本日より、大阪興行のお稽古が始まった。
初演の親方・常川博行さん、そして新しいメンバー牛水里美さんを迎えてのリスタート。
そんな座組の初日、この日は大雨で暖房がいまいち効かない部屋でみんな余程のアクションなければアウター着たまま稽古する始末。演出家も冬仕様というか…


今週東京興行の千秋楽終えたばかりで、興奮も肉体疲労も収まってないしね。
一年振りに再演の稽古始めた時も変な感じだったけど、再演の再演みたい。
常川親方への「こんなだったわー」という懐かしさと、この数ヶ月を共にした大塚親方への思慕。
親会社から出向して来た新社長が本社に帰り、元の上司が戻ってきたみたいな感じ?
懐かしさと戸惑いの間で揺れている。

里美さんとは数年ぶりの共演。
持ち味の残酷な少女性としたたかな女性性を発揮している。
大島さんでしか見たことない役なので、解釈と表現の違いが面白い。

どんな化学変化が起きるか、たのしみだ。

SAIのワークショップと重なって、おにいとTETRA。がお休み、紅夜も早退だったため、機械チーム対人間チーム、まさかの1対4。4人に詰め寄られ、絶体絶命のざっくんは財布を取り出し、大人の解決を試みようとしたのだった。

はやく揃いますように。


里美さんが棒を振るシーンの稽古中のこと。
石井さん「そこ、後ろに長い人がいますねー、当たりますねー」
里美さん「…じゃあ倉垣さんには当てるって方向で(笑)」
某「でも奴はたぶん咄嗟に棒掴んで反撃してきますよ」

最後の台詞が誰かは内緒(笑)



◎少女椿大阪興行まもなく!
12/1土 19:30
12/2日 13:00/17:00

ご希望日の前日24時まで受付!
会場◎in→dependent theatre 2nd  http://itheatre.jp/
ご予約はこちら黄泉比良坂にて
http://t.co/TyfsO2so