怒濤の、ほんとうに怒濤の数日間を経て『少女椿』開幕しました。
初日はありがたいことにはやい段階で完売がでており、満員とは知ってましたが、『赤猫座』という曲がかかって文字通り幕が開いたときに見た満員お客様の顔、顔、顔・・・
興奮しました。
あの光景は、当分忘れられないなあ。CCGカメラつけて見せてあげたいくらい。
そしてその客席に向かって歌う赤猫座の面々の頼もしさ。
わたしは初めて客席に相対する相棒の機嫌を見るのもあって必然的に、客席にガンガン圧していく行くみんなに比べて一歩観察する目線でいたので、赤猫座の面々の様子を見れたりもしたわけです。
楽しかったなあ。


本日は開演時間前に中央線に遅れが出て、間に合わないお客様が多く、開演を少し押しました。
窮屈な場所でお待たせしたお客様、慌てて駆け付けてくれたお客様、ありがとうございました。

そして間に合わなかったお客様、ごめんなさい。
そんなあなたに劇団よりお知らせ→「前売券を購入しているのに本日の電車遅延で来られなかった方へ。 お名前と連絡先を添えて電車のせいで見られなかったーメールをinfo@kaitenhyakume.comに送るといいことがあります!」

無事幕が開いてほっとしたので、だるまで初日打ちあげ。



TETRA。くんと大島おねえも、(撮影:倉垣吉宏)


わたくしも、(撮影:倉垣吉宏)

ほやほやとしながら今日の感触やら話してましたら、当然だけどだんだん実質的な話になって来て、台本を持ち出して本気打ち合わせする始末(笑)
そんな頃、スタッフとの打ち合わせを終えた石井さん・ざっくん・紅夜ぽんも来て、ついにはダメ出しも聞いちゃうという、やる気みなぎる初日打上げでした。


写真を拝借しました元、倉垣おにいのブログ「倉垣ノ記」10/13の記事もあわせてご覧くださいませ。