「stayhome一人芝居 at Theatre」こもだ演出 Dブロック、映像発売しました!
市野監督のBブロックは先週より絶賛販売中。少し前に自主公演を終えたばかりの平戸麻衣さんのCブロックも、航跡で映像作品製作中の梶原航さんのAブロックも、追って発売となります。
映像は本年一杯をもって販売終了となりますので、お買い忘れなきように…!


本番後、一緒に作品を作った皆さまからコメントいただいてたので、紹介します。
(映像の特典として付いてるインタビューとは別の時期にいただきました)


※出演者あいうえお順


1)一人芝居をやってみてどうでしたか?
2)こもだ演出はどうでしたか?
3)お気に入りの場面は?
4)作品について



この窓

1)一人芝居をやってみてどうでしたか?
一人芝居をやって、人と芝居がしたくてしたくて仕方なくなりました。(笑)
でも、今回はそれぞれに一人芝居を上演する出演者たちがいらっしゃったので、まるで共演者のように感じて心強かったです。
いま、こういった状況の中で一人芝居を上演することで、なにかがすこし前に進んだ気がして、参加できてよかったなと思います。

2)こもだ演出はどうでしたか?
とにかくまりさんはポジティブワードの方!
演じている側は「え?!もう??」と思うタイミングで「できた!」と。(笑)
いま思うと、水槽を早々に作って、その中で好きに泳がせてくださっていたんだなぁと。
どんな泳ぎ方でも、その背中の素敵な模様を見せてくれたらそれでいいわよと、言ってくださる。
もっと色んな泳ぎを覚えて、また演出してもらいたいです。


3)お気に入りの場面は?
自分のとっておきの秘密を、胸を張って公言するところ。そしてそのあと照れるところ。てへへ。


4)作品について
個人的には、こんな女の役もやるんだよ、と知っていただけたらと思って、選びました。
やっていくなかで、『真実』や『愛』についてとても考えました。押し付けるでも、言いなりになるでもない、共存するための方法。自分の価値観。それぞれの真実を尊重すること。とても難しいですが、わたしの考え方が変わる出会いでした。


【この窓から見下ろす、真実】岩坪成美
愛の物語 ★★★
希望が湧く ★★★
ゴミ屋敷の隣に住む女の元に、テレビクルーが訪ねてくる。真実を伝えるという取材班に女は、自分が屋敷主の内縁の妻であることを告げる。捨てられない物、忘れたくない記憶。それを見守り続けた女が最後に選んだ未来とは?

☞お求めはこちら(〜2020/12/31 23:59)
https://stayhomemonodrama.stores.jp/items/5f9032310424b052600a7bda



その檻


1)一人芝居をやってみてどうでしたか?
とにかく毎日のストレスがハンパじゃなかった(笑)
台詞をちゃんと全部覚えられるのか?。(自分を信頼しきれない)
覚えたつもりだが…出て来ない!。(自分への苛立ち)
真っ白になったらどうしよう…。(恐怖)
最後まで集中し続けられるだろうか?(不安)
そんな事ばかり考えてた。

3)こもだ演出はどうでしたか?
「あっ!そっかぁ!そういうことかぁ!」
と何度思ったことか。自分はホント本読めて無いなぁと反省しきりだった。

「大丈夫!キレイです!」と言ってもらって、安心出来た。

2)お気に入りの場面は?
最後の台詞
「愛してるわ、さようなら、わたしの」

4)作品について
重い。(笑)
でも好きな台詞が沢山ある。
やっぱり、「愛」が生きて行く1番の理由になるのだな…と思う。
沢山の思考のフックがある作品。

【その檻】岡田静
サスペンス ★★★
震える ★★★
動物園の檻の中で見世物になっている女は、かつて根絶やしにされた民族の生き残りである。そこに、絶やされたはずの民族の言語を話す、ひとりの少年が現れて…。理不尽な歴史の中で生きた者の、叫びと祈りの物語。

☞お求めはこちら(〜2020/12/31 23:59)
https://stayhomemonodrama.stores.jp/items/5f90519c56e0f15ab257b24a




全ての

1)一人芝居をやってみてどうでしたか?
人生二度目の一人芝居だったのですが、随分前の話なので、以前にやったときと全然印象が違いました。
特に、普段会話劇をやることが多いので、目の前にセリフを言う相手がいないことに戸惑ったりしました。
芝居のペースを、良くも悪くも自分一人の手綱で握っているので、その点がハラハラしつつも楽しかったです。

2)こもだ演出はどうでしたか?
こちらのアイデアを基本的に肯定してくださるので、とてもやりやすかったです。
また、稽古初日に「言葉の音や響きを大切にしたい」と仰っていたのがとても印象的で、普段その辺がおざなりになりがちな自分としては珍しく、最終的にかなり意識した仕上がりになったんじゃないかと思います。

3)お気に入りの場面は?
今の現状に対して思うことを、役作りなしでそのままぶつけました。

4)作品について
稽古場でもまりさんとお話ししたのですが、今回の作品群は全て自粛期間中に書かれたものということで、今、作られる意義のあるものばかりだと思っています。
「全ての名もなき脇役たち」もその一つです。
作品の設定そのものは自分たちとかけ離れていても、観終わったあとに何か感じるものがあるんじゃないかと思っています。

【全ての名もなき脇役たち】後関貴大
シュール&サスペンス ★★★
闘いたくなる ★★★
全ての物語の中で虐げられてきた脇役たちに、幸せな当たり前の人生を生きる権利を! 名もなき作家は運動を起こすべく、仲間と共に立ち上がる。彼が相手にする大きな力とは、そして言葉とは、一体・・・?

☞お求めはこちら(〜2020/12/31 23:59)
https://stayhomemonodrama.stores.jp/items/5f8dc4ee6e8b2b777030763f



召し上がれ

1)一人芝居をやってみてどうでしたか?
苦労したのは、劇中人形劇です。召し上がれ劇場という即興劇をしちゃう女将さんの役だったのですが、登場する人参とかレンコンは、ダンボールに絵を描いているだけなので、ちょっと角度が変わるともう人参ではなくダンボールになっちゃうw
即興劇という設定なので、セリフが今まさに生まれているように見せるのも難しいと感じました。
そして楽しいと感じたのは、実際の舞台で照明や音響もついた時でした。ひとり芝居だけど、ひとりで作っていないんだなぁと実感しながら演じるのが楽しかったです。

2)こもだ演出はどうでしたか?
まりさんに「かわいい」をテーマにするって言われた瞬間が衝撃でした。今までの人生で「かわいい」を演出に求められたことがなかったので!あとは、相手役が欲しいと思った時に何も言わなくてもサッと旦那役として舞台上に体を置いてくださる時が何度もあって。役者の目線で感じながら演出の領域を守る方なんだなと思いました。クライマックスシーンで、いつもまりさんが演出席で泣いてるんですけど、それも衝撃でしたw

3)お気に入りの場面は?
床に寝転んで「もう、私だってがんばれない」って女将さんが弱音を吐くところです。

4)作品について
私自身は普段、全力で誰かにエールを送ったことはあまりなくて、「誰かにエールを送るって、自分に余裕がないとできないな。自分にもっと余裕が欲しい」って思っていました。でも、この作品の中では、主人公が全身全霊で一人の人にエールを送っていて、それが最優先で、そのエールが相手に届く瞬間までが描かれています。それが最高にカッコイイ。誰かにエールを送ることが素晴らしいことだなと思える作品です。

【召し上がれ劇場でいただきます】袋小路林檎
応援歌 ★★★
元気が出る ★★★
自粛要請により小料理屋を畳んだ夫婦。自暴自棄になりジャンクフードを食べてばかりの夫を見かねた妻は、「召し上がれ劇場」を演じて見せる。今、憎きポテチ怪人と人間の弱さを退治するべく、正義の野菜が立ち上がる!

☞お求めはこちら(〜2020/12/31 23:59)
https://stayhomemonodrama.stores.jp/items/5f9034900424b0527f0a7c1c


ハッピー


1)一人芝居をやってみてどうでしたか?
とにかく怖かったです。初日の幕開く直前は緊張しすぎてもう一生一人芝居なんかやるもんかと思いました。笑
相手役がいないのが辛かった…相手の台詞を“受ける”ということができないから…。でも本番では、涙をこぼす相手の姿が、切り落とされた長い髪の毛が、私の目には見えました!!
あなた、こっち来てくれてありがとう。

2)こもだ演出はどうでしたか?
“アングラの方が入浴シーンの演出”ということで、怖い人にすっぽんぽんにされるのかと怯えましたが、全然違いました…!
風船、バブルマシーン、ハート型の泡…など可愛いアイディアに溢れた演出。
コロコロ変化を引き出させる豊富なスキルも、
生配信に向けての“カメラ目線”演出も、
とても素敵で印象的です。

そして最も印象に残ったのは、
通し終わった後、まりさんが一番泣いていたことです…爆

3)お気に入りの場面は?
「ブクブクブクブク」
ですかね…!
今後恥ずかしくなった時はこれやりたい…(´-`).。oO

4)作品について
脚本の今井夢子さんが
「お気に入りの脚本」
「この話を20本の最後に選んでよかった」
とおっしゃっていて。
(もちろん全作品に思い入れはあると思うのですけれども)

きっと、
この今の世の中の、辛いしんどい状況を背負って、
ひとりではなく誰かと手を取り合って、
前向きな気持ちになる力がある作品だから、
“最後にふさわしい”のかなぁと。

だから、
役者松本稽古としては演劇の力を、
小説家役の彼女としては物語の力を、
「信じましょうよ」
と。
この世界規模の大きな問題がある悲しい今も
「全ての困難はハッピーエンドに繋がってるんだもの」
と。
全世界に届けました。
皆様のハッピーな未来を願っております。
あー、あたしのぼせてる?

ありがとうございました。


【ハッピーエンド〜旅する手首〜】松本稽古
孤独と出会い ★★★
希望が湧く ★★★
淋しい小説家の女は人との関わりを求め、ホームレスの男を一晩の相手としてバスルームに連れ込む。しかし2人はかつて同じシナリオ講座で出会っていたことに気づき・・・。 孤独な男女が選ぶ、ハッピーエンドとは?

☞お求めはこちら(〜2020/12/31 23:59)
https://stayhomemonodrama.stores.jp/items/5f9033773a327e6545675ad1



stayhome一人芝居 at Theatre《完全保存》ディレクターズカット版

▶︎内容
高画質の3カメ映像を使用。
作品の演出家によるこだわりの編集で、見せ場や細かい演技までじっくり味わえます。
ダウンロード版なので、いつでも何度でも繰り返しご覧になれます。
※特典映像:キャストインタビュー収録

【料金】
1作品1500円
5作品セット6000円(別グループとのセットも可)

https://stayhomemonodrama.stores.jp

☞こもだ演出作5本セットはこちら
https://stayhomemonodrama.stores.jp/items/5f90523156e0f15a9357a2a2

【発売日】
Bチーム(市野龍一演出)10/15
Dチーム(こもだまり演出)10/22
Aチーム(梶原航演出)10/29 ※先行予約受付中
Cチーム(平戸麻衣演出)11/5 ※先行予約受付中


企画紹介 http://komodamari.blog.jp/20201022.html