昭和精吾事務所通販サイトリニューアルOPEN & ミニシロお取扱い開始2/24廻天百眼の襦袢クラブに飛び入り

2019年02月21日

告知)3/10日 舞台芸術創造機関SAI「イト2019」出演します




2011年、4人(+生演奏)で「イト」初演。
2012年、加筆されてpit北/区域で大人数で「イト」再演。
2014年5月、関連作「PARADE」に出演。
同年11月、舞台芸術創造機関SAI十周年企画で大人数で「展示する演劇- イト2014」を上演。

そんな風に何度も姿を変えて、その度わたしの役割も変わりながら共に歩んできた「イト」です。
今回も、プロジェクトリーダーの常盤美妃さんの意図を汲み、あらたな要素が加わってまた生まれ変わりました。

本読みをしても、倉垣おにい(脚本・演出)の言を聞いても、思い出すからふと苦しくなったり悲しくなったりする。
レモンを見ただけで酸っぱいみたいに、台詞を見ただけで当時の光景を思い出す。
前にも書いているけど、知っている台詞や風景のせいで、間違ってしまった前世の記憶を反芻させられてるような感覚で、苦しくなる。(だから嫌だというのではないです、念のため。普段生きるのには考えていたら不具合あるから忘れているけれど、忘れちゃいけない記憶や出来事がふと蘇るときがあるでしょう、そんな感じです)…と書きながら、今回のプロジェクトの意図そのものじゃないか、と驚いている。

「青春群像劇」と謳っている作品群ですが、今回が一番、恋しいということに焦点が当たっている気がします。遠く離れてしまって、もう触れることができない誰かを想ったり、それでもどうにかしようとするような気持ち。


わたしとおにいは『イト』初演では「セカイ」開発者のコンビ、ジミ(とラリ。
『イト2012』では「オトウサン」と「オカアサン」。
『PARADE』では「イミ」と「ハライ」という存在。
『イト2014』ではオトウサンでありながらイミであるような存在と、オカアサンでありながらハライであるような存在(伝わる気がしない…)。

今回はどんなでしょうね。
プロジェクトリーダーの常盤美妃さんより「倉垣さんとこもださんで」というコンビ指名だったので、久々のおにいとの絡み!楽しみです。

あ!あと、音楽。『PARADE』主題歌「プラルサナ」は、りくろあれ(大島さん)作で、
あとは初演時からお世話になっているAsohgiさんの楽曲です!






舞台芸術創造機関SAI 栃木でつくる演劇WIP版【イト2019】

■公式■ http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/ito2019/

環境破壊が進んだ未来。
学校も遊び場もインターネット上にある時代。
地域とのつながりは、かつての時代よりも強くなっていた。
とある団地。
一般的な家庭、ごく普通の両親に育てられた少年「ヒカル」は、
成績優秀ながら、反抗期と人生に対する絶望からゲームに傾倒していた。
天才ゲーマーと呼ばれ「光クラブ」の頂点に君臨するも、
物足りなさを覚える少年はある日
「セカイ」と名乗る少女に出会う。
2038年1月19日3時14分7秒
「世界が静止する日」
崩壊していく世界の中で、 繰り広げられる人間模様。
人と人の絆を描く青春群像劇。

[出演]
常盤美妃
三國谷花
倉垣吉宏
渋谷翼
(以上、舞台芸術創造機関SAI)

大島朋恵(りくろあれ)
こもだまり(昭和精吾事務所)
小林機械

阿久津奈愛
今井悠莉
小堀佳恵
奈良貴大
橋本栖実(ニノマルプロジェクト)
丸井裕也(ニノマルプロジェクト)
吉成容平(ニノマルプロジェクト)

[上演]
2019年 3月10日(日) 17:00
※上演時間は約80分を予定

[チケット]
前売/予約 2,500円
学生割り  1,000円
当日    2,800円
※前売・・・前方エリア席 予約/学生割り・・・自由席

■販売窓口■
〜闇/事前精算(passmarket)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/012cmb101xvpp.html
※クレジットカードかコンビニ支払い(手数料有)がお選びいただけます。3/4(月)23:59締切

⇒縮/当日精算(カルテットオンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ito2019
※当日、会場にてお支払いいただきます。3/9(土)23:59締切


※入場は「前売→予約」の順でご案内します。
※当日券は10分前より入場可能。
※学生割りは予約のみ、前売・当日は無し。
※受付・開場は30分前より

[会場]
南宇都宮 悠日
〒320-0838栃木県宇都宮市吉野町1-7-10
東武宇都宮線「南宇都宮駅」より徒歩1分

■プロジェクト「イト2019」■
企画担当:常盤美妃(舞台芸術創造機関SAI)
照明:RON(Unique Rabbits)
音響:森島修一
協力:PATCH-WORKS アトリエ・サードプレイズ 兎亭 演劇集団つむぐ 劇団シンの箱 昭和精吾事務所 りくろあれ
企画/製作:舞台芸術創造機関SAI

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 04:35│Comments(0)演劇・舞台 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昭和精吾事務所通販サイトリニューアルOPEN & ミニシロお取扱い開始2/24廻天百眼の襦袢クラブに飛び入り