スワちゃんが5月に出る公演の稽古で木曜のダンスには来られないので、撮影前の全員集合最終日。
稽古場で衣装最終打ちあわせ。
坂戸のパンツは白がいいんじゃないかとか黒がいいんじゃないかとか、とき緒さんがもうこの上着やめる?と言い出したりと煮詰まりを通過して、なんとかプランが決定。靴を合わせたらなんとなく(見慣れてきたのか)いい具合に落ち着いた感じがする。
衣装が決まったところで、曲をrepeatでかけて踊り倒す。重ね着なので4分くらいの曲を一回通しで踊るだけでも汗がだくだく出てくる。「シーズン到来って感じだな。冬はいくら踊っても汗出なかったもんな」と保さん。そうか、春なのか。
今回の衣装は重みがあるのでバランスが変わる。着て踊るのに慣れておきたい。足場など条件の悪いところに行くのだから、稽古場でちゃんと踊れなかったら、踊れるわけがないのだ。

雨の中フラカッソへ移動。
たくさん踊って頭が飽和してるので、早速ホットココアを飲んで人心地を取り戻す。
それから日曜の撮影のタイムテーブル、撮影の内容と順番、メイク・ヘアメイク(「光りの子供」に引き続きスワちゃんがプランを担当)のことなど決めて、11畤解散。正味1時間で濃密な打ちあわせができた。

それにしても私の衣装、ぜんぶ私物(というか普段着)だ。
スワちゃんと坂戸ととき緒さんのカットソーもそういえば私のなんだった。
なんだかおもしろい。