ここ数年なにかとご一緒している、おにいこと倉垣吉宏さん率いる舞台芸術創造機関SAI。
今回の「贋作マッチ売りの少女」は白夜譚/漆黒光/AURORA の三つのversion・トリプルキャスト版の「AURORA」に出演します。俳優として去年の夏にがっつり参加したSAIさんですが、今回は藤宮社長にfujimiya.tvの一員として召集されたので、ソワレちゃんとともに唄い子という気持で参加します。
(3/31は、その前哨戦としてこのメンバーでライブしてきたのですが、やっぱり「劇伴バンドの唄い子さん」では済まなかった…!演劇に生演奏で出るミュージシャンは、空気感が違ってるから面白いじゃないですか。ああいう感じに長いこと憧れを抱いているのですがなかなか…)


TETRA。主演の漆黒光の回は残念ながら先週で終了してしまいましたが、若松真夢主演の白夜譚は翌週上演されます。気に入ってくださったら見比べていただきたいです。

※ご予約先は公演終了のため削除しました


DC割、平たく言うところの「ドレスコードによる割引制度」がありまして、AURORAは「派手服」=「ぱっと見て派手な服」を着てくると料金より300円割引されます。ぜひご利用ください。
わたしも白夜譚/漆黒光はそれぞれ「白い服」「黒い服」着て見に行きました。客席も作品の一部という感覚で、堂々と交ざりあって楽しむのがSAI流。 ←個人の見解です(笑)

派手服でご来場、お待ちしております。


舞台芸術創造機関SAI
オメガ・レパートリー・シアター第一弾 
贋作マッチ売りの少女


ORT-MAMU-13-300x200 
白夜譚 3/20(済),4/13
ORT-TETRA1-300x242
漆黒光 3/28(済)

ORT-KURA-12-300x236
AURORA 4/6 ←これです。


この街には猥雑な熱気が
霧と共に渦巻いている・・・
幻想都市ロンドン・・・
此処では悲劇が日常だ・・・
悲劇が全て・・・
悲劇が全て・・・。

H.C.アンデルセンの名作童話を元にした、まったく別の「マッチ売りの少女」
幻想都市ロンドンという架空の街で起きた、マッチ売りの少女を巡る男たちの愛憎劇。


作・演出 / 倉垣吉宏

【AURORA】配役
片耳のヴァン:倉垣吉宏
境界線上のポール:TETRA。
マッチ売りの少女アルル:若松真夢
ジャック:市川五月
ファントム:蓮田蓮
幻想都市の極光(オーロラ):fujimiya.tv(藤宮拓+有栖川ソワレ+こもだまり)



会場:中野オメガアルゲア 
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1 TEL:03-3336-5440
中野駅より徒歩8分
omega-map


チケット( 全ての座席プランに1ドリンクサービス付)
一般席:2,800円 ディナー席:4,200円 当日席:3,500円 
DC割引:「派手服」。パッと見てカラフルな服装で各プランから-300円。

※ ディナー席について
オメガアルゲアの魅力的なお料理と観劇を愉しむお席です。
今回は作品の上演時間の前後にゆったり60分過ごしていただけるようにしてあります。
(開場約60分、本編約50分、終演後約60分)
ディナーのお時間は開演前/開演後のいずれかをお選びいただけます。
観劇日の前日迄にディナーの時間をお選び下さい。

様々な特典つきのプラン等詳細についてはSAI公式ページの公演案内をご覧ください。