作・演出◎高橋郁子 Takahashi Ikuko

別で書きましたが、この画像でお分かりいただけるとおり、独特の語り脚本を書く作家です。
「物語を伝える」ことへの執念が、音への細かなこだわりを生みます。
「ここは『、』じゃなくて『。』だからもうすこし間をとって」とか、「この『、』は取りましょう」とか、稽古に来たスタッフさんがその繊細なこだわりにびっくりしていました。
しかし演者が「ここ、点とったらどうかな?」とアイデアを出せばすんなり受け止めて試してみる柔軟性も兼ね備え、とにかく「作品がよくなる」ことに邁進する。それはぶれない芯があるからこそできる。語りの美に関する嗜好がはっきりしているので、安心して任せられる演出家です。
→ブログ「月に語れば」http://katari195.blog.fc2.com/




語り◎山下亜矢香 Yamashita Ayaka

クレオさん。この団体に来たときみんながそう呼んでいて、クレオパトラに似ているからなんだそうです。たしかに言われてみればあのメイクが映えそうなお顔立ち。
まあとにかく明るくて、はっきりしてて、ブログのタイトル見ても、twitter見てもそれはわかります。
とっても真面目で、元気で、泣き虫で、ぽてぽて歩く。不思議な魅力の持ち主。
本業は声優さんで、ホスキーボイスで映画の吹き替えなど活躍中。
この『潮騒の祈り』初演でも同じ役をやっているので、6年振りの「綾子」です。
「山下亜矢香のHAPPY GO LUCKYブログ」http://ameblo.jp/ayaka0131shikao/





語り◎東野醒子 Touya Sameko

醒子さん。別でも書きましたが、この方も作品をよくすることに貪欲な女優さん。
いや、人生を楽しむこと全般に前向きで、いつもいいオーラをまとっています。
ある時、若手のひとりがみんなに迷惑をかけて、その謝罪の場で一番にきちんと返答したのが醒子さんでした。きちんと、愛をもって叱りました。投げ出さない。そういう女性です。
女優としても人間としても、かっこいいひと。
→激弾BKYU(所属劇団)http://bkyu.com
→ブログ「とうやさめこのpoison chocolat*」http://blog.livedoor.jp/bkyu_touya/




語り◎こもだまり Komoda Mari

わたしです。昭和さんの語りを聞き続けて、門前の小僧じゃないけどなにかを得ているのではないかと・・・青蛾館『青ひげ公の城』で岸田理生さんの言語の朗読をして、そのご縁でのこの舞台なので、なんだか語りづいてるわけです。
写真はCM用に撮ったもので、撮影は演出の郁さんです。ありがとうございます。
ぽく、撮れててよかった(笑)



image-3
音楽とピアノ◎anoa あのあ

いつもキュート。わたしが密かに憧れるタイプの「自然体で、かわいらしくもあり、ちゃんと本人らしさもあるファッション」をしていて、いいなあと思う。人によっては奇抜になりそうなアイテムも、すんなり着こなすんだなあ。
透き通った歌声、でもやさしいだけじゃない歌。普段はばりばり関西弁なのは意外。
主題歌『月のように』お楽しみに。
→ anoa web site http://www.anoaweb.net/



image-1
美術◎ホンマアキコ Honma Akiko

お花の絵を描き続けている。とってもさっぱりしていて硬質なところもあるのに、冷たくない。
逆にとっても女性らしいと感じるところがある。目が印象的。対象物をがっつり見つめる。
話をするときも、相手の目をがっつり見る。豪快なのにあんなにやわらかな絵を描くんだもんなあ。
一筋縄じゃいかないひとです。
なんかね、でも一発で信頼できてしまったひと。
画像の衣装に使われるストールも、会場に置かれるオブジェや絵も、どうぞお楽しみに。
→ブログ「ゲシタルト」http://ameblo.jp/ak-truth/


image-2
照明◎萩原克奈恵 Hagiwara Kanae

照明デザイナー、という名前をわたしは初めて聞いたのだけれど、建築照明という、空間演出のお仕事から、いまは舞台やアーティストの光演出協力などまで活動を広げたのだそう。今年の宝生流能楽公演「体感する KANAWA-鉄輪-」空間演出で郁さんと意気投合したのですって。わたしもその舞台、見ました。能楽堂の、あの日常とは異質な闇の空間を演出したのが克奈恵さんだったんだなあ。人がほとんど闇に溶けてしまうくらいの、あの明かりを作れる人だから、今度どんな光り、闇をくれるのか楽しみです。


image-4
制作◎コスモスペース 堤真理子 Tsutsumi Mariko

おなじ「まり」という名をもつ堤さん。初対面から、まるで昔から知ってたみたいに接してくれて、居心地がよかった。コスモスペースは「多様な人と多彩な表現をつなげ、出会いの場・楽しむ場・学べる場・働く場をつくる、クリエイティブ プロジェクト チームです。コスモスペースを動かすエネルギーは、想像力自由な精神と創造性をモットーにしています」という通り、人と人を繋げて、表現をよりパワーアップさせる、そんな「場」。骨惜しみせず、大変な時もいつもにこにこして安心させてくれる。そんな年齢差じゃないけど、みんなのお母さん的存在です。
お母さん・・・わたしたちがんばるから!
→コスモスペース http://cosmospace.jimdo.com/




そんなみんなで作った作品、語り『潮騒の祈り』2011の、予告篇(2分30秒もあってごめんなさい)がこれというわけです。


http://youtu.be/MHHCE3B6Q10