タイトルが意味不明みたいになってますが、EXPLOSIONで「EXPLOWSON」という誤字みたいなイベントに、別本番でおやすみの大島さんに代わり、伊藤花りんちゃんと二人で、UM-アム-の踊り子として参加。

なんだかぼやぼやした日でやたらと忘れ物をした。リハのあと、リカイさん、ヴァイオリンのmidoriさん、花りんちゃんとイタリアンを食べた(藤宮さんもちらっと来てワイン一杯だけ飲んで出て行った。おそらく別会場の燭台(怪)さんのライブを見にいったのだと思う)。
リカイさんが我ら三人を見て「黒髪ロングぱっつん率…わたしも挟まれたらロングになりそう(笑)」
綺麗どころに囲まれてのごはん、しあわせ。

忘れ物を取りに自宅に戻り、ついでにメイクと着替えを済ませて会場入り。風が強くてつけまつげ取れそう。

UM-アム-の本番は、ステージに白い幕を張り、投影する映像を明かりとして演奏される。少し前に見た全員真っ白な衣装の時は出演者もスクリーンになって染まってとても綺麗だった。今回は藤宮さんとmidoriさんが黒白、リカイさんが赤。わたしと花りんちゃんは白い衣装スタートで、途中で赤に着替えるというプラン。だいたい踊る時は髪をあげるけど、今日はせっかくの黒髪ロング集団なので、まっすぐおろして。


幕裏のドラム席で着替えることにしたんだけど、スクリーンに映るみんなは美しい影絵。着替えながらでも全ステージを見たり感じたり出来て、まさかの特等席だった。
そんな訳でおもてで踊ったのは「ロマネ」「円い夜」「かごめ、かごめ」の三曲だけど、他の曲も裏で勝手に踊ってたので終わったら汗だく(笑)


【UM-アム-20140316セットリスト】
1.さよならホワイト
2.リダ椅子
3.ロマネ
4.上下対象のニコ
5.円い夜
6.菫埜
7.トモダチバイオリズム
8.見知らぬ神様
9.かごめ、かごめ
ロマネとかごめ、かごめは百眼の劇伴曲として生まれ、UM-アム-の曲として詩が新たになり生まれ変わったもの。(ロサの百眼ショーでわたしも一度歌った)百眼サントラの「世界史の荒野」が「ロマネ」と同じメロディ。

よく知ってる曲とはいえ、やっぱり生で演奏されている場のパワーは違うから、なにも考えずに音に身を委ねて踊ってきた。そして大好きな「円い夜」をステージ上で聞ける、そしてその一部になれるという贅沢!


そうそう昨夜、東京棲んでるガールズ会場で会った大島さんとおにいにUM-アム-のふたりが「間に合えば明日、かごめは飛び入りしてくれていいんで」と言っていて、途中ふたりの気配は感じなかったのだけど、「かごめ」の途中で信じてアンプ前に飛び出したら、フロアにしゃがみこむ大島さん発見!!そしてなんやら一緒に踊った。あー、fujimiya.tvの歌以外で大島さんと絡むの久しぶり!また、一緒にやりたいなぁとしみじみ。
リカイさんと撮ったツーショットは、リカイさんのブログにあります。それはもう、完璧な失敗写真(笑)

大島さんの代打で踊り子してる場に大島さんが飛び入りって構図としてよくわからないけど、楽しかったからよし。

ご参加のみなさま、楽しい夜をありがとうございました。
集合写真が、ふざけている。こちらは終演後なので、衣装が赤くなったあと。
ライブ中に段々、リカイさんの声で赤に侵食されてくみたいな感触で面白かった。