廻天百眼「殺しの神戯」チケット発売の襦袢クラブ潜入レポタイトル発表&廻天百眼・石井飛鳥氏より推薦コメント 7/6-7/8「七七火-なななぬか-」

2018年02月14日

昭和精吾事務所 代表就任2周年

本日2018年2月14日にて、事務所代表に就任して2年が経ちました。




2年目は、幻想市街劇「田園に死す」三沢篇 という、
J・A・シーザー氏総合演出で、万有引力メンバーを主力に天井桟敷関連の諸先輩がたや若い力と公演をし、天井桟敷の作品作りの空気に触れることができました。


今年の7月のリオフェス参加に向けて、理生さんの劇団に在籍していらした女優の雛涼子氏、友貞京子氏が惜しみない協力をしてくださっています。「初演は昭和さんも出演した作品だから嬉しいわ」とのことですが、こんなによくしていただいていいのだろうか…というくらい助けてくださいます。

理生さんが亡くなって15年。理生さんとともに作品を作ってきた方達は、毎年リオフェスを続け、理生さんの作品を後世に伝えたい、遺したいという熱い気持ちを持っています。
寺山さんが亡くなって35年、寺山さんに関わってきた方達がしてきたように。
わたしも昭和さんが他界するまではその気持ちはあまり汲みとれていなかったけれど、限りある時間の中で、遺したいものをどうすれば多くの人に触れてもらえるのか、ということを考えるようになりました。
だから、助けてくださるお二人の気持ちも少しはわかるつもりです。
おふたり以外にも助けてくださる方がたくさんいます。皆さんへの恩返しはよい作品を作ることだと信じ、まっすぐ臨みます。


昭和精吾生誕77年の今年、七夕=7月7日前後に公演を打ちます。
麻人楽で原作とする作品も「七」に関係する作品ですし(主人公の誕生日が七夕と書かれている)「これは…」と思い立ちました。
そんなわけで7/7は本公演日ではなく、マチネのみで特別企画を行う予定です。
詳しくはまた改めてご報告いたします。


3月3日に公演タイトルを発表します。


楽しみに、していてくださいね。
3年目突入、まだまだの二代目ですが、今後ともどうぞ応援よろしくお願いいたします。


昭和精吾事務所
こもだまり


2017.9.29「われに五月を第二章-血系譜[ちけいふ]- 」-楽屋にて


2017水妖忌にて理生さんの写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:05│Comments(0)昭和精吾事務所 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
廻天百眼「殺しの神戯」チケット発売の襦袢クラブ潜入レポタイトル発表&廻天百眼・石井飛鳥氏より推薦コメント 7/6-7/8「七七火-なななぬか-」