2012年07月

2012年07月20日

告知)来週、7/28土・29日 舞台芸術創造機関SAI「イト」に出演します。

ついに来週!SAI@SUMMER WARS 2012と題した、舞台芸術創造機関SAI『イト』『ROMANTIC+GROTESQUE』同時上演企画が始まります。

わたしの出演する『イト』は土日のみ、去年の6月、大島さん、ソワレちゃん、おにいと4人で30分versionでお届けした作品のversion upで、ひさびさ、アングラって言われないタイプの作品です。わたしはまさかの「お父さん」(笑)!
寺山さん作品や百眼の私しか知らないみなさんこそぜひ、見にいらして下さいませね。
近未来が舞台ですが難しいお話ではなく、夏休みにふさわしい、親子や友情や恋や、真剣ゆえに甘酸っぱい、そんな不器用な思春期の高校生を中心としたお話です。


音楽は初演に引き続き、Asohgiさんの楽曲とともに、Cuu-さんの生演奏も!
現役高校生ふたり、初共演の面々を交えて12人でお届けします。
さあ、熱い夏休みの始まり!

THE AGE OF APOCALYPSE 2039
「イト」




劇作:倉垣吉宏
音楽:Asohgi×Cuu-
演出:倉垣吉宏

イト(赤色の回)◎(全3ステージ)
7/28(土)14:00-15:30/19:30-21:00/
7/29(日)14:00-15:30
※青色は同時上演のROMANTIC+GROTESQUEです。



劇場◎王子pit北/区域
東京都北区王子1-13-18 地下

【王子駅】JR京浜東北線より徒歩2分/東京メトロ南北線 徒歩30秒




◎出演◎

有栖川ソワレ
大島朋恵
こもだまり(昭和精吾事務所)
仲村弥生

モチヅキマサル(私立ゴアゴア学園(仮) )

市川五月
岡本華奈
saki
古田彩乃
三浦道太郎

Cuu-(演奏)
倉垣吉宏


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月19日

SAI◎稽古ラストスパート


なにやらお勉強など。

『イト』は来週の土日、『ロマグロ』は先駆けて7/25水についに開幕。
稽古も終盤、細部の調整に入って来た。


ここまで演出で忙しかったおにいとのシーンは、実はまだ詰め切っていない箇所があるので、この土日の稽古が勝負。でもね、このひと月以上やってきたことをちゃんと使えたらおもしろいシーンになると思う。『死ぬ機械』以来あんまりおにいと絡みがなかったので、とっても楽しみだ。SAIで稽古した身体的なアプローチってやつを使いたいなあと目論んでいる。


いろいろ決まっていくということは、いままで遊んで来たいくつかを捨て去る作業でもあり、一抹の寂しさがある。けど、それでも日々新しい発見があって、更新されていく。楽しんでないとそれは起きないし、どうせなら楽しまないと損だよね。

今日の稽古のあと、秋葉原の神田川沿いのデニーズのテラス席なる、川の見える屋外の席でお茶した。
本番が近付いてくると興奮状態になるというか頭が冴えてくるので、過去の公演のエピソードなど思い出したりして。そんな何の気ない会話からまた頭が回って発見があったり。

『イト』は1年前の初演とコンセプトは同じでも、見せかたも道筋もかなり変化してる。
去年の財産のお陰で簡単にわかることもあれば、逆にミスディレクションされてることもあって、人間ってなかなか不自由で面白い。

とりあえず、やれることからやって行こう。
冒頭の本は、侮るなかれ、結構役に立ったよ。

◎SAIチケット総合販売所はこちら。 http://sai20xxshop.cart.fc2.com/


このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月14日

fujimiya.tv 10th Live/燭台5周年企画第6弾

SAI本番まであと二週間を切っているというのにfujimiya.tvライブ。
燭台さんの5周年記念イベントだからそりゃやるよね。
倉垣おにいは本番が近いのでさすがに欠場、でも大島・有栖川・わたしを快く送りだしてくれた。
先月に引き続きのこじさまと、2nd Live以来の毬子ちゃんが特別参加で、7人編成。



【燭台5周年企画第6弾『ドキッ!女だらけの神楽坂』】
2012.07.14@神楽坂EXPLOSION【フジテレビ10thライヴset list】

01.世界史(『エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ』)
02.花鳥風月(『エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ』)
03.鋼鉄の見世物小屋(『少女椿』)
04.MIG-100000000のテーマ(『エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ』)
05.天測理法 LitaVrata(『存ぜぬ快楽』)
06.アワーウィッシュ(※アムの音楽隊)


新曲ふたつは、緊張した。
アワーウィッシュについては社長のツイートによれば
”生まれて初めて作った3曲の内の1曲で、2001年に生まれて初めてリリースした作品(カセットテープ)『新宿区 戞鼻腹まるいち、って出るかなあ)にしか収録されていないらしい。
ものすごくメッセージソングの顔をした曲なので、もちろんそういうつもりで歌うし、なんかお客様もしんみり聴いて下さって逆に申し訳ないくらい。

「MIG-100000000」(ミグいちおく)は5人で歌を割り振ってすこしずつ歌うので、振りに気を取らないよう気をつけなければならない。


女声Vo.イベントだから今回はいいけど、やっぱりおにいがいないとさみしかったなー。
次の8/12はまたレギュラー揃ってお送りする予定。

その前にSAIだけど!
お稽古さぼって歌いにきてる、イト組・大島さんとわたし。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月04日

告知)8/4土 語りと音楽の会『月想〜今昔物語集 第二十七巻二十四話より〜』で語ります。


イベントのチラシ用にこんな素敵な絵を描いてもらいました!


8月2日より8月5日、『潮騒の祈り』で出会った絵描きのホンマアキコさん個展「パアフェクト・ワールド」が東中野にて開催されます。


その中で8月4日、一夜限りの特別イベント。
語りと音楽の会と題して、月琴奏者の和田尚悟(わだ・しょうご)さんの音楽とわたしの語りのコラボ企画をお届けします。
題材は高橋郁子さんの『月想』。郁さんとは『潮騒の祈り』が初めてでしたが、語りへの好みがとても近いので、心地よく取り組めています。

会場の都合上、20名様限定となりすので、ご都合のつきそうでしたらお早めのご予約をお願い申し上げます。


以下、イベント詳細をホンマさんのサイトより転載します。


ホンマアキコ個展「パアフェクト・ワールド」特別イベント
語りと音楽の会
『月想』〜今昔物語集 第二十七巻二十四話より〜


ホンマアキコ個展「パアフェクト・ワールド」の展示に併せまして、
男と女の艶かしくも儚い一夜のお話をお届けいたします。
会場の作品と語り・音楽に包まれて、想像力を刺激されるひとときをお愉しみください。

脚本:高橋郁子  語り:こもだまり  音楽:和田尚悟


日時 2012年8月4日(土)19:00開演(受付・開場18:30)
料金 2000円(おみやげ付)
定員 20名様(要予約)
ご予約・お問合せ info(あっと)ak-truth.com

会場 東中野レンタルスペース
〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-5 東中野アパートメンツ203
JR総武線・都営大江戸線「東中野」駅から歩いてすぐ。
ファミリーマートの左手階段を上がり、
さらにエントランスホールの螺旋階段を上がり2Fへ。
通路の突き当たり手前に、会場の案内看板があります。

 ※会場には、専用の電話が設けられておりません。
 ※会場入口にて履物をお脱ぎ頂きますので、なるべく着脱し易い履物でお越しください。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月03日

SAI◎代役とか

『イト』に大きな進展あり。
こないだの休憩中に話していたことをヒントに、おにいが確信持って盛り上がって思考し続けた成果。それに沿って台本のリライト中だという。おにいが柔軟である証明だ。

SAIの稽古は「このメンバーで」「この場で」「こういうルールで」「遊ぶ」という感じで、正解を探すのではなく、本番での遊び方をはっきりさせて行く時間のようだ。
だから代役を立てても稽古になるのかな。
こないだざっくんのいない日にロマグロのざっくんの(主役)の代役をやってTETRA。とがっつり対戦したり、そのあとは逆にTETRA。がイトのいろんな役を代行してくれてお互いのいろんな側面をダイジェストで見る感じで面白かった。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

SAI◎SAIラジ第3回の収録

本日も昼夜通しの稽古。
途中のごはん休憩で、「SAIラジ」というSAIの情報をお届けするラジオの収録があった。

いちごんがまーむーの足をマッサージしている最中だったが、おにいが「今日ゲストはいちごと華奈ね…真夢の悶絶声も、裏に入ってていいや」と言うので華奈も参戦しマッサージ続行で収録。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加