着付け指導第十三号雑居房を脱退

2008年08月28日

第26回逆慰問ライブ

ヂルさんの誕生日なので、イベントタイトルが「生誕祭」。


初めて、PAさんがいつものKさんじゃない。けどなんと、今年鹿鳴館でPAしてくださった方だった。「蝋燭とか火使ってらしたバンドさんでしょう?」と! 偶然の再会。現在フリーのPAさんとのこと。初めてじゃないから心強い。

今日の襟元。
080828襟元


風邪引いてた家族からもらっちゃったのか、昨夜から喉の調子が思わしくなく、リハで高音が出づらかった。慌てて斜向いの薬局へ。声嗄れにはよく効く、響声破笛丸を飲む。
エスエス製薬の「響声破笛丸料 エキス顆粒」が飲みやすくて好き。6月に「発売中止になった」と言われたけど、再販してるのかな? ほかのメーカーで仁丹みたいなタイプは口の中で時間をかけて溶かすのもある(漢方らしい苦い薬なのでイヤ)。

今日は楽屋がずっと混んでいる(あとで判明したが白塗りの人が多かったからみたい)ので、フロアで鏡を見ずに着付け。今日はトリなので、開場から3時間以上あったそのあいだのど飴なめたり、薬飲んだり。
楽屋ではGrimm'sのウッドベースさんと白塗り話に花が咲いたり、なかなか楽しかった。



8/28(木)第十三号雑居房 第26回逆慰問ライブ
「第十三号雑居房/犬吠埼ヂル生誕祭・・・」池袋 音処・手刀

w/Satan Soup・VAGU PROJECT・GANESSA・Grimm's

曲目
1、何処かでなくした俺の手足がみつけてくれと叫んでる!
2、本当にあった恐い話(マネキン篇)
3、死に至る病
4、アルツハイマー(新曲)
5、星の智慧教団の秘密


「本当にあった恐い話」は違うバージョンで。マネキン役なので、一瞬だけ人形振り。

「生誕祭り」には特に触れない予定だったけど、対バンのGANESSAさんがトークで言ってくれたり、Satan Soupのギターボーカルさんがわざわざ「おめでとうございます」って言いに来てくれたりしたので、なのにうちが触れないのも・・という気がして、出番前に恋さんと密談。MC部分で「Happy Birthday」を歌ってお祝いした。雑居房にはあるまじきなごやかさで、お客様もご唱和くださった。蝋燭は用意できないので、十八番のマッチを擦って吹き消させた(その様子は藤居さんのサイトでごらんいただけます)。


「Bon Voyage!」で共演した女優さん3人(海ちゃん・聡ちゃん・叶ちゃん)と、カホさんが見に来てくれた。
終演後会いに行くと、「これって単衣?」「半襟はレースですか?」と着物チェックをされる(笑)一番好評だったのは、半襟につけている薔薇のブローチだった。砂々良のママからもらったペンダントヘッドなんだけど、独立してブローチにすることができる形なので、襟かざりにしている。カホさんが「帯留めにもなるね」と言ってくれた。盲点だった!
「セッティング中、ずっと海ちゃんの話し声が聞こえてたよ」と言う。聡ちゃんが差し入れに入浴剤をくれた。チョコレート風呂、だって。


ご来場いただいたお客さま、対バンさん、関係者のみなさま、どうもありがとう。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
着付け指導第十三号雑居房を脱退