2016年08月

2016年08月29日

昭和精吾一周忌と、冬のこと

あけて本日8月29日は、昭和精吾の命日です。
一年前の0時53分に永眠しました。




あれから今日まで、事務所の代表を継いだと言ったことでたくさんの方に応援の言葉をいただきました。亡くなってから、生前の関わりを聞かせていただく機会も多くなり、この一年は、わたしの知らなかった昭和さんの姿をいくつも知りました。

わたしの課外活動を見て「遺志を継いで語っていくんですね」と言っていただくと、身の引きしまる思いです。まだまだですが、これからもしっかり声の/言葉の力を伝えていく作品を作りたいと思います。

まだ未確定の部分があり発表しておりませんが、新体制で初の昭和精吾事務所公演を12月の寺山さん誕生日付近に1日だけ、打つつもりで動いています。決まり次第ご案内いたしますので応援よろしくお願いいたします。(9/5追記※12月10日に決定しました。詳細は別記事にてお知らせいたします)



8月26日に上演したわたし脚本演出の麻人楽『幻夢+』にも、昭和精吾の声を一言だけ使いました。
夢占い師が雨の中で鏡聴(きょうちょう=辻占)するシーンで聞こえてくる言霊のひとつとして。

「借りたものを返してお前が糸を断ち切るのだ」
わたしの初のオリジナル作品『幻視』のために録音させてもらった台詞です。
「糸を断ち切る」という言葉は昭和精吾の十八番のひとつ『邪宗門』くらま天狗にも出てくるモチーフです。『李庚順』の「数珠つなぎの血縁を絶ちきってしまうまでは」も近いですね。
「糸を断ち切る」=縁を切るの意味に捉えるのが普通だと思います。
けれど麻人楽での一連の作品に於いての「糸を切る」とは、捻れてしまった糸を切る意味で使っていて、もう一度出会うための手段なのです。

作品を通して、演劇や舞台を通して、わたしたちは昭和精吾に出会い直すことを続けていくのだと思います。昭和精吾の生きている姿を見られなかった人たちもそうであるように、わたしは語り続けるつもりでいます。


2016.8.29
命日によせて



昭和精吾事務所
こもだまり

このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ)今後のこと



8月26日の麻人楽、ありがとうございました。
正式なご挨拶は改めて。
ひとまず、開演前の舞台で撮った上海バンスキングなわたし!(無加工です)


次は10月、Manhattan96に客演します。
12月には、ホームの昭和精吾事務所公演を企画しています。
詳しくはまた改めてお知らせいたしますので、よろしくお願いします。

『くるみ割り人形』も『冥婚ゲシュタルト』も御礼記事を書いていませんし、
麻人楽で音源集03「夢」と2015『幻夢』のDVD-R(1カメ無編集)も発売しましたので、それも改めてお知らせいたします…!



そして麻人楽『幻夢+』に出演してくれた麻宮チヒロさんと稲川実加さんが(3団体のうちの別グループですが)出演する『熱海殺人事件』が30日より開幕。
麻人楽での彼らとは違う魅力が出ているという噂!(倉垣吉宏氏・談)

こちらをチェックしてください。
SAI×EgHOST ALTERNATIVETHEATER01「新約熱海殺人事件」
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/stage/saixeghost01/

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月26日

麻人楽音楽劇06「幻夢+」@FPC自主企画ポトラッチデッドvol.22

 


思いがけずたくさんの方に見ていただき嬉しかったです。
一年前の『幻夢』の再構築版で、機材のセッティング方法もコツが見えてきて、ひとまわり、というにふさわしかった気がします。実加りん、歌鈴ちゃんに参加してもらってひとまわり。映像を使い始めてからもひとまわり。2周目突入で、あらたなゲスト、ぜんさんにも参加してもらえました。
最初の2015年の麻人楽『短歌零年』の時に、あるお客様が「こうやってこもださんがいろんな人と絡むのを見れたらいいな」と言ってくれたことが思い出されます。
そこから自分が好みの人を呼んで作品を作る幸せな巡り合わせのまま、第6回のここまで来ました。
FOXPILL CULT自主企画の幕開きの音楽劇という企画だったので、FOXPILL CULTのワンマンが決まったので「今回で少し麻人楽も空くかと思います」と事前にお話しました。
演劇のお客様からは、ありがたくも「劇場で上演してほしい」という感想をいただきました。
暗転ができなかったり(それはライブハウスのせいではなく、プロジェクターの問題ですが)、
スタンディングで全体が見づらかったり、企画上、音楽を最大限まであげたいので声とのバランスが難しかったり。
劇場でとなると形式を根本から見直さねばならない気がしますが、見に来てくれた音響の飯塚さんもアドバイスをくれたし、いつか、それも実現したい気持ちでいます。
(でもまずは、12月の昭和精吾事務所公演、そのまえに客演のManhattan69、こちらも応援していただければ幸いです。)


まずはお世話になった皆様のクレジット。

2016.8.26金 19:30-20:00 @東高円寺U.F.Oclub 
麻人楽音楽劇06『幻夢+』
脚本/演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽/映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)


▶︎出演
夢使い/姉:七瀬[ななせ]こもだまり
妹:河臨[かりん]稲川実加
男  =麻宮チヒロ
夢使い見習い:実咲[みさき]左右田歌鈴

鱗を持つもの:シン=ぜん(劇団アニマル王子)

言霊(声の出演):昭和精吾


===
[使用楽曲]
すべて 曲/西邑卓哲(FOXPILL CULT)・歌/麻邑楽(こもだまり×西邑卓哲)

琴の音(inst.)
おとづれ(inst.)※new
蕩揺 詞/こもだまり
ことどわたし 詞/こもだまり
 詞/こもだまり
モーニングムーン 詞/こもだまり


▶︎スタッフ

衣装製作(シン)/美粧監修:左右田歌鈴
本番オペレーション:倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
本番撮影(映像):大内晋次

▶︎協力
劇団アニマル王子
舞台芸術創造機関SAI
FOXPILL CULT
昭和精吾事務所

=========
[本日の企画]
2016/8/26 fri.
FOXPILL CULT自主企画
ポトラッチデッドvol.22 -sapiens- @東高円寺U.F.O.CULB
w/蛸地蔵・CQ・FOXPILL CULT


このあとそれぞれの紹介を。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月06日

新宿で着物ランチ→美術館→ライブ


(この写真の説明はのちほど)

この日のためにこの週はたくさん働いた。
着物友達のカホさんと夏着物でランチの日。

カホさんは、アンティーク着物コレクターの田中翼さんのファッションショーのモデルをして知り合った。その後も舞台を見に来てくれたり、お酒を飲んだりしているお友達。

午前中に急な接客の仕事依頼があって「いやー、着物でランチの約束があるので…」とやんわり「無理です」と断ったつもりが、まさかの「催亊はお着物で問題ない現場なので、いられる時間までいてください」との答えで、行かざるをえなくなった。

前日は砂々良から帰ってから着物の半襟を縫い付けた。
当日、予定よりも早く起きて着付けして、余裕で駅に向かう途中で、足元に違和感。
なんだろう、このダイエットスリッパ風の触感(かかとが浮いている)…?

草履のかかと、もげた(笑)!


路上でしばし悩む。(引き返して履き替えるべきか、このまま会場に向かうべきか。
だめだ、お客様の誘導するんだ、かかともげてるのバレる!)
走って帰宅して、玄関にあった白木の下駄に履き替えて走る。予定の電車の時間にはついたけど、結局電車が遅れて来て、5分遅れで集合場所にたどり着いた。汗だくで。
(写真は、慌てて飛び出したから、バッグに入ったままだったかかとの残骸の写真をホームで撮ったもの)

お仕事を素知らぬ顔でこなし、本編スタート前に飛び出し、新宿へ。
副都心線の新宿三丁目から歩こうと改札を出たら、
「歌鈴ちゃん!」
「?! こもださん!」
なんやらこちらも一仕事終えてきたらしい歌鈴ちゃんと偶然のバッティング。
カホさんの到着時間が知らされて、ちょっと余裕で着付けを直しにトイレに寄ってなかったら会ってない絶妙のタイミング。
「こもださんは(着物で)これからどこへ?」
「一仕事終えてこれから友達とランチです」
歌鈴ちゃんの疑問は晴れてないだろうけど、とりあえずお疲れさま、と労って別れた。



1个盪纏がらみじゃなく、なんの制約もなく、ただお互い興味のある話したいことを話すだけの時間て久しぶりでほっとした。

ランチのあと、新宿駅西口からちょっとの損保ジャパン日本興亜美術館の「魔法の美術館〜光と影のイリュージョン〜」へ。
ゴッホのひまわりは見に来たことあったんだけど、今日は展示がメイン。参加型の展示で、こちらが動いたりアクションをすることで反応が起きるというもの。ちょっと麻人楽の参考になるかなと気になってた。来られてよかった。

動くのに合わせて桜の花びらが舞ったり、
光の中心にスポンジを投げ入れると爆発が起こったり、


近づくとピクセル数が変わって表示されたり、


天井から投影してる童話の物語を白い本で写して読んだり(かなり麻人楽の発想に近い)、


何色もの影が出来たり。


https://flic.kr/p/KU84Eh
自撮りなので分かりづらいけど、時間差でもうひとり現れるブース。(動画、ちょっと重いです)


入場料も1000円と手軽だし、中は涼しいし、
わたしはおかわり(順路を遡って気に入ったのだけもう一度体験)したくらい楽しかったから、お近くでお時間あればお薦め(おすすめ)です。2016年8月28日まで。
※この「薦」って字はちなみに、こもだの「こも」です。


■東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館サイト
http://www.sjnk-museum.org/

■イベント公式サイト(動画など)
http://www.mahou-museum.com/続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加