2017年10月15日

告知)2017/12/14-17 池の下 第25回公演「葵上/班女」に出演します

青蛾館で2013年2月に寺山修司「犬神」、7月に岸田理生「吸血鬼」でご一緒したふたり、
池の下主宰で演出家の長野和文さん、そして9月の事務所公演にもご参加いただいた稲川実加さんと、
三島由紀夫作品に挑みます。


わたしは2009年に「班女」を朗読したことがあります。
池の下は過去に「IKENOSHITA MISHIMA PROJECT」と題して三島作品を連続上演しており、
「葵上」「班女」も何度か上演しています。

稲川実加さんは麻人楽で何度も、わたしの妹や母など、血族の役を演じていただいていますが、
それは2013年の 青蛾館「吸血鬼」の姉妹役あっての感覚なのです。そしてその演出が長野さんでした。
今年の夏はなぜかわたしの嫁役(「犬神抄_h」と舞台芸術創造機関SAI「無題」)が続きましたが(笑)、
9月には「吸血鬼」で姉妹に戻れたので、きっと「班女」もうまくいくでしょう。

三島由紀夫は大正14年生まれ。寺山さんより10歳年上だけれど、同時代に活躍した人です。
「班女」「卒塔婆小町」「綾の鼓」でしか体験していない三島ですが、長野さんの三島がどんなものか、楽しみです。


池の下 第25回公演「葵上/班女」





作:三島由紀夫(「近代能楽集」より)
演出/美術:長野和文

◆IKENOSHITA MISHIMA PROJECT
このシリーズは池の下が展開する三島由紀夫作品の上演プロジェクトです。
2008年よりスタートして、上海のアジア太平洋地域演劇祭、富山県利賀芸術公園SCOT Summer Seasonなどで上演されました。
今回はキャストを一新して近代能楽集より「葵上」と「班女」を新たな演出で2作品同時上演いたします。


●キャスト/スタッフ
出演:稲川実加、こもだまり(昭和精吾事務所)、平澤瑤、芹澤あい

照明:安達直美
音響:高沼薫
舞台協力:田中新一(東京メザマシ団)
制作協力:潮田 塁
宣伝美術(写真):原久路「バルテュス絵画の考察」より: A Study of "The Room" cHisaji Hara
企画制作:池の下

●劇場:絵空箱(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

●前売3,500円 当日4,000円(1ドリンク代含む)
※チケットは10月1日より販売中

●池の下 劇団チケット申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/eab05c5971998

●カンフェティ チケット予約
web:http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=41582&
TEL:カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)
※セブンイレブンの発券手数料がかかります。

●イープラス http://eplus.jp

●日程:12月14日(木)〜17日(日)
14木 19:00
15金 19:00
16土 15:00/19:00
17日 15:00

●劇場:絵空箱(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)



たのしみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00│Comments(0)演劇・舞台 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字