青蛾館・犬神◎空気と身体青蛾館・犬神◎終幕

2013年02月10日

青蛾館・犬神◎初日・中日


「今日の犬」を見た保さんが犬写真をくれた。「中野駅付近にて。」だそうだ。
鏡前でお隣の美沙ぽんにも好評で「わたしにも送ってくださいー」と言われた。


小屋入り1日目、仕込みして場当たり。
2日目。場当たりの続きして、ゲネして、初日。
3日目。マチネ、ソワレの中日。

衣装はせっかく陽子さんが用意してくれたけど、ちょっと加工をしたかったので自前の着物を使うことにした。草履はあいちゃんが貸してくれたんだけど、お客様からは見えない、裏の足場の問題で急遽なしに。見た目としては草履あったほうが締まるのは確実なんだけど、安全と「足下あんまり見えないし」「室内ということで」という演出部の提言で足袋姿となった。あと一日稽古できたら、草履で出たかったな…。
普通の着物と名古屋帯の衣装、びしっと着たいとなると、時間もまあまあかかる。
劇場に入るまでできなかった出ハケの稽古も数こなしたいし、上演時間一時間とはいえ結構忙しかった。
お客様との面会では衣装OFF令が出ていたので、せっかくきれいに着られた着物も毎回着直し。
まあ、今回の舞台にはそれが合ってる気がする。



楽屋から舞台への道に、忘れないようセッティング。


ありがたくも初日は立ち見が出るほどの満員!
お差し入れもたくさんいただきました(全部写真撮ってないですが)。ありがとうございました!
左上は美沙ぽんがくれた初日祝いのクッキー!


初日の呑みには天井桟敷だった市川正さん、中日の呑みは青蛾館で共演した市川梢ちゃんや渡辺敬彦さん、点滅さんの弟さんの松本力さん、万有引力の高橋優太さん、月蝕歌劇団のスギウラユカさんらがいらして、お話できて楽しかった!

あと、一日。

(※千秋楽終えたら衣装メイク写真もOKとのことだったので、本番が終わってからupしています。)

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)演劇・舞台 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
青蛾館・犬神◎空気と身体青蛾館・犬神◎終幕