少女椿◎2012年の少女椿改めて打上げ激弾BKYU”望”年会@みやこんじょ

2012年12月16日

とある忘年会


もともとは「テラヤマ新聞忘年会」という、天井桟敷メンバーだった稲葉さん発行のテラヤマ新聞、その関係者や読者の集う会だった。新聞が休止しているここ数年は、そこで知り合った数人が年に一度会おうよ、って会になっている。とはいえ忘年会の時期はみなさん忙しく、メンバーはまちまち。大人数の時もあるが、今年はなんと3人。
女性ばかりなので趣向を変えて、馬喰町の東京ぶどう酒店へ。ワインバーなら少しは大人な格好しよう、って考えた筈が気付けば髑髏のニーハイに黄色いヒール。その靴、ホームの案内板と同じ色だよ。




ソムリエさんがいるお店だがカジュアルがコンセプトで、そう高くもなく、気取らずに落ちついて飲めるこじんまりとしたお店だった。メニューは菜摘ちゃんに任せて、泡スタートで白ワインを数本とワインに合うお料理を食べ、ゆったりディナー。

菜摘ちゃんは東京で、葉子さんは大阪で見てくれた『少女椿』の話をした。
「東京ではまったく笑いの起きなかった箇所が、大阪では鉄板でしたよ」「なんです?」「人形のワンダー登場のところ」「えー!」「あれ、おもしろいんですか?」「おもろいです(笑)」「どのへんが・・?」「うわ、人形出したー!てのも笑えるし、お人形もかわいいですし」「大阪は気軽に声あげて反応してくれますね」「そうなんですか?」「普通につっこまれたりしたよ。親方部屋のカーテン開けた時、うわ、近っ!って(笑)」


ふたりは寺山ファンで、舞台もよく見ているし著作も読んでいるから寺山さんの話題も多いが、それ以外も情報豊富なので、思いもよらぬ方向に話が発展することが多い。一昨年は未解決殺人事件の話したっけ。
今日は「蛇ってハンドリング慣らしても、冬眠すると忘れちゃうらしいですよ」と言ったら葉子さんがメモをとった。なんやらアンテナにひっかかった模様。こういう習慣の積み重ねで人は作られるのだなあと思う。このメンバーならいつまでも話してたいし話してられるけど、23時近くなったのでおひらきとする。


新宿駅まで戻ったところで着信。
「いまどこ?」「京王線の改札付近です」「えっ、俺もそのへん。じゃあ飲む?」まんまと拉致され「ここおいしいんだよ」と連れてかれたのは、せじけん。

ジュニアさんの番組で何度かみたことがあったが、どこにあるかも知らなかった。
せじけん、ってビリケンさんのせいじさん版なのね。お店に守り神としてビリケンさんポーズのせいじさん人形がいた。店員さんはみんな吉本の芸人さんのようで、はきはきと明るく気持ちいい。
酒盗も二種類あって、キムチ鍋もおいしかったし、ここもいいお店だった。


今日菜摘ちゃんにいただいたくつした。ほわっほわでしっとりやらかい。

ひつじの顔が前についてるのと、

三毛猫。しっぽと肉球がキュート。


この忘年会終わると、ぐっと年末気分になるなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
少女椿◎2012年の少女椿改めて打上げ激弾BKYU”望”年会@みやこんじょ