古しなくてもいけるか…?



そんな稽古後に懇親会があった。ちょっと離れて座ってた歌鈴ちゃんとこに赴いて「犬神抄だと思うんだよね」「いいと思います!」「うちわ面をすっきーにお願いしようかと思うんだよね」「いいと思います!」「よし」「なんなら台詞も言ってもらえばいいんじゃないですかー?」「!!」
話してみるもんだな、むしろ歌鈴ちゃんが「わたし台詞をやります」っていう可能性のほうを想像してた。
そんなわけで、鋤柄さんにその旨打診したら「やります!」とこちらも即答。
そう、すっきーとは、みかりんと青蛾館の『仮面劇・犬神』で出会ったのよね。
短めのダイジェスト版をもう一度作ります。
(シロをきれいにしたらすぐ出番きた!!)


麻人楽(昭和精吾事務所)音楽劇09『犬神抄+k』
〜寺山修司「仮面劇・犬神」より

2017年5月1日(月)深夜 新宿 LOFT (『藤田幸也リアル誕生日パーティ』にて)
[構成・演出]こもだまり
[音楽・映像]西邑卓哲(FOXPILL CULT)



[出演]
こもだまり(昭和精吾事務所)
左右田歌鈴
鋤柄拓也

[映像出演]
稲川実加

[音声出演]
のぐち和美(青蛾館) ※特別出演
犬神凶子(犬神サアカス團) ※特別出演

麻宮チヒロ(舞台芸術創造機関SAI)
イッキ(昭和精吾事務所/アクロス・エンタテインメント)



Kαinの2Days VIPチケットをお持ちの方はフリーでご入場。
それ以外のお客様には、当日券が会場にて販売されるようです。

わたしと左右田歌鈴さんと西邑卓哲さんは廻天百眼ショウにも出演します!
西邑卓哲さん率いるFOXPILL CULTも出演します!
プエルさん脱退後の初ライブです。応援に来てくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月16日

告知)2017.5.1 Kαin AKASAKA BLITZ 2DAYSワンマン初日に出演&演出協力



Kαin AKASAKA BLITZ 2DAYS GIGS
「THE LIVE Kaleidoscope 2017」

2017.5.1(月)「All My Reason」※こちらの日のみ参加
2017.5.2(火)「All I Want」

今年の11月で10周年を迎える、藤田幸也氏の率いるKαinの赤坂BLITZ 2DAYSワンマンライブに参加します。俳優やってて赤坂BLITZに立つ日が来るとは…!ありがたい機会をいただきました。

YUKIYAさんこと藤田幸也さんは、1993年、D≒SIREのボーカリストとして活動開始し、バンド解散以降はDir en greyをプロデュースした時期もあり、ずっとヴィジュアル系音楽界で活躍され続けているかたです。そろ活動や2007年にKαin結成、現在に至るまでKαinのヴォーカリストとして活動していらっしゃいます。
(これまでのことは末尾のリンク、インタビュー記事などご覧ください)

経緯は、幸也さんが交流のある若きアーティストふたりとコラボしたいということで
西邑卓哲さん、アシケンタさんのお二人に声を掛け、
西邑さんが5/1の一部の曲の中でのパフォーマンスを演出するにあたり、西邑さんより昭和精吾事務所と廻天百眼に協力要請があった、という次第です。

同じく演出協力の石井さんと、小道具班としても活躍予定の紅夜さんと、稽古初日前日に事前打ち合わせしてきましたら、絵コンテ見ながら「?」「??」「明日聞きましょう!」となったりもしながら(演劇に携わっているとはいえ、やはり音楽・バンドの人なのだなあと実感)、稽古初日を終え、一同張り切っております。楽曲を繰り返し聞いて浸っております。

われわれの衣装は廻天百眼の笠原さやかさんが担当。
パフォーマーは百眼でお馴染みの顔のほか、麻人楽組や青蛾館等で知った強豪も招聘したので、楽しみにしていてください。
和物だったら、うちのシロも(綺麗になったし)出してあげたかったんですけどね、顔大きいから映えるでしょうし(笑)

チケットは4/22発売です。未成年者はなんと前売チケットキャッシュバック制度があるとのこと!どうぞ奮ってご利用くださいませ。








以下、公式サイトより引用の詳細情報。


遂に、2017年のKαin赤坂BLITZ 2DAYSワンマンの詳細が公式に情報解禁されました。


今年の11月で10周年を迎えるKαinの集大成としてはもちろん、

アーティストとしてこの20数年を生きることが出来た、自分の「藤田幸也」としての全てを詰め込み皆さんにお見せ出来る公演になると思います。

過去、みなさんが愛してくれた俺のバンド…「D≒SIRE」や「JILS」を経て、やっと「此処」に来れたのか…と思っていただけるような公演にしたいと心から思っています。


今回の赤坂BLITZ公演ではYUKIYAの描くイメージを具現化するために、YUKIYAが現在最も信頼するクリエイターとのコラボレーションが実現しました。

5月1日公演ではステージ演出として、バンド「FOXPILL CULT」のボーカル&ギターでありながら、映像作家としての顔も持ち、さらに劇団「廻天百眼」の音楽監督をつとめるなど、演劇/映像の分野でも活躍する奇才「西邑卓哲」が参加。

演出には昭和精吾事務所、虚飾集団廻天百眼の協力も得て、バンドマン以前の少年時代にYUKIYAが憧れた文学性やアンダーグラウンドの空気や感覚…その系譜をいまあえてKαinの世界に持ち込めればと思っています。

さらに今回の公演のために、アートディレクションを行いYUKIYAとともに「Kaleidoscope」の世界観を構築している気鋭のアートディレクター「アシケンタ」は本公演の世界観ともリンクする独自のアート作品展「The Art of Kaleidoscope」を5月末日から都内で開催。こちらにも音楽面でKαinのATSUSHIとYUKIYAが全面的に協力しています。

個性際立つ才能と才能が複雑に絡み合い融合し…単なるロックバンドのライブという概念を超えた世界を、赤坂BLITZで皆さんにお見せ出来ると思います。

5月2日公演ではその世界観の確立された空間の中で、Kαinというバンドの持つもうひとつの側面、肉体的なバンドとしてのライブ感の最もダイナミズムに溢れた部分にスポットを当て、みなさんとひとつになりたいと思っています。

また新たな試みとして、今回の2DAYSでは会場に足を運んでいただいた未成年のお客様全員にチケット代全額をキャッシュバック致します。(※一般「自由」チケットのみ)
現在もっとも(本来の意味で)「インディーズ」な「ロック」や「アート」というモノに触れてみる、ひとつの機会になればと思っています。


5月1日と2日、このライブで死んでもいい覚悟でやります。(5月3日からも怒濤のスケジュールは続きますが…笑)

最高のメンバー、仲間と共に、赤坂BLITZでお待ちしています。

-藤田幸也-



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月15日

羽野幸春先生のこと

2017年3月20日は、都立駒場高校時代の恩師・羽野幸春先生のお通夜でした。



青蛾館『中国の不思議な役人』本番2日目の深夜に、ご家族よりお知らせいただきました。
本番中唯一のマチネだけの日がお通夜で、本番中にもかかわらず列席できたのでした。
会場のウェルカムボードに先生の写真がたくさん飾られていたので、
列席できなかったみなさまにお見せしようと、そっと撮影してきました。
お会いした時はもう見事な白髪だった先生の若いころ。かわいらしいポーズ(笑)




羽野先生は担任でもなく、倫理の授業を受けただけです。
それでも、卒業してからも連絡を取っていた先生です。
訊けば「倫理」という科目がない学校も多いらしい。
最初の授業では、パスカルの『パンセ』の話をされました。
「人間は考える葦である」という一言は有名だと思いますが、先生はこの続きも教えてくれました。

人間は自然のうちで最も弱い一茎の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である。(略)
宇宙は空間によって私を包むが、私は思考によって宇宙を包むことができる。


発想の転換!たぶんその時わたしの口は「あ」の形に開いていたと思います。
掴みはばっちりというやつですね。それからわたしは倫理の授業が楽しみになったのです。


最も記憶に残っているのはギリシャ悲劇『オイディプス』の回です。
(詳しいことは割愛しますが)
父・オイディプス王が汚れとして追放され、弟のクレオンが王となる。
オイディプスの息子達は後継者争いをし、兄王子が敵国を率いて母国に攻め入り、兄と弟は相打ちで戦死。弟は国葬されたが、兄は逆賊として遺体を野に放置される。その処遇に対して、妹たち・アンティゴネーとイスメネ姉妹がどう行動したか…ということを話し、先生はアンケートを取りました。
「ここまでの物語を聞いて、クレオン・アンティゴネー・イスメネのうち最も誰に共感するか、理由もつけて書いてください。」
後日、廊下で会った羽野先生に「あなたのクラスで、クレオンに票を入れた女子生徒はあなただけでしたよ」と話しかけられました。わたしの中では断然クレオンだったので意外でした。次の授業で配られた集計表を見たらその通りで、いろんな考えの人がいるんだなあと知ったのでした。16歳の頃のお話です。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)読書 | 日々雑記

2017年03月24日

御礼)青蛾館『中国の不思議な役人』終幕






2017年3月17〜22日、東京芸術劇場シアターウエストにて、出演者総勢35名の大所帯公演。





劇団じゃないのに劇団並みに、表で裏で皆が走り回り、とにかく走り続けた作品でした。
わたしは(廻天百眼本番が3/7まであったので)最後の2週間しか稽古にがっつりいることが出来ず、スタートの数日と休演日1日だけ青蛾館の稽古に来て、また数日ザムザに通い、ここに戻った時には暖かく「おかえり」と言って迎えてくださった座組の皆さんには感謝しています。

マダム青蛾の館に集うものたちの、ひとときの激しく美しい夢でした。
最終日のウォーミングアップ中に一年前の『くるみ割り人形』でも共演したさおちゃん(中井沙織さん)がその時の劇中歌を歌い始めました。
「♪ゆーめから醒めたら朝、そーれはー、きせーきね」
夢から醒めたら。その時はまだ夢の渦中だったから、全く気付かずに懐かしいねってみんなで歌ったけど、終わってからtwitterで「まだ醒めたくない!」と何人ものメンバーが言っていました。大変だけどそれくらい充実した日々でした。

マダムは今プロジェクトのテーマは『継承』だと言っていました。
蜷川幸雄氏が亡くなり、先輩から自分の世代が引き継いだものを次世代に、俳優として自分が得たものを若い俳優に継承していくという決意。蜷川さんのところでマダムがご一緒してきた石井愃一さん始め、日本一の巨人俳優・澤魁士(さわ・かいじ)さんやミゼットプロレスラーであるプリティ太田さん、さいたまネクスト・シアターの若い俳優たちなど、蜷川組の人々が参加しました。


そして天井桟敷の俳優であった若松武史さん。
在籍時期が重なっていないので、昭和精吾との共演は寺山さん没後のパルコ劇場での『青ひげ公の城』が初めてだったそうです。(その公演は青蛾館『星の王子さま』で共演した未唯mieさんも出演していました。)わたしが娘さん・若松絵里さんと共演したのも青蛾館『青ひげ公の城』でした。
青蛾館が繋いでくれたご縁は多く、ありがたい出会いばかりです。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月26日

本日開演)2/26-3/5『悦楽乱歩遊戯』CMとご注意

エキサイトニュースに載りました。あらすじや見所などが詳しく。
http://a.excite.co.jp/News/release/20170223/sum_Atpress_122432.html

ほか様々な媒体に掲載されております。


●公演詳細
http://komodamari.blog.jp/20170211.html


ご来場の際のご注意点!





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月14日

昭和精吾事務所 代表就任1周年です


(2014.12.14 昭和精吾誕生日公演にて)

おかげさまで、本日をもって
昭和精吾事務所の代表を継いで一年が経ちました。

この一年、もっと言えば昭和さんが亡くなってからの1年半あまり、
たくさんのかたのご厚意に支えられました。

生前もなにかとお世話になっていたのですが、それを立場上、直接感じることができました。
ありがとうございました。

おかげさまで2016年12月には、昭和精吾の舞台音源『李庚順』発売記念と併せて、
新体制1本目の公演を打てました。
その中で、引き継ぐべき『李庚順』などのレパートリー、新しい世代に託した『短歌掛け合い』、新たな一歩としての『犬神抄(仮面劇・犬神抜粋)』という柱を、生前から事務所を支えてくれた顔ぶれや、わたしが共に作品作りをしてきたメンバーや先輩方のご協力によって発表することができました。

今年も秋ぐらいに一本公演を打ちたいと思っております。


先日、同輩のイッキの朗読公演に行きました。
それがとてもよかったのです。脚本も見事な伏線の回収でわくわくしましたし、
生演奏のピアノが物語とかなり深く関わっていることも素晴らしかった。
なにより、ほかのかたもですがイッキさんの語りも、声も、解釈や表現が、外から見て改めていいなと思え、わたしはホクホクしました。(立派になった幼なじみの晴れ舞台を見たような感じでしょうか)
見たことのない系統の役だった(体の弱ったピアニストの役でした)おかげで、新たにやってほしいことも思いつきました。
ふたりともそれぞれここと別で主宰や俳優として活動してるので、事務所での活動はスローペースにはなりますが、今後もきっと昭和さんから引き継いだ語りを続け、繋いでいきます。

今後ともかわらずご指導、そして応援していただけますと幸いです。



(2016.12.10 最新公演「われに五月を 第二章」より)





昭和さんの誕生日が12/14だからと2/14を就任記念日にしたのですが、世間はチョコレートの日ですよね。でも昭和さんの写真の前には、チョコではなくビールを飾るつもりです。

2017.2.14


昭和精吾事務所
こもだまり

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月13日

悦楽乱歩遊戯)配役と詩劇出演と見所紹介

☞公演詳細はこちらにて
http://komodamari.blog.jp/20170211.html



11日に情報解禁のお許しが出たので、さっそくお知らせを。

今作は、江戸川乱歩作品いくつかの世界が融合しています。
『パノラマ島綺譚』『黒蜥蜴』『芋虫』などなど。
構成台本なら何本か作ったことあるからって偉そうに言ってみますと(笑)、
今回の石井さんのこの合成、とてもよくできています。
原作を知らなくてももちろん楽しめるように作っておりますが、
ご存知の方は「この人出てきた!」とか「ここを混ぜたのか!」などいろんな方面で楽しめると思います。

まずは配役。
わたしは『陰獣』に登場する【大江春泥-おおえしゅんでい-】という名前で出ます。
原作には名前しか出てこない人物が石井飛鳥によってどんな風に味付けされたか、どうぞお楽しみに。

非常にわたくしごとながら(笑)、大江という名を名乗れることも、大変嬉しい出来事です。

もう本人が発表していたので書きますが、(敬称略)
十三月紅夜が【黒蜥蜴】を、桜井咲黒が【明智小五郎】を演じます。



内容としては、
近しい人物とのボタンの掛け違え、些細な一言から生まれた亀裂が大きくなることとか、
同じものをみていると思っていた隣の人に見えている景色はまるで違っていた、とか
そんなすれ違いや、完全にすれ違ってしまったはずのあなたとの不思議なシンクロや、
そんな繊細な部分を扱っています。
廻天百眼は、血とか内臓とかそういった派手なというか残酷描写で話題にされることが多いですが、
扱うテーマは実はいつでも【愛】なのです。
理由なき殺人もスプラッタも、ここにはありません。
ほんとうにごく私的な、小さな世界の、あなたとわたしの間の出来事です。
それが世間から隠された場所で=ふたりだけの世界で起こるからこそ、淫靡であり得るのでしょう。

団体の主宰が6人も出演していることからも分かるように、個性豊かなメンバーが集まって華やかです。
『冥婚ゲシュタルト』より参加の山本恵太郎・湖原芽衣・伊勢参も再び。
総勢俳優20名+演奏1名の21名が舞台にあがります。(せ、せまい…笑)


わたしはこれまで乱歩をひとつも読んだことがなくて、恥ずかしながら『黒蜥蜴』も三島由紀夫の作品だと思い込んでいた程でした(乱歩原作を戯曲にしたのが三島由紀夫です)。
そしてまずは自分が関わる『陰獣』を読んだのですが、この日本家屋特有の湿度感とでもいうんでしょうか、そして読みやすい文体、テンポよく進む語り口で一気に読みきってしまいました。

次におなじく作品に登場する『パノラマ島綺譚』。圧倒的な妄想、主人公の心理描写も島の風景描写も事細かく、(乱歩の作品には多いのでしょうか)手記の形を取って読者に語りかける文章であることも相まって、本当に見てきたことを語られているような感覚を覚えました。
そしてラストにうっすら登場する探偵は、はっきり名乗りはしないけれどかの有名な明智小五郎でしょう。

そしていま読んでいるのは『孤島の鬼』です。
恋と疑いと恐れのお話。乱歩って面白いですね!


探偵小説なんてまったく読んだことなかったのになんで読みやすいんだろう…と考えるまで気づきませんでたが、わたし島田荘司と森博嗣と京極夏彦がっつり読んでました。
島田荘司の御手洗潔も、京極夏彦の「百鬼夜行シリーズ」の榎木津礼二郎も、森博嗣の犀川創平も大好きでした(笑)
探偵小説っていうより、推理小説って思ってたからですかね、全然繋がってませんでした。
そしてその島田荘司作品などを読んだ時にも「あれ?おもしろいぞ?」ってなってから気付いたのですが、小学生の頃のわたしは「探偵クイズ」なるジャンルにはまっていて、それはポーやドイルなどの小説のトリックをクイズにしたもので、わたしは大人になったら探偵になろうと思っていた程でした。
ちなみに、他になろうと思ったことのある職業は鷹匠と刀鍛冶です。
その後、中学のホームルームで【なりたい職業/なりたくない職業】のアンケートがありました。
「なりたくないって書いたものになったら恥ずかしいから、なにがあっても絶対にならないやつを書かねば!」と考え抜いて14歳の私が書いたのが
 なりたい職業:国語教師
 なりたくない職業:女優
でした。

話を戻します。
で、改めて乱歩の世界が馴染むぞ…と思ったわけです。
岸田理生の戯曲に触れた時にも感じた湿度。それがどうもわたしにはしっくり来るようです。
廻天百眼の原作ありの公演は丸尾末広『少女椿』、寺山修司『奴婢訓』、岸田理生『臘月記』に続いて4作目となります。
構成としては『奴婢訓』、奇想天外さとしては『少女椿』、そしてなにより物語の雰囲気としては『臘月記』といった作りになっている気がします。

どうぞ、おたのしみに。

※廻天百眼公演『朧月記』DVDは先月発売されたばかりです。
わたしは双子をひとり二役で演じ、主題歌を看板女優の毬子とツインボーカルで歌うなどがんばったので、見ていただけたら幸いです。
http://kaitenhyakume.cart.fc2.com/ca2/117/p-r-s/





『朧月記』より、今作にも参加の面々。


====
詩劇「記述のパラフィリア」なる原作朗読にも参加が決まりました。
合わせてご覧いただけると幸いです。



☞公演詳細はこちらにて
http://komodamari.blog.jp/20170211.html


このエントリーをはてなブックマークに追加