Air*Log

語り歌う女優、こもだまりの製作日誌(2005〜)。 演劇・語り・ライブ等の上演情報や、稽古や、思索。 昭和精吾事務所 二代目代表。脚本・演出家。麻邑楽×麻人楽。 ヒューマンアカデミー演技講師。

ママの着物

携帯をお店に取りに行く。すごくいい天気でひどく日に焼けそうなので、もちろんばっちり日焼け止めを塗って。
果たして携帯は、5卓の下に落ちていた。携帯を包んでいたハンカチだけ持って帰るなんてなんてマヌケな。
砂々良ノートを見ているとマスターが「時間あるならママの着物みていけよ」と言う。
昨日も、こんなにお客様が喜ぶなら(幸いふたりとも自分で着付けられるのだし)たまには着物Dayがあってもいいかもと思ったのもあり、滅多にないチャンスに、見せてもらうことにする。続きを読む

開店記念日に

6月20日は砂々良の開店記念日。いったい誰が教えてくれたのだったろう。たぶんお客様とマスターの会話の中で出てきたのを、ユキちゃんか私が「ささらノート」にメモしたのだ。そう、ささらノートにはいろんな事が書いてある。わたしとユキちゃんの共有のノート。毎日ひとりずつしか入らないから、今日あったこと、引継事項、気付いたこと、などを書いておく交換日記のようなもの。その他に別冊ささらノートというのもあって、そこにはお客様の言ことで覚えておくこと(Kさんは貝類全般ダメ、とかFさんの煙草はマイセン8とか)が書かれている。なので、「あれっ、なんで昨日いなかったのに知ってるの?」とお客様に驚かれることもしばしば。便利で、大切なノート。お店に来たのは3月だけど、ノートは7月からで、もうそろそろ一年になる。今4冊目。レジ前に置いてあるからマスターはいつでも読めるのだけれど、そういう所硬派なので「俺は勝手に見ないよ」と頑なに手にも取らない。続きを読む

慣れてきた

何度か着て出掛けたり、家で着たりするうちに、自分の身体と、持っている着物や帯の癖がわかってきて、少し着慣れてきたかなと思う。といっても、ひとりで全部着付けた姿は写真でしか先生には見せてないので、ほんと心配なんだけれど(笑)。

着物にはまった人のサイトには、たいていお友達リンクがあるから次々見ていくと限りなく増幅していく。なんて着物関連サイトって数多いのだろう。

続きを読む

着物でダンスを観に

演劇は2本みて、全然問題はなかったが、ダンスを見るには、着物は適してないかも。
身体が帯で固定されるし、普段踊っている時の裸足感覚には(足袋と草履では)なれないし、これまで洋服でダンスを観ていたときほど、ダンスが感じられなかった気がする。

あとこれは私の判断ミスだが、着物で(というより草履で)駅から13分歩くのはちょっとしんどい気がしたので、タクシーに乗った。余裕の時間に出たのだけれど、山手通りは工事で車線縮小、近道の最後の一本道で電気工事の通行止めに会い、遅刻。これも洋服だったらなかったことだ。

それはそれとして、着物で出掛けるプラス、着物で知人と会うことは楽しい出来事だった。とき緒さんもかねてからの約束通り着物で来ていて、終演後、ロビーで集合したときには、私の着物姿を初めて目の当たりにする女性陣に、頭から爪先まで、前から後ろから、ぐるりとチェックされて、おかしな気分だった。続きを読む

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団「ネフェス」

新宿文化センターに、ダンスのメンバー全員で行く。2階のロビーには、最後の群舞のユニゾンをさっそく実践している若者がいた。彼らがそれをやっていた理由が、その振りが一番直接的にマーサのメソッドを使っていたからなのか、繰り返しだったからなのか、最後だったからなのか、簡単そうに見えたのか、はわからないけれど。

何度かこのカンパニーの作品を見て、だんだん身体の個性がわかってきて、好みのダンサーというのが分かってきた。続きを読む

ニューヘル

3170f613.JPG稽古帰りに保さんちにプリンターを届けたら、お返しにヘルメットをもらった。
今使っているフルフェイスは私の頭にはぶかぶかだったし、
「それ(いまの)はシールドが黒だから夜とか見にくいだろうと思って」という気遣いで透明のシールド、しかもジェットタイプ(顎のところがない)なので視界は広いし、眼鏡っ子の時もいちいち外さなくてもかぶれそう。うれしい。

草履が届いた

千佳先生から、12日のために草履が届いた。
下駄はいくつかあるけれど、(実家にも私の草履は成人式の礼装用のしかないので)初・my草履と言っても過言ではない。なんだかとても嬉しい。
池袋東口に履物屋さんがあったし、西口のマルイ付近にもあったので、アドバイスをもらったら買おうと思って相談したら「もう履かないのがあるから、間に合わせに使えば?」とさっと送って下さった。大切に履こう。
着物に関しては、文字通りなにからなにまでお世話を掛けてしまって。
まずは、上手に着られるようになることが恩返しと思ってがんばろう。
日曜が雨でないといいけれど。雨だったら草履デビューはお預け。

実は少しだけ気掛かりなのが、ピナのダンスを見たら、すぐやってみたくなるのじゃないかってこと・・・。着物じゃそういう訳にはいかない。でもピナへの歓迎の気持を表すのに着物はふさわしいと思う。難しい選択だ。続きを読む

身体操法 研究Day

6/9 参加者=坂戸真紀子、森下保、こもだまり

最近この顔触れの日が多いな。スワちゃんが体調不良につき欠席、とき緒さんがご家族の体調不良につき看病に向かって欠席。台風が来るから気圧のなにかで体調を崩しやすいのだろうか。頭痛も気圧が原因でなることあるって聞いたことあるものね。どうぞお大事に。

フロア中に坂戸が「なんだか私は深追いしそうな気がするので、頃合いを見てとめてね」と言うが、「いいじゃん深追いしても」と言って、フロアのメニューを通すことより、身体の使い方の研究をした。

続きを読む

身体操法

6/6(月) 参加者=坂戸真紀子、森下保、こもだまり

30分遅刻で参加。予告したら待っててくれたので、一緒にフロアを始める。
このメンバーになると最近は、じっくり研究色が強くなる気がする。
といっても無駄話をしてるわけではなく、感触を言語化しながらフロアをするという感じ。

坂戸が「まりさんが稽古日誌に書いてたんですけど、contractionを入れる時は、球体の・・・」と言い始めて、私はそれをいつ書いたのか全然思い出せなかった。
今の私の旬は鎖骨だったので。何日か前に書いた、「鎖骨と上腕骨が繋がっているのを意識してすると、腕が胸の中心から生えている感覚が実感になる」という発見。早速ふたりにも伝えて、フロア続行。
保さんはなにかが腑に落ちた様子。
私は、私の身体に搭乗して操縦してるという風に思う時がある。
モビルスーツなら入れ替え可能だけど、残念ながら私の身体に乗れるのは私だけだし、私が乗れるのは私の身体だけ。他の人の身体にも乗って見られるなら、「ああ坂戸、ここはこういう感じだよ」とか「この部分は私より柔軟だね」とか比べられるのに、と思う。
保さんの身体では、鎖骨を意識して何かしたら、何かがピンと来たらしい。それは言語化してもらわなければ伝わらない、微妙な身体感覚(操作感)なのだろうけれど。続きを読む

鎖骨と上腕骨と肩甲骨の関係

ライブの打ち上げにいらしてたアリアーヌさんという球体関節人形作家さん(この人とはどれだけ話しててもいつまででも話が続きそうってくらい引きだしのある人で、もう出てくる出てくる・・・それはまた別枠で書きます)と、鎖骨と肩甲骨について熱く語り合った。人間とおなじように動く人形を作ろうと思ったら、骨格図とか筋肉図とか研究してしまったのだそう。続きを読む
次☞9/25 昭和精吾事務所BAR■ご依頼☞showaseigo14@gmail.com■昭和精吾事務所代表。語り歌う女優。脚本・演出。寺山修司・岸田理生作品上演。実写妖怪モデル。麻人楽。ヒューマンアカデミー演技講師■客演☞廻天百眼、SAI、青蛾館、田園に死す三沢篇■協力☞FOXPILL CULT
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 告知)9/26土 23:15〜生配信映像作品「朗読・藪の中」に出演します
  • 告知)9/26土 23:15〜生配信映像作品「朗読・藪の中」に出演します
  • 告知)9/26土 23:15〜生配信映像作品「朗読・藪の中」に出演します
  • 告知)9/26土 23:15〜生配信映像作品「朗読・藪の中」に出演します
  • 告知)9/26土 23:15〜生配信映像作品「朗読・藪の中」に出演します
  • 告知)9/26土 23:15〜生配信映像作品「朗読・藪の中」に出演します
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
bookLog本棚
メッセージ

名前
メール
本文