2019年10月

2019年10月24日

御礼)事務所BAR 7 ポップコーンナイト/朗読:仮面劇・犬神

昭和精吾事務所BAR第七夜、ありがとうございました。

ジャンク企画第二弾 ポップコーンナイトは「みんなでポンポンします」と告知したとおり、作って提供ではなく、お客様がポンポン体験する企画。





「え、自分でやるの?(笑)」と戸惑いながらも、ママ指導のもと皆様前向きにチャレンジ。
初めての人は「むっちゃ増える!」と興奮し、できたて美味しいと喜んでもらえた。
お料理教室みたいだった…。
思ったより量が多いので、(初めまして同士もいるのに)自然にその時いたお客様全員でひとつのテーブルを囲み、シェアする方式に。さながらホームパーティ…いや、これはポップコーンパーティだ!!
そんなわけで全フレーバーをお試しいただけた!しあわせ!

IMG_8303
(写真右上:チョコレート味/左下:キャラメル味)


この日のミニステージは、ひさびさイッキさんと。寺山修司の名作戯曲『仮面劇 犬神』(をダイジェスト化した『犬神抄+s』)より、一回しか上演していない、月雄とお婆ちゃんの会話を中心に上演した。今日も西邑卓哲さんがアコギで即興伴奏。
このステージはその場のセッション感覚を研いでいこうということで、打ち合わせも最低限しかしないのですが、BAR第二夜から毎回即興演奏してもらってるおかげか、多くを語らずとも伝わるところがあるというか…「次こう来る」って予測した瞬間にそれが起きたり、思えば2014年から昭和精吾事務所や麻人楽/麻邑楽でアコギ伴奏してもらっていて、それが蓄積されるんだなと感じられた回だった。


2019.10.23 昭和精吾事務所BAR 第7夜 ミニステージ
朗読「仮面劇 犬神」

IMG_8306

[出演]
姑:イッキ
月雄:こもだまり
シロ:モバシロ

即興伴奏:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

---
作:寺山修司
構成・脚本:こもだまり
映像:西邑卓哲 ※『犬神抄+s』映像を引用


姑役は昭和さんの持ち役で、麻人楽『犬神抄+s』で、ぜんさんに演じてもらうまで他の人が語るのを聞いたことがなかった。つまりイッキさんのお婆ちゃんを聞くのも今日が初めてだった。渋谷ジァン・ジァン『仮面劇 犬神』がイッキさんとの初共演。あの時若手だったイッキさんが、すんなりお婆ちゃん役ができるくらい時が経ったんだねと思う。私も当時、将来月雄をやるとは思っていなかったけれど。

IMG_8305
そしてモバシロも出演!(本体は荷物が多い日は連れてこられないのでお留守番)
続きを読む

2019年10月22日

[昭和精吾事務所BAR]ごあんない

昭和精吾事務所BAR

【令和仕事納め・第八夜】12月13日(金)
誕生会×忘年会
※「氾濫原2」ソワレ終演後にBARになります

〜まりママ&イッキパパNight〜
 新宿シアターPOO 21:30頃〜24:00(LO.23:30)


BAR4


昭和精吾事務所 こもだまり・イッキが 一日ママ&パパとしてお出迎え!
(モバシロもいます、ツーショットはご自由に)

寺山修司さん・昭和さんの話でも、人生相談でも。
(予告してくれると喜びますが)ご予約は特に必要ありませんので、
ふらっと、お気軽にお越しくださいませ。
公演日はいつもゆっくりお話できないので、会話が目的のBAR営業ですが、
20時台にミニステージあり。



まもなく11/++【第八夜】TOPIX


1)ポップコーンナイト開催!
◉みんなでポンポンします ◉ちょい足しおためし ◉業務用1キロ買いました
2)ミニステージ
※20時台

演目未定
[朗読]未定 [即興演奏]未定



●料金
チャージ800円(お通し付)



▶︎ドリンク:シアターPOOのメニュー
アルコール700円〜
ソフトドリンク500円〜

※ドリンクは主にイッキが担当。

▶︎日替わりフード 400円〜


==================

●フードメニュー

日替わりです。

◎これまでのラインナップ◎
ポテト狂いのポテトサラダ/ふつうのポテトサラダ/左記2種入り 利きポテサラ
きんぴら(ごぼう/れんこんピリ辛)/ふろふき大根/新玉ねぎのオニオンスライス かんたん棒棒鶏/ 味付卵/味付うずらの卵
混ぜこみごはんおにぎり ぜんさん出張メニュー(ローストビーフ・自家製ピクルス・キーマカレー) 倉垣さん出張メニュー(俺の唐揚げ) 8月※かき氷メニュー(変わりかき氷、氷ぶっかけとろろうどん等)
9月※カップラーメンナイト 10月※ポップコーンナイト(各種フレーバー)



参照[3/27のフードメニュー写真]
POO1メニュー




●物販
事務所グッズは持って行きますので、お気軽にご用命ください。

ママハパパ写真2



==================
昭和精吾事務所公式LINE開設のお知らせ
公式LINE


昭和精吾事務所BAR等でご来場ポイントを貯められたり、イベントのお知らせもお送りしますので、LINE使ってらしたらお友達登録してくださると幸いです。

お友達登録はこちらのURL もしくは下記コードにて ☞ http://nav.cx/cXmMyUJ
公式LINE


記念すべき第一夜の様子はこちら
過去BAR記事一覧はこちら
==================

●取扱いグッズはこちら
[昭和精吾事務所 SHOP]
https://showaseigo.theshop.jp
※この他にも、なめくじ劇場、麻人楽グッズ等取扱いあります。

●会場
新宿シアターPOO
JR新宿駅・東南口より徒歩1分
東京都新宿区新宿3-35-5 守ビル3F
TEL&FAX:03-3341-8992
http://www.poo.co.jp/





==================
続きを読む

2019年10月09日

告知)11/4月祝 りくろあれ×リンリ.「弦月音-ユミハリネ-」に出演します

9/25の昭和精吾事務所BARに大島朋恵さんがゲスト出演していただいての急な発表となりましたが、
大島さんの主宰する[りくろあれ]の「シロノヲト。」という作品に出演します。




りくろあれ×リンリ.one-man × one-man show
r.a.02_05「弦月音 -ユミハリネ-」

会場:経堂アンティークスタジオみのる
タイムテーブル:3ステージ
13:30 りくろあれ「シロノヲト。+xx6」
17:00 リンリ.「twilight.」(※こちらには出演しません)
19:30 りくろあれ「シロノヲト。-xx9」
※大島朋恵さんはリンリ.のパフォーマーでもあるので、この日は全ステージに参加します。

http://ooshimatomoe.net/ooor.aooo/02-05

ツーマン公演の対バンは、
去年の春に踊り子として出演させていただいたRekaiさん主宰の[リンリ.]
(その時の日誌はこちら
Rekaiさんの、潔癖さと残酷さを内包する童話のような物語。少女性と女性性の狭間の揺れる目のみつめる世界を、Rekaiさんの歌で紡ぎます。

そしてわたしが初参加となる、りくろあれ
「シロノヲト。」は3年前に宇都宮で上演した作品で、物語を島村秀男さんの楽曲で紡ぎます。
初演は5人でしたが、今回は水川美波さんとわたしと大島さんとの3人ver.でお届けします。

そんな訳で、わたしは語り倒す予定。しかも、昭和精吾事務所とは違う手法を選ぶと思います。
昭和精吾事務所の代表的な語り、長編叙事詩『李庚順』でも「地の文」と「台詞」と「心の中の台詞」と語り分けはありますが、「シロノヲト。」は完全な語りものとも違い、ならばもう少し地の文も台詞(感情)寄りなほうがいい気がして…、さすがに初見ではその調整は仕切れませんでした!(笑) でも、やったことないことってわくわくする。きっと乗りこなしてみせます。

水川さん=みーもとは、舞台芸術創造機関SAI『PARADE』で共演していますが、絡むシーンはなかったので、また出会えてよかったです。殺陣やダンスもなさるせいか、声にも視線にも何気ない姿にも、きっぱりとした芯がある女優さんです。

大島さんいわく「うちには見目麗しい人しかお呼びしない」(笑)のだそうで、せっかくそう言っていただいたので、大島さんのうつくしい世界の住人となることを楽しんできます。
大島さんの世界は、細い細いペンで描くモノクロの繊細な風景画のよう。太陽や月の明かりが差しているのに、絵の中のごく小さな翳りの存在に気づいてしまったら目が離せなくなる。そんなイメージです。

後半につけた詳細にありますが、「2演目見る」「3演目見る」などセット券もあります。
また、わたしの参加する「シロノヲト。」は、13:30と19:30の回で使用楽曲と構成が少し変わりますので、見比べてみても面白いかもしれません。

10、11月はこのほかには昭和精吾事務所BAR(と、FOXPILL CULT物販大臣)しかお会いする場がない予定です。
そしてりくろあれ東京公演はとてもレアなので、ぜひ、お見逃しなく。続きを読む

2019年10月07日

御礼)舞台芸術創造機関SAI「再生術」

舞台芸術創造機関SAI15周年展「死の表象と再生術」会期終了!
新作『再生術』千秋楽終幕!



10/5[土]・6[日]上演 アトリエサードプレイズ
「死の表象と再生術」最終展示確認作品
舞台芸術創造機関SAI 新作『再生術』
作:倉垣吉宏


(集合写真撮影:かとうはるひさん)



●出演
吉宏くん:倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
「母」以外全部:常盤美妃(舞台芸術創造機関SAI)

●ゲスト出演
マーコほか「母」:こもだまり(昭和精吾事務所)

●映像出演
父:ぜん(舞台芸術創造機関SAI)
カッカ:三國谷花(舞台芸術創造機関SAI)
前説:渋谷翼(舞台芸術創造機関SAI)

●協力
麻宮チヒロ(舞台芸術創造機関SAI)



二週間の、舞台芸術創造機関SAI15周年展示『死の表象と再生術』の締めくくりに展示する演劇として上演された、新作『再生術』。

おにい(倉垣さんから)オファーをいただいて話した時に、これはおにい自身の弔いと産み直しの作業なのだと悟った。受けないという選択肢はなかった。
2009年におにいとシアターPOOで出会ってから10年。
廻天百眼やSAIで何本共演/共作しただろう。

映像出演の三人には全台本は渡されず、自分の台詞だけしか知らなかったそうだ。
撮影にはちらっと立ち会ったものの、全貌を知ったのは前日のリハ!
とっきー(常盤美妃)とわたしは去年の「MaspueraDead」を思い出していた。あの経験がなかったら今回このスピードではできてないかもしれませんね、とおにいも言った。

前日深夜に三人で稽古して、アイデア出して解散。
展示は翌朝も11時スタートなので、通し稽古のため朝9時半にアトリエに戻る約束(数時間後なので「戻る」って感じだった)。
続きを読む

mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)演劇・舞台