2017年08月06日

われに五月を・速報4)チラシビジュアル完成 & チケット8/12発売 & 7人目の出演者発表

8/6[速報4]

◎本チラシビジュアル完成 & 8/12 AM10:00チケット発売!

西邑卓哲氏が写真撮影からデザインまで手掛けたビジュアル面。
青森県にて配布開始。今週末ついにチケット発売開始。








=========
チケット取扱 8/12 10:00発売!

チケット(1人1drink別)
前売 一般3,500円+1D
当日 一般4,000円+1D

◉ペア券 6,000円+2D(@500円割引)
◉U-23券 2,500円+1D(観劇時23歳以下対象/要年齢確認証提示)
※年齢が確認できない場合、差額を頂戴する場合がございます。
(◉=事務所前売のみ取扱)


※入場順:事務所前売→プレイガイド前売→事務所予約→予約→当日

【チケット取扱所】
総合案内 http://bit.ly/201709ts
http://komodamari.blog.jp/201709ticket.html

前売
●e+(イープラス)
 http://bit.ly/201709e[パソコン・携帯]

◉昭和精吾事務所
 前売(事前精算)9/17日 23:59まで受付
http://bit.ly/201709p

◉昭和精吾事務所
 予約(当日精算)公演前日23:59まで受付
http://bit.ly/201709r

●サラヴァ東京
 WEB予約 ※公演前日24時まで受付
 http://l-amusee.com/saravah/reservation/postmail.html

 電話予約 ※公演前日19時まで[受付時間:営業日の16〜19時)
 TEL 03-6427-8886



※2016年12月公演PV(「長編叙事詩・李庚順」「犬神抄」収録)

======
7人目の出演者
青蛾館でこもだと出会い、5月には赤坂BLITZライブ・新宿ロフトの麻人楽にも参加した鋤柄拓也氏の出演が決定。9月はこの7人で臨みます。

鋤柄拓也(すきがら・たくや)
北区つかこうへい劇団出身の俳優。
青蛾館「毛皮のマリー」(演出・森崎偏陸)、「中国の不思議な役人」(演出・松村武)など寺山作品にも多く参加。2017年5月、こもだ主宰の麻人楽「犬神抄+k」に詩人役で出演。




======


公演詳細 ☞ http://komodamari.blog.jp/20170929_00.html
(随時更新)

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 22:00|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

チケット取扱)昭和精吾事務所「われに五月を」第二章 2017 -血系譜-

チケットについて
8/12前売開始! ※各フォームは発売日まで表示されません
☞公演詳細案内 http://bit.ly/201709z

料金(1人1drink別途)

前売 一般3,500円+1D
当日 一般4,000円+1D

劇団前売扱いのみ
★ペア券 6,000円+2D(@500円割引)
★U-23券 2,500円+1D(観劇時23歳以下の方対象/要年齢確認証提示)
※年齢が確認できない場合、差額を頂戴いたします。

※ご入場順は「事務所前売」→「プレイガイド前売」→「ご予約」→「当日券」となります。
※受付は開演45分前 開場は開演30分前です

【チケット取扱所】
●e+(イープラス) ※発売日0時までは検索してもヒットしません
http://bit.ly/201709e[パソコン・携帯]
※お取扱いのない券種もあります

●昭和精吾事務所
前売(事前精算)9/17日 23:59まで受付
http://bit.ly/201709p

●昭和精吾事務所
予約(当日精算)公演前日23:59まで受付
http://bit.ly/201709r

●サラヴァ東京
WEB予約 ※公演前日24時まで
http://l-amusee.com/saravah/reservation/postmail.html
※サラヴァ東京フォームは携帯アドレスでは予約いただけません。ご注意ください。
(携帯アドレスからの予約は無効となります)
予約が受付と自動返信メールが送られます。
「@saravah.jp」からのメールが届くように受信設定のご確認をお願いいたします。

電話予約 ※公演前日19時まで[受付時間:会場営業日の16〜19時]
TEL 03-6427-8886
[サラヴァ東京扱い予約の注意事項]
会場予約では予約時に整理番号がつきません。
開場前にいらした場合、ご来場順に整理番号を配布いたします。

当日は早くから一階コンビニエンスストア前などに溜まらないようご注意ください。
開場10分前より整理番号順の整列のためにお声掛けしますのでご協力ください。

お席には限りがございますので立ち見となる可能性もございますのでご了承ください。

テーブルがないお席もございますのでご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2017年08月01日

告知)8/6 寺山修司記念館20周年特別公演・幻想市街劇「田園に死す」三沢篇 出演

寺山さんゆかりの地・青森県三沢市にある寺山修司記念館が20周年。
新作市街劇が三沢で開催されます。
市街劇でも昭和精吾はよく長い詩をマイクで叫んでいました。
市街劇も、市街劇に出る昭和さんをわたしは見たことがありません。
その匂いを感じてきたいと思います。



青森は1999年の今頃に行って以来。
もと天井桟敷の稲葉さんが発行していたテラヤマ新聞主催バスツアーで、昭和精吾の公演があって同行し、出演もしたのでした。当時の記録が昭和精吾サイトにあって改めて読んだら、わたしのスタンドマイク初体験はこの寺山修司記念館野外ステージの「短歌掛け合い」だったようです。
この「短歌掛け合い」を構成をしたのが現・寺山修司記念館館長で詩人の佐々木英明氏であることは、まだ知りませんでした。

 
当時の記録 ☞1999年 青森県三沢市からの手紙/こもだまり (昭和精吾サイト「舞台からの手紙」より)
http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/syowa/documents/9908.html


【市街劇参加方法】
当日10時〜15時、市街劇参加券(チケット)を「スカイプラザミサワ 特設受付」で提示し、
地図とお面を入手してください。
☞「スカイプラザミサワ 特設受付」受付時間:10時〜15時 青森県三沢市中央町2-8-34



と案内にあるように、観客の皆様は、その地図を頼りに三沢市各地で行われる劇を探して歩いていただきます。最終稽古で配布されたその地図を見たら、案外親切な地図でした。遊園地の地図みたい。誰がどこにいるかまでは書かれていません(※演目によっては書かれています)。
わたしも町のどこかでひっそりと、訪問者をお待ちしています。


わたしが今気になっているのは、果たしてこの大人数に、おまじないをどこまですることができるかです(笑)


オーディションを受けて合格した人々は、東京組と青森組に分かれて稽古していて、
わたしも万有引力の稽古場にお邪魔することになりました。
J・A・シーザー氏ら、寺山さんと共に活動していた人達が思考し続けた先が此処にある、というのは予想以上に刺激的でした。昭和さんから聞いた寺山さんと、作品として残っている寺山さんしか知らないのですから。
その人達の思考に乗って、共に新作を作ることもとても貴重。

桂太さんがいう台詞に、わたしの大好きな寺山さんの言葉があって、それを聞くとどうしても涙ぐんでしまう。
楽しみにしていてください。

この日三沢は、寺山修司の言葉で埋め尽くされる!



詳細はこちら公式サイトにて
https://www.terayamaworld.com/2017/shigaigeki/

2017年8月6日(日)
正午開演
青森県三沢市内各所
雨天決行






世界6都市で上演された市街劇が、新たに幻想市街劇として三沢に降臨する! 劇場化する三沢市、現実と幻想の狭間に、増殖する「寺山修司」!

企画:笹目浩之

寺山修司が主宰した「演劇実験室◎天井棧敷」の市街劇、世界演劇史上極めて実験的と高く評価された『人力飛行機ソロモン』[’70年 東京、ナンシー(フランス)/’71 アーヘム(オランダ)/後に、’98 青森、’08 松山]と、杉並区一帯で上演された『ノック』[’75]。
2017年、新たに7都市目の開催となる「幻想市街劇『田園に死す』」は、寺山の創作の原点を探るべく、三沢の市街、田畑を劇場化する「三沢篇」。歌集/映画における代表作『田園に死す』に色濃い自伝的要素と青森の風土を、市街劇『ソロモン』『ノック』に融合する新たな試みである。



【スタッフ】
総指揮・構成・演出・音楽:
J・A・シーザー(演劇実験室◎万有引力・主宰)
構成・演出:
眦跳弾董扮薹犲存骸次万有引力)
演出:佐々木英明(寺山修司記念館館長)
演出:増田セバスチャン(アートディレクター)
演出:福士正一(舞踏家・オドラデク道路劇場)
演出:森崎偏陸(テラヤマ・ワールド)
演出:長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督)
照明:山崎佳代
照明協力:ライズ
美術:simizzy
音響:吉田望
音響協力:尾崎弘征 ほか
舞台監督:今西祥太
記録写真:福士輝子 ほか
宣伝デザイン:
榎本了壱+蛭田恵実(アタマトテ・インターナショナル)
企画協力:
榎本了壱(アタマトテ・インターナショナル)
制作:秋元けい子 前田樹里 増田達郎 鳴海芳彦 ほか
プロデューサー補:広瀬有紀(寺山修司記念館)
企画・プロデューサー:
笹目浩之(テラヤマ・ワールド)


【出演】
演劇実験室◎万有引力

佐々木英明
福士正一+オドラデクダンサーズ
エミ・エレオノーラ
川嶋信子
榎本了壱
柘榴ユカ
長堀晶
MOMO
ジョン・健・ヌッツォ

岡三沢神楽
劇団青森どまんなか
大庭れいじカンパニー
青森県立美術館ドラマリーディングクラブ

三沢市+全国からのみなさん

J・A・シーザーと悪魔の家


===================
●市街劇参加券(チケット)
【前売】大人2000円(税込)
高校・大学生1500円(税込)
【当日】大人2500円(税込)
高校・大学生2000円(税込)
中学生以下無料
※当日券は「スカイプラザミサワ 特設受付」のみで販売。
※学生券は当日特設受付にて、学生証の提示をお願いします。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)昭和精吾事務所 

2017年07月24日

御礼)7/23「悦楽乱歩遊戯」円盤発売祭ワンマンライブ『パノラマ万花鏡』



「悦楽乱歩遊戯」円盤発売祭ワンマンライブ『パノラマ万花鏡』、
まごうかたなき満員御礼にて終了いたしました。
関わってくださったすべての皆様に感謝。

7月上旬に突発的に24時間38度という日を経て、咳が治りきらないままシアトロン本番を経てこの稽古に突入したので、果たして2時間保つのだろうか、という不安がありましたが、コーラス含めほぼ歌いっぱなしのセットリスト、無事に務め上げることができました。

冒頭の写真は、終盤も終盤、『緋色の万花鏡』で覚醒した瞬間。
荒川れいこさん(zoisite)がばっちり押さえてくれてた、びっくり。


パノラマ万華鏡《セットリスト》2017.7.23
紙魚蟲
死の舞踏[屍]
深淵のパレード[屍]
因縁性妄言[屍]
特捜!邏卒24時![冥]
終わりの箱船(朗読)〜箱船[冥]
人為ミューテーション[冥]
カゴメカムゲノム[冥]

さんじゅさま
陰々滅々幽幽奈落
物狂う綺譚
犯罪と宝石
パノラマ脳
臘月記[臘月記] 
冥婚行進曲[冥]
緋色の万花鏡

==
アンコール/悲喜劇狂想曲[屍]
Wコール1/見世物地獄[少女椿]
Wコール2/赤猫座[少女椿]

※[]は公演名=収録アルバムタイトル
冥=冥婚ゲシュタルト
屍=屍のパレード
記載のないもの=悦楽乱歩遊戯


赤字がメインパートがあったもの、ほかもコーラスとして歌っていたので朗読以外はほぼフル出場。
パノラマ脳、臘月記、見世物地獄は、わみがコーラスしてくれてのソロでした。
過去にいただいた曲を、こうしてライブでまた歌うことができるのは幸せです。

『臘月記』は舞台では録音が流れただけで(麻邑楽ライブでは歌いましたが)、2015年の百眼ワンマンライブでバンド形式で初めて歌って以来。扇子による振りがついていて百眼ショウでは時々、紅夜のボーカルでお披露目している。終演後「臘月記、覚えるほど音源聞きました。好きなんです」と言われたり、『見世物地獄』も、終演後「初めて百眼を見たのが少女椿なので、紅悦さん(少女椿での役)の歌が聞けて嬉しかった」と感想をいただいたり、嬉しかった。

想定外のご来場数に開演が30分押すという本当にありえない申し訳なさでしたが、
舞台上からみたお客様は、暑くて酸欠で足も疲れてるだろうに、予想以上にニコニコしていてくれて、パワーをもらえました。ありがとうございました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月23日

告知)今夜、廻天百眼レコ発ワンマンライブ『パノラマ万花鏡』@手刀

今夜、19:30に開宴します。
廻天百眼のレコ発(DVDもなので「円盤発売祭」が正式名)ライブ。



『悦楽乱歩遊戯』の曲はもちろん、過去公演曲もたくさん歌います。
気付けばわたし、朗読シーン以外は休みなしでした(笑)
史上、一番過酷なセットリストとなりましたが、突っ走ります。
『冥婚ゲシュタルト』の振付がある曲ご存知の方は、ちらっと思い出しておくと楽しいかも…?

そして西邑KEVINさんが初めてドラムを叩く曲がいくつかありまして、
(前にやった時は西邑さんはギターを弾いてました。ギタリストなので。)
つまり昔の曲を今回の為にわざわざ練習したらしい・・(ギタリストなのに。)
個人的に、とても大事な曲たちなので、楽しみにしていてください。
稽古で久しぶりにやって、懐かしかったけど、すぐ馴染む感じです。


そして今日は、西邑さんを百眼に紹介してくれた麻宮チヒロ氏の誕生日。

「おめでとう!」by.彼岸(『屍のパレード』より)



MV『緋色の万花鏡』撮影時のDJ.TETRA。役のチヒロさんと、東京のライブハウスにやってきた春泥役の(なんだけど麻人楽っぽいと言われた)わたし。


おかげで2011年『少女椿』から今回まで、たくさんの曲が生まれました。
それを今も歌うことのできる幸せ。

廻天百眼と、石井飛鳥氏と、百眼っ子に感謝。

 
2年前の2015年4月、廻天百眼ワンマンライブ『深淵のパレード』にて、チヒロと西邑さんと。
このときはFOXPILL CULTと当時まだメンバーじゃなかったShinpei Morishige氏が生演奏してくれたんでした。

今宵、この地にて。
ご来宴、心よりお待ちしております。


あの曲は、君と君たちのために歌います。




・・・あれ?乱歩のわたしの正しいビジュアル載せておかないと、赤髪だから見つけてもらえないかな。こんなです!(衣装の色が、本番を経てちょっと変わってしまってますけど。)



========
 イベント詳細
========


◎ついに今夜!廻天百眼
「悦楽乱歩遊戯」円盤発売祭ワンマンライブ『パノラマ万花鏡』



悦楽乱歩遊戯円盤発売祭『パノラマ万花鏡』
ギリギリまで使える予約フォームはこちら!
http://www.kaitenhyakume.com/xxx/archives/2088

本年3月の廻天百眼劇場本公演、江戸川乱歩原作舞台『悦楽乱歩遊戯』。
7月5日のDVD、サウンドトラック発売を記念した円盤発売祭が決定!
『犯罪と宝石』『陰々滅々幽幽奈落』『緋色の万花鏡』をはじめとする悦楽乱歩遊戯劇中歌を中心に、
廻天百眼のこれまでの楽曲も披露!
明智小五郎が、黒蜥蜴が、静子が、ステージに再び登場!
オリジナルキャストで送る『悦楽乱歩遊戯』円盤発売祭!

◎出演
紅日毬子 桜井咲黒 十三月紅夜 早坂カラス
こもだまり(昭和精吾事務所) 常川博行
左右田歌鈴 なにわえわみ(劇団フェリーちゃん)
柚木成美 
湖原芽生(月蝕歌劇団) 伊勢参(偉伝或〜IDEAL〜)
窪田裕仁郎(Voyantroupe) 丸山翔(Voyantroupe)
山本恵太郎(ゲンパビ) 本山由乃(劇団ロオル)
辻真梨乃 
安曇真実 小林機械

西邑卓哲(FOXPILL CULT)※ドラム演奏



◎脚本/演出
石井飛鳥

◎音楽
西邑卓哲(FOXPILL CULT)


◎時・2017年7月23日(日) 19時開場 19時30分開宴
◎於・池袋音処手刀
◎木戸銭
一般   3500円+1D
23歳以下 2000円+1D

詳細はこちら!
http://www.kaitenhyakume.com/s17chrono_04.php


=============
『悦楽乱歩遊戯』MV公開中!
=============
※わたしは4つとも出演しています。
※特に上の2作品はMVの為の撮り下ろし映像にて製作。

MV『緋色の万花鏡』
桜井咲黒監督作品第2弾!
https://youtu.be/ayr1W6-zxPM

MV『物狂う綺譚』
360度VR映像!
https://youtu.be/XxKqegdQxgw

MV『陰々滅々幽幽奈落』
舞台映像盛りだくさんで臨場感を味わう!
https://youtu.be/FValDQm5oFs

MV『犯罪と宝石』
黒蜥蜴のテーマ!
https://youtu.be/fxWcyUWyF1c続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月18日

御礼)舞台芸術創造機関SAI『無題』(密空間演劇市・シアトロン内)

▶︎シアトロン7/16ソワレ : 〜出演
▶︎シアトロン7/16ミッドナイト : 〜出演

舞台芸術創造機関SAI『無題』

作:麻宮チヒロ 演出:SAI




[出演]
法師:麻宮チヒロ(舞台芸術創造機関SAI)
銀次:倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
お熊:稲川実加
琳 :大島朋恵(りくろあれ)
三吉:こもだまり(昭和精吾事務所)

[感謝]
本番映像撮影:西邑卓哲(FOXPILL CULT)・乃々雅ゆう(幻想芸術集団 Les Miroirs)
衣装協力(蓮着物):ホンマアキコ

 


この出演依頼があったときには周りの予定が既に決まっていた。
スケジュールはきついけど、ほかでもないチヒロ氏の初めての戯曲なら出るしかないじゃん!ということで詳細も聞かずに受諾したのでした。

作演主宰が三人もいる座組で、そうでない実加さんもわたしが信頼する女優だし、短い時間だったけど皆が惜しみなく出し合って作る、刺激的で楽しい創作現場だった。
チヒロ氏は(DJや俳優としての彼を知っている人ならご存知のとおり)耳のいい人だから、出演者に実際に読ませてみて細かく耳障りを直していく、という作り方だった。初作品ながら稿を進めるごとにどんどん彼らしさの色がはっきりしてきて、出演者もたくさん口出ししたけど、それを吸収しても尚、とても彼らしい作品になったと思う。


わたしは予想外の男役で、しかもチヒロの文体は初めてだから語り口のプランを調整するのに案外時間を要した。どの音・どんな言い方が相応しいかを調整したいのに声が普段と違う(楽器の調子がおかしい)と判断が難しかった。(例えると、楽譜もあって音源聞いてて頭の中では完全に理解しているけど大きな声で歌ってみてないって感じ?)普段は気にしてないポイントだった。初見の本読みでも、ある程度は様子が掴めて表現できるんだけど、声が違う=聞こえ方が違うと、成功してるかどうか自分で判断が難しかった。終わった後、チヒロに「声があれで稽古序盤はごめんね」と言ったらよ「こもださんが声すごいハスキーな時も、これはこれでありだなって思ってました(笑)」って。

しかし逆に、普段出ない声が出るから想像しないノリが生まれたり、新しい演奏法を見つけたような思わぬ収穫もあった。
「うんざりだ」って台詞は昭和精吾の『おさらばの辺境』の「こんな時代にゃうんざりだ」の言い方を踏襲したり、ところどころ昭和さんを使っていたのをチヒロさんは気づいていたみたい。


舞台は紗幕を垂らして明かりも暗い場面は朗読可能な限界まで暗く。
顔をみせるのではなく姿や気配、関係性は距離感や立ち位置でみせる、というような、朗読劇でありながらある種ダンス的発想が必要な作品作りだった。久々、空間把握に意識を張る感じ。インプロでダンスするときなんかに使う回路。
あまりの暗さに稽古で台本が読めず「やはり全部覚えるしかないのか」と思いもしたが、冒頭は(布が燃えるからとチヒロが一度断念した)蝋燭が採用になり、炎が揺れることを除いては快適になった。
ただし本番は、お客様が大勢来てくださったので、湿度もすごいし酸素も薄いしで、用意していた蝋燭の擦り口はふにゃふにゃ、擦っても擦っても火がつかない。3度目でやっと発火・・・したと思ったらすぐ消える。万が一のためにライターを用意してたけどなんとか2本目のマッチで蝋燭に火がついた。台本も湿気でふにゃふにゃ。(歌鈴が「こもださんのマッチが消えるなんてただ事じゃないと思った」と後で言ってた。)


(写真は据置カメラよりキャプチャー。ゲネの写真を撮っていただいたので入手したらまた。)

そんなお客様にとっても過酷な状況での50分でしたが、みなさん集中して見て/聞いてくださりありがとうございました。わたしは男ものの夏着物で、竪絽の透け透けの素材で帯も男結びだから涼しいはずなのに始まって5分くらいで汗がぽたぽた台本に落ちるほどだった。みんなも浴衣なのに汗がすごかった。そしてお客様も…。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)演劇・舞台 

2017年07月07日

告知3)「われに五月を」2017/公演情報発表

7/7夜[速報3]
◎タイムテーブル・料金発表

◎6人目の出演者
前回に引き続きの5人に加え、稲川実加が昭和精吾事務所に初出演。

稲川実加(いながわ・みか)
新劇からアングラまでこなす女優。
近年出演作/劇団 池の下「アガタ」(2015)、麻人楽「幻視」シリーズ(2015-2016)、舞台芸術創造機関SAI「新訳熱海殺人事件〜サイコパス〜」、風蝕異人街「邪宗門」(2017)等。
次回/シアトロン内の舞台芸術創造機関SAI「無題」、麻人楽「犬神抄_h」に出演。


◎CM活動/麻人楽音楽劇『犬神抄』シリーズ 7/16 シアトロンにて上演決定
2016年の前回公演で披露した新作『犬神抄』を今公演のCMとして外部上演。
 詳細☞ 告知)7/16昼 麻人楽「犬神抄_h」上演決定/【シアトロン-密空間演劇市-】
 http://komodamari.blog.jp/20170707_1.html



※2016年12月公演PV(「長編叙事詩・李庚順」「犬神抄」収録)


◎本チラシ製作中
◎新体制2本目にして、レパートリー増加計画中 ・・・続報にて



昭和精吾事務所 次回公演
「われに五月を」第ニ章 2017 - 血系譜 -

作:寺山修司  音楽:J・A・シーザー 

2017.9.29(金)30(土)
渋谷・サラヴァ東京


●タイムテーブル
9/29金 19:30
9/30土 15:00/19:30 以上3ステージ

●料金 共に別途1drink(600円)
前売・予約:3,500円
当日:4,000円

●チケット販売開始
8月12日(土)予定 (こもだ出演作会場にて先行販売の可能性あり)



構成・演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

告知)7/16夜と深夜 舞台芸術創造機関SAI 麻宮チヒロ作『無題』に出演/【シアトロン-密空間演劇市-】

この夏、東京・江古田で開催される【密空間演劇市・シアトロン】に
舞台芸術創造機関SAIの新作『無題』にて出演します。

なんと麻宮チヒロ氏の書き下ろしで、
倉垣吉宏さん、大島朋恵さん、稲川実加さんと共演ですよ。
即答でやるって言いますよね(笑)

ただいま鋭意稽古中。チヒロさんが作家として、演出家として徐々に手先を伸ばしていく様を見守りつつ、俳優に専念できる楽しみを味わっています。



■舞台芸術創造機関SAI『無題』■



舞台芸術創造機関SAIにおいて、倉垣作品以外で初の書き下ろし短編作品となる「無題」に関しては未だ多くの謎がある。
「和」「淵」「焔」というキーワードと、簡素なあらすじが伝わるのみである。

今は昔。妻を亡くした男は未亡人の女と夫婦となる。その女には連れ子があり、物言えぬ病を患っていた。
家族となり、一つ屋根の下へ暮らすようになると男の周りで次々と奇妙な出来事が起こり始める…。


■出演者:
麻宮チヒロ (舞台芸術創造機関SAI)
倉垣吉宏 (舞台芸術創造機関SAI)
稲川実加
大島朋恵(りくろあれ)
こもだまり(昭和精吾事務所)

■作:麻宮チヒロ(舞台芸術創造機関SAI)
■演出:SAI

出演時間:7/16(日)ソワレ枠 B2F アトリエ轡廛譽ぅ此19:10-20:00(※予定)
出演時間:7/17(月祝)ミッドナイト枠 B2F アトリエ轡廛譽ぅ此0:30-01:15(※予定)



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 12:05|PermalinkComments(0)演劇・舞台 

告知)7/16昼 麻人楽「犬神抄_h」上演決定/【シアトロン-密空間演劇市-】にて

この夏、東京・江古田で開催される【密空間演劇市・シアトロン】に、
麻人楽の出演が急遽決定!

5/1深夜 新宿LOFTを以ってしばらく封印予定だった麻人楽「犬神抄」を緊急上演!
これまでの全ver.に出演の左右田歌鈴と、映像音声出演のみだった稲川実加を迎えて、
多彩なゲストに支えられた「犬神抄」シリーズ、
「犬神抄+s」、「犬神抄+k」に続く第4弾にして原点回帰、女三人の「犬神」です。


ーーーーー【 重要 】前後団体のお客様 ご招待のお知らせ ーーーーーーーーー

※今回CM出演のため、当日マチネ通し券のお客様に加え、
前後チームのイチオシ券(一団体指名チケット)のお客様は無料でご覧いただけます。
事前のお手続き不要。あと10分残って、もしくは15分ほどお早めにご入場いただくだけです。
この機会にぜひご利用ください。
※タイムテーブルは多少ずれることもございます。ご了承ください。
【対象イチオシチケット】
前:7/16 兎亭 12:45-13:15(※予定) 劇団フェリーちゃん
後:7/16 兎亭 13:30-14:00(※予定) 帝都神風倶楽部 (イチオシ券取扱枚数完売)

■イチオシ券(2000円)の販売所
通販 ※7/7受付終了 http://sai20xxshop.cart.fc2.com/ca2/83/p-r-s/
実店舗 ※7/7以降は兎亭・月光密造舎(月〜水営業)でのお取扱いのみとなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


麻人楽音楽劇「犬神抄_h」
〜寺山修司『仮面劇・犬神』より〜


脚本・演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

シアトロン 2017.7.16マチネ枠(11:00-14:00)内
※地下1階 兎亭13:15〜13:25上演予定


(撮影:荒川れいこ[zoisite])


[出演]


こもだまり



左右田歌鈴



稲川実加

[音声出演]
麻宮チヒロ(舞台芸術創造機関SAI)
イッキ(アクロスエンタテインメント/昭和精吾事務所)

[特別出演(声)]
のぐち和美(青蛾館)
犬神凶子(犬神サアカス團)

[主題歌・挿入歌]
麻邑楽-moura-


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月28日

告知2)昭和精吾事務所「われに五月を」2017/ リオフェス用仮チラシ情報公開




昭和精吾事務所 次回公演
「われに五月を」第ニ章 2017 - 血系譜 -

作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー

2017.9.29(金)30(土)
渋谷・サラヴァ東京


NOW☞☞[速報2]6/28夜 
リオフェス2017配布用 仮チラシ情報解禁
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加