最終稽古は、なんとうちから徒歩1分の稽古場なのでもちろん徒歩出勤。
休憩時間に道具取りに帰るという、近所感の満喫。


ここ2,3日、頭が冴えて来てる。

一週間ほど、守りに入ってるというか、やるべきことをちゃんとやるってことに専念してるという感じに陥っていた。及第点ではあるかもだが、二重丸の追加ポイントはつかない。
今思えば疲れが溜まっていたのかも。

それが昨日の稽古で立ち位置が変わったとか、そんなことをキッカケに新しい空気が入り、思考が軽くなったみたい。
繰り返し稽古してる数ゆえに、自動化してる動きがあるのだ。慣れは、いいことにも悪いことにも繋がる。
以前、歌の話で書いたけど、
自動化まで行って(=考えなくても出来るところまで稽古して)おいて、全部忘れた気になって、その場を感じて反応するのが、他者と共同作業する醍醐味だと思う。
ああ、東京の座組ではもう、あと何回かしか出来ないって数える所まで来ている。大切に生きたい。


具体的には、稽古開始から気になってて(ベッド入ってから思いついちゃって枕元のiPhoneにメモ打ったりしてた)殺陣に、しっくり来そうなのをみつけた。

これには流れがある。

おととい、沙夜ちゃんとの殺陣でちょっと事故りそうになり、危険回避のため、時間取って確認作業させてもらった。後ろ向いてる手なので自分ではよくわからなくて、見てる人の力を借りての解析。
石井さんも演出席から机乗り越えて出て来て実演しながら考え、剣道経験者のざっくんも助けにくる。

(「自分でやってみるー」と言って演出席から出てくる石井さんのイメージ画像)

そのシーンに出ていない大塚さんとおにいも、我々が困ってるのを見兼ねたのか(笑)、気付いたりことを細かく教えてくれたのが、すごく嬉しかった!
みんなで作ってるって感じ。


昨日の稽古場でも解析の続きのために休憩時間にTETRA。くんに自分の手を覚えてもらい、やってもらったり見てもらったりした。
二人とも殺陣気分が乗って来たので、西脇さんに習った1対1、1対2、1対4を久しぶりに復習した。
そしたら「そういえば前にちょっと話してたあの手、試してみます?」ってことで作った。

で、今日、そのシーンが来た。急に始まったから「昨日段取った方で」とか言う暇もなくそこに至ったけど、当然の如く新しいプランでやったTETRA。だった。演出からもダメが出なかった(スルーだった)ので、悪だくみ成功だ。時間にして1秒くらいの変更で、手自体は変えてないけど、関係が変わったはず。
鬼姫のバラシ後の駐車場でまで稽古してきたのが身を結んだね!(笑)

もうひとつは、歌い方の発見。
去年ファルセットで歌ってた箇所を今回の稽古から地声に変えていた。
『赤猫座』を去年より語り寄り、あばずれ寄りの歌い方にしたくてそうしたら、『見世物地獄』にも応用できると気付いて、こちらも途中のファルセットを地声に、ファルセットはサビだけにした。
今日のそのシーンの稽古中にふと「この最後のファルセットも行けるかも」と気付いて楽譜みたら、今地声で出してる最高音がドで、大サビの最高音が♭シだから理論上行ける、ってことで休憩時間に石井さんに音かけてもらって自主練。
一回目、まんまと失敗して崩れ落ちたけど、石井さんがすぐもう一度曲をかけてくれたので再チャレンジしたら出来た!たぶん、出来る。これも一年以上ファルセットで歌ってるから、数やって覚えるしかない。
初演見てるかたは、そんなところにも注目していただきたい。

こんな時期になっても発見があるって、いい傾向だと思う。
もっと進化できるところがありそうだ。


あとは、『鬼姫』のカーテンコールの出を、あとひと間早くすればよかった!ということにも気付いた。今更な話だけど、なにかに応用できる発見だからよし!

明後日は小屋入り、そしてあと7日で開幕。


【東京公演】2012年11月8日(木) ー 11月12日(月) ザムザ阿佐谷
【大阪公演】2012年12月1日(土)、12月2日(日) in→dependent theatre 2nd

チケットご予約 【黄泉平坂】の入口はこちら
(東京)http://bit.ly/ORzW3j
(大阪)http://bit.ly/U1kXci