仕込み。
役者ももちろん、舞台・照明・衣装・制作班などに分かれて活躍(しようと奮闘)します。
わたしは『存ぜぬ快楽』に引き続きご指名いただき照明班。なっち・TETRA。くんと共にはしごを押さえたり、灯体やケーブルを運んだりして吊り込みのお手伝い。


写真はミシンを操るソワレちゃん。いちごん隊長に従う衣装班には女の子がたくさん来ていて、縫ったり、塗ったり。
衣装班はオペ室のあるバルコニー席で作業していたので、オペ室で操作をしているわたしのそばで、女の子がわいわいと楽しそうにおしゃべりしながら縫い物してるという微笑ましい光景で、男性陣の舞台班の荒々しい感じと対照的。下にいる力仕事の面々には「上は賑やかで楽しそうだなあ」と見えるだろうけど実際にはこちらも必死で縫ってます。私のお裁縫箱も借り出されていったほど。


そしてオペ室からの風景。音響の飯塚さんの使う卓です。
照明さんが仕込んでる脚立が見えますねー。


なにやらサンプラーに音がたくさん用意されてます。
ゴンとかガンとか、少女椿に工事現場のシーンあったっけ・・・?