麻人楽「幻夢+」顔合わせ&読み合わせ新宿で着物ランチ→美術館→ライブ

2016年07月20日

真実の愛の示し方って

「真実の愛の示し方って幾とおりあるのでしょう。」

…と、寺山さんが言いそうなことを考えている。
もちろん脚本モードです。愛の迷子にはなっておりません(笑)
※ちなみに「愛の迷子」という言葉は寺山修司戯曲『くるみ割り人形』にあります。

「幻夢+」(げんむぶらす)の元となる「幻夢」の脚本を書いていたのがちょうど一年ほど前。
電車の中で浮かんだシーンで涙ぐんだり、初めての映像プランを考えていた頃だ。
前回は少なかった(というか主に実加りんとだけだった)関係性の糸が、今度はとてもたくさんになって、歌鈴ちゃんとの、ぜんさんとの、そしてチヒロさんともちゃんとドラマがありそうです。
もちろん、わたしを除いてそれぞれの、それぞれとの糸もあるし。

本読みでの刺激はもちろんのこと、舞台を見たり本を読んだりのインプットにより活性化してきてる。
たのしい夏になりそうです。
それはそれとして今年はお祭りとか花火行けるかなあ!!
「去年は行きたい行きたいと言いながら行けなかった気がする。
なんでだっけ?8/6麻人楽のあと何してたっけ?」と考えたら
8/14-15昭和精吾事務所公演で、そのあとバタバタしてたんでした。
もうあと一月で一年になるんですね。

真実の愛の示し方をみつけて脚本を仕上げて、無事に麻人楽を上演し終えたら、
今年こそお祭りか花火に行きたいと思います。

2016.8.26(金)東高円寺U.F.Oclubにて
19:30-20:00
麻人楽 音楽劇05「幻視+」

(初演舞台写真:kihito)

脚本・演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
出演:こもだまり/麻宮チヒロ/稲川実加/左右田歌鈴//ぜん(劇団アニマル王子)

===
※FOXPILL CULT自主企画
ポトラッチデッドvol.22 -sapiens-の幕開きに上演※
出演バンド/FOXPILL CULT・蛸地蔵・CQ
料金/前売2500円+1d 当日2800円+1d

ぜんさんの舞台写真webで見つけたので拝借します。
(所属の劇団アニマル王子での写真と思われます。)
この二枚の写真見る限り、相性よさそうですよね。
46


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
麻人楽「幻夢+」顔合わせ&読み合わせ新宿で着物ランチ→美術館→ライブ