企画全体の告知)青蛾館 寺山修司初期一幕劇連続上演 「白夜」・「狂人教育」・「犬神」初雪と成人の日

2013年01月08日

告知)2/9土-11月祝 青蛾館『犬神』(作/寺山修司、演出/長野和文)に出演します。

昭和精吾事務所での『犬神』から10年以上経って、まさかの再会。
本読みで久しぶりに聞く、女詩人の語る首家の歴史、姑や月雄の台詞、黒子達の声。

野口和美さん率いる青蛾館の「寺山修司初期一幕劇連続上演」という企画にお呼びいただいた。
私の参加する『犬神』は、演劇集団池の下の長野和文さんが演出。
野口さんは、若い頃に読み合わせで月雄を読んでから思い入れが深く、大切に、いつかやろうと思っていた作品だとおっしゃった。
長野さんは初めてお会いするかただが、池の下の舞台は拝見したことがあるので、どんなに恐いかたかと想像していたら、物腰柔らかな、丁寧な話しをなさるので驚いた。
池の下で何度も『犬神』を上演されているが、長野さん曰く「可能性のある作品だと思うんです」。『犬神』の新しい可能性を、青蛾館という場に集ったメンバーで探る、という試みになるようだ。

昭和精吾事務所の『犬神』の音楽は唯一、シーザーの曲ではなく落合敏行さん作曲。
青蛾館は落合さんが音楽を作るのが常だが、今回『白夜』のみのご担当で、『犬神』には関わらない。近くて遠いというか、不思議な場所に位置する『犬神』体験になりそう。

まずは『犬神』について掲載しますが、続きに公演全体のお知らせがあります(長くなるので、記事を分けます)。
3公演、2公演の通し券(枚数限定)もございます。ご来場をお待ちしております。


第三弾 「犬神」
演出:長野和文(演劇集団 池の下)
出演:丹羽克子、高島美沙、こもだまり、稲川実加、芹澤あい、井口香、長谷川哲朗、岩倉金太郎、鋤柄拓也・点滅
日時:02/09(土)19:30
   02/10(日)14:00/18:00
   02/11(月祝)13:00/16:00

受付開始:開演1時間前/開場:開演30分前

チケット:全席自由席・整理番号付き

チケットは以下いずれかにて承ります。(通し券もお取扱いできます。枚数限定なのでお早めに!) 

1.ご予約フォーム(3演目共通)にて
【ご予約フォーム】http://t.co/tZ9J5cA3
こちらより必要事項を入力してください。当日受付にチケットをご用意します。
受付は1時間前より、開場は30分前より。
チケットとともに渡される整理番号順のご入場となります。

2.こもだ宛にメール等でご予約
komodamariあっとgmail.com(リンクは正しいアドレスに繋がっています。飛べない場合は、ひらがなを@に変えてお送りください)
twitter(@mari_air)、mixi・Facebook(ともに「こもだまり」)のメッセージでも承ります。
代表者のお名前、ご希望日時(※通し券の場合はすべての)、券種、枚数をお知らせください。
折り返しご連絡申し上げます。

3.当日券
当日券が出る場合は、当日受付開始時刻より販売となります。
その場合「こもだ扱い」とお申し付けいただけると、いらしたのがわかるので幸いです。

一般
前売¥3,800・当日¥4,300
2公演通し券¥7,000
3公演通し券¥10,000

学生
前売¥3,000・当日¥3,500
学生2公演通し券¥5,000
3公演通し券¥7,000

※学生チケット、学生・一般通し券は数量限定、eplusではお取扱いがありません。



『犬神』スタッフ
【演出】長野和文
【美術】亜飛夢

全体スタッフ
【照明】正村さなみ(RISE)
【音響】飯塚ひとみ
【衣装】竹内陽子
【ヘアメイク】川村和枝(P.bird)
【舞台監督】田中新一(東京メザマシ団)
【制作】山田杏子(鼬屋)
【宣伝美術】福田真一(DEN GRAPHICS)

【プロデューサー】野口和彦


企画全体の告知はこちらへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:30│Comments(0)TrackBack(0)演劇・舞台 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
企画全体の告知)青蛾館 寺山修司初期一幕劇連続上演 「白夜」・「狂人教育」・「犬神」初雪と成人の日