Air*Log

語り歌う女優、こもだまりの製作日誌(2005〜)。 演劇・語り・ライブ等の上演情報や、稽古や、思索。 昭和精吾事務所 二代目代表。脚本・演出家。麻邑楽×麻人楽。 ヒューマンアカデミー演技講師。

バンド・ライブ・音楽

FPC告知)1/8 新譜「異邦人」発売と1/11レコ発ツーマン「魔界大混乱」まもなく

昭和精吾事務所を支えてくれてる西邑卓哲(にしむら・たかあき)さん率いるバンド、
FOXPILL CULTのお知らせいくつか!


===================
1)2020年1月8日、FOXPILL CULT 6th Album『異邦人』発売
===================

20200108_6_異邦人


高澤瑛(Ba)・ふなもと健祐(Dr)が正式加入して4人体制となり、
西邑卓哲+Shinpei Morishige(G/Syn)発の共同プロデュースという、新しい形で作ったアルバム。

ブックレットには作品の元となる西邑卓哲によるSF小説が掲載されています。
『「エイリアンによる撮影」をコンセプトに、レトロSFとNEW WAVE/前衛音楽/ビートロック/アングラを映像的解釈で再構築した』とうたっているアルバムは、いわば映画のサントラのよう。
それぞれ独立して楽しめる楽曲でもあるけれど、それを読んでから聞くとまた、見えるものが変わりますのでオススメ。

これまでもFPCの歌詞カードは、実際に歌われているものとまったく同じではなく、世界(最も小さな共同体としての一個人)の複層を感じさせるものでしたが、今回はメンバーが増えたことも関係してか、視点が内に向かうというより外に向かっているのを感じるし、それによって結果、逆に細胞レベルの超ミクロな世界(=それもまた宇宙)を見ているような感覚。

8日、楽しみにしていてください。

というか、お求めいただく予定のあるかたは、ぜひご予約くださいませ。
タワレコ、ディスクユニオンでご予約いただくと特典がつきます。
内容とご予約サイトはこちら!
(※特典は、なくなり次第終了となりますのでおはやめにー!)


【タワーレコード予約特典】
★限定特典音源『Towers』

西邑オススメのバラード曲収録音源つき。
https://tower.jp/item/4990356/%E7%95%B0%E9%82%A6%E4%BA%BA


【DISK UNION予約特典】
★限定特典音源『勝手にくたばれ』
★dues新宿 無料ライブ参加券

音源とDEATHROとのWレコ記念イベントの入場券つき。
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/85442

<場所>dues新宿
<開催日>2020年2月4日(火) OPEN 19:30 / START 20:00 (入場整列 19:00~)
<出演>DEATHRO/FOXPILL CULT


【収録曲】
1.Aの葬列
2.Psycho Future
3.Shooting by Aliens
4.人間窟
5.かりそめの恋
6.Temple of the Aliens
7.半分機械
8.Dear Romancer
9.異邦人
10.宗教テープ

(10曲入り/2400円)

FOXPILL CULT公式サイト http://foxpill.com/top.html


ところで例のごとく、年末にアクロバティックカメラマン(なまじ動けるので乗ってくると無理な体勢を厭わず撮影するため筋肉痛になる)として働いてきたMV、さっき「カメラワークむっちゃよかったです!」とお知らせがあったので、完成が楽しみ。

秋に公開した、現メンバー4人が参加しているアルバム収録曲のMVを見て、わくわくしてお待ち下さい。(※1/6公開の最新MV追加)

●2020/1/6 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Aの葬列」
(6th Album「異邦人」収録)



●2019/10/25 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Psycho Future」
(6th Album「異邦人」収録)



続きを読む

2019年こもだまり祭りまとめ

2019年があと少しで終わります。
(例のごとくPCに向かってる年越しです)


今年の振りかえりとか間に合ってないんで、ざっと書きますと

昭和精吾事務所BARなる、交流イベントを3月に始めて8回!
10年振りのラジオ出演!
昭和精吾事務所の公演、一本はひさびさの劇場公演で、一本は二回目となる企画公演「氾濫原」!
麻人楽的にはもう一本、数年ぶりの外部企画での麻人楽でFOXPILL CULT自主企画に出演!
12月の氾濫原2では、数年ぶりの麻邑楽生ライブ披露と、事務所公演での私脚本の初上演という挑戦!

課外活動では、廻天百眼ライブで大阪野外ステージへ。
舞台芸術創造機関SAIや、りくろあれという、十年来の仲間のホームへの出演もありました。
歌や語りでゲストとして呼んでいただき、
小さな朗読枠、MV出演含めると20本(うち3つはライブ)、MVカメラマンとしても何本か撮影、
ダイジェスト映像やらも何本か製作、

という感じでした。

各所のみなさま、ご依頼、お誘いありがとうございました!
応援してくださったみなさま、ありがとうございました!

来年も、歌も語りも両輪でまいります。
「忙しそう」と思って遠慮されるらしいですが、思い立ったら声掛けてみてください。

併せて、昭和精吾事務所への依頼(15分とか30分枠で何かやってほしい、など)もお待ちしております。


今年「昭和精吾事務所二代目、こもだまりです」と初めましてのご挨拶をすると
「あ、名前知ってます」と言っていただくことが多くて、就任して3年、少しは仕事できたのかなと思えました。
あと「昭和精吾事務所出たいです」とか「語りのことをもっと知りたい」って言われることもあって、とても嬉しい。

余談ですが、
みなさんこういうの、もし思ってたら、じゃんじゃん言ったほうがいいですよ。今じゃなくても、いつか繋がる可能性が上がる。思ってくれてることを知っていたら、何かの時に顔が浮かびやすい。
実際今年も、「また一緒にやりたいね」と言ってた仲間と、「いつかやりたいね」と言ってた演目を上演することができました。それは、言い続けて、やり続けてたから実現したと思うから。

同じように「声が好きです」とか「歌気に入って聞いてます」とかも大変励みになります。言って悪いことなんてひとつもないから、こういうのも、じゃんじゃん言った方がいいです。


2020年はイッキさんの芸能活動専念の年ということもあり、特殊な動きになるかと思います。
やりたいことがいろいろ見えてきているので、来年も走ります。
昭和精吾事務所、およびメンバー 一同、応援よろしくお願いいたします。


prof_2019ssj_nm



昭和精吾事務所
代表
こもだまり


===================

続きを読む

麻人楽音楽劇「水鏡譚」サウンドトラックトレイラー完成

1AA8CB9E-4AB5-42F3-9B74-9E80DC6B36EF

「そうだトレイラーを作ろう!」と思い立ったのは「幻視シリーズ」のだったんだけど、
なぜかこっちができてしまいました!

舞台「水鏡譚」出演者の皆様ご出演いただいてます。音声出演のお三方も。
トレイラーだから最初は曲名出すだけのつもりだったのですが、投影用に撮った素材がふんだんにあるから、つい・・・

2分41秒、映画の予告篇みたいになってます。冬休みになったら見てみてください。


▶︎サントラは通販サイト BASE(https://showaseigo.theshop.jp)および、関係者出演のイベント物販にて販売中。
12/31までBASEで使える5%オフクーポンがあるので、お気に召したらぜひ今年のうちに。
(この記事の末尾に再掲載しておきます)


昭和精吾事務所2019公演
麻人楽音楽劇「水鏡譚」サウンドトラック 
トレイラー(2:41)


作曲・演奏・撮影:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
作詞:こもだまり(昭和精吾事務所)

◉10曲入り2,000円 [2019.6.25発売]



https://youtu.be/QZIAr0FdEUo

[映像出演]
こもだまり・イッキ・西邑卓哲(FOXPILL CULT)
/左右田歌鈴・久津佳奈・ぜん(舞台芸術創造機関SAI)・岬花音菜(月蝕歌劇団)
/のぐち和美(青蛾館)※手 ・大島朋恵(りくろあれ)・白河沙夜(月蝕歌劇団)


(内容)
泉鏡花×寺山修司×岸田理生による「草迷宮」を原作とした 昭和精吾事務所の舞台、 幻想音楽劇『水鏡譚』のために西邑卓哲(FOXPILL CULT)が書き下ろした組曲9曲に、ボーナストラックを加えた10曲入り。


(曲目)
【水鏡譚 組曲】
1. こども心中(詞:泉鏡花「河伯令嬢」)
2. 繰るくる糸車(一部詞:岸田理生「草迷宮」)
3. 夢の通ひ路
4. てんてんてん毬
5. 十年数え唄
6. 五色の糸
7. 丑待
8. 目を
9. 水鏡譚


詞:こもだまり
曲:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
歌:麻邑楽(こもだまり × 西邑卓晢)


【ボーナストラック◉寺山修司初期短歌 朗読】
10. 短歌掛け合い 2019 六声篇


短歌:寺山修司
音楽:J・A・シーザー
構成:佐々木英明「燃ゆる頬 森番 海の休暇」
編集:こもだまり

声   :こもだまり/イッキ/左右田歌鈴
ゲスト:のぐち和美(青蛾館)/大島朋恵(りくろあれ)/白川沙夜(月蝕歌劇団)

===================
映像撮影:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
映像撮影(西邑演奏シーン):石井飛鳥(虚飾集団廻天百眼)
トレイラー製作:こもだまり

麻人楽音楽劇「水鏡譚」2019.6.25-27

===================
続きを読む

麻人楽音楽劇 音源集再販開始 ※年末まで5%オフクーポン配布中

おしらせ1)
■麻人楽音楽劇 音源集再販■
01幻ジャケ 02血ジャケ 03夢ジャケ


西邑卓哲楽曲による麻人楽音楽劇「幻視」シリーズ、音源集をジャケット刷新して再販!
劇中で流れた主題歌「赤い花」、挿入歌「ことどわたし」ほか、語りを収録。
語りには作品出演者のほかに、昭和精吾、常川博行さんがゲスト参加してくれています。

「氾濫原2」で上演した『幻視+』に関わる曲
01[幻]
1.幻 →冒頭の台詞
2.ナミタマイソ →序盤の挿入歌
3.悪夢 →祖父役の昭和精吾の声入り
4.赤い花 →シリーズ主題歌

02[血]
1.かごめかごめ →序のアカペラ
3,6 蕩揺 →挿入歌
4.犬と娘 →語りシーン
5.血 →吸血シーン曲

03[夢]
3.ことどわたし →終盤の挿入歌



【昭和精吾事務所SHOP】 https://showaseigo.theshop.jp/

※下記URLにてフォローすると新商品入荷などのお知らせが届きます。
https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=showaseigo-theshop-jp&follow=true



ただいま、12/31まで1000円以上の商品で使える5%OFFクーポン配布中!
クーポンコード【 SHOP2019THANKS 】を購入画面で入力するだけ。
どうぞこの機会にご利用ください。


FRXMRL40M





おしらせ2)
■昭和精吾事務所 公式LINE ■
メンバーの活動情報などお知らせします。チケットのご予約やご質問も承ります。
BARのご来場ポイントを貯めると、リクエストやグッズと交換できます。
下記よりご登録くださいませ。

※お友達登録
http://nav.cx/cXmMyUJ

氾濫原2)セットリスト

[2019.12.13「氾濫原2」セットリスト]

舞台写真撮影:荒川れいこ(zoisite)
舞台動画撮影:石井飛鳥(虚飾集団廻天百眼)・西邑卓哲(FOXPILL CULT)

------------------------------------
[第一部]作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー
------------------------------------
0.短歌掛け合い「燃ゆる頬 森番 海の休暇」 構成:佐々木英明
辻真梨乃・こもだまり
IMG_0004短歌掛け合い-m


1.長編叙事詩 李庚順
昭和精吾(映像)・こもだまり
IMG_0024李庚順-m

李庚順2_石井-m

------------------------------------
[第二部]音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
------------------------------------
※以下4篇 アコースティックギター演奏:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

2.われも母の子 詞:寺山修司 
歌・演奏:西邑卓哲
20191213われも_石井2-m

IMG_0092-m


▶︎マチネのみ
m3.繁く咲く道 作:横田創
わたし:大島朋恵(りくろあれ)
彼女:こもだまり

繁く咲く道_石井6-m

IMG_0202繁く咲く道-m

20191213繁く咲く道_石井10-m



m4.s3名前も知らない 詞・曲:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
歌:麻邑楽=こもだまり×西邑卓哲
IMG_0236名前も知らない-mts



.m5.s4盲獣 作:江戸川乱歩 脚色:こもだまり
男:常川博行
蘭子:こもだまり
IMG_0278盲獣-m


IMG_0272盲獣-m

盲獣3-m

===================

▶︎ソワレのみ
s5.永井幽蘭ライブ
夜へ
箱庭の薔薇  feat.こもだまり・辻真梨乃
溶けない華
キャンディーストライプ feat.常川博行
月の雫星の涙


------------------------------------
[第三部]脚本:こもだまり 音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
------------------------------------
6.麻人楽音楽劇「幻視+」2019
スクリーンショット 2019-12-18 4.56.04-m

20191213幻視+2019 5.15.12_石井-m

IMG_0608幻視+-m IMG_0382幻視+-m IMG_0424幻視+-m IMG_0448幻視+-m

男(戌井 伶):梶原航(航跡/ZINGY ZAP)
女(尾崎葉子):こもだまり
鬼影:辻真梨乃

※音声・映像出演
祖父(戌井 壮):昭和精吾、麻宮チヒロ
母(河臨):稲川実加
祖母(実咲):左右田歌鈴

御礼)誕生月企画公演 氾濫原2 クレジット

昭和精吾事務所 誕生月企画公演
氾濫原2 -はんらんげん2-


氾濫原2フライヤーm


2018.12.13(金) 15:00/19:30
新宿シアターpoo

構成:こもだまり
音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

20191213氾濫原2コラージュ


[出演]
こもだまり
西邑卓哲(FOXPILL CULT)
昭和精吾 ※映像出演
※イッキはおやすみです

===================
[ゲスト]マチネ
常川博行
梶原航(航跡 / ZINGY ZAP)
大島朋恵(りくろあれ)
辻真梨乃
20191213マチネ集合

▶︎マチネセットリスト
「長編叙事詩・李庚順」「短歌掛け合い」 作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー
「われも母の子」作:寺山修司 音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
「繁く咲く道」作:横田創 音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
「名前も知らない」詞・曲:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
「盲獣」作:江戸川乱歩 脚色:こもだまり 音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
麻人楽音楽劇「幻視+」2019 作:こもだまり 音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

写真入りセットリストはこちら http://komodamari.blog.jp/20191213sl.html

===================
[ゲスト]ソワレ
常川博行
梶原航(航跡 / ZINGY ZAP)
永井幽蘭
辻真梨乃
20191213ソワレ集合

▶︎ソワレセットリスト
「長編叙事詩・李庚順」「短歌掛け合い」 作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー
「われも母の子」作:寺山修司 音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
「名前も知らない」詞・曲:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
「盲獣」作:江戸川乱歩 脚色:こもだまり 音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
麻人楽音楽劇「幻視+」2019 作:こもだまり 映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)
永井幽蘭ライブ 詞・曲:永井幽蘭
(夜へ/箱庭の薔薇/溶けない華/キャンディーストライプ/月の雫星の涙)

写真入りセットリストはこちら http://komodamari.blog.jp/20191213sl.html





明日が昭和精吾78歳の誕生日です。
2013年に12月公演をして以来、なぜか12月が恒例になってしまいました。
去年はイッキさんが出られないというので、もう一度共演したいと思った人を呼んで、
コラボ公演をしました。そして今年も、またやっちゃいました。結果的にわたしのルーツや、
近年やってきたことの総決算になるのだと気づき、わたし脚本の作品も上演します。
わたしの思う、出演者各々の「これこれ!」という定番の良いところと、「見たことないけどきっと
これ似合うはず」と選んだ新しい一面とを、お客様にお見せするという意気込みの企画です。
皆の魅力が伝わっていたら嬉しいです。

本日は、ご来場 誠にありがとうございました。
どうぞ、よい年越しを(今日は誕生会&忘年会です)。

2019/12/13 昭和精吾事務所 こもだまり(当日パンフレットより)



続きを読む

告知)12/13金 誕生月企画公演「氾濫原2」新宿シアターPOO

[氾濫]とは言わずと知れた、水脈の水量が増して勢いよく溢れでること。
[氾濫原(はんらんげん)]とは、氾濫により浸水する土地のことを指します。

ここから、さらなる遠くへ。
同じ音の氾濫[源]と、ふたつの意味が込められた名前です。

昨年は12月14日、昭和精吾の誕生日当日。
イッキさんが(大事な仕事で)不在の予定だったので、多彩なゲストをお招きして上演。
(結果的にはイッキさんも出演できました)
参照)去年のコラボ演目予告記事 http://komodamari.blog.jp/20181210.html


12月13日、寺山さんと昭和さんの誕生日の間の日に、
わたしが共演したいゲスト5人をお呼びしてのコラボ短篇集です。

青森の一人息子の母親殺しを描く長篇叙事詩「李庚順」など
事務所のレパートリーである寺山修司の詩や短歌はもちろん、
猟奇の先にある美の世界を描く 江戸川乱歩「盲獣」、
ある二人の闘争と思索の果てしない記録 横田創「繁く咲く道」、
麻人楽音楽劇初期シリーズより こもだまり「幻視」、
そして永井幽蘭の残酷童話の世界をお届けします。


昭和精吾事務所 企画公演
氾濫原 2 -はんらんげん-

作:寺山修司 ほか
構成・演出:こもだまり 音楽統括・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)


氾濫原2フライヤーm


2018.12.13(金)15:00/19:30 (上演時間120分を予定)
※ソワレ終演後、年内最終の昭和精吾事務所BAR(誕生会&忘年会)開店
新宿シアターPOO
 ※各回限定45席
 ※客席数が少ないため、公演はできるだけご予約をお願いいたします。BARはご予約不要です。


昭和精吾・寺山修司・こもだまり誕生月に送る
昭和精吾事務所 令和元年最終興行!

こもだが外で出会い、再共演を望んだゲストを招いてのコラボ短篇集「氾濫原」、1年振りの第二弾。
装置もなく語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾の技法による言葉の洪水。
 ― 本物の語りはここにある。



[昭和精吾事務所]
prof_2019ssj_nm

※名前のLINKは個人twitter

こもだまり http://bit.ly/showaseigo
西邑卓哲(FOXPILL CULT)http://foxpill.com/
昭和精吾 http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/syowa/ ※映像・音声にて出演予定

※今回イッキ(アクロスエンタテインメント)はおやすみです。
詳しくはこちらに本人より報告があります。 http://komodamari.blog.jp/201912ikki.html

[ゲスト] 
詳しいご紹介はこちらにhttp://komodamari.blog.jp/201912prof.html


prof_201912tsunekawa
常川博行


梶原 航 (航跡 / ZINGY ZAP)

EGDC5hXVAAA07Ib
大島朋恵りくろあれ※マチネのみ

prof_201912yuran
永井幽蘭※ソワレのみ

prof_2019tsuji
辻真梨乃

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作:寺山修司 音楽:J・A・シーザー
作:江戸川乱歩/横田創/こもだまり 音楽:西邑卓哲(FOXPILL CULT)



【料金】 ※1ドリンク500円

前売・予約:3,000円+1D/当日:3,500+1D
昼夜通し券(前売・当日共)5,000円+2D

※45分前:受付開始/30分前:開場

【会場】新宿シアターpoo

JR新宿駅東南口より徒歩2分
新宿区新宿3-35-5 守ビル3F TEL&FAX/ 03-3341-8992


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【チケット】 11/11 am11:00受付開始
入場順:前売→予約→当日

※詳しい購入方法はこちらにて http://komodamari.blog.jp/ssj_ts.html

1)チケットフォーム https://tiget.net/events/73770 
11/11(月)11:00〜12/12(木)23:59 受付


2)ほかご予約方法
ご希望の回と、お名前、枚数、ご連絡先(電話かメールアドレス)をお伝えください。

●昭和精吾事務所
メール showaseigo14★gmail.com(★→@)
TEL 050-5318-7445

●シアターPOO(会場)
TEL&FAX 03-3341-8992


===================

音響:飯塚ひとみ
協力:テラヤマ・ワールド/寺山修司記念館/演劇実験室◎万有引力/アクロスエンタテインメン/FOXPILL CULT/航跡/ZINGY ZAP/りくろあれ/なめくじ劇場/虚飾集団廻天百眼/舞台芸術創造機関SAI/青蛾館/吉野翼企画/劇団フェリーちゃん/麻宮チヒロ/稲川実加/左右田歌鈴


続きを読む

氾濫原2)2019.12.13 チケット総合案内

チケット総合案内

11月11日am11時発売
※フォームは受付開始時刻に公開されます※


●チケット
前売 3,000円+1drink
当日 3,500円+1drink
通し券5,000円+2drink(前売・当日ともに)


受付開始:開演45分前 開場:開演30分前
※開場の5分前より受付時配布整理番号順にご整列いただきます
ご入場順:1.前売(出演者直接販売のみ)→2.予約→3.当日


1)予約フォーム受付
https://tiget.net/events/73770

※ページは受付開始時刻に公開されます
※tiget会員登録をしなくてもご予約いただけます
※詳しい操作説明がこのページの下方にございます


2)メール受付
showaseigo14★gmail.com(★→@)
メールタイトル「チケット予約」にし、本文に「ご希望回、券種(マチネ、ソワレ、通し券)、お名前、ふりがな、人数」をお書きください。


3)昭和精吾事務所公式LINE受付
お友達登録していただくと、トーク画面にてご予約できます。
「ご希望回、券種(マチネ、ソワレ、通し券)、ご予約名義、ふりがな、人数」をお知らせください。

[ご登録方法は2つ]
■URLをクリック
http://nav.cx/cXmMyUJ
■コードを読み込んでジャンプ
公式LINE



4)シアターPOO(会場)電話・ファックス受付
tel/fax:03-3341-8992 (おおむね17〜23時)
「ご希望回、券種(マチネ、ソワレ、通し券)、お名前、ふりがな、人数」をお伝えください。

===================
【お問合わせ】昭和精吾事務所
電話 050-5318-7445
showaseigo14★gmail.com(★→@)
===================



【予約フォーム受付 解説】

https://tiget.net/events/73770

※tiget会員登録をしなくてもご予約いただけます

(1)ご希望の券種の「◯予約」をご選択ください。進むと名前や枚数の入力画面になります。
201912ts_1


(2)tiget会員登録をしなくてもご予約いただけますが、非会員の場合この画面のとおり、予約未完了のメールが送信されます(会員の場合はすぐに(4)の受付完了となります)
201912ts_04


(3)このメールの下方にあるURLをクリックすると予約が確定します。
10分以上返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
201912ts_05


(4)予約確認画面(整理番号つき)が出たら受付完了です。こちらか、確認メール画面を受付でご提示いただけると手続きがスムーズです。
201912ts_03 201912ts_02

御礼)りくろあれ企画「弦月音-ユミハリネ-」

りくろあれ企画「弦月音-ユミハリネ-」、ありがとうございました。


20191104ユミハリネ


20191104リンリ

リンリ.は、りくろあれと逆で、大島さんが語りまくり、Rekaiさんが歌う。
楽曲も好きな曲がたくさん使われており(やはり円い夜は名曲だ)、物語と相まってぐっとくるし、(アルバムで聴いている時と意味合いが変わって)新鮮でもある。
効果音を生で出したりするのはやっぱりドキッとしていいね。

リンリ.は、というかRekaiさんの描く世界は、日常の中の、例えば靴に砂が入った時のような小さな異物感を見過ごせず、生きづらくなって自分の居場所からいなくなってしまう、そんな物語が多い。ちょっと鈍感になってしまえば今まで通り過ごしていけるのに、その人はその欠落や違和感をないことには出来ない。孤独だけれど充足してもいる、たった一人の世界。

そんなRekaiさん、かわいいこといってくれたから貼っておく。



===================

りくろあれ。歌を挟んで物語が進行していくスタイルは、リンリ.と一緒。
ざっくり言うと、大島さんが歌、みーもがヒロインと身体性、わたしが語り(観察者)という感じ。

20191104シロノヲト1


昼と夜とで、使う楽曲が一部違い、つまり演出が変わる。
稽古では混乱もあったが、本番は着実に踏みしめられたと思う。

三人は目を合わせずに、声と気配だけで繋いだ糸を頼りに息を合わせる。

歌詞も台詞だし、台詞も歌のように最適な音や強さや速度がある。つまり60分の楽曲の解釈を共有してお届けする、みのるという素敵な部屋での演奏会で、このメンバーだっだからできた作品。

私の役・棗[なつめ]は、見守る役割の登場人物なので、台詞は、記録した日々の出来事を読み返して思考していると解釈した。
歌は、彼女が自室で聞いている音楽であり、歌詞は彼女の回想や、思考内容や、手記の内容。
うちとりくろあれの様式の違いに戸惑い、難しかった分、乗りこなし甲斐があった。

回想の中の繭の兄・樒[しきみ]さんとの会話シーンは、落語家のように 棗/兄/地の文 を行き来する。かつ2人がそれぞれの感情で興奮するので、御するのに苦労した。初演の兄役を演じた方を知っている為か、私の目には実際には登場していない彼の姿が見えていた。RONさんに会ったら「お兄様興奮しすぎです!」と苦情を言おうと思う(笑)

昼と夜で構成が微妙に違う、つまりは一回限りのテイクを2演目するようなもの。
しかも、同じ台詞の場面も多いけど、前後が違うから、同じ感情ではない。
まあそもそも相手役や会場の空気が違えば演技は変わってくるんだけど、その振れ幅は静かだけれど大きい。微妙な差異を丁寧に拾って、違和感や変化を見逃さないように、気配を全身で受け止めながら的確な反応する。そんな演目だった。棗が繭に対してそうしようとしているように。


りくろあれという大島さんの世界に呼んでくれてありがとうございました。
スタッフのおふたりもいい方で、安心して過ごせました。

大島さんとはこのあと、こんどはわたしのホーム、昭和精吾事務所「氾濫原2」でお手合わせ。
たのしみです。

氾濫原2)ゲスト出演者紹介

出演してくれるゲストのプロフィールを紹介します。


昭和精吾事務所 企画公演
氾濫原2 -はんらんげん2-
2019.12.13(金)15:00/19:30 (上演時間未定)
新宿シアターPOO
 
☞公演詳細 http://komodamari.blog.jp/201912z.html

[ゲスト出演]■梶原航(かじわら・わたる)

ハイスピードでもぶれない台詞回し、子供から老人まで七変化する演技力ともに定評があり数々の作品に出演。代表作にラゾーナ川崎プラザソル「ハムレット」(演出:西沢栄治)、CEDAR「夜への長い旅路」(演出:松森望宏)。口跡の鮮やかさと印象的な声を武器に、NHK「青春アドベンチャー」「FMシアター」などラジオドラマでも活躍する。

→こもだとは今井夢子(椿組)主宰のManhattan96 レヴュー#3「50とひとつの蝶結び」(2016)で出会う。2018年「氾濫原」に続き、二度目の参加。

梶原航twitter http://twitter.com/wataru_kaji
航跡 http://kou-seki.net/

Manhattan96の旗揚げ公演で梶くんを見たのがすべての始まり。そのラストシーン、三島の卒塔婆小町を題材にした『あなたのための数え歌』が素晴らしかった(終わってすぐ感想の長いメールを西邑さんに送った記憶がある)。その数年後、Manhattan96で共演の機会をもらった。

去年は、互いのフィールドの作品を持ち寄って昼夜別演目で2作品を上演。
昼は、わたしが梶くんを初めて見たその戯曲を、海外にいる今井夢子さんに連絡して私たち2人用にリライトしてもらい、西邑さんの演奏で上演するという贅沢を果たした。
夜は寺山修司の短歌で構成した(私も旗揚げメンバーだった劇団の座付作家であった)横田創さんの戯曲『短歌零年』、わたしと昭和さんの為に書かれたその戯曲の、これまでわたしの役だった「わたし」という役を、初めて自分以外にやってもらおうと思い至れたほど、信頼している俳優。本番は、梶くんは武者震いしたと聞いているけれど(笑)、演奏の西邑さんの含めた三人でのセッションに昂揚した。
今年はどうしようかな。わたしにわくわくをくれる人。(こもだまり)


《出演舞台》
●東京印公演vol.17
『蒼い薔薇のシグナル 〜人は燃え尽きるから面白い〜』
作・演出:長戸勝彦
10/30(水)〜11/4(月祝)テアトルBONBON
http://www.tokyo-jirushi.com/


●泉鏡花×鳥山昌克 vol.6『唐十郎 楼閣興信所通信』
原作:唐十郎 構成・演出:鳥山昌克
11/27(水)〜12/1(日)シアターグリーン BOX in BOX THEATER
https://www.tomproject.com/


--------------------------------------------

[ゲスト出演]■常川博行(つねかわ・ひろゆき)
prof_201912tsunekawa3

1978年以降、シェイクスピア・シアター演出部に在籍、東京マイム研究所、アロックダンスカンパニーにてパントマイムを研究。 1980年、唐十郎原作・蜷川幸夫演出『下谷万年町物語』(パルコ劇場)の少年役にてデビュー、のち状況劇場に参加。 1985年、アロックダンスカンパニーのニューヨーク公演に参加。 帰国後、東京グランギニョル「ライチ・光クラブ」に少年グループのリーダー「ゼラ」役で出演。グランギニョル解散後もBIS-SEAL-PISHOP(飴屋法水+三上晴子共同企画) 『バリカーデ』に冷徹な科学者NO.1役で出演。 その後フリーの怪奇幻想文学朗読者として活動。 2002年以降、中井英夫・井上雅彦・速瀬れいなどの作品を中心に朗読会を主催。虚飾集団廻天百眼、Voyantroupe(‎偏執狂短編集)ほか、アングラの流れを汲む現代作品にも多く出演。

→こもだとは虚飾集団廻天百眼「鬼姫」(2009)以降、「少女椿」「冥婚ゲシュタルト」等、数多く共演。

常川博行twitter https://twitter.com/zera_tsunekawa


常川さんは、2009年、廻天百眼の客演同期。わたしからしても常川さんは先輩だが、わたしを大人組として扱ってくださった。朗読者を名乗っておられ、数年前のクリスマスに聞いたひとり語り「スクルージ」は素敵で、いつか語りでがっちり共演したいなと虎視眈々と狙っていた。
常川さんは天井桟敷(寺山さん)と乱闘事件があった状況劇場(唐さんチーム)だけど、わたしの客演した青蛾館の『犬神』を見にきてくださる時に「自分が演じる寺山修司は信じられないけど、こもださんの寺山修司は信じられる。」とコメントしてくださったことがあり、今回勇気を出してお誘いしたところ、快諾。うれしい。
(こもだまり)




------------------------------------------2019.11.3追加発表
[ゲスト出演]■大島朋恵(おおしま・ともえ)※マチネのみ
EGDC5hXVAAA07Ib

りくろあれ主宰。虚飾集団廻天百眼旗揚げメンバー。月蝕歌劇団にも多数出演。舞台役者を活動の主軸に据えながら、多岐にわたり活動中。劇場から喫茶店まで。会話劇からお唄まで。たまに踊ったり写ったり。

→こもだとは虚飾集団廻天百眼「鬼姫」(2009)で出会い、以来10年、廻天百眼・舞台芸術創造機関SAIで共演多数。麻人楽音楽劇『幻夜』(2015)・昭和精吾事務所「水鏡譚」(2019)への音声・映像出演に続き、出演決定。11月には大島が主宰する りくろあれ公演にこもだが客演。

大島朋恵twitter http://twitter.com/tomomochi
りくろあれ http://ooshimatomoe.net/ooor.aooo/

大島さんと出会って10年経ちました。最初が廻天百眼『鬼姫』での深く関係する役柄だったせいか、その後もたくさん客演先でご一緒する機会に恵まれて来ました(演劇だけに限定しても20本、ライブを入れるともっとある)。その中で様々な関係で出会いながら、やっと今年、それぞれの本拠地にお互いが参加することができて、長年の恋が実ったみたいです(笑) 。いま(11/3現在)、大島さん主宰の りくろあれ『シロノヲト。』という作品を一緒に作っているのですが、大島さんの作り方はわたしが麻人楽でするやり方(ある意味、音だけで作品が一旦完成する)に似ているのを発見し、興味深いです。idenshi195への参加も経て、語りの精度がより上がっているのも感じます。楽しみです。
(こもだまり)


《出演舞台》
●りくろあれ企画 r.a.02_05「弦月音-ユミハリネ-」
企画・構成:りくろあれ 出演:リンリ./りくろあれ(※こもだ客演)
11/4(月祝)経堂アンティークスタジオみのる
http://komodamari.blog.jp/20191009.html


●クリム=カルム「小さなエイヨルフ=罪過 」
原作:ヘンリック・イプセン 脚本:西荻小虎 演出:sola
11/22(金)〜11/27(水) 新宿眼科画廊 スペース0
http://ooshimatomoe.net/ooor.aooo/archives/1949


●虚飾集団廻天百眼『不思議の国のアリス・オブザデッド』
1/28(火)〜2/3(月)ザムザ阿佐谷
http://www.kaitenhyakume.com/s20.php




------------------------------------------2019.11.3追加発表

[ゲスト出演]■辻真梨乃(つじ・まりの)
prof_2019tsuji
俳優。11歳から16歳まで地元の市民ミュージカル劇団に在籍後、都内の小劇団に客演。今まで演じた役は様々で、特に身体表現を用いる事が多い。寺山修司作品に多く出演。現在はフリー。B機関、虚飾集団廻天百眼、劇団フェリーちゃん等に出演。

→こもだとはA・P・B-Tokyo実験公演「寺山修司コレクション2」(2009)で出会う。廻天百眼「悦楽乱歩遊戯」(2017)、「殺しの神戯」(2018)「闇を蒔く」(2019)と共演が続いた。

辻真梨乃twitter http://twitter.com/tsujimarino

マリノスと初めて会ったのはA・P・B-Tokyo実験公演、昭和さんも一緒だった。そのあと『青ひげ公の城』でヒロインのユディットを演じた同士であることもあり交流はあったが、舞台上で再会したのは2017年だった。
昭和精吾を知るマリノスが「こもださんとイッキさんの李庚順見て泣きました」と言ってくれたり(それは百眼ワンマンライブ開演前の舞台裏だった)、「寺山さんをこういう風に語れるチーム他にないから昭和精吾事務所出たいです」と言ってくれた(それはシアターPOOで飲んでいる時だった)のは、とても嬉しかった。ずっと頭にあったけれど、やっと応えることができると出演依頼したら、3分で快諾のお返事をくれたマリノス!飾らない美しさのある人だから、どんな詩を読んでもらおうか考えると楽しい。(こもだまり)


《出演舞台》
●虚飾集団廻天百眼『不思議の国のアリス・オブザデッド』
1/28(火)〜2/3(月)ザムザ阿佐谷
http://www.kaitenhyakume.com/s20.php




------------------------------------------2019.11.10追加発表

[ゲスト出演]■永井幽蘭(ながい・ゆうらん)※ソワレのみ
prof_201912yuran

シンガーソングライター。1995年より永井綺燐として活動。
ストーリーテラーのFooLFooL、チェロのしゃあみんと共に1998年、音楽と朗読のユニット「VEXATION 」を結成、今はなき「青い部屋」にて球体関節人形をステージに展示する「ヲ人形と音楽会」を主催し好評を得る。
また由良瓏砂(MONT☆SUCHT)、さち(黒色すみれetc)、常川博行(ex.東京グランギニョルetc)等と共に「電氣猫フレーメン」を結成、流動的なメンバーでライブ活動。
近年はソロでのライブ活動ほか、演劇・絵画展への楽曲提供など。

《おもな経歴》
2005 VEXATION 11曲入りCDアルバム「ヴェクサシオン」を発売(https://youtu.be/UfSHwVhZ7qA
2010 電氣猫フレーメンでオムニバスCD V.A. 「Alamode Magazine CD Vol.02」に参加
2017 SAI×りくろあれ幻想音楽劇『贋作マッチ売りの少女』(演劇公演)楽曲担当
2018 チェリー木下 忌まれし扉劇場『インスマウスの影』楽曲担当
2018 創作ユニット「ガラスの小鳥社」絵画展『波打際』楽曲担当、CDアルバム発表



→こもだとは2011年RDO-project 11311「祭」にて共演。

永井幽蘭twitter http://twitter.com/osavorine

幽蘭さんの弾き語りは優雅で、息遣いひとつも表現で、引き込まれます。わたしにはない西洋童話の要素をお持ちのかた。幽蘭さんの音楽は例えるなら繊細なレースが施された美しいアンティークドレス、でもよく見ると裾のその小さな染みは血なのではないか…みたいな、うつくしさ、かわいらしさと残酷さが共存する世界。
幽蘭さんとの共演は2011年以来。その時は幽蘭さん枠に、大島朋恵さんと有栖川ソワレ(現・綾野アリス)さんとともに歌とパフォーマンスで参加。わたしは「わたしはヲ人形」を幽蘭さんのピアノで歌ったりしました(http://komodamari.blog.jp/archives/51847223.html)。

常川さんと一緒のステージも久々とのこと、往年のファンにもみていただけるといいなあ。
(こもだまり)

次&#9758;9/25 昭和精吾事務所BAR■ご依頼&#9758;showaseigo14@gmail.com■昭和精吾事務所代表。語り歌う女優。脚本・演出。寺山修司・岸田理生作品上演。実写妖怪モデル。麻人楽。ヒューマンアカデミー演技講師■客演&#9758;廻天百眼、SAI、青蛾館、田園に死す三沢篇■協力&#9758;FOXPILL CULT
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 告知)廻天百眼Instagramで次回公演のビジュアル公開(1/7写真追加)
  • 告知)廻天百眼Instagramで次回公演のビジュアル公開(1/7写真追加)
  • 告知)廻天百眼Instagramで次回公演のビジュアル公開(1/7写真追加)
  • 告知)廻天百眼Instagramで次回公演のビジュアル公開(1/7写真追加)
  • 告知)廻天百眼Instagramで次回公演のビジュアル公開(1/7写真追加)
  • FPC告知)1/8 新譜「異邦人」発売と1/11レコ発ツーマン「魔界大混乱」まもなく
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
bookLog本棚
メッセージ

名前
メール
本文