2007年11月09日

帯結びおさらい

ショーで銀座結びしてもらったので、自分でも出来るようになろーと思いたって、砂々良に行くとき挑戦したけど、敢えなく失敗(笑)。帰ってからおさらい。本(「帯結び100選―笹島式決め技の極意 (家庭画報特選)、いい本です!)を見たついでに、お太鼓結びもおさらい。
パソコン椅子でボディを代用して練習する。

以下、気付いた事メモ。

・帯揚げが脇でくしゃくしゃになって気に入らなかった原因は、枕の位置が低いせいかも。わたしは帯は結ばない方式なので、結び目にのっけない分、低くなりがちなのかも。少なくとも帯揚げを一度持ち上げてから前に持ってくれば、改善されるかも。とにかく、胴巻きの上にあるという意識が足りなかった。
・2巻きして「たれ」を形作る間、「て」を(背中心から下に引き下げて)前の胴に挟むとよく外れてしまうのだが、後ろ脇で胴巻きと一緒にクリップで止めたら安定する。
・帯枕の背中につく側の帯も、しっかりしごいてきれいにしておくと、お太鼓の山がきれいになる。


前にも読んでるはずの情報だけど、理解できてなかったらしい。こうやって上達していくのですな。

それはそうと、銀座結び。上手にできたでしょ。後ろでできるかわかんないけどね(笑)。



このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)着物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字