存ぜぬ快楽◎通し稽古と共演者さま紹介存ぜぬ快楽◎録音Day

2011年02月21日

存ぜぬ快楽◎歌と殺陣の振付



音楽担当のfujimiya.tv(解散レコード)こと藤宮タク氏より楽曲届く。石井さんが「さっき完成した!」という歌詞を配布して、みんなでしばしお歌の稽古。

百眼は通し映像や使用楽曲やら資料画像など、もろもろweb上の共有ファイルで管理してるので、わたしも昨日のうちに一曲は入手していたのだけど、ついに三曲揃いましたか。
近々録音予定。


そのあと弥生ちゃんと私のシーンをやって、そのあいだサーカス団は曲芸の自主練。
休憩を挟んで、群衆のシーン(10人以上出る)。
一昨日wiiでゾンビを斬るゲームを数年振りにやった甲斐があった!(『鬼姫』が初殺陣だったので、ゲームで斬る感覚のイメトレをしたのです)そろそろ動きを固める頃だと思ってたのだ。

対戦じゃないので、こっちでだいたい形にして青木師匠にアドバイスをもらうってことになっているらしい。演出の石井さんが自ら武器を持って「うーん・・こうじゃね?」と言い乍ら試すのを、メモしたり、口だしたりみんなの力を結集して完成。攻撃が確定すれば斬られる側の位置取りも自ずと決まるので、これで一安心。
石井さんが「青木さんに映像送るので、こもださん替わりに一通りやれますか?」と言われたけれど、油断して自分がやるものとして見てなかったので「左右とか混乱しそうだから、わたしが段取り言うので石井さんがやって」と言って、撮影。石井さんは役者経験あるので、演出席から口で言うだけじゃなくて自分で動いてみせることが多い。きっと今頃青木さんに送られてることでしょう。

稽古後そっとやってみたら意外とすんなり出来た。しばらくダンス脳使ってないから、対面で見てただけじゃできないかと思ったのだけど、まだ錆び付いてはいなかったか。
青木師匠いつ稽古場にいらっしゃるのだろう。舞台終わったらぜひまた武術のお稽古をつけていただきたい。


自分のとこではまだしっくり来てないとこいくつもある。
みんなの目を借りて、いろいろアドバイスもらおうっと。
アドバイス大歓迎です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:40│Comments(0)TrackBack(0)演劇・舞台 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
存ぜぬ快楽◎通し稽古と共演者さま紹介存ぜぬ快楽◎録音Day