氾濫原)2018/12/14 出演者プロフィール[11/14更新]感想)演劇実験室◎万有引力「狂人教育」観劇

2018年11月17日

氾濫原)4人目のゲストに小林桂太氏(演劇実験室◎万有引力)決定!

11月14日、発売日の夜に急に発表となりました。

演劇実験室◎万有引力・小林桂太さんの出演が決定!

出演者のお名前が出揃いまして、お写真を並べて感慨に浸っています。
ありがたいことです。


小林桂太さんとは青蛾館「青ひげ公の城」で初共演。
わたしは千賀ゆう子さんとふたりで「朗読者」という特殊な役回りで、他の俳優さんとほとんど絡みのない役でした。
桂太さんが稽古場で、自分の役のことだけでなく、作品全体を広く見渡して思考し、取る振る舞い。
わたしは大学で劇団旗揚げに参加したせいか、昭和精吾事務所でも俳優だけに専念することがなく、その振る舞いはとても勉強になりました。
ごく自然にそれをする桂太さん、歴史ある劇団に長く所属する人の強さだ、と感じました。
で、生意気にも飲みの席で意見交換させてもらったりしました。いま思えば本当に生意気(笑)

桂太さんは昭和精吾とも親交があったし、わたしの舞台も(昭和精吾事務所以外も)いくつも見てくださいました。去年の市街劇「田園に死す」参加により、万有引力の稽古場に潜入し、ともに青森へ。
そんな流れもあり今回、お招きに応じていただけました。
寺山さんの世界をたくさんご存知の頼もしい兄貴を迎え、なにをするか楽しみでなりません。


[ゲスト出演]■小林桂太(こばやし・けいた)



俳優。1993年、演劇実験室◉万有引力に入団。俳優のほか舞台監督や演出もこなす。
野村萬斎『マクベス』、青蛾館などへの外部出演も。

所属:演劇実験室◉万有引力


☞こもだとは青蛾館「青ひげ公の城」(2010)
幻想市街劇「田園に死す」三沢篇(2017)で共演。


[出演予定]
公演中
演劇実験室◉万有引力 第67回本公演「狂人教育」-人形と俳優との偶発的邂逅劇-
作:寺山修司 演出・音楽:J・A・シーザー 構成・共同演出:高田恵篤
2018/11/9(金)〜18(祝)下北沢ザ・スズナリ
前売¥4,000円

演劇実験室◉万有引力 第68回本公演「リヴォルヴィング・ランターン」
総合演出・音楽:J・A・シーザー 構成:高田恵篤 演出:力引有万◉室験実劇演
2019/1/10(木)〜15(火)オメガ東京

☞詳細
演劇実験室◉万有引力
https://banyuinryoku.wixsite.com/index


==================

昭和精吾事務所 企画公演
氾濫原 -はんらんげん-
2018.12.14(金)15:00/19:30 (上演時間110分予定)
新宿シアターpoo
 

☞公演詳細 http://komodamari.blog.jp/201812z.html
☞予約フォーム http://bit.ly/hrg-r




追伸…


青蛾館「青ひげ」ではもう一人の兄貴、吉野容臣さんとも出会いました。
桂太さんも”やすこみさん”も、「青ひげ」ではほとんど絡んでいないのに、目を掛けていただけてありがたいです(東野醒子さんも)。
青蛾館で、つまりマダム(のぐち和美さん)に引き合わせていただいたご縁は本当に多くて…

のぐちさんといえば。
先日着信があり、深夜になってしまったので翌日に持ち越して折り返しさせていただいたのですが、「イッキさん出ないって、まりちゃん心細いかと思って」と優しいお言葉。そして未来に繋がるお話ができました。のぐちさんには昭和精吾が他界した少しあとの作品『犬神抄+s』(「仮面劇・犬神」ダイジェスト版)で声の出演をしていただいたり、節目節目でわたしや、昭和精吾事務所を助けてくれるかたです。またお力になれたらと思うのですが、次回の青蛾館は来年3月『毛皮のマリー』。男性キャストのみの公演です。
「未発表版・毛皮のマリー」と「オリジナル版・毛皮のマリー」2作品同時上演で、2013年と同じく寺山偏陸さんです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
氾濫原)2018/12/14 出演者プロフィール[11/14更新]感想)演劇実験室◎万有引力「狂人教育」観劇