2015.9.1 昭和精吾葬儀のようす仲村弥生嬢との歴史を振り返る

2015年09月08日

仲良しの話(弥生ちゃんとごはん)

8/30の百眼の稽古が終わって帰る時、「今日全然こもださんと話せなかったー」と駆け寄ってきたので、一緒にごはんを食べに行った。
『BORDERS』と『屍のパレード』と続けて共演するので結構会ってるけど、みんなでごはんになるから、ふたりでゆっくり話すのは久しぶりだ。


(わたしの頼んだ担々麺に梅干しが入っていることに驚愕し、自分のねぎ抜きラーメンの前で嬉しそうな弥生ちゃん。)

いろんな話をしたけど主に作品の話をしていた。まじめか(笑)
帰ったらこんなのが上がっていた。


弥生ちゃんはメンション(@)付けずに「仲良し。」とか書くことがある。
稀に「わたしは叱られなくて済んだ。こもださんがバックについてるからだ」とか舎弟感をアピールしてくるので、「今度『パン買って来い』っていうからな」と返したら「えー」と言われた。(それはいやなのか。)



ん?この流れでのKEVINさんの名言あったな・・・(調べよう)。
見事発見。


この時わたしは「ほんの少し〜ずらしておきますね。」の一文に天才を感じたのを覚えています。2014年の4/20、麻邑楽が決まってるかどうかくらいの頃でしょうか。いや、むしろこの一文が麻邑楽やる決め手かも(嘘です)。

そういえば弥生ちゃん、少女椿スケさん役だっけ(わたし水戸黄門じゃないけど)。



弥生ちゃんに話を戻します。
9月一週目のいろいろを終えて、百眼稽古に復帰した今日のこと。
遅刻でそーーーっとドアを細く開けて中を覗いたら、弥生ちゃんが稽古場の奥からダッシュで迎えに来てくれた。満面の笑みで玄関のわたしまで駆け寄る弥生ちゃんに「猫か!」って言ったら「こもださんがドアの外うろうろしてる時からわかってたよー」って、足音を聞き分ける賢い飼い猫のようじゃないか。(…むっちゃ可愛かったです。)
弥生ちゃん、わたしの飼い猫役もやってるね。


2013.9 SAI「SHUJI TERAYAMA#13」で書物の国のアリスと飼い猫のけむりというコンビの時。


うちの猫(リセッシュ)に瓜二つだった。

「こもださんの他に話しやすさ10(MAX)は、クラガキと藤宮さんかな」みたいな話をした流れで、「藤宮社長に『社長、うちの舎弟と仲良くしてくれてありがとうございます。話しやすさMAXレベルだそうです』と言いたい!」と思い立ち、実行した(笑)

弥生ちゃんは四コマ漫画の画伯として藤宮さんの「略してスワンソン」のジャケット描いてからあの辺と仲良くなったのよね。
わたしは藤宮社長と7月の『BORDERS』以来会ってないかなあ。


これが6月の横浜『BORDERS』終演後で、


これが7月の駒込『BORDERS』で社長のキックボード乗らせてもらった時(恒例の隠し撮り)。

24d0f8529fef7f8b12f8.jpg
お、2011年、初めてのツーショットを発見!(fujimiya.tv初ライブ@駒込)

いま社長はキックボードに夢中で、夢中過ぎて次のライブがいつになるか心配です。


・・・また脱線した。戻します。
上の写真探してたら懐かしい写真いっぱい出てきた。
長くなったので、分けます。


ラーメンの日は、実は訃報を聞いた翌日。「葬式が終わるまで黙っておけ」と言われてて、まだほとんど誰にも言ってない頃。あの日、弥生ちゃんとごはん食べてすこし穏やかな気持ちになれた。ごはん誘ってくれてありがとね。ありがとね舎弟!(笑)

それでは続報をごらんください。題して、
2015.09.08「仲村弥生嬢との歴史を振り返る」(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2015.9.1 昭和精吾葬儀のようす仲村弥生嬢との歴史を振り返る