さてついに本番!
わたしの出番は7つめの劇団極東第弐霊安室というユニット。
去年のような演劇の中に歌がある方式ではなく、シンプルにライブです。
でも台詞で構成された曲ばかりです。

なかでもミダリは大好きな曲。いろんな人がやってる曲なのだけど、そのどのバージョンもそれぞれいい。去年凛怜さんが歌って語ってたパートをやります。
楽しみ。わたし史上最高(ほんとの意味で高い)のファルセット!
(地声だとオクターブ下なので、地声と両方歌った自分の声を録音して二重唱にしてみたらおもしろいかも。語りもあるからひとり3役になるけど…)

毎年、ゾンロリでなかったらやらなかっただろう事柄(自分発信では出て来ない事柄)が出て来る。やってみる機会が与えられるのって、とてもありがたいことだ。



2011/7/13(水)ゾンビロリータ10周年ワンマン 『十年の吐血』  
池袋手刀 (池袋北口徒歩5分)
open18:30 start19:00

前売・予約2000円 当日2500円
(ドリンク代500円別)


※写真集は編集作業掘り下げのため、発売延期となりました。

ゾンビロリータ団長による、おすすめポイント解説を下にコピペします。
バラエティーに富んだメンバーの様子がわかると思います。
背伸びしないバンドに成長したゾンビロリータの10周年(実質12年)
総合司会/ペパーミントボーイ

1、めだま
*ボイン大将目玉キチコのお色気と男子会のエアーセックスがポイントです。

2、黒いバスタオル
*予想外の展開で面白い血乃希世のおとぼけセンス!
大穴!

3、少女サバト
*今後を予感させる黒色乙女のギターセンスとルックスはまさにゾンビロリータ!
カッコいいぜ!

4、血ミドロ双子
*歩く芸術品の塔野みぞれと歩く自意識の死人麗子のコンビが織りなす裏声トークはまさに爆笑血みどろ!

5、若尾殺子
*遂に正体を現す文学エロの死の天使!
愛に溢れたトークの神髄を見よ!

6、ノウミソギララ
*大切な宝石に育ちつつある玉絵。
その真摯な表現渇望はここから始まると思う。
いいよ!

7、劇団極東第弐霊安室
*よどみなき世界。ジェイソンのギターが流麗に歌い、マミーが本音をぶちまけ、まりさんが美しく守り、ベティーが凍る。そして流血姫が果てる。


8、土星に夢火星の恋金星の花束*
もう何も言うことは無い。
柩魔裏逢!後ろ!後ろ!

いいよ!
明日来てよ!
絶対面白いよ!