2013年06月22日

告知1)あと11日!青蛾館「岸田理生を読む。」

青蛾館の『青ひげ公の城』で理生さんの「悪徳の栄え」を朗読しました。またこうして理生さんの台詞と出会う機会が貰えて嬉しいです。

わたしは『吸血鬼』がメインですが、三作品とも出演します。
(本チラシがまだ手に入ってないので、詳細は分かり次第、更新します)


リオフェス2013 岸田理生アヴァンギャルドフェスティバル参加作品
青蛾館 実験リーディング「岸田理生を読む。」〜前・中・後期傑作戯曲より〜

海=「吸血鬼」
空=「リオ版 身毒丸」

7/3水 19:00海
7/4木 19:00空
7/5金 14:00海 /19:00空
7/6土 14:00空 / 19:00海
( 6日マチネ終演後16:00よりシンポジウムあり※)
7/7日 千秋楽スペシャル企画「出張の夜」14:00

作:岸田理生 演出:青蛾
出演:野口和彦・伊藤弘子・東野醒子
神保良介・眞藤ヒロシ・尾崎宇内・こもだまり・稲川実加・芹澤あい・鋤柄拓也・森田祐吏
点滅(舞踏)・高橋理通子(舞踏)・高橋祐子(歌・演奏)ほか

演出協力:長野和文(演劇集団池の下) 音楽:落合敏行 照明:正村さなみ(ライズ) 音響:飯塚ひとみ 衣裳:竹内陽子 舞台監督:田中新一 企画・制作:青蛾館

青蛾館が岸田理生没後10年の企画として挑むのは、ズバリ『よむ』!
言葉の魔術師・岸田理生の戯曲を形式的なリーディングだけにこだわらず、<舞う>、<奏でる>、<歌う>と様々な表現を取り入れる中で理生の言霊を紡いでいくという実験公演を試みます。
数々の岸田作品を継承する青蛾館独自のワールドをお楽しみください!

※シンポジウム「岸田理生の血脈を受け継ぐ者たち」
7/6土 16:00
司会:西堂行人 パネラー:野口和彦・石井飛鳥(虚飾集団廻天百眼)・梅山いつき
500円(フェスティバルチケット半券持参の方は無料)

受付開始:開演1時間前  開場:30分前

一演目 一般2800円・学生2300円(当日券は各500円増)
二演目 一般5000円・学生4000円
三演目 一般7500円・学生6000円
(学生券は当日 要学生証提示)


ご予約はひとまずわたしまでご希望日時と枚数をメールくださいませ。
komodamari★gmail.com ← ★を@に変えてください

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 13:24│Comments(0)TrackBack(0)演劇・舞台 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字