最後の稽古休みも消化し、あとは本番までまっしぐら!


さて今日は、あまりの強風に山手線が上下線とも止まったらしい。
おかげで集合時間に来られたのは、近所のひと(電車に乗らない)と山手線を使わないひとだけという事態。
なんだその強風!
確かに朝方はすごかった。外では缶が転がってる音がずーっとするし、ヘタしたら付けたばかりのベランダも飛ぶんじゃないかと思ったくらい。ベランダのサンダルは辛うじて無事だったけど。

そしてやっと集まれたメンバーで稽古をしていると、現れる筈のない青木さんが登場。
(「すてきな柄シャツですね」と某里美さんに褒められていた)
時間のない中、直しに寄ってくれたんだそうだ。
ありがたい。

最終チェックは水曜日の夜になった。
で、青木さんが帰ったあと、細かい稽古をして、ごはん休憩を挟んで、通し稽古をすることに。
懸念だったシーンも今日回数やったので、大丈夫な気がする。気がする・・・。
そんな気持で通し稽古して、気になったところを返し稽古。

もうちょっと、各シーンの力点をわかりやすく出すべきだな。
がんばりましょう。



先日、稽古の合間に息子役の役者さんに「お父さんもお母さんも、子供の考えを無視して押し付けて来るよね!」と言われて(役がね)、こちら(役柄である親側)はそういうつもりはなくてよかれと思ってやってるのだけど、やっぱり息子にはそういうふうに思われたりするのね・・とリアルに親子関係の難しさを思った。でもそういうもんだなと思って、敢えて言い訳はせず。

そしたら今日、「通しを見て、このお母さん子供のこと大事に考えてはるんだなと思いました。ホンを読んだだけとは感じること違いますね」と。もしかしたら役として理解したってことじゃなくて、役者さん本人の感想なのかもだけど、ちょっと息子に愛情が通じたようで、うれしかったです。


お母さんは2.5度目(『鬼姫』の紅葉さんは、半人前くらいお母さん役だったから)。
まったくもって想像の部分が多いのだけど、お母さん演じた分はお母さんの気持がわかる。
お母さんて強い。
お母さんありがとう(笑)


100320ブログデザイン

↑↑
機械が出て来るお話なので、ブログデザインもメカメカしくして本番間近な気分を盛り上げてみた!
(現在のデザインなので、背景に溶け込んでわかりづらいけど、将来またデザインを替えたときの為にメモ)