昭和精吾事務所

2019年08月29日

8月29日は昭和精吾の命日です

8月29日は、ボス・昭和精吾の命日です。
2015年に昭和さんが急逝して丸4年が経ちました。



これが緊急入院のお見舞いに行った時に託された、みなさんへのメッセージです。
他界の前日の夜のことでした。


昭和の提示した語りの世界、 踏み込むほど深さを思い知ります。
ひとりでも多くの人にこれを体感してほしい。
我々は作品を作り続けます。


今後もかわらず見守っていただけたら幸いです。


2014年12月 昭和精吾誕生日公演(新宿シアターPOO)


二代目代表 こもだまり



続きを読む

mari_air at 21:45|PermalinkComments(0)

2019年07月27日

告知)昭和精吾の寄稿文再掲載「総特集 寺山修司<増補新版>」

【昭和精吾 寄稿文掲載】
河出書房新社 2019.6.24発売
「総特集 寺山修司<増補新版>」 1,404円(税込)256ページ

2003年刊行の冊子が増補新版として発売されることとなり、当時の昭和精吾の文章も再録されましたのでお知らせします。

全国書店にて販売中。
こちらでもお求めいただけます。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979755/

9784309979755


mari_air at 13:18|PermalinkComments(0)

2019年07月25日

血系譜2019)小林桂太さんと追撮

20190725血系譜撮影

8月9日に、去年12月と同じメンバーで再演する麻人楽音楽劇15『血系譜』。
せっかくだからと追加撮影してきました。
わたし演劇の人なのに撮影と録音ばっかりしてるな。


2017年秋、出演者(稲川実加さん、麻宮チヒロさん、左右田歌鈴さん)とロケして本番

その映像販売に向けて、2018年秋、鋤柄拓也さんと追加ロケ

12月、小林桂太さん・左右田歌鈴さんと三人で上演

2019年再演に向けて、桂太さん追加撮影(これが本日。そして写真は今日の撮影の様子)

(7/27追記)音声出演に同じく演劇実験室◎万有引力より森ようこさん決定




曲も脚本も衣装もあるから、本番と同じ条件で撮影できる。本番用の曲かけて撮るのは初めてだ。
FOXPILL CULTカメラマンのノリで行けるかと思ったけど、わたしが預かったカメラが寄りだったので、撮りたいところが切り取るのが難しかった!
勉強になった。
今日の、踊りを撮るようなことは、バンド(演奏)を撮るのに比べて形に幅があるというか、捨てたくない場所がより瞬時に変わっていくから「ああ今あの手先を撮りたいけど!」とか「いまの全身の形が美しいんですけど入り切りません!」というようなストレスが。画角を変えられるカメラか、足元を自由に動けるようにしておかないと狙い通りには撮れないのだと認識しました。迷いがあるからブレまくってるかもしれないな…

そんな苦労があってだから、何テイクも続けてライト浴び続けた桂太さんは終わった途端「暑い!」と上裸になりました(笑)


フリーセッションシーンも撮った。
水もの持ってるしドレスなので多少動きは制限されつつも、桂太さんと呼吸を読みあって動くの楽しかった!自分が仕掛け人だけどやりながら「役得…」と思った。

歌鈴ちゃんとはここ数年、かなりあちこちで共演してるけど、舞台上で目を合わせることは少なかった。百眼では役柄上ほぼ絡んでないし、「糸地獄」は直接対決だけど朗読だからほぼ顔見なかったし、新鮮。
毒子(わたしの役)が妹の薬子(歌鈴の役)に抱くであろう「大人になってきたな」って感慨がちょっとあった。

そしてわたしたちも「暑い!」となったので上裸…にはなれず(笑)


プレビューちょっとしか見てないけど、撮影スタッフに徹してくれた西邑さんが「超いいっすね」を連発してたから、きっといいのが撮れたでしょう。お楽しみに。

そうそう、先日7月23日は、麻人楽を一緒に始めてくれた麻宮チヒロさんの誕生日でした。
チヒロ、すっきー、実はちらっと西邑さんも、映像の中で、この物語の主人公・避雷針売りの家系の人を演じてくれています。誰が過去で誰が未来なのか。おもしろいね。
この上演が終わったら今度こそ映像作品にしよう。


あと半月ほど!ご来場、お待ちしております。

8月9日(金)東高円寺UFO CLUB
FOXPILL CULT企画 「ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭」』

開場/19:00 開演/19:30
【麻人楽は19:30〜19:25 冒頭に上演】

■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d

■対バン■
FOXPILL CULT純情マゼラン虚飾集団廻天百眼

■料金■ 前売2600円+1d  当日3000円+1d

■予約■ 昭和精吾事務所 予約フォーム http://bit.ly/ssj_r

☞イベント詳しくはこちら
http://komodamari.blog.jp/archives/2019-07-16.html



mari_air at 23:00|PermalinkComments(0)

2019年07月16日

告知)8/9金 麻人楽音楽劇『血系譜』を小林桂太さん・左右田歌鈴さんと再演決定

久しぶりに古巣・東高円寺U.F.Oclub。
麻人楽を育んだポトラッチデッドに参加です。

麻人楽音楽劇『血系譜』(原作:岸田理生『吸血鬼』)を、
昨年12月14日の昭和精吾誕生日に合わせて打った企画公演『氾濫原2018』での三人、
わたしと左右田歌鈴さんと、演劇実験室◎万有引力の小林桂太さんとで再び!

さらに音声出演(録音)ゲストに同じく万有引力より森ようこさん!妖しく気高い女村長の独白を、ピンポイントですが印象的に語っていただきます。
乞うご期待!


8/9金  19:30〜19:55 東高円寺U.F.Oclub 
麻人楽音楽劇15『血系譜』

(FOXPILL CULT自主企画『ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭-』にて)

構成・演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽・映像:西邑卓哲 (FOXPILL CULT)

2017tike_cm2


[出演]
毒子:こもだまり
薬子:左右田歌鈴

避雷針売り:小林桂太(演劇実験室◎万有引力)

[Ag.演奏]
西邑卓哲(FOXPILL CULT)

[音声出演]
女村長:森ようこ(演劇実験室◎万有引力)
男:イッキ

[映像出演]
稲川実加・麻宮チヒロ・鋤柄拓也

[スタッフ]
原作:岸田理生「吸血鬼」
衣装製作(毒子・薬子):左右田歌鈴

201812tikeihu4

201812tikeihu2





201908_member


初演は2016年。2018年に追加撮影をして映像強化して、避雷針売りを桂太さん、薬子を歌鈴さんというキャストで再演。今回が血系譜としては三度目、この組み合わせでは二度目となります。


桂太さんは、『奴婢訓』を終えたばかりなのに即答で快諾いただき、夜中に叫びました(笑)
歌鈴さんは、昭和精吾事務所『水鏡譚』のあと、ともに13日に廻天百眼ワンマンライブを終えてきたところ。みんな忙しいのにありがたいです。

西邑さんは6月7月と〆切も多く、ライブも多く、昭和精吾事務所ではひとり四役(宣伝美術・音楽・映像・演奏)の大車輪を乗り越え、歌鈴さんわたしと共に音楽監督とドラム演奏を務めた廻天百眼ワンマンを終えたところ。
7月28日にも元メンバーのプエル氏を迎えたライブを控えていますが、8月自主企画に向けて準備中です。


歌鈴さんの薬子は、可憐な少女から女に変化する刹那をまた瑞々しく見せてくれるでしょう。
避雷針売りの桂太さんは、人がなにかに呑まれていく様が身体から表現できるし、それが色気ある演技につながっています。寺山さん作品では見られない桂太さんだと思うので、お見逃しなく!



桂太さん、歌鈴さんと上演した2018年版の写真はサイトにありますので、
CM作るまではそちらをご参照いただき楽しみにしていただけると幸いです。

作品紹介はこちら 
麻人楽公式はこちら



===================
ご予約受付中!

■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d

■対バン■
▽FOXPILL CULT
▽純情マゼラン
▽虚飾集団廻天百眼


■予約■ 
1)昭和精吾事務所 予約フォーム http://bit.ly/ssj_r

2)下記メール、Twitter、Facebook等でわたし/昭和精吾事務所までご連絡ください。
showaseigo14★gmail.com(★→@)
Twitter : https://twitter.com/mari_air
Facebook: https://www.facebook.com/komodamari6



=================
イベント全体
===================
FOXPILL CULT自主企画
『ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭-』
東高円寺U.F.Oclub
OPEN 19:00 START 19:30
【麻人楽は19:30〜19:25 冒頭に上演】


■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d


LIVE:
FOXPILL CULT純情マゼラン虚飾集団廻天百眼


音楽劇:
麻人楽(昭和精吾事務所)


ポトラッチ2019


mari_air at 12:18|PermalinkComments(0)

2019年06月29日

御礼)2019 昭和精吾事務所公演「水鏡譚」終幕

ひさびさの劇場公演、二度めのリオフェス。

集合写真2019



まずは、心にとめてくれた皆様に御礼を。

そして共に作品を作ってくれた仲間たちに感謝を!

2019みんなと




前列大人だけふざけてる場面(本当は「次、楽しい顔して!」って言われた瞬間)。
集合変顔


石井飛鳥さんが撮影してくれた公開ゲネの舞台写真を、最終日には販売していました。
体制が整ったらwebでもまた!

水鏡譚ラスト


急遽ですが、7月3日(水)に昭和精吾事務所BAR 第四夜 @シアターPOO
開催が決定しました。ご予約などは特に必要ありません。そちらで感想など伺えたら嬉しいです。

昭和精吾事務所BAR http://komodamari.blog.jp/ssjbar.html
 

続きを読む

mari_air at 05:17|PermalinkComments(0)

2019年06月23日

水鏡譚)あと三日!新CMと稽古の様子





まずは西邑卓哲さん製作のCM!
本番で使う新曲と撮り下ろし映像が使われているので、見てくださいませ。

公開ゲネの日が、一番混んでいるのではないだろうか…
混雑具合こんな感じです。まだまだ入れます!

25日(火)19:30公開ゲネ △
26日(水)15:00 ◎
26日(水)19:30 △
27日(木)18:00 ◯





横原さんは廻天百眼で出会った照明家さんなんだけど、
横原さんの照明は、「当ててもらってる」っていうんじゃなくて、共演してるみたい。
明かりは小屋入りするまで見られないものだから、劇場で初めて出会った明かりの仕掛けに値して「そう来たか。」ってそれを取り入れて使うと、横原さんも気づいて反応してくれたり。
今回も思っていた以上に稽古場に通ってくださった。
「麻人楽は映像ありきでやってきてるんだから、コラボしてなんぼでしょう」と積極的に映像のパーツを拾って照明プランを描いてくれた。ここは嬉しい誤算。麻人楽史上初の試みとなる。

そもそもこれが見たくてお願いした『李庚順』の明かりも、たのしみです。




声と映像出演の大島おねえちゃん、稽古場に遊びに来てくれました。
みんな大島さんを見るとニコニコ。前日6/19にお誕生日を迎えたばかりでしたが、むしろ差し入れなぞいただいてしまった。ぜんさん、歌鈴ちゃんの6月組合わせて終わったら改めてお祝いしよ!!



今回出演はしないんだけど、麻宮チヒロさんが麻人楽の映像オペに入ってくれる。
今日稽古に来てくれて、なんか、ほっとするね。
なにしろ、麻人楽は麻宮さんとわたしと西邑さんで始まったんだもんね。





昭和精吾事務所 公演
水鏡譚 -すいきょうたん-

闇夜に覗く水鏡 映るは現世か、幻か。

2019.6.25(火)・26(水)・27(木)
こまばアゴラ劇場

【第一部 詩劇「われに五月を」】 作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー
【第二部 音楽劇「水鏡譚」】 作:岸田理生 音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

構成・演出:こもだまり
映像・音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

■詳細 http://bit.ly/skt_z
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【料金】
前売一般3500円 前売学生2500円 ※当日券は+500円
※リオフェス通し券10000円取扱あり ※リオフェス全演目を一度ずつ見られます
【会場】こまばアゴラ劇場
目黒区駒場1-11-13
京王井の頭線 駒場東大前駅(東口)徒歩3分
www.komaba-agora.com/



mari_air at 01:01|PermalinkComments(0)

2019年06月12日

水鏡譚)予告篇 即興朗読『糸地獄抄』ダイジェストupしました

4月に昭和精吾事務所BARで上演した、予告篇のダイジェストをupしました。




youtubeで見る場合はこちら。



20190416 即興朗読「糸地獄 抄」@昭和精吾事務所BAR

昭和精吾事務所BARにて上演した本公演『水鏡譚』予告篇の即興朗読のダイジェスト映像。
一部公演用の撮り下ろし映像も挿入。

即興朗読『糸地獄 抄』
テキスト:岸田理生
構成:こもだまり

出演)左右田歌鈴、こもだまり
演奏)西邑卓哲(FOXPILL CULT)

昭和精吾事務所『水鏡譚』
2019.6.25-27
こまばアゴラ劇場
http://bit.ly/skt_z


mari_air at 08:13|PermalinkComments(0)

2019年06月07日

水鏡譚)昨年の麻人楽音楽劇『七七火-なななぬか-』本番動画一部公開

本番が近づいてまいりました。
写真だけ見てて「どんなことするんだろ?」な感じだと思うので、
昨年の舞台映像より一部公開いたします。

【注意事項】

1)音声別撮りしたんですがこの動画に編集してません。石井飛鳥さんが撮ってくれてるときのカメラ操作音が冒頭静かなところでちらっと「カリカリ」って入ったままですけどお赦しください。
(それにしても石井さん、一回しか見てないのにズーム等の勘がさすがです。わたしの演技を見慣れてるせいかなあ、今この人撮って!ってところを押さえてくれてました。ありがとうございました!)

2)補助的にすこし映像上で編集していますが、ほぼ舞台のそのまんまです。
バックに流れる映像だけ見ても楽しいと思います。本番では完全には見えないので、バックに流れてる映像を公開したらいいのではというくらいです。


【動画解説】
昭和精吾事務所 公演『七七火-なななぬか-』より
2018年7月6日〜8日 サラヴァ東京




麻人楽音楽劇「七七火」
 原作:岸田理生「火學お七」
 脚本・演出:こもだまり
 音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

 本番映像撮影:石井飛鳥(虚飾集団廻天百眼)
 動画編集:こもだまり

==================
【出演】
ー 女たち ー
お七:こもだまり
女主人(お七だったかもしれない女):稲川実加
マッチ売りの少女(まだ誰でもない少女):左右田歌鈴
少女娼婦つき(お七になるかもしれない少女):餅月わらび
産婆(面):イッキ

ー 吉三かもしれない男たち ー
土地係:鋤柄拓也
暦屋:麻宮チヒロ
質屋(十年前を知っている男):イッキ


【アコースティックギター/ドラム演奏】
音屋:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

==================

これ見て行く気になったら、お申し込みはこちらです!

昭和精吾事務所 http://bit.ly/showaseigo
公演概要 http://bit.ly/skt_z

mari_air at 09:00|PermalinkComments(0)

2019年06月06日

水鏡譚)音声出演ゲストのみなさま

月蝕歌劇団の公演が無事に終わったので、音声出演の大島朋恵さんと白川沙夜さんに早速台本と段取りをお送りした。








そう、沙夜ちゃんは5月末まで強いシスターでした。
初恋を語る長台詞の声のブレなさ、圧がさすが。
映画『屍のパレード』以来の共演かな?あの映画、私たちふたりの会話から始まるんだけど、わみが「あれ好き…」って褒めてくれたなあ。蟋蟀待ちして撮影したあの日が懐かしい。
左右田歌鈴さんの百眼初参加作品『奴婢訓』で、沙夜ちゃん歌鈴ちゃんは共に奴婢メイドだった。あれは2013年。
わたしの沙夜ちゃんとの初共演は『少女椿』再演で2011年!





大島さんのレスポンスむっちゃ早くて「楽しみなんです◎」と言ってくれる。
やりとりの端々がなんだかかわいい(笑)

Twitterの写真は、大島さんとの最古と、最新。
廻天百眼「鬼姫」(2009)と「闇を蒔く」(2019)。
ああ、どっちもラスボスと新興勢力の騎手として対峙する役回りですね。
舞台の立ち位置でも鬼姫とかなり近い場面があって(そしてわざわざ言わないけど大島さんもそう感じてるのがわかって)、胸熱だったなあ。





ふたりのことを考えるといろいろ頭が回る。いい当てどころの存在ってすごいなと思う。
思いついちゃった勢いで「あれもお願いできますか?」というと二人とも即答で「やります!」と言ってくれる。ふたりとは10日に録音決行するんだけど、楽しみしかない。
どうぞよろしくお願いします。






そしてもうお一方、青蛾館主宰、マダムこと、のぐち和美さん。
ご出演舞台、吉野翼企画「疫病流行記」が6月13〜16日。
青蛾館の「毛皮のマリー」2version同時上演から休みなくこちらの稽古に突入して、
稽古は佳境。針の先ほどの合間を縫って、お時間くださいます。






時々自動主宰・朝比奈尚行さん(公演でわたしが歌う『銀幕哀吟』作曲)、池の下主宰・長野和文さん、音楽家・落合敏行さん(昭和精吾事務所『仮面劇・犬神』音楽担当)とは青蛾館で出会った。
のちにわたしのフィールドに関わってもらえた稲川実加さん、鋤柄拓也さん、鈴木彰紀さんらも青蛾館で出会った。
若松武史さん、若松絵里さん親子や、幼少期のわたしのアイドル、ピンクレディの未唯mieさんとも共演の場をいただいた。(若松武史さんは映画『草迷宮』の明さんです)
青蛾館で繋いでいただいたご縁は数え切れない。



続きを読む

mari_air at 19:04|PermalinkComments(0)

2019年06月05日

水鏡譚)水鏡譚追加撮影と糸地獄音声出演のみなさま



(※2019.6.6集合写真追加)


月蝕歌劇団公演終わって、岬花音菜ちゃんも参加でグリーンバックでの撮影(久しぶり)。
「元気あったらこれも踊ってほしいんだけど…」「やるやるー!」
花音菜ちゃんはばりばり踊ってくれました。





フライヤー撮影に来ていなかったイッキさんの衣装が決まってなくて、前夜ずーっと悩んだけどわからないので、当日の昼間にいろいろ持って行って美粧監修の歌鈴さんの知恵も借りつつ衣装決め。



あんまり似合うから、脱いだあとで「やっぱ写真撮っておこう」ってもう一度着てもらった。
本人も「俺カンカン帽似合うと思うんだよね」とご満悦。
しかし麻人楽にはこの人は出てきません。

わたしがふがふがしてると、西邑さんが「あとあれですよね」とか歌鈴が着物たたんでくれたり、前髪直してくれたりと、皆の協力により、順調にノルマをこなしました。
西邑さんもあわよくば撮影したかったけど、それどころではなかった(笑)
シロもいたしね。


集合写真本カメラでしか撮ってないから手元にない!
もらったら追加します。

そうこうするうちに、ステージナタリーにリオフェス総合の記事が。
そしてタイトルに昭和精吾事務所の名が。ありがたし!
※全7作を一度ずつ見られるリオフェス通し券(10000円)もお取扱いあります。





そして花音菜ちゃんと同じく月蝕歌劇団公演あけたお二人、大島さんと沙夜ちゃんにも
早速音声出演の台本と段取りをお送りする。

大島さんがレスポンスむっちゃ早くて「楽しみなんです◎」と言ってくれる。
やりとりの端々がなんだかかわいい(笑)

沙夜ちゃんもさっそく読んでくれたみたい。

ふたりのお陰で朝からいろいろ頭が回って、すごく楽しみ。
当てどころの器のおかげ。さすがわたし(紅葉)の娘(蘭)とお母さん(サホ姫)。
ふたりのことを考えるといろいろ頭が回って、「あれもお願いできますか?」というと二人とも即答で「やります!」と言ってくれる。10日に決行するんだけど、楽しみしかない!









そしてもうお一方、もうすぐ「疫病流行記」ご出演の、のぐち和美さんについても、また書きますね。







mari_air at 08:23|PermalinkComments(0)