2007年05月

2007年05月30日

初・通し稽古

今日は、ついに初の、フルサイズ通し稽古。
客入れ〜1幕〜休憩〜2幕。
通してみて、わかることってたくさんある。
稽古のあと、すこし役者同士で気付いたことや、困った所を話して、さらに発見が。
ああもっと話したい!
時間ないけど、いろいろ言って、言われて、もっと上に行こう。

明日、通しまでに出ハケとか、道具の出し入れとか、着替えの困ったところとか、確認したいなあ。
いや、しなきゃな。

そしたらあとは・・・今日やったことを重ね塗りしないように、忘れてしまうことだ。
そして丁寧に繋げていけば、できるはず。


あっ。
言い忘れたけど、今日の午後、にゃー氏がやってきた。
窓を開けたら、雨宿りしていた。
濡れるのキライなにゃー氏を雨の日には見かけることはないんだけど、今日は通し稽古前だから、応援に来てくれたみたい。存分にかわいがった。短い時間だったけどね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年05月29日

あと一週間

明日から、連日通し稽古です!
3月に顔合わせしてから、宣伝写真の撮影会して、稽古して、パンフ写真の撮影会して、稽古して、ついにあと一週間というところまで!

「役作りのために、しばらく稽古場でみんなから距離を置きなさい」令が出て、しばらく稽古場でおとなーしくしてました。わざわざ言われるからには、お互いの為にも、必要な作業なのかもなと思って。
でも稽古場で、自分の気付いた事を黙ってるって状態は、やったことがなくて、とにかく最初は苦痛で仕方なかった。でも、たぶん、それすらも無駄じゃないはず。

今回はなんだか、いろんな実際のことと戯曲の中のことがおもしろいくらいにリンクしてるのです。
わたしがこの役になったいきさつとか、なんかいろいろ。出来すぎてる感じ。


通し稽古、これまで、前半通し、後半通しと半分ずつでならやったけど、本当の通しは明日が初めて。
着替えや、道具の出ハケ、人々の動線の確認(柳生博さんが「交通整理」と言うんだよと教えてくれたっけ)なども、しつつ・・・ああ、本番に向けてがんばりましょう!

わたしが青ひげ公の城に行けるのも、もうあと何回かなのだから!
存分に楽しもう!!みんなで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年05月16日

三回忌

砂々良のママの三回忌。
もちろん、ゆきちゃんとふたり、ママの着物で。




もう、丸二年か。
いつもどおり、TRさんはママに一句詠んで、カードにして持ってきてくれている。
ロマンチストなんだ、TRさんは。

こんな風にみなさまに愛されて、ママは本当にしあわせだと思います。

何もしらないお客様には敢えてなにも言わず「なんでふたりして着物なの?なんかあるの?」「気まぐれです」なんて答える。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 15:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)砂々良 

2007年05月06日

よい姿勢

わたしの数少ないお気に入りのテレビ番組の一つ、「Get sports」で南原さんが谷亮子選手にインタビューしていた(ナンチャンが柔ちゃんに、って言った方がわかりやすいかな?)。

谷選手が「姿勢をよくして = あごを引け、って思ってる人が多いけど、耳を肩のラインに揃えるんです」と言った。これはやってみたらわかるけど、ほんとに一発で体感できる。
それから、恥骨をちょっと持ち上げる(骨盤の前側を上げる)のもプラスすると、それが正しい姿勢なんですって。
ちなみにこれ、モダンダンスでいう「よい姿勢」とも合致してる。
胸を開いて背中も開くのが難しいのだけど、耳を引くと、それが自然にできてしまうの。
柔ちゃん恐るべし!!

ほんとにすごいから、みなさんもぜひお試しあれ。





このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年05月02日

斉藤レイさん

『青ひげ公の城』で共演させていただく斉藤レイさんが、ミュージカル『Tommy』の公演を終えて、稽古に連日いらしてる。
「レイちゃんはジャージでも『足ながっ!』『これジャージだよね?』ってくらいのスタイルだからね!」と高野さんから噂を聞いていましたが、本当に、背が高くてすらっとしてるのに、出るとこは出て、スタイル抜群。
今日、衣装合わせでドレス着たら、稽古場なのにみんなが思わず拍手してしまうくらい、出来が違う(笑)。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年05月01日

ぷっくり

わたし、普段はあんまりばっちりお化粧をしない。
ちょっとメイクすると、派手に見えるみたいなので。
人に会う時には、眉とまつげとリップはするけど、アイシャドウとかアイラインとかチークは日によって。
10代の頃、当時の劇団の制作の子に「まりさん今日、具合わるくないですか?」といわれ、リップを塗ってないと顔色が悪く見えて心配をかけることがわかった。お化粧って自分のためじゃないんだなと改心した。

わたしは、ちょっと寝不足だと顔に来て、やつれて見えがちなので、できるだけ顔色がよく、ふっくり見えるようにメイクするわけで、それにはグロスは効果的。かわいらしくみえると思う。縦しわがなくなるからなのかな? ぷっくりした唇がかわいく見えるのって、あれかな? 「赤ちゃん効果」のせいなのかな。人間は、赤ちゃんに似たもの(例えばあたまの比率が大きいもの)が「かわいく」見えるっていう本能があるらしい。唇のぷっくりした感じが、赤ちゃんを彷彿とさせるのだろうか。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加