2009年04月14日

あじのあじ

夕食であじの塩焼きを食べたら、「あじのあじ」を左右2匹捕獲!


090413あじのあじ




ささらの鯛そうめんで「鯛の鯛」が出て来たことは書いたけど、やっぱり鯵の鯵はちっちゃいね。指ひと節分くらい。鯛の鯛は手のひら半分くらい(この鯛は特別大きいけど)。

090328鯛の鯛



きんめ、めばる、さんま、おこぜなんかにも、あるらしい。
(調べたところ、それぞれ形はだいぶ違うけど、構造が同じということらしい)
目の穴は、神経が通ってたところなんだって。

乾かして(マニキュアで補強すると尚よし)、お財布にいれたり、箪笥にいれておくと、お金や着物が増えるって縁起物だそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 保   2009年04月18日 21:47
う〜やっぱ、骨おもしろいね。

鯛あたりから気になってるけども、ちなみに俺はサバの肋骨の根元の「かいわれ大根みたいな所」が気に入って保管してます。
2. Posted by まり   2009年04月19日 00:00
造形やってた人はみるところが違うね。

砂々良で、つぼ焼きにしたサザエの蓋とか、アワビとかホタテの貝とか、みてると無駄にちょっと欲しくなることはある。でっかい貝は使い道ないけど、サザエの蓋くらいなら、アクセサリーの材料になりそうな気もしてる・・・。平らな面のうずまきがかわいいのよねー。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字