主題歌CM用ショートver.を作ってホッとしたのもつかの間、本番で一緒に歌うおにいにフルバージョンの譜割伝えてないじゃん!と気づいて、慌ててまた録音して編集。語りの編集なら感覚あるんだけど、音楽の編集は要素が多くて難しい。でもいくつかやったおかげで、いままでなかった感性(音楽を空間的に見る感覚)が少し芽生えたかも。得した!

本番日は、おにいが作ってきてくれたメニュー表を吊るところから開始。(よく見ると海鮮ならぬ解散丼。)


そしてこのために用意した小道具の卸し金。



2015.2.7【たくとまりvol.11】@吉祥寺曼荼羅
ふじみやたくとこもだまりと藤宮拓斗倉垣吉宏「春と月」

センセイ:倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
ツキコ:こもだまり
マスター&演奏:ふじみやたく

主題歌:「黒い鞄に乗せて」作詞:こもだまり
(原曲:略してスワンソン「黒髪ショートベイベー」作詞作曲:Fujimiya 編曲:Dream)
text 脚本:こもだまり(原作:川上弘美「センセイの鞄」)


社長は大晦日に台詞デビューしたので、今回もマスター役で台詞を3つ担当。






上4枚は、らけちゃんが撮ってくれた資料映像から切り抜いた画像。映像で見たツキコさんは、自覚してる以上に幸せそうだった。センセイとの穏やかな日々の積み重ねを描く作品で、エピソードを25分にまとめるのは難しかった。それで脚本作りに携わる時間が最長だったせいか、本番前数日は、楽しい時間のふとした瞬間に「センセイはもういないんだ」って思い出して涙ぐんだりしていた(笑)。
弥生ちゃんが本番後に「ずっとにやにやしちゃったよー」とちょっと照れた顔で言ってきたくらいに、おにい演じるセンセイとツキコさんの恋のお話だった。お客様が「気になるので原作読んでみたいです」と言ってくださった。自分が好きな作品を広く知ってほしい、というのが舞台をやってる意味のひとつだから、こういう反応はとても嬉しい。エピソードはだいぶ削ってるし、順番も入れ替えてるので、原作と比べてどんな感想なのか聞いてみたいな。
おにいはともかくわたしは実年齢にまあまあ近いということで年齢描写を省略したところ、「センセイ。」と懐いているツキコさんは案外幼く見えるらしい。「センセイ50代で死んじゃうの?」「え?70歳くらいだよ。ツキコさん38歳で30以上離れてるんだもん」と何人かと会話した。こもださん史上もっとも手放しで、かわいいかわいい言われて(おにいにまで褒められた!)いい気になった(笑)。

照明は「できる範囲でついてきていただければ」と一応シーンの雰囲気を書き込んだ台本を渡しておいたら、むっちゃついてきてくれて、やりながらびっくりしていた。聞けば朗読の上演に慣れているかただそうで、おかげでかなり見やすくなったと思う。嬉しい誤算。


そしてまたしても、例にもれず「たくとまり」では恋をして失恋をしたわけで、終わってから脚本を読み直して、また、だーっと涙出たりしてたけど、もう元気です(黒まりに変身したし)。

日常的なお話だから普段の生活に影響しやすかったのかな。わたしは、役が日常に侵食してきたりってあんまりしなくて、稽古が終われば切り替えられる方だけど、今回は等身大な役柄だからかちょっと珍しい感触だった。本番前に衣装に着替えてからは、センセイの隣にいるとちょっと幸せな気持ちになったり。こもださん的には「へえー」って観察してたけど、入り込み型の俳優さんはいつものことなのかな?(過去の事例では、本番期間中は「うわー、これ大丈夫かなあ?」って心配になるくらい恋人役に恋してるみたいになるけど、終わると即スッキリ仲間感覚に戻れた。今回も然り。)おにいとは卒塔婆小町もやってるしね。


写真など。


楽屋にて出陣前。わたしがツキコさんモードでほわほわしてるせいか、社長が(普段は絶対しない、ちょっかい出すような)構い方してきておもしろかった。センセイの「チョッキ」は砂々良のマスターの私物。


集合写真。スタッフ募集のポスターみたいになっちゃった。



今回のお話がいたく気に入ったらしく、台本が欲しいというからあげた時の弥生ちゃんの笑顔。
表紙には大島さんに「おしながき」と書いてもらった。


大島さんと楽屋で。芋けんぴをご馳走になった。大島さんは原作をご存知で「うまくまとまってましたね」と言ってくれた。
リンリ.「フタリノミギミミ」は、Re;kaiさん演じるわたしが大島さん演じる翠との、閉じた空間での限られた時間の記憶を何度も何度も反芻するのを密かに見ているような感じ。不在の誰かとの日々を、歌とふたりの語りで見せる点は「春と月」も同じだけれど、「フタリノミギミミ」の方はまだここに留まっていたいという意思を感じた。うーん例えるなら、湿度で窓が曇って、「フタリノミギミミ」は窓を開けないという選択を、「春と月」は窓を開けるという選択をした、といった違い。だからリンリ.は、(初回にも書いたが)宝物の入った箱をそっと垣間見せるような作品になるのだろう。

この日はリンリ.のふたりが好きな人を呼んだと言ってるだけあって、どの出演者さんもRe;kaiさんや大島さんに通じるものがあって、興味深かった。いいイベントだと思った。気になった出演者さんとお話もできてよかった。

ツキコさんの首飾りは、うさぎと月。ショールは紅黒ちゃんだと着ない青系統に。


ツキコさんと卸し金。「ぴかぴかの卸し金を見ていたら、センセイに会いたくなった」というのは、月を思い出すからだと思う。なので、舞台には卸し金のお月さまを吊っておいたのでした。

関係者の皆様、お客様、見届けてくださりありがとうございました。


最後に歌詞全部公開。

「黒い鞄に乗せて」(フルver.)作詞:こもだまり
原曲:略してスワンソン「黒髪ショートベイベー」作詞+作曲:Fujimiya/編曲:Dream 

口に出せずに恋をなくして ひとりになった
心細さに気付かぬ振りで 大人になった

なんで(そういうこと)するの(揺さぶるの)
涙(こぼれたら)解散してしまう

黒い鞄のあとを おくれて歩いてく
あたたかな気配 無邪気な子供に還る
肩の触れる近さで ともに泣き笑い
素直に笑い合えたのは 春の魔法だから


いつか(ほどけてゆく)ことば(ながれだす)
月を(見上げたら)名前を呼んでいた

黒い鞄に乗せて 連れていってほしい(連れてってあげたい)
桜も雪も雨も傘にかくれて
特別じゃなくてもいい この夜のどこかで
息をしてると思うだけでしあわせ
黒い鞄になにが 入っていてもいい
約束はいらない ただ 名前を呼んで
いつでも上を向いて 月に話すよに
あなたがくれたものが 今のわたしだから

umm baby...  春の月夜に  umm... I love you so mach baby...


弥生ちゃんが「センセイ死んでからの歌詞が『遺してくれたものが』に変わってたのがよかったよ。」と言ってきた。よく聞いてたなー、と感心した。(弥生ちゃんは翌日さっそく、原作を買いに行ったそうな。)
「あとラストもよかった。」って言ってたのは I love you so mach baby、のことだったのかな。迷ったけど、やっぱりこの言葉で終わりたかったんだよね、今回は。

春と月、は松本春綱センセイと大町月子さんだから。
わたしの高校時代の思い出深い先生も名前に春がつく。そしてこの日、吉祥寺に向かう電車の中で同級生から「今度先生と会おうって話があるんだけど、こもちゃんぜひ出席してよ。」とメールが入った。ものすごいタイミングに興奮して、即「春と月」の予告CMを送りつけた(笑)
わたしの場合は恋をしたわけじゃないけれど、わたしの人格形成に大きな影響を与えた、大切な人。
会えたら、この舞台の話をしてこようと思っている。