2017年04月15日

羽野幸春先生のこと

2017年3月20日は、都立駒場高校時代の恩師・羽野幸春先生のお通夜でした。



青蛾館『中国の不思議な役人』本番2日目の深夜に、ご家族よりお知らせいただきました。
本番中唯一のマチネだけの日がお通夜で、本番中にもかかわらず列席できたのでした。
会場のウェルカムボードに先生の写真がたくさん飾られていたので、
列席できなかったみなさまにお見せしようと、そっと撮影してきました。
お会いした時はもう見事な白髪だった先生の若いころ。かわいらしいポーズ(笑)




羽野先生は担任でもなく、倫理の授業を受けただけです。
それでも、卒業してからも連絡を取っていた先生です。
訊けば「倫理」という科目がない学校も多いらしい。
最初の授業では、パスカルの『パンセ』の話をされました。
「人間は考える葦である」という一言は有名だと思いますが、先生はこの続きも教えてくれました。

人間は自然のうちで最も弱い一茎の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である。(略)
宇宙は空間によって私を包むが、私は思考によって宇宙を包むことができる。


発想の転換!たぶんその時わたしの口は「あ」の形に開いていたと思います。
掴みはばっちりというやつですね。それからわたしは倫理の授業が楽しみになったのです。


最も記憶に残っているのはギリシャ悲劇『オイディプス』の回です。
(詳しいことは割愛しますが)
父・オイディプス王が汚れとして追放され、弟のクレオンが王となる。
オイディプスの息子達は後継者争いをし、兄王子が敵国を率いて母国に攻め入り、兄と弟は相打ちで戦死。弟は国葬されたが、兄は逆賊として遺体を野に放置される。その処遇に対して、妹たち・アンティゴネーとイスメネ姉妹がどう行動したか…ということを話し、先生はアンケートを取りました。
「ここまでの物語を聞いて、クレオン・アンティゴネー・イスメネのうち最も誰に共感するか、理由もつけて書いてください。」
後日、廊下で会った羽野先生に「あなたのクラスで、クレオンに票を入れた女子生徒はあなただけでしたよ」と話しかけられました。わたしの中では断然クレオンだったので意外でした。次の授業で配られた集計表を見たらその通りで、いろんな考えの人がいるんだなあと知ったのでした。16歳の頃のお話です。



先生が亡くなったことは、演劇部の顧問であった櫟木先生や、同期に連絡しました。
お通夜で会って、一緒にごはんを食べました。(櫟木先生はその日のマチネを見に来てくれていたので、昼夜と二度お会いできたことになります)

羽野先生の訃報を伝えた相手は、なんらか思い出を語ってくれます。
よく娘さんのエピソードを授業の例にしていたので、娘さんの名前が出る率が高いです。
わたしは羽野先生っこでよく記憶してるのつもりでしたが、忘れてることを話してくれるのでびっくり。
こんなにいろんな人の記憶に残ってる先生も珍しいんじゃないでしょうか。
ずいぶん昔に、わたしがこんな風に先生のくださった冊子のことを書いたら、別の学校の教え子さんから「倫理の羽野先生ってわたしも習ったんです、その冊子読みたいので、先生の連絡先を教えていただけないでしょうか?」とメールが来たことがあったほどです。
この日誌も、そういう方に伝わるようにと思って書いています。


当番制で生徒が板書を写して感想を書き、先生が返信を書くノートがありました。
お通夜で会った、同じく羽野先生っこの涼ちゃんが「先生に前に会ったときね、『あの授業のノート全部取ってあったけれど、引越しの時にさすがに一部処分することになったんです。でもあなたたちの代のは残してありますよ』と言われたんだよねー」と教えてくれました。
卒業するとき、そのノートの自分の回をコピーさせてもらいました。いまでもそれは宝物なのです。



毎回こんなに丁寧にお返事をくださってました。(左がわたし、右が先生)


なかでもこの一言が印象深かった。


「古事記」のイザナギ・イザナミや、ギリシア神話のオルフェウスとエウリュディケは【なみたまいそ】のお話です。見てはいけないと言われたものを見てしまう、望みを叶える引き換えに禁止されたことをしてしまって成就しない、物語の類型のひとつ。鶴の恩返しもそう。
羽野先生が教えてくれたこのことがずっと頭に残っていて、わたしは『幻視』を書いたのでした。
先生に会っていなかったら、わたしはいまのわたしではなかった。ものの考え方や、世界との付き合い方を教えてくれた人。「先生のおかげでこんなの書きましたよ」とyou tubeの『幻視』予告編を見てもらっていました。次会う時には脚本を読んでもらっていろいろ聞こうとその頃から思っていたのに延び延びになっていて、去年の12月久しぶりに連絡を取ったところ「ちょうど数日後から一時入院です。年明け、出てきたら会いましょう」とのお返事だったのでそのつもりでいて、1月麻人楽、2月百眼、3月青蛾館の連続公演があったので「3月の公演が終わったら身体が空くので、暖かくなった頃にお時間ください」と青蛾館の直前に連絡をしたら、奥様が「主人の携帯にご連絡いただきましたので、代理でお返事します」と入院を知らせてくださったのでした。


高校からの親友である亜紀ちゃんに先生の訃報を伝えたら「まりさんのお父さんみたいな人がまた一人死んでしまって、心配だよ」と返事がありました。
そうか、その言語で考えていなかったけど、たしかにお父さんのひとりかもしれない。


お見舞いに行った時、奥様とお話させていただき、生徒さんが何人もお見舞いに来ていると聞きました。多くの生徒さんにとって特別な先生だったんだなあと、嬉しく思いました。
ベッドの先生、意識ははっきりしていて、わたしをちゃんと認識してくれました。話しかけると、うなづいてくれたり、簡単な受け答えをしてもくれました。何度も発語を試みてくれるのですが、音として聞き取れないことが多く…
「先生、公演終わったらまた会いに来ますから」と言うと何度も頷いてくれました。
また会って、いろいろ話を伺いたかった。
病室でお話できるうちに会えたこと、お通夜に行けたことでわたしはいくらか勝手に救われてしまっている。
先生が最初に入院すると聞いたのは2年前の明日、衝撃が過ぎて、そしてご迷惑なのではとも考え会いに行けなかったのですが、なんであろうと、会いたい人には最短で会いに行かなきゃですね。

昭和さんが死んだとき、佐々木英明さんが
「亡くなったひとはどこにも行かない、
ここにいると谷川俊太郎さんの詩にあるそうです」と教えてくれました。
先生の書いてくれた文章も手元にある。授業のノートもある。まだ、会えるのですから。


余談ですが3年前に川上弘美さんの『センセイの鞄』を原作にわたしが構成した30分の朗読台本『春と月』は、高校時代の恩師と生徒の、20年後再会から始まるの物語です。〈松本春綱〉さんと〈大町月子〉さん、ふたりの名前からつけたタイトルですが、「高校の恩師」「春」…羽野先生に繋がるなあと偶然が嬉しかったのを覚えています。

今日、4月15日は羽野先生の誕生日でした。
春生まれだから幸春さんだったんですね。


追伸:教え子さんの追悼文を発見したので、URL貼らせていただきます。
先生のひととなりがわかるすてきな文章でした。

2017-03-19 [rmaruy_blog] 追悼メモ:羽野幸春先生を偲んで
http://rmaruy.hatenablog.com/entry/2017/03/19/154205


このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:43│Comments(2)TrackBack(0)読書 | 日々雑記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 羽野みき子   2017年04月23日 10:55
5 お見舞いにも来ていただき、またタイトなスケジュールのなかで葬儀にもご参会いただき、深謝しております。生徒に恵まれ、幸せな教師生活だったと今更ながら回想しています。落ち着きましたら、夫の書斎を開放して、彼の本などお好きなものを持っていっていただこうと思っています。ご迷惑でなければ、またご連絡させていただきます。ありがとうございます。益々のご活躍を祈念しております。
2. Posted by 羽野洋之   2017年04月23日 12:07
暖かい回想を嬉しく読ませていただきました。

自宅から大阪府立/服部緑地公園まで徒歩で5分ですが、桜が終わり今当に新緑がまぶしいほどの季節になりました。
公園の池にコサギが一羽、毎朝佇んでいますが、その純白で孤高な姿に弟を偲んでいます。
どうぞ亡弟を永く記憶に留めてやって頂けますようお願い致します。

5人兄妹で私は次男、幸春は3男でした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字