2013年05月

2013年05月25日

燭台(怪)6周年記念プレミアムワンマン@高田馬場PHESE


燭台(怪)さんがワンマンやるっていうんで、こないだ犬神サアカス團のライブ見たばかりのPHASEに駆け付けた。タイトルは「HITACH◯狂愛最後の日・・・」、。
らけちゃんとバーカウンターで会えたので、一緒に中に入る。
燭台(怪)さんのライブは何度も見てだいぶ振付も覚えたし、ネクス子(燭台(怪)ファン)レベルは上がってると自負しての、満を持しての参戦。

ライブは暴れるより見たいから、好きなバンドでも後ろの方で(拳はあげたりするが)見るのが常だが、燭台(怪)さんは後ろにいても途中で「ほら!前行って!」ってVo.のカゲロン自ら押しにくるし、後ろの方のネクス子も激しめに踊るので、ここは参加して一体感味わってこそだと、結構踊る。
途中で入る小ネタも、ライブハウスの人たちのお祝いコメント映像も面白いし(ネクス子たちはネタはしゃがんで見る、この統制力たるや…)、なにしろ楽しいライブなのだ。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

万有引力公演「SUNA」観劇


昭和さんと、演劇実験室◎万有引力30周年記念公演「2013年版SUNA」を見た。
身体の、ビジュアルのインパクトが強くて、終わってみれば言葉の印象が残らない。
それほど圧倒的だった。万有のそこが好きなので、本当に堪能。

のち、昭和さんと共に打ち上げに参加。

そうそうたるメンバーの前で飲むことに・・・
左から日刊ゲンダイの山田氏、昭和さん、J・A・シーザー氏、高田恵篤氏、小林桂太氏。
桟敷の凱旋公演のことやら、おもしろい話が聞けた。
ほかにももと万有の俳優さんやら、現役の女優さんやらがいらして、豪華なテーブル。

5月の「われに五月を」を見て下さったかたもいた。
正真正銘、「昭和精吾事務所のこもださん」という日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月21日

CD三昧(upしわすれてました)

※5/21の記事、なぜかupし忘れてました。その間に「鬼姫2012」も公演DVDとサントラ(物販版に別アレンジ曲がいくつか増えてる)が「少女椿」と同じく全国流通したという・・・追いついてない、追いついてないぞ!ごめんなさい。



FOXPILL CULT『NEW ROMANCER』
虚飾集団廻天百眼『少女椿2012舞台音源集』
fujimiya.tv『世界樹サーガ』

FOXPILL CULT『NEW ROMANCER』
もらった翌日早速聞こうと開けたところ、スペシャルサンクスに「こもだまり」の名が。
何もした覚えないけど、ありがとうございます。
KEVINさんとはTETRA。が『少女椿』初演の時に連れて来てくれて、「見世物地獄」「赤猫座」のレコーディングでお世話になって、『鬼姫』でも私の歌う曲を3つも作ってくれたんだった。
fujimiya.tvの1st&Lastアルバム『世界樹サーガ』では私とおにいがメインボーカルの「達磨」のRemixしてくれた。リミックス中「俺の好きなvocalに歌い方似てる、これ誰だ?」って思いつつ作業していたそうで、あとから「こ、こもだまり?」そうです私です、なんだかすいません、ありがとうございます。
没になった紅葉曲、いつかレコーディングしたいなあ。
KEVINさんはギタリストだからか、ギターの音色が変わるみたいにいろんな声を出せる。
歌スタートの発想だと、きっとこうはならないんじゃないかな。音が先にあるというか。
だから音域が広くて、やらかい声もシャウトもあって、かっこいいなあと思う。


虚飾集団廻天百眼『少女椿2012舞台音源集』
なんとDVDと共に全国流通中。めでたや!
ヴィレッジヴァンガード(ヴふたつもあったっけ?)やHMVでもお取扱い。
しかし、廻天百眼のサイトでももちろん買えます。
個人的には東京公演の後期に録ったのでちょっとわたしの声がハスキー気味ですが、紅悦さんなんで役柄的にはオッケーとみんなが言うのでいいと思います。
2011年版の音源はスタジオ録音で、これは舞台のライブ音源で、歌曲を中心に、台詞も叫びも観客席のライブ感も収録。
2012年には「見世物地獄」の歌い回しが進化したので、声が万全の時に撮り直せたらいいのですが、果たして。
ちなみに少女椿の「鬼姫」シーンには歌がかごめしかないので、紅葉の声は一叫びしか入っていません(笑)。紅葉に会いたいかたは「鬼姫2012」を(※こちらも2013年6月にめでたく全国流通開始しました)。ソワレちゃんとわたしがコーラス含め大活躍のアルバムです。


fujimiya.tv『世界樹サーガ』
レコ発の日に予想より売れたので、メンバーが現物を貰ったのは最近。
内ジャケットに書かれたURLから特典がDLできる仕組みで、入手した人は一粒で何度もおいしい世界樹の実です。すこしずつ増えて行くので、長期間楽しめます。
特典を聞くとその芸の細かさに、社長の愛を感じます。
(しかし社長、八木さんまでも名を呼ばれているのに、わたしだけ未だに・・・)

先にも述べたKEVINさんの「達磨」remixや、解散レコード購入版のボーナストラック「吉宏さん」、残響shop購入版での特典DVDなど、サービス精神旺盛な社長らしいCD。


聞きながら作業しようとするけどついじっくり聞いちゃって作業が全くはかどらないので、柔軟とかする時にかけようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月11日

犬神サアカス團「春来たる鬼」レコ発ワンマン@CLUB PHASE


犬神界隈のファンで、気になってるけど犬神は見たことない、ってかほさんが言うので、ふたりでワンマンへ。
昭和精吾事務所の制作報告と8月の打ち合わせが早く終わって「せっかくだから待ち合わせ早められる?」って聞いたらすぐ出て来てくれて、ふたりでお茶した。
生憎の雨。かほさんとは着物友達なので、お互い洋服で会うと違和感がある。
かほさんとは本、おいしいもの、着物など、いろんな話ができるから飽きない。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、開場時間になったので傘さして移動。

満員!
今回のアルバムは20分以上ある一曲しか入ってない、と噂に聞いていた。
ほんとだった。おもしろいこと考えるなあ。
組曲みたい。「鬼を召還!」と「ねえ私狂ってるの?」が印象に残る。

かほさんも楽しんだようで、にこにこしててよかった。
わたしは犬神ライブはもちろん、かほさんとのデートも楽しくていやあいい一日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月08日

久保田のお酒飲み比べの夜

お酒好きの友人ふたりと、久保田の直営店へ。
砂々良では振る舞われるお酒は断らず何でも飲むんですが、たぶん一番身体に合うのは日本酒だと思っている。なぜなら20歳になって最初に大量に飲んだのが日本酒だったから。「地酒と純米酒の店」って書いてあった渋谷のお店だったかなあ。おいしくて楽しかった思い出。(先輩のお誕生会にも関わらず、私とは初対面のその先輩が全部奢ってくれた)(なぜならその先輩は私の親友を口説いている最中で、わたしはその判定のため二人のデートに立ち会わされたからである!)

個室で、店員さんの接客も出過ぎず引っ込みすぎず、質問をすれば的確に答え、とても感じのいいお店だった。大人っぽいお店だって分かってたので、ちゃんとワンピースにヒールで行きましたとも。

千寿・萬寿・碧寿の飲み比べセットに加えて、初夏までの時期限定という翠寿をグラスでオーダー。
どれだけ飲むのだ(笑)翠寿は名前に違わぬ新鮮ですっきりしたお酒。萬寿が一番お酒呑んでる感があって楽しいかな。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おいしい 

2013年05月05日

fujimiya.tv解散ライブ@無善寺ロックフェス2013 その3 FTV解散篇

長い一日がもうすぐ終わる。
無善寺は解散ライブにたくさんの人が駆け付けてくれたのか(違うかもしれないが)、うっすら酸欠な程の人いきれ。

行くぜ、な大島&倉垣。いい写真(もちろん社長撮影)。


セットリストはfujimiya.acからの通し番号で記載。
レパートリーにはUM-アム-曲も数曲あるけど、今日はfujimiya.tvの曲=百眼劇伴曲と『世界樹サーガ』を全曲制覇して〆る。

【fujimiya.tv解散セットリスト05.05/fujimiya.tv】(収録アルバム)
07.世界史(エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ)
08.実家に帰らせて頂きます。(エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ)
09.螺旋クロノス迷宮器官(エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ)
10.4人のディーバと1本の世界樹(世界樹サーガ)
11.鑽孔カセットテープ(世界樹サーガ)
12.13月01日(世界樹サーガ)
13.鋼鉄の見世物小屋(少女椿2011,少女椿2012)
14.天則理法LitaVrata(存ぜぬ快楽)
15.無限(存ぜぬ快楽)


最後の三曲は生バンド編成で。
今日ソロで出演してた成瀬さんが「そういえば今日叩くんですっけ」と社長に言い、社長が「でもベース居ないから…あ、サヲリーナお客で来る…ベースはryoさんに借りれば出来る…!」と言いだして、何も知らずに観客として来たサヲリーナは急遽路上で先週の復習を始め、社長の赤黒ベストを着せられ参戦してくれたのだった。しあわせなエンディング!
KLEさんも小次郎さんもいない楽器隊3ピースは初で、予定以上に攻めの姿勢で締めくくりとなった。


fujimiya.tv、解散!続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

無善寺ロックフェスティバル2013 その2 観客篇

acとtvの間に家に帰ってお風呂入れるくらい時間がある今日のタイムテーブル。
結構混雑して空気薄いので出たり入ったりすることにした。見たものメモ。

【藤宮拓斗倉垣吉宏】

開始前の社長と本番中のおにい。
社長とおにいの即興。社長が楽しそうで、おにいが自由。男の子同士の遊びって感じ。
今日はなんとなくジャジーな展開。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

fujimiya.tv解散ライブ@無善寺ロックフェス2013 その1 FAC解散篇

本日のfujimiya.tv解散ライブ、社長が「最後なのでレパートリー全部!」と。
fujimiya.tvは毎回新曲を入れるって攻めの姿勢のチームでしたが、解散の今日すらも、攻め。

午前中集合して、リハして、そっかこれが最後のリハじゃん、なんて思う。
あっという間に開場時間なので、そっと会場を抜け出して特設メイクルーム(向かいのビルの階段とも言う)へ。
「ac(アコ)だからメイク軽くでいいよね」「ふぃじてれび衣装着ないよね?」「わたしこのまんま(赤黒私服)のつもりだけど」「ですよね」・・・なんて仲良し楽屋風景からの、

いざ出陣、の有栖川&こもだ!今日も社長の隠し撮りが光る!(本番3分前です)


【fujimiya.tv解散セットリスト05.05/fujimiya.ac】(収録サントラ)
01.達磨(存ぜぬ快楽)
02.玉藻そんぐぅ(鬼姫2009,鬼姫2012)
03.花鳥風月(エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ)
04.あぶくたって、にえたって(鬼姫2009)
05.かごめ、かごめ(鬼姫2009,鬼姫2012)
06.MIG-100000000のテーマ(エロスグロテッサアッパーグラウンドオペレッタ)


おにいとおねえちゃんと三人でやった2年前の、最初の最初のfujimiya.tvもアコで、達磨と玉藻と花鳥とあぶくと無限だったかなあ。あれから達磨スタートで何回ライブしただろう。
かごめのアコversion、原曲とリズム違うから最初てこずったなあ、と、あれは雨の日だったから湿度と共に思い出す。
今日やった曲は、歌いおさめになるんだよね。6曲を野辺送りする気分。
さよなら、達磨たち。
(達磨たち…?)


fujimiya.ac、解散!

観客篇を経て、後半戦へ!



このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月04日

[報告書]寺山修司命日公演『われに五月を』2013

思い立って始めました1本目のレポです。写真や資料など掲載したいと思います。
公演を打つに至った経緯は当時の日誌に書いてあるので割愛いたします。

『われに五月を』2013 満員御礼(公演直後に出した写真数枚)
http://komodamari.blog.jp/archives/51963714.html
寺山修司命日公演「われに五月を」の日(当日の簡単なレポ)
http://komodamari.blog.jp/archives/51965075.html


昭和精吾事務所
寺山修司没後30年命日公演
『われに五月を』2013
-目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹-

2013年5月4日(土・祝)15:00/19:00 新宿シアターPOO
作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー

出演:こもだまり・イッキ
番外出演:昭和精吾


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

寺山修司命日公演「われに五月を」の日(当日レポ)

今日は出演者と制作さんと昭和さんのマネージャーと兼ねてる気分での劇場入り。

久々の制作グッズ梱包なのでどれだけ持って行けばいいか悩んだ結果の大荷物。
はやめに出発したのに埼京線が15分遅れで、5分遅刻して到着するとSAIの面々と菊地さんと野口さんがバリバリ客席を作り始めていた。仕事はやい!

なめくじ劇場でイッキさんとコンビの菊地理恵さんと、昭和精吾事務所ではおなじみの野口有紀ちゃんが受付を担当。(受付美女の写真撮ってない…!)
ちょっと打ち合わせて制作グッズをまるっと預けて、あとはお任せ。

案内(観客の誘導)はSAIからおにい、TETRA。、真夢、れんれん(蓮田蓮、ほんとは「れんだれん」と読む)が担当。
れんれんはスーツ着てて緊張してぴしっとしてるし、真っ白の真夢と真っ黒のTETRA。が協力して薄暗い客席を作ってる図は動物の巣作りみたいで和むし、おにいは着々と撮影の準備をしてるし、SAIに頼んでよかったなー、と密かに思う。

音響の飯塚さんと照明の小寺さん(pooで紹介してもらった時にはGW明けからの北海道勤務が決っていたが、引越日を明日に延期して仕事を受けてくれた)がゲネの準備をしているのでわたしも楽屋作りして隙を見てメイク。小屋の時間で一番憂鬱だったメイクタイムも今はさほど億劫でもない。月イチペースでfujimiya.tvライブあったおかげかな。

寺山さんの亡くなった時間には高尾霊園に向かってみんなで黙祷。
今日も、やっぱりいい天気。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加