2020年6月20日は砂々良(ささら)の48周年記念日でした。

昔は常連の皆様にご連絡して、日頃の感謝の気持ちをと記念品お渡ししたりしてたんですが、40年以上やっていると長い馴染みのお客様も、会社を引退したり故郷に帰ったりと変化があり、マスターも「わざわざ来ていただくの申し訳ない」という気持ちが勝つようで、45周年以降は(娘は勢揃いするけど)ひっそりとお祝いしていました。
とはいえ、開店記念日に気づいてくれるお客様は、お花やお酒を差し入れてくださってありがたい限りです。

2005年に他界した富美子ママ(マスターの美人の奥さん)を知らないお客様も増えたけど、当時のお客様は今も、ママの命日にお花を送ってくださったりします。

私が大学時代からバイトしてたミヤ商事(不動産業者)の杉本社長がマスターの友達で、忘年会などで砂々良に何度か飲みに来たことがあり、マスターともママとも会っていました。
ママが入院するときに、マスターから社長に「まりちゃん手伝いに来てくれないかな」と連絡があって、まさかの社長命令で砂々良に派遣されることが決まったのが2004年の春。
18時までのところを17時で早退して砂々良に駈けつけるスタイル。ひとりで週5は無理なので、ユキちゃんとふたり交代で、短期のピンチヒッターを引き受けたつもりでしたが、残念ながらママが完治することなく逝ってしまったので、なんだか延々16年目に突入してしまった砂々良の看板娘業なのです。


今年はコロナがあったので、大勢集まるのは控えようと特にお祝いごとはせず、ひっそりと娘4人は集まってマスターと乾杯しようと思っていましたが、なんだかんだと入れ替わり立ち替わり、たくさんの常連さんにお会いできました。

気にかけてくださった皆様、ありがとうございました。
なるちゃんは5月末お誕生日だったので、砂々良と一緒にお祝い。
マスターと娘4人とで撮り忘れたので、帰り際の、なるちゃんと3ショット。


20200620

IMG_1644



私が生まれる前から、砂々良はあって、マスターはマスターだった。
そしてこんなに長い間愛されて、幸せなお店だなと毎年、感慨を持つのです。

毎年「俺も年だし、来年あたりで終わりかな」と言うマスターですが、みんな辞める辞める詐欺だと笑ってもうしばらく続くと思っています。

今年は緊急事態宣言があって、開店以来初めての、2ヶ月近い休業。
日曜祝日とGWとお盆・正月以外はほとんど休まないマスターだから、そんなに休んだら呆けちゃうんじゃないかと娘一同もお客様も心配しましたが、元気に復活してくれて一安心でした。


とはいえ、廃業や閉店するお店も多い昨今、50周年までのんびりしてちゃいかんなと思い、マスターに内緒で、48周年記念にお祝いソングを作ってプレゼントしました。

多くの縁あるかたがご協力くださり、温かい作品ができました。
曲については別途詳しく書きますね。