ダンス・身体

2017年04月16日

告知)2017.5.1 Kαin AKASAKA BLITZ 2DAYSワンマン初日に出演&演出協力



Kαin AKASAKA BLITZ 2DAYS GIGS
「THE LIVE Kaleidoscope 2017」

2017.5.1(月)「All My Reason」※こちらの日のみ参加
2017.5.2(火)「All I Want」

今年の11月で10周年を迎える、藤田幸也氏の率いるKαinの赤坂BLITZ 2DAYSワンマンライブに参加します。俳優やってて赤坂BLITZに立つ日が来るとは…!ありがたい機会をいただきました。

YUKIYAさんこと藤田幸也さんは、1993年、D≒SIREのボーカリストとして活動開始し、バンド解散以降はDir en greyをプロデュースした時期もあり、ずっとヴィジュアル系音楽界で活躍され続けているかたです。そろ活動や2007年にKαin結成、現在に至るまでKαinのヴォーカリストとして活動していらっしゃいます。
(これまでのことは末尾のリンク、インタビュー記事などご覧ください)

経緯は、幸也さんが交流のある若きアーティストふたりとコラボしたいということで
西邑卓哲さん、アシケンタさんのお二人に声を掛け、
西邑さんが5/1の一部の曲の中でのパフォーマンスを演出するにあたり、西邑さんより昭和精吾事務所と廻天百眼に協力要請があった、という次第です。

同じく演出協力の石井さんと、小道具班としても活躍予定の紅夜さんと、稽古初日前日に事前打ち合わせしてきましたら、絵コンテ見ながら「?」「??」「明日聞きましょう!」となったりもしながら(演劇に携わっているとはいえ、やはり音楽・バンドの人なのだなあと実感)、稽古初日を終え、一同張り切っております。楽曲を繰り返し聞いて浸っております。

われわれの衣装は廻天百眼の笠原さやかさんが担当。
パフォーマーは百眼でお馴染みの顔のほか、麻人楽組や青蛾館等で知った強豪も招聘したので、楽しみにしていてください。
和物だったら、うちのシロも(綺麗になったし)出してあげたかったんですけどね、顔大きいから映えるでしょうし(笑)

チケットは4/22発売です。未成年者はなんと前売チケットキャッシュバック制度があるとのこと!どうぞ奮ってご利用くださいませ。








以下、公式サイトより引用の詳細情報。


遂に、2017年のKαin赤坂BLITZ 2DAYSワンマンの詳細が公式に情報解禁されました。


今年の11月で10周年を迎えるKαinの集大成としてはもちろん、

アーティストとしてこの20数年を生きることが出来た、自分の「藤田幸也」としての全てを詰め込み皆さんにお見せ出来る公演になると思います。

過去、みなさんが愛してくれた俺のバンド…「D≒SIRE」や「JILS」を経て、やっと「此処」に来れたのか…と思っていただけるような公演にしたいと心から思っています。


今回の赤坂BLITZ公演ではYUKIYAの描くイメージを具現化するために、YUKIYAが現在最も信頼するクリエイターとのコラボレーションが実現しました。

5月1日公演ではステージ演出として、バンド「FOXPILL CULT」のボーカル&ギターでありながら、映像作家としての顔も持ち、さらに劇団「廻天百眼」の音楽監督をつとめるなど、演劇/映像の分野でも活躍する奇才「西邑卓哲」が参加。

演出には昭和精吾事務所、虚飾集団廻天百眼の協力も得て、バンドマン以前の少年時代にYUKIYAが憧れた文学性やアンダーグラウンドの空気や感覚…その系譜をいまあえてKαinの世界に持ち込めればと思っています。

さらに今回の公演のために、アートディレクションを行いYUKIYAとともに「Kaleidoscope」の世界観を構築している気鋭のアートディレクター「アシケンタ」は本公演の世界観ともリンクする独自のアート作品展「The Art of Kaleidoscope」を5月末日から都内で開催。こちらにも音楽面でKαinのATSUSHIとYUKIYAが全面的に協力しています。

個性際立つ才能と才能が複雑に絡み合い融合し…単なるロックバンドのライブという概念を超えた世界を、赤坂BLITZで皆さんにお見せ出来ると思います。

5月2日公演ではその世界観の確立された空間の中で、Kαinというバンドの持つもうひとつの側面、肉体的なバンドとしてのライブ感の最もダイナミズムに溢れた部分にスポットを当て、みなさんとひとつになりたいと思っています。

また新たな試みとして、今回の2DAYSでは会場に足を運んでいただいた未成年のお客様全員にチケット代全額をキャッシュバック致します。(※一般「自由」チケットのみ)
現在もっとも(本来の意味で)「インディーズ」な「ロック」や「アート」というモノに触れてみる、ひとつの機会になればと思っています。


5月1日と2日、このライブで死んでもいい覚悟でやります。(5月3日からも怒濤のスケジュールは続きますが…笑)

最高のメンバー、仲間と共に、赤坂BLITZでお待ちしています。

-藤田幸也-



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 02:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月23日

※日誌更新滞っておりますが

3月末の青蛾館『くるみ割り人形』のこと
4/8の麻人楽『幻視+』のこと
麻人楽の改めて打ち上げのこと
昭和精吾事務所代表就任のこと
骨折のこと ←

いろいろお話ししたいことがあるのですが、目の前のライブのことを先に書きました。
追い追い書きます。
今後のことも!

4/25のライブのあと、出演はしばらく空いて
6月の廻天百眼『冥婚ゲシュタルト』再演です。

5月には稽古が始まるので、稽古しながら、事務所や麻人楽のことを進めていくつもりです。
いろいろ発表のタイミングが来たら、お知らせしますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月20日

告知集)2016春のこもだまり祭り

[2016春の こもだまり祭り]
3/25-31青蛾館 寺山修司「くるみ割り人形」東京芸術劇場シアターウエスト
スズキ拓朗演出・朝比奈尚行音楽のタッグ再び。歌い踊るポップな新解釈寺山修司。
http://komodamari.blog.jp/20151226.html

4/8金 麻人楽音楽劇05「幻視+」(FOXPILL CULT企画内)東高円寺U.F.Oclub
脚本・演出・出演をつとめる麻人楽、オリジナル脚本一作目の「幻視」を映像付きで再構築。
http://komodamari.blog.jp/20160218.html

4/25 廻天百眼レコ発「伝染性狂言」池袋手刀
昨年秋公演「屍のパレード」サントラレコ発ライブ。歌います。
http://www.kaitenhyakume.com/s15_d.php
http://komodamari.blog.jp/20160415.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 06:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月13日

青蛾館「くるみ割り人形」絶賛稽古中

2/1に顔合わせがありました。そのとき書かれていた席次表。


黒い机が首脳陣。こもださん、繰り上げ当選感満載の最前列(笑)!
本番等で欠席者があったものの、このほかにもスタッフ用に1テーブルあって、大所帯。

30人超だから自己紹介タイムはできる限り情報を端折って
「ひらがなで、こもだまりです。昭和精吾という天井桟敷の俳優の事務所におりまして、昭和が昨年秋に逝去した関係で現在わたしが代表で動いています」と言ったらざわっとなりまして、
拓朗さんに「そうなんだ!?よろしくお願いします」って言われる始末。
慌てて「別にえらくなった訳じゃないんです」と言い「こんなことを言うと寺山作品をすごく理解していると思われるかもしれませんが、全く勉強中なので、皆さんいろいろ教えてください」と〆ました。
洗足音大ミュージカルコース卒業と言った高嶋佑香ちゃんに「常川くんって同級生にいた?」と訊いたら「藍里ですか?!知ってるんですか?」「わたし、お父さんと共演してるの!」。

主催ののぐちさん、演出の拓朗さん、音楽の朝比奈さんのお三方が桐朋出身なこともあってか、参加者に桐朋出身者の多いこと!そして若い人多い(笑)!


…こんな気分。(平成生まれに囲まれる昭和コイン)



第一次稽古終了日に、宮下京子さんを囲んで、貸切懇親会。なんと宮下さんに獺祭のスパークリング等をご馳走になりました。それにしてもこれだけいて男性は演出部のふたりだけです。
とはいえ、のぐちさんが選ぶ女優陣だけあって(「星の王子さま」もそうだったけど)華やかかつ、さっぱりした人ばかりの座組です。前回に引き続きのメンバー、麗しの蜂谷眞未さん、赤い炎 浅場万矢さん、みんなのお兄ちゃん真弓瞬くんもいます。

前回は未唯mieさんと差し向かいでピンの語りと歌の場面があった。今回はどうなるだろう。
演出の拓朗さんが雑談でぽろっと「こもださん雰囲気あるから、普通の使い方できないしねー」と言ってました。女子校みたいな明るい稽古場を見ていても、わたしはアングラ要員で呼ばれたんだろうなーと客観的に思う。なんにせよできることをやるだけです。
これまでここでは台本に名前のない特殊な配役だったので(笑)、今度はみんなと絡めるといいなー。

いま3分の1くらいまで演出が固まりましたが、今の所ずっと踊ってます(笑)
拓朗さんの稽古場は、脳内を目の前のテーブルに出して会話しながら作るようなところがあって、のぐちさん、ドラマツルグの三太さん、演出助手の大石くん、振付助手のゆーこちゃんはもちろん、出演者もオープンに思考し発想を口にする雰囲気で作られているのでぐんぐん進行するし、みんなが自然と積極的に作品にかかわる姿勢になるように感じます。好きな形態の作品作りの場。そしてこの製作過程を見られることは、とても刺激になります。衣装・ヘアメイク・美術・音楽がまだの現状でこんなにワクワクするんだから、面白くならない訳がない。
また続報書きます。
どうぞ応援に来てくださいませ。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月26日

告知)2016年3月 青蛾館の寺山修司『くるみ割り人形』に出演します

演出・CHAiroiPLINのスズキ拓朗氏×音楽・時々自動の朝比奈尚行氏の青蛾館第2弾。
去年の寺山修司版『星の王子さま』に引き続き、参加が決まりました。
女優だらけの現場ふたたび。青蛾館では台本にない役をいただく率が高いので想像がつきませんが、とにかく楽しみです。2016年1月25日(月)10時チケット発売開始。よろしくお願いいたします。


 
青蛾館公演 
寺山修司生誕80周年記念作品
男装音楽劇「くるみ割り人形」

[会場] 東京芸術劇場シアターウエスト(東京都豊島区西池袋1-8-1 )

[日程] 2016年3月25日(金)~31日(木)
3/25(金)19:00
3/26(土)14:00 / 19:00★
3/27(日)14:00
3/28(月)19:00★
3/29(火)19:00★
3/30(水)19:00
3/31(木)14:00
(★アフタートークあり)

ご予約受付はこちら
http://bit.ly/kurumi01

[出演者]
宮下今日子
のぐち和美(青蛾館)
富田麻帆
エリザベス・マリー(CHAiroiPLIN)
田中美甫(CHAiroiPLIN)
鈴真紀史(はえぎわ)
長谷部洋子(カムカムミニキーナ)
七味まゆ味(柿喰う客)
森ようこ(演劇実験室◉万有引力)
こもだまり(昭和精吾事務所)
浅場万矢(時速8次元)
蜂谷眞未
真弓 瞬
石橋穂乃香
中井沙織
甘井飴子
池町映菜
岩坪成美
小笠原采美
菅千鶴
北河朋子
小林らら
木村文香
佐藤沙紀
塩沢優
鈴木彩乃
眦萢す
高畑亜美
肥田ももな
三木万侑香
持丸裕香
本山歩
矢島かえ

時々自動 / 柴田暦
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月30日

屍のパレード◎殺陣稽古2・ばろんさん(窪田裕仁郎さん)

8/30、青木塾の翌日、百眼稽古へ。今日は大島さんもいるので、大島さんとチヒロさんとは二日連続一緒にお稽古(しあわせ)。
電車が遅れ、遅刻で到着したら「おはようございます。あ、こもださん今そこで死んでます」
といきなり転がされた。

のち、主な殺陣のお相手である、ばろんさん(窪田裕仁郎さん)に28日に増えた分の殺陣を教わる。紅夜も来てくれて一緒に廊下で稽古・・・するが得物(武器)がなくて、こういう事態に(笑)

(濡れた傘でたたかう人たち。)


ばろんさんは物腰柔らかで、流れの教え方も技の誘い方も上手。
しかし「僕、乗ってくると間合いすごく詰めますけど、きっちり避けるんで心配しないでください」と言われている。今回の役がそうなのか元々の持ち味なのか、どこかノーガード戦法(あしたのジョーのぶらり戦法)みたいな荒くれ感がある。わたしが振付入らないから今日は全然スピードあげられなかったんだけど、本番楽しみ!
窪田裕仁郎さん
(荒くれ感のある画像をwebで見つけたので転載しておきます。)



石井さんや大島さんは個別に「大丈夫ですか?」とそっと声をかけてくれた。
ここ以外のことでご心配掛けてしまってというか、気を使わせてしまって申し訳ない。
大丈夫です、いろいろと。

本番まであと、約ひと月。
わたしまだ殺陣しかしてないけども(笑)続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月29日

第3回 青木塾

わたしが師匠と呼ぶ(のでみんなも倣ってそう呼んでいる)青木賢治さんによる身体操法の講座、青木塾が開催された。

「された」って、青木師匠となにかのきっかけでweb上で話していて「そろそろ稽古しましょうか」「8月は忙しいですか?」から始まり、塾生(?)の倉垣おにいと麻宮チヒロ(TETRA。)とわたしが同じ現場で稽古をしている時期だったので日程を合わせやすく、あっと言う間に栃木公演の1週間後に決まって、稽古場を押さえたのだ。

同じくその現場(舞台芸術創造機関SAI『BORDERS』栃木公演向けの稽古)に参加していた大島朋恵さんもお声をかけたらいそいそと来てくれた。(そもそも青木さんは大島さんの紹介なので、大島さんは師匠を「青木ごん。」と呼ぶ。)


大島さんは木刀を浅草で買って現れるやる気っぷり。

(包装を剥いてもらう大島さん。)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月25日

屍のパレード◎初稽古は殺陣

8/25に初めて『屍のパレード』稽古場へ。殺陣の振付の日だった。

稽古場に着くなり毬子さんと石井さんが「おかえりなさいませ。こちらを。」「いつもの、刀で御座います。」とふざけて、歓迎してくれた。
この刀とも付き合いが長くなったなあ。


今回の殺陣師さんは長尾一広さん(Teamかわのじ)。
殺陣歴20年以上だが振付は初めてとのこと。
でも、大人数での殺陣も手際よく「こっちがこの手の時にこっち組はスタートです。そっちは一旦待っててくださいね」なんて感じでマルチタスクを難なくこなしていく雰囲気。そして(陰陽でいうところの)陽の雰囲気をまとった人。殺陣の人って、武士だからか殺傷する武器を持つからか、穏やかでも社交的でも陰の雰囲気を持った人が多くて、長尾さんみたいなタイプは初めてだ。たのしみ。

わたしは久々の百眼稽古、かつ久々の殺陣で、ほわほわしている。
最初の場面までは絶好調だったが、台詞を挟みつつのシーンになったらすぐ飽和して、全く手が入らなくなってしまった。
主なる殺陣の相手は「ばろんさん」こと窪田裕仁郎さん。殺陣の手を覚えるのがとても早くて、わたしが飽和して覚えられなくなってからは、全部窪田さんが口立てで教えてくれる通り動くという不様さだったけど、親切に相手してくださりありがたかった。所属する「しもっかれ!」が音楽に合わせて殺陣をやるチームなのだそうだ。
「こもださんは、肘伸ばし切りの流派ですか?」と聞かれて「ええと・・??」となったので、今度青木師匠に確認しなければ。


出演者多い!


おたのしみに。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月21日

告知2)「BORDERS」栃木篇より麻邑楽「都忘れ」特別バージョンがエンディングテーマに

もう明日というか、今日の『BORDERS』栃木篇に、もうひとつお知らせ。

5/4のツアー初日に麻邑楽として出演し、歌った「都忘れ+BORDERS」が、
正式に『BORDERS』後半戦よりエンディングテーマとして使用される運びとなりました。
まずは8/22の栃木篇、南宇都宮be-offにて流れます。


この曲は「都忘れ」を『BORDERS』エンディング用にアレンジして大サビを加えたもので、5/4のマチネ・ソワレを見てくださった皆様しか聞いていません。
倉垣おにいから音源化の依頼があって、卓哲さんはレコ発直後、わたしは週刊こもださん(8/7,15,22の三週連続本番)の隙間に時間合わせてレコーディングした出来たてほやほやの「都忘れ+BORDERS」。作品に色を添えられたら幸いです。



SAI公式サイト記事
http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/2015/08/21/b-news24/



SAIが書いてくれた紹介記事。5/4本番の写真なのですが、なぜか遥かな過去という気がします。
思い出すと ざわざわする、静かな初夏の夜。


「都忘れ」は1stライブから毎回歌っている大切な曲なので、オリジナルもいずれ、きちんとした形で音源にします。それまではどうぞ、こちらのバージョンを可愛がってください。
作品の世界に沿ってオリジナルと少し違う場所に立ったので、同じ歌詞とはいえ、歌ってる心持ちが少し違うのです。よく似た違う世界の夢を見ているようでした。


そして栃木に麻邑楽の出演はありませんが、わたしは俳優として『BORDERS』に出演します。
高校生は無料招待ですし、お近くのかたはぜひ、お運びください。

なお明日、西邑卓哲さんは四谷アウトブレイクにてFOXPILL CULTライブです。
顔がないの甲斐くんら癖のあるゲスト3人を迎え、6人編成での漢祭りだそうです。
(組織暴力幼稚園や死神さんが対バンです)

栃木も四谷も夏祭り!楽しい1日になりますように。


このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月22日

青木師匠が土方歳三コンテストで優勝

※だいぶ前に書いてたのに、UPし忘れてたことが昨日判明しました。今更ですが…。(2015/9/10)
--

わたしが「師匠」と呼んでいる青木賢治さんが、2015年の五稜郭祭の第28回土方歳三コンテスト全国大会で優勝したそうなのでお知らせします!(びっくりした!)


(2010.3.28 大塚萬劇場にて)

廻天百眼「死ぬ機械」の殺陣の成果を見に来てくれた師匠と貴重なツーショット。たぶんこの一枚しか持ってない。

時間が経つと記事が消えちゃうかもなので、記事を画像で貼っておきます。
20150516土方コンテスト記事e HAKO.COM(函館新聞社)より http://www.ehako.com/news/news2015a/8898_index_msg.shtml



師匠は廻天百眼の初演「鬼姫」の時、わたしに初めて刀を教えてくれた人。
師匠のやっている古武術はいかに効率良く身体と武器を使うかという研究を日々重ねるわけで、つまり素早く殺しに行く剣術で、(紅葉は蘭と一対一で、必殺技の出し合いというのもあり)そういうつもりで稽古を重ねたので、わたしの殺陣の芯は、いわゆる殺陣から少しずれてると思う。最初に吸収したものだからね。
「少女椿」で殺陣をつけてくれた劇団歴史新大陸の西脇先生は完全な殺陣の人だったので、その時に初めていわゆる殺陣界の理論(関係性での組み立て方や、舞台映えを主眼とした振付方法)に触れた。
なんてよくできてるんだろう!ととても驚き、面白かったのを覚えている。師匠には「たぶん、僕の言ったことときちんと殺陣をされてるかたとは言うことが違うと思うけど、ちゃんと新しい先生の言うこと聞くんですよ」と諭されたっけ(笑)。

(ちなみにわたしの使う呼称は「師匠」といえば青木さん、「ボス」といえば昭和さん、「社長」といえば藤宮さんです。マスターはマスター、ママは砂々良のママ、実母はママン。おにいは倉垣さん、おねえは大島さん。まだあるかな?)

青木師匠はいまはペルシャ楽器の演奏や占星術もしているようです。おもしろい人だ。
またお稽古もつけてもらいたいなあ。力の使い方で、目から鱗が落ちる時間。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)