七七火)撮影に向けて‪七七火‬)来場者特典でサントラ配布確定&CM第二弾公開

2018年07月03日

‪七七火‬)7/7ライブ「七七ノ歌-ナナナノカ-」にて『犬神抄』再演決定

先週かな?
もう時間の流れがよくわからなくなってるけど、先週ライブの昭和精吾枠内を整理していて
構成を決めた。
6日・8日の本篇で上演する詩を3つ持って行きますが、麻人楽枠で、
うっすらそんな予感はしていたのですが、シロも生誕77年記念のお祝いに参加したいとのことなので、
『犬神抄』〜寺山修司「仮面劇・犬神」より〜を上演することになりました。

(シロと左右田歌鈴さん)

姑をぜんさんが演じた『犬神抄+s』
女詩人を鋤柄さんが演じた『犬神抄+k』
女詩人と花嫁を稲川さんが演じた『犬神抄_h』

いろんなversionがあるのですが、今回は2016年12月に上演した一番短い、
女詩人も姑もでてこない犬神です。
(その時の日誌はこちら)

シロと月雄はずーっとおなじです。歌鈴ちゃんありがとう。

録音で流れる姑の声は、青蛾館主宰、のぐち和美さんです。
(のぐちさんは、吉野翼企画『野外劇・糸地獄』でリオフェスに参加しています)
稲川さん・鋤柄さんとは青蛾館の、ほかならぬ『犬神』で出会い、翌年の青蛾館のリオフェスでも共演。そのご縁が今もこうして続いているんだから、のぐちさんには本当に感謝しています。

2017年ver.で近所の女の台詞(録音)では犬神凶子さんお願いしていたり、
そもそも犬神サアカス團は、昭和さん、イッキさん、わたしと『仮面劇犬神』で共演しているし、
この企画で「犬神抄」やることになるのは当然か、とあとで気付きました。

この日、7月7日は犬神凶子さんと犬神情次2号さんがゲスト(対バン)で出演してくれます。
昭和精吾事務所と一緒に上演した『仮面劇・犬神』の時に犬神明さんが作った曲のうちひとつは、生まれ変わって犬神サアカス團の曲になっています。この日のライブで演奏してくれるんじゃないかと思っています。あとは、火學お七(八百屋お七)にちなんであの曲をリクエストしていますが、果たして?


音楽劇『犬神抄』〜寺山修司「仮面劇・犬神」より(12分ver.)


[構成・演出]こもだまり 
[音楽・映像]西邑卓哲(FOXPILL CULT)

[出演]
月雄 : こもだまり
鬼の影=シロ : 左右田歌鈴

夫:麻宮チヒロ
近所の男:鋤柄拓也

男:イッキ ※声のみ
鬼:シロ

[映像出演]
花嫁:稲川実加
母:こもだまり

[声]
姑:のぐち和美(青蛾館)










このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 21:00│Comments(0)昭和精吾事務所 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
七七火)撮影に向けて‪七七火‬)来場者特典でサントラ配布確定&CM第二弾公開