2014年05月05日

弟9回 無善寺ロックフェス昼の部・たくとまりとしょーご「猫の恋」


今日はトラ猫の役なので、しましまセーターで、耳位置に髪を結わえた。


お昼から半日のイベント。
二番手の、どりぃむさんとらけちゃんの「東京秘密ラジオfeat.猫灰田らけ」を見る為に早起き。
らけちゃんはどりぃむさんコスのメイド服、オーボエとコーラスで参戦。
最後の曲「ホットパンツとサンバイザー」前には生着替えでホットパンツになるというサービス付き!
楽しんだあとは、しょーごさん=パパこと大塚尚吾さんと、たくさん=社長こと藤宮拓さんと演目のミーティングをしに外へ出る。
社長に「ここらでちょっと待っててください」と駐車場に放置されたしょーごさんとわたし。
いつになく落ちつかないしょーごさん。
「しょーごさんもしかして緊張してる?」「してますよ!」「昨日はtwitterに余裕で飲んでるっぽいこと書いてませんでしたっけ?」「逆ですよ、飲まないともう…、あと久しぶりに会うと照れくさいしね(笑)」「確かに!」照れくさいながらも、読み合わせをしてみる。…やっぱりしょーごさんの声は深みがあっていい。社長もじきやってきて、みんなで一度打ち合わせて「大丈夫ですね。ではあと本番で!」。

腹ごしらえしつつメイクして、14時過ぎから翔馬さんのソロ(バンジョー弾き語り)を見る。
人魚姫の歌いいなあ。あとで聞いたら、ソロ(アンプラグド)でしかやらない曲だそうだ。
翔馬さんのステージは勉強になる。人を惹き付ける力の。

[2014-05-05 ふじみやたくとこもだまりとおおつかしょーご]
テキスト:『アルジャーノン』高橋源一郎/『猫の恋』横田創
構成:こもだまり
出演:猫=彼=おおつかしょーご/私=猫=こもだまり/楽士=波=ふじみやたく

撮影:藤居幸一(http://fgpic.tumblr.com/post/84810193179


かねてから藤宮さんの音でやってみたかった『猫の恋』という作品。
10年くらい前に三人の朗読楽譜として構成した。それをしょーごさんとふたりversionに書き替える作業は楽しかった。今回も、当時序章として加えた源一郎さんの『アルジャーノン』(小説『ゴーストバスターズ』の一節)と二作品セットで。

しょーごさんは猫から旅人(彼)へ。わたしは飼い主(私)から猫になる。
衣装はお任せ、と言ったら三匹の猫になった(音楽の社長がらけちゃんの高級猫耳により一番猫らしい)。しょーごさんは燕尾服にしっぽがついてて、グレーのコンタクトに眼鏡で英国紳士っぽいお洒落猫。わたしは「猫の背の虎」って描写に気づいて、慌ててトラ猫になる服をさがしてモヘアのボーダー。猫耳はやり過ぎな気がして髪で耳らしきものを作ったが、まさか社長に猫耳が付くとは(笑)

語り隊はすぐセッティング終わってしまって手持ち無沙汰なので、しょーごさんと「じゃあこの間(ま)をつなぐ為に小粋なトークでもしますかね?」「まりさんは今朝なにを食べましたか?」「マックでチキンナゲットとコーヒーですね」「そうですか」←自分で振っておいて続かないしょーごさん(笑)
「緊張してますね?」「あのね、実はさっき緊張のあまり一杯引っ掛けてきて(笑)」「そうなの?」「もうね、まりさんに怒られてもいいやって」「いや、怒りませんけど(笑)」みたいな和やかトークしてたら社長の準備が整う。


「アルジャーノン!」と呼ぶと、飼い猫のアルジャーノンが飛んで来て、鈴が鳴って本編開始。
初演ではわたしが二作品とも猫を読んだが、しょーごさんの猫絶対いけると踏んだので、一作品はしょーごさんに託す。わたしのすっとぼけたアルジャーノンとは全然違う、大人のアルジャーノン。やっぱりしょーごさんに頼んだの正解だった。

『猫の恋』始まりの曲の中でリレーされた鈴を首にかけて、ここから私が猫になる。
打合せはしたけどリハなしなので、ふたりがどう出るかわからないどきどき感。
だけどね、何度か社長と「たくとまり」やってて、『猫の恋』は社長の音が合うと確信があった。
相手役を引き受けてくれたしょーごさんの声を浮かべたら今回こそ『猫の恋』だ、って思った。
真冬の作品だけど、無善寺は猫好きマスターのお店だからって社長からOKが出た。
しょーごさんの「彼」、大人。そう、今回は大人の朗読ができると踏んでいた。

10年くらいまえの初演のわたしの猫は、とってもストレートに「好き!」っていう恋だった。相手がどう受け取るかを考えるのじゃなく、自分の気持を一生懸命伝える恋。
今日の猫は、ふたりの声と音に影響されて、もう少し丁寧にわかってもらおうとしていた。
それでも伝わらなかったり、無理だってわかって悲しくなってしまうのだけれど。
思いもよらない出方がいくつかあって、振り回されるのが楽しい。

それにしても『卒塔婆小町』といい、ここんとこ「たくとまり」では失恋してばっかり(涙)!!
社長めー!!!(やつあたり)




藤居幸一さんが撮ってくれた集合写真。


全身写真(KEVINさん撮影)。社長は耳がついてて、しょーごさんはしっぽがついてて、みんな猫。


耳とったあとだけど社長こと、ふじみやたくさんと。
やっぱり社長のやさしい音は、ぴったりだった。
ここまで出来るならもっともっとって欲が出る。またやりたいな。


(撮影:藤居幸一)


おおつかしょーごさんと。(※一枚目は5/9追加。しょーごさんが色っぽいね)
しょーごさん曰く「衣装お任せって言われたけど、ふじみやさんとまりさん絶対かわいくしてくると思ったから、俺だけ普通はないなと思って」のお洒落猫っぷり。
マイクもライブハウスも朗読も慣れないから緊張しまくったみたいだけど、しょーごさんの繊細な息遣いとか感情の動きがマイクを通して増幅されてよく伝わってきて、向いてると思う。またぜひ!


ぞうさんから差し入れでいただいた猫ドーナツ!(共食い)


終演後、しょーごさんと翔馬さんは連れ立って英国喫茶に行った。
なんか仲良しなあの二人だけど、そのデート、いい男の無駄遣いではないかい?(笑)

帰って来たふたりと話してるときに翔馬さんが「まりちゃんさん」って言うから、「さん、いらないよね」と言うと「じゃあまりちゃん。僕等はふたりともしょーちゃんですね」と。次回会うときふたりを「しょー(ご)ちゃん」「しょー(ま)ちゃん」と呼ぶよう心がけます。
翔馬さんも朗読やりたいって言うから、いつか「たくとまりとしょーごとしょーま」やりましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字