舞台芸術創造機関SAIの忘年会2018おめでとうございます。2019年です。

2018年12月30日

万有引力餅つき大会2018(二年目)



昨年に引き続き、今年も演劇実験室◉万有引力の忘年会&餅つき大会@シアターpooに参加。
餅米が炊けるとシーザー曲が大音量で流れ、演出家が舞台上から出演者(次に餅をつく人)を次々指名し、間近で見守る暗黒餅つきである。

会場には昭和精吾を知るベテラン勢も多く、思い出話も聞けた。

蘭妖子さん、海津義孝さん、関根信二さん、市川正さん、simizzyさん、山田勝仁さん、
犬神サアカス團の犬神明さん・犬神凶子さん、人形作家の三浦悦子さん、月蝕歌劇団の白永歩美さん、森永理科さん、落合美香さん、雲の劇団雨蛙の朝日山裕子さん、若松真夢さん、岬花音菜さん、みつばち寫眞舘の白鶏さん、織上真衣さんなど。(思い出す限り、順不同)

関根信二さんは演劇舎蟷螂(小松杏里さん主宰)の「フランシスコ百虎隊二万海里」(1985年/脚本:高取英さん)で昭和さんと共演したそうだ。AUTO-MODのジュネさんも出演している舞台(FOXPILL CULT企画で対バンした時にそうジュネさんから聞いていた)。

氾濫原-はんらんげん-の大入袋をお渡ししてお礼を述べると「李庚順、今誰がやってるの?」と。
「わたしとイッキです。今度映像をお見せします。これ、うちの公式マスコットの犬神のシロなんですけどツーショットを撮ってもいいですか?」「いいよ」。
11月に「12/14の昭和さんの誕生日公演で李庚順を上演するので、音楽また使わせていただいていいですか」と言ったときと同じ「いいよ」だった。





蘭さんが今年はありがとね、と声をかけてくださる。
「こちらこそ、7月は出ていただけて嬉しかったです」というと「またやろうね」「はい、またぜひ」。

桂太さんにも大入袋を渡して「ぜひまたお世話になります」というと苦笑気味に「はい、また」と応えてくださる。なんにせよ演劇実験室◎万有引力は1月公演だ。桂太さんはそのあと青蛾館の「毛皮のマリー」だ。本当に「氾濫原」に出てくれたみんな忙しいかたばかりで、瞬発力と集中力のある人ばかりだからできた公演だ。

万有のみなさんはずーっとホストとして働いててゆっくりお話できない会なんだけど、隙をみてちょっとずつはお話できた。1月13日に公演「リヴォルヴィング・ランターン」、見に行きますからね!!

餅をこねる係はしなかったけど、〆の豚汁をサーブする木下姉さんの助手をし、最後の撤収を少しお手伝いして、鏡餅をいただいて、帰宅。



シロとツーショット企画、シーザー氏のほか協力してくれた
高田恵篤さん、若松真夢さん、岬花音菜さん、山田勝仁さん。

花音菜ちゃんはわざわざ話しに来てくれた。初めて会ったのは、pooの昭和精吾事務所公演。
そのとき昭和さんや萩原さんにどこの劇団に行ったらいいか相談して、萩原さんが月蝕がいいんじゃない、と言っていた。いまやすっかり月蝕のレギュラーだ。
彼女とはなんとなく、いつかご縁がありそうな気がしている。

恵篤さんには「うちで犬神やるときのシロの小さいのなんです」と説明したけど「なんだこれは!こもだ、なにやってるの(笑)」と笑われた(冷静に考えれば生首のぬいぐるみですもんね)。
ともに生首を演じたのだろうか、白目で写ってくれた(笑)

山田さんはツーショット慣れしている。さすが。

真夢は月蝕で吸血鬼の月雄をやったばかり。
「うちのシロは工藤丈輝さんでした」「…それは強そうだね」




このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
舞台芸術創造機関SAIの忘年会2018おめでとうございます。2019年です。