『Bon Voyage!』雑感レコーディング

2008年06月25日

黒まり呼び出し(5/22と25のビデオ)

明日はレコーディング。
わたしが舞台やってる間、楽器隊は完了したんで、唄を残すのみ。

それで久々(笑)雑居房の音源を聞いて、こないだのライブのビデオを見ている。



22日のJAMは、ベースの703号が出られなくて三人編成。
会場の据え置きビデオみたら、私はなんだか妙に力んでる。
長い語りの曲があったから? 初めての場所だから? 演劇の稽古中だったから?
なんだか変。
マイクの構えもいつもと違うし。肩が上がってるってことは、やっぱり力んでるんだよな。
マイクを通した声って普段自分が聞いてる声と違うでしょ。それで(ここんとこ演劇の稽古で自分の声に注意して聞いてるから)違和感があって、おかしかったのかな?
会場のビデオの音なんだけど、声が出てない感じ。
でも保さんの撮ってくれたハンドカメラ版も見てみたら、そうでもない。
単に音の録れ方なのかな?
まあよかったけど。


舞踏のある曲をやったんだけど、ベースなしになっちゃって残念だったわ。
恋さん、ドラム一個でもたせてくれて感謝。



25日のウルガの会場ビデオ。
ここも初めてだったんだけど、こっちのほうが伸び伸びやってるみたいに見える。
珍しいお客さんが来るってわかってたりでちょびっと緊張してた筈なんだけど。
やっぱりフルメンバーだったから、心強かったのか。
それとも・・・台詞から始めるっていうのが、演劇モードに入ってるわたしにも優しい構成だったのか。
そう、この日はもう本番が近かったので、音楽に乗って動くっていうようなことは諦めて、だいたい「素っ立ち」で通してる。
でも集中はすごくしてて、30分あっという間だった。
あと、今みたら、リズムに乗ってなにかするってのじゃないけど、指定された動き以外にもなんかしてる! 素っ立ち」で通したと記憶してたのに。すっかり忘れてたみたい。
指定された動き(本を振り回した)のあと、普通のライブモードに戻ってる。そういうもんなんだな。
あと配置替えしたせいでモニターがうまくいかなくって、ギターがうるさくって時々右耳を押さえて自分の声を聴いてたのも、見て思い出した(笑)


あと、いつも思うけど、トークとか語りとかの声が小さいので要注意(自分メモ)。



さて明日三曲がんばりましょ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『Bon Voyage!』雑感レコーディング