060715食べるまり(ゆき撮影)砂々良の三人娘で、シンフォニー号ランチクルーズ。

マスターが「慰安旅行がわりに、三人でいってらっしゃい」と言ってくれたのだ。
当然マスターも一緒と思いきや、「小娘と行くのはやだよ」と笑う。本当はママと乗った船に思い出が蘇っちゃうかららしいけど。


10時20分、浜松町で待ちあわせ。昼間にゆかりんと会うのは初めてで、なんだか新鮮(笑)。
今日のゆかりんはタイトスカート。パンツ姿しか見た事なくて知らなかったけど、スタイルいい。きれいな足だわ。
わたしはママの着物の予定だったけど、にわか雨予報が出ていて断念し、黒のワンピース。ゆきちゃんは白のワンピース。
三人集まるのは、去年の仕事納め以来だから、半年ぶり。日の出桟橋まで歩く途中、ビルの掲示板に出ている表示は、さ・・・38度?! これ、気温? 体温だとしても熱出てるよね。
060715手紙乗り場に着くと「お写真はおりてからも撮れますから、お急ぎください」と丁寧な口調で相当に急かされる。まだ10分以上あるのに・・・でもまあ、乗り遅れたら最悪だから、お言葉通り急ぎますか。

わたしたちの席は窓際。窓にはカーテンが閉まっているが「出航と同時にカーテンが開きます」とのこと。
どうやら、お料理のランクで席が決まるようだ。小娘たちがこんないい席・・・どんな三人と思われてるかな?
「絶対招待だってばれてるよね」「でもさ、あたしたちキャバ嬢には見えないよねぇ」


ゆきちゃんに託された、マスターからそれぞれへの手紙をありがたく頂戴する。
おお!ちゃんとお手紙だわ。「麻里様へ」って書いてある。

060715窓外フレンチフルコースのランチに合わせてワイン・・・と思ったけど、三人ともえらく喉が乾いているので、まずはビールで乾杯。
そして出航!
外が見えるとさらにテンションが上がる(笑)。

そんな中で私は手紙を読んだ。予告されていた、ラブレターを。
改まった口調でマスターの言葉を聞くのはあまりないから、新鮮な気持ちで。
三人で、あとで返事を書こうね、と話す。


060715デザートお料理は冷製スープから始まり、パテ、鱸のグリル、フィレ肉、そして食後のデザート。
ワインを飲みながら、しゃべりながら、あっと言う間にたいらげ・・・
「あ! 写真撮るの忘れてるよ!」「そうだ、マスターに報告するんだった」「とりあえずデザートだけでも撮ろう!」。
三人とも、携帯でデザートのみ撮影(笑)。


060715船へり食事が終わって、甲板に出る。
やっぱり風が涼しくて気持ちいい。さらにはしゃぐ三人。記念撮影など。
と、稲妻が! そして雷鳴。
どうやら雨が来るらしい。雷は落ちまくってる。さらに盛り上がる三人。
ちょっと降って来ても、ものともせず、雷を見て騒いでいたが、さすがに雨粒が多くなって来たので船内へ戻る。
雷であんまりはしゃいでいたからか、外人さんに笑われた(笑)。

ゆきちゃんがフジテレビの展望台へ行ってみたいというので、「展望台、別にたいしたことないよ」と前置きしつつも、まあ近所だし行ってみるかということで、お台場へ向かう。
着いたらお台場冒険王が始まってる土曜日なので、人が多いこと! 展望台だけ行って、どっかでビール飲もうと、とりあえず展望台を目指す。そういえば今日セロのマジックショーがあるみたいだねというと、ゆきちゃんが「行きたいかも」というので、急遽それも予定に入れる。詳細が分からないので、展望台を降りたらSDMに直接行ってみよう。
展望台に向かう道は混んでるし、エレベータに乗るのにも行列、入ってみたら番組のイベントで映像を上映しててスクリーンが降りてて景色が見えない。しばらく待って、スクリーンが上がった隙に景色を見て、さっさと帰る。「なにしに来たんだろうね(笑)」「こういう時期じゃないほうがいいね」

当日券があるというので、5時からの回のマジックショーを見ることにした。開演まで一時間くらいある。
階下のお店でレターセットを買い、喉の乾きを潤しながら、マスターに返事を書く。
窓の外では、カラスが口を開けている。「烏も暑いんだよ」「黒いしね」「二羽とも口空いてる」

マジックは(秋にやる国際フォーラムの公演のプレイベントで)30分ほどだったが、どれもすごかった。テレビで見た時もそうだけど、さっぱりタネがわからない。(セロのマジックの動画がここにあるので参考に。)三人の結論。あれは超能力を使ってるね。

新宿に移動して、マスターにお礼のお土産として、お酒を買う。
最近、焼酎を飲んでることが多いけど、マスターは日本酒が一番好きらしい。
何を買おうかと迷っていたら、薄いブルーのきれいな瓶の二本を試飲で宣伝している。
無地のラベルの方は「これは冷やして飲んでください」、
もうひとつの雪の結晶模様のラベルのは「燗でも常温でも冷やしても」。
マスターは多分外に置いておくだろうと予想して、それにする。さっき見たマジックの最後が雪のマジックだったし、と言って。

060715刺身お店に着くと、常連さんが何名様か。
土曜日なので、お客様がたもスーツじゃないし、こっちもお出かけ着で、普段と違う感じ。
マスターも、山梨のお友達を訪ねて来たあとで着替える時間がなかったと、いつもの仕事用の板前服じゃなくて、水玉のシャツ。
胸ポケットから出ているのは、水玉のネクタイ。マスター、おしゃれだなあ。
しばらくすると、さっちゃん(マスターの姪御さん)登場。偶然かと思ったら、三人が集まると知って、合わせて来てくれたのだそうだ。
三人に、色柄違いの巾着をくれた。中がわからないまま選んだのに「イメージ通りになったかも」と、かおりちゃんも満足げ。
正確には竹の持ち手のついた、巾着型の麻のバック。
浴衣の定番、籠巾着を、かわいくないと思って買わずに来たけど、浴衣の時持つものに困るな、と思っていた矢先で、私に撮ってはものすごくタイムリーなプレゼントだった。しかも、涼しげでかわいい。籠巾着なんか目じゃないわ!!
さっちゃんは、こういうのが上手な人で、いつも感心させられる。前にいただいたペットボトルホルダーも、エプロンにしても、タイミングもセンスもいいんだよなあ。(ペットボトルホルダーをもらった時のことはこちらに記載)

060715酒マスターがお刺身や板わさやら出してくれて、ゆきちゃんのボトルで水割りをいただきながら、さっちゃんと、Iさんとお話していたら、他のテーブルのお客様が帰ったので、マスターも一緒に飲む。
手紙の返事と、お土産のお酒を渡したら、「お、これ愛媛の酒だよ。ちょっと待ってろ」と、同じ酒造から出ている別のお酒を奥から出してくる。「愛媛の、大江健三郎の生まれた、内子のだよ」というので見てみると、確かにそう書いてある。
愛媛産だなんて全然気づかなかったのに・・・三人で「これもセロのマジックの続きだよ!」と盛り上がる。
セロ恐るべし。


060715砂々良4人衆仕上げに、なだオレンジ(愛媛産の新種オレンジ、超うまい)とメロンを出してもらって、食べていると、マスターが
「実は、お土産ないよって書いたけど、あんたたちに上げようと思って信玄餅買ったんだけど、電車の網棚に忘れて来ちゃったんだよ」と大笑いしている(笑)。
信玄餅! あれおいしいのに・・・残念。でもマスターが楽しそうだから、まあいいか。

砂々良ではお客さんとしてお支払いするつもりでいたのだけど、マスターが今日はとにかくいいからと言うので、甘えて来た。
最後にIさんにシャッターを押してもらって、記念写真を撮った。4人で写ってる写真て、初めてだ。

マスター、みなさん、ゆき&ゆかりん、楽しい一日をありがとう!