恩田陸『不安な童話』ささら納め

2009年12月29日

tokimono15/目白 カフェアコリット

091227足下


今年あんまりtokimonoできなかったので、叶たちとの忘年会の昼間、着物デートすることに。
昨日早く眠ったので予定より数時間早く目が覚めた。
のんびりお風呂に入って、着替え。


時間に余裕があったので池袋リブロで七緒を買ってからとき緒さんと落ち合ったんだけど、年末催事の賑わいでまあ人の多いこと!
会場の新宿も同じだろうと予想して、間をとって目白でお茶をすることにした。
数年前、目白で観劇の帰りに寄った、カフェアコリット。
とき緒さんは柿色の小紋に、誕生日にあげた紫系のぼかしの半襟をしてくれてた。
羽織は今年のwing新年会のビンゴで当たったという絞りの薔薇。



091227帯回り<09.12.29>
着物  マジョリカお召
帯   薔薇柄、ラメ入り(シカゴ)
帯揚  みかん色の絞り
帯留  兎
羽織  黒地の長羽織
羽織紐 うぐいす色


とき緒さんが薔薇好きなので、見せようと思ってた薔薇の帯。
着物は千佳先生より。「お友達のお教室で使ってた見本の着物だけど、お教室の整理で不要になって、『お芝居やってるかたなら使うかしら』って言うからいただいてきたわよ」という経緯で、帯と着物と数着まとめていただいてきた。しばらく気にしてなかったのに、なんかふと、今日はこれだって思い立った。

羽織はずいぶん前からうちにいるのだけど紅葉と菊という季節限定柄なので何年も着そびれていたもの。今年も時期は逃したのだけど、もう「忘年会だし、今年『紅葉(くれは)』って役もあったってことで」と思いきって着てしまった。

090915 帯留兎の帯留は、初夏に京都に行った叶がお土産でくれた物なので、いつか身につけて会おうと狙ってたんだ。(写真はもらったその場で撮ったもの。とき緒さんのがふくろうだった)。
兎合わせで手拭も兎。これは数年前ユキちゃんがくれた「ねまり兎」という柄の手拭。ナンシー関のデザイン。「"まり"って入ってたから!」とのこと。ねまる=座るって意味らしい。



091227カップ 091227ケーキ

アコリットは父子でやってて、ケーキも手作り。
店内の内装や調度品がアンティークな雰囲気で、明かりも明るすぎず、いい感じのお店。
ティーカップも砂糖壷もかわいい。とき緒さんは薔薇のシフォンケーキ。わたしはショートケーキ。

091227かんざしトイレから戻ったとき緒さんが「かんざしがずれちゃったから挿して」と渡してきた。
「さっき駅で後ろ姿見た時に思ったんだけど、かんざし似てるよね」「わたしも歩きながら思った!」
黄色がわたし、緑がとき緒さん。なんだろうこのシンクロ。今日は草履も(つぼの色は違えど)ふたりとも白だしね。
ちなみに下のブックカバーは諏訪ちゃんがくれた和布のブックカバー。栞紐のおもりがフェルトで出来た下駄でかわいいの。愛用中。諏訪ちゃんありがとね!


いい感じで近況など話して、あっという間に数時間が経過し、出発する予定時間になった。
目白駅ホームで電車を待っていると、「あ」と声をかけられる。なんとお父さん(こと、松井明さん)!
このあと役者仲間の忘年会で会うメンバーの一人、待ち合わせは新宿なのに、なんでこんなところに?
たまたま目白で打ち合わせがあって早く終わったので時間潰して、いまここに居るらしい。
「着物の人がいるなーって思って見てたら、あれ?って思って」
わたしたちもちょっと余裕をもって早めに出て来たから会えたんだ。なんというタイミング。
一緒に待ち合わせ場所に向かって、叶を始め懐かしいメンバーとともに鍋を囲む。
楽しい忘年会でした。みなさんどうもありがとう。


叶に帯留のお礼も言えたし、そうそう、叶からお誕生日プレゼントをいただいた。
「見た瞬間に『まり姉!』って思ったんだ〜」という赤に水玉の手袋。今シーズン、手袋買おうと思って買わなかったから、すばらしくグッドタイミング。ありがとう叶。

とき緒さんは髑髏柄の手拭。特注で、「こもだまり」って名前が入ってるの。
「ずいぶん前に出来上がってたんだけど、渡すのが遅れてごめんね」ととき緒さん。
前から準備してくれてたというのがうれしいわ。
またゆっくりお話しましょう。ありがとうとき緒さん。

今日は久しぶりに髪をアップにしました。
091227まり


mari_air at 16:32│Comments(0)TrackBack(0)おいしい | 着物

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
恩田陸『不安な童話』ささら納め