Iさん、Fさん、とき緒さんとお茶したあと、会の時間にはまだ早かったので、4人でアンティークモールに向かう。
羽織紐を探すと言うとFさんが「あっちのお店とここに売ってるよ」と教えてくれて、お正月セールなのか、1050円で買えた。手持ちの羽織から考えたら赤か青が妥当だが、気分で、緑に黄色の矢模様。ヤフオクも安いけど、実物を手に取って選ぶのに勝るものはない。


香里さんが帯を人に結んであげているところをちゃっかり見学。前柄の出し方とか、結び方のコツとか、たいへん参考になった。
そうこうするうちに出席者が着々と集まり、wingは着物の女性だらけ。翼さんの「移動するよー」の声に先導され、翼さんを囲んでぞろぞろとその着物集団は移動したのだった。

みなさんの上着も素敵だった。
ビロードのコートの方も多かったけど、ケープとか、大人用の被布とか。ショール、ファーマフ、冬は何通りもの状態(帯付き、羽織、コート、マフラー・ショール)がいっぺんに見られてほんと楽しい。


着物 :地色ターコイズに、黒赤黄柄の小紋。wingで購入。
襦袢 :袖が長いので、合わせられる紅襦袢。
半襟 :黒に紅型調の模様。とき緒さんのお誕生祝い。
帯  :いつもの宝船帯。袋帯型だけど芯なくて柔らかいので半幅帯みたいに割り角出しに。
帯締 :若草色の三分紐(祖母の)。
帯留 :さんご(祖母の)。
上着 :水色の起毛の着物コート(母の)。


髪はふたつに分けてひとつをサイドに輪にして、結び目にもう一方を夜会巻き状に上げて巻き付けて鳥のかんざし。着物が花柄だし。



今日は20人以上で3テーブルにわたる大人数新年会。翼さん含め、そのほぼ全員が着物で、まあ、華やかだこと。席が遠くのかたとお話できなかったけれど、ちゃんと自己紹介タイムがあり(半数はショーの時にモデルでご一緒したかただった)、みなさんの着物姿もちゃんと見られて、よかった。wingのお客様はかわいいかたが多いこと。
着物つながりで『日本妖怪大百科』で妖怪モデルした掲載誌をお見せしたところ、「それうちの事務所のです!」出版元の編集室にお勤めのかたがいて、偶然にびっくり。これも妖怪のお導きか。
次にやる衣装のことで、翼さんが相談にのってくださってありがたかった。


ビンゴ大会で、二等。すてきな帯をいただく。それは白牡丹の柄で、お昼に「白ぼたん」のお茶飲んだ、そのご縁なのかな。おみくじ大吉も伊達じゃないみたいだ。
みなさんも、似合うものや持ってなかった物が当たって、物のほうがちゃんと選ぶのかもねーと皆で納得する。いつも通り皆で集合写真を撮って解散。
翼さんありがとう!
お食事もそこそこに、会の進行をしてくれた香里さんありがとう!




Nさんがこのブログみて、砂々良に遊びに来るという。
「写真みたらおいしそうなんだよね、わたしそういう鼻効くんだ」とのこと。
月末の土曜日に数人で着物で食べに来てくれるそうで・・・楽しんでもらえるとよいのだけれど。
今日みたいな洒落たお店ではないけど、肴のうまさは自信あり。
一張羅で来るというより、気軽においしいものを楽しむ感じでいらしていただけると嬉しい。
着物美人が集団で来るとマスターがびっくりするかもだから、予告しておこう(笑)。


そのあと、愛媛から新婚旅行的なもので来ていたせいちゃんたちとYとおちあい、4人で飲む。
赤坂に泊まっているのに、わざわざ池袋まで来てくれた。
ふたりは仲良しで、こっちまでしあわせな気持になる。久しぶりに会えてうれしかった。



帰って、さっそく帯を合わせてみた。軽くて締めやすくて、いい帯。
  

とき緒さんといつものツーショット撮り忘れた。