24f5f9e9.jpg会社帰りに保さんがよく衣装を調達に行くという、駒込のカツロ(上野にも店舗があるらしい)に行ってきた。セール中だったからか、この箱の中どれでも100円、みたいのは見当たらず、レディースも少なかった。300円のジャケットにはびっくりしたけど(笑)。紳士服(スーツ)が本業らしく、激安なのでサラリーマン芝居をやる人が衣装の調達に使うらしい。
そんなわけで残念ながら買い物せず、すぐ帰途につく。時間が余ったので、別の日に行こうと思っていた目白のお店に向かう。携帯カメラに入れた地図を頼りに駅から歩くが、一向に辿り着かない。駅から一本道だし近いと思って番地も控えていない、万策尽きて池袋へ向かう。ちょっと疲れてきて高いお買い物をする元気がでないので、携帯で検索した池袋の古着屋へ。これもiタウンページで調べた地図の通りに行くのだが、どうもこれも見つからない。
今日は変な日だな、会社でも今日はスムーズに進んでると思ったら二度手間で銀行に行く羽目になったし、こういう日なんだな、と思う。

うろうろ探している途中で、豊島区役所の夜間窓口を見つける。そうだ、住民票取るよう言われたんだった。降りていくと、自動交付期が駐車場にぽつんとある。
「カードを入れてください」とあり、私は印鑑登録カードなら持ってるけど、住民カードなんて持ってない。『やっぱり今日はうまくいかない日なのかー』とがっかりする。が、よく見たら印鑑登録カードは住民カードを兼ねていた!!無事住民票をゲット。

気分をよくして、買う予定だった"足袋っくす"(足袋状のくつした)を見にハンズ近くの靴下専門店へ向かう。途中でリサイクル着物店の看板をみかける。丁度閉店時間。立ち止まったついでにいつもは入らない古本屋だが、たまたま女性が出てきたので、何の気なしに入る。ぱっと見た感じマンガが大部分だが、奥に文庫コーナー、大江さんの本(いま探してるのは「キルプの軍団」と「M/Tと森のフシギの物語」だが、これはどちらも文庫になっていない)でしらない文庫でもないかなと見ていたら、いままさに読んでいる「ツァラトゥストラ」の下巻があった。上巻もよく行く場所じゃなく、たまたま通りがかったブックオフで見つけたもの。今日の行き違いは、この本に辿り着くためだったんだな。

ビックカメラで、前来たときは売り切れだったCD盤面のラベルも買えた。
結果、備忘録から項目がたくさん減らせた日となった。