バンド・ライブ・音楽

2019年07月25日

血系譜2019)小林桂太さんと追撮

20190725血系譜撮影

8月9日に、去年12月と同じメンバーで再演する麻人楽音楽劇15『血系譜』。
せっかくだからと追加撮影してきました。
わたし演劇の人なのに撮影と録音ばっかりしてるな。


2017年秋、出演者(稲川実加さん、麻宮チヒロさん、左右田歌鈴さん)とロケして本番

その映像販売に向けて、2018年秋、鋤柄拓也さんと追加ロケ

12月、小林桂太さん・左右田歌鈴さんと三人で上演

2019年再演に向けて、桂太さん追加撮影(これが本日。そして写真は今日の撮影の様子)

(7/27追記)音声出演に同じく演劇実験室◎万有引力より森ようこさん決定




曲も脚本も衣装もあるから、本番と同じ条件で撮影できる。本番用の曲かけて撮るのは初めてだ。
FOXPILL CULTカメラマンのノリで行けるかと思ったけど、わたしが預かったカメラが寄りだったので、撮りたいところが切り取るのが難しかった!
勉強になった。
今日の、踊りを撮るようなことは、バンド(演奏)を撮るのに比べて形に幅があるというか、捨てたくない場所がより瞬時に変わっていくから「ああ今あの手先を撮りたいけど!」とか「いまの全身の形が美しいんですけど入り切りません!」というようなストレスが。画角を変えられるカメラか、足元を自由に動けるようにしておかないと狙い通りには撮れないのだと認識しました。迷いがあるからブレまくってるかもしれないな…

そんな苦労があってだから、何テイクも続けてライト浴び続けた桂太さんは終わった途端「暑い!」と上裸になりました(笑)


フリーセッションシーンも撮った。
水もの持ってるしドレスなので多少動きは制限されつつも、桂太さんと呼吸を読みあって動くの楽しかった!自分が仕掛け人だけどやりながら「役得…」と思った。

歌鈴ちゃんとはここ数年、かなりあちこちで共演してるけど、舞台上で目を合わせることは少なかった。百眼では役柄上ほぼ絡んでないし、「糸地獄」は直接対決だけど朗読だからほぼ顔見なかったし、新鮮。
毒子(わたしの役)が妹の薬子(歌鈴の役)に抱くであろう「大人になってきたな」って感慨がちょっとあった。

そしてわたしたちも「暑い!」となったので上裸…にはなれず(笑)


プレビューちょっとしか見てないけど、撮影スタッフに徹してくれた西邑さんが「超いいっすね」を連発してたから、きっといいのが撮れたでしょう。お楽しみに。

そうそう、先日7月23日は、麻人楽を一緒に始めてくれた麻宮チヒロさんの誕生日でした。
チヒロ、すっきー、実はちらっと西邑さんも、映像の中で、この物語の主人公・避雷針売りの家系の人を演じてくれています。誰が過去で誰が未来なのか。おもしろいね。
この上演が終わったら今度こそ映像作品にしよう。


あと半月ほど!ご来場、お待ちしております。

8月9日(金)東高円寺UFO CLUB
FOXPILL CULT企画 「ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭」』

開場/19:00 開演/19:30
【麻人楽は19:30〜19:25 冒頭に上演】

■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d

■対バン■
FOXPILL CULT純情マゼラン虚飾集団廻天百眼

■料金■ 前売2600円+1d  当日3000円+1d

■予約■ 昭和精吾事務所 予約フォーム http://bit.ly/ssj_r

☞イベント詳しくはこちら
http://komodamari.blog.jp/archives/2019-07-16.html



mari_air at 23:00|PermalinkComments(0)

2019年07月16日

告知)8/9金 麻人楽音楽劇『血系譜』を小林桂太さん・左右田歌鈴さんと再演決定

久しぶりに古巣・東高円寺U.F.Oclub。
麻人楽を育んだポトラッチデッドに参加です。

麻人楽音楽劇『血系譜』(原作:岸田理生『吸血鬼』)を、
昨年12月14日の昭和精吾誕生日に合わせて打った企画公演『氾濫原2018』での三人、
わたしと左右田歌鈴さんと、演劇実験室◎万有引力の小林桂太さんとで再び!

さらに音声出演(録音)ゲストに同じく万有引力より森ようこさん!妖しく気高い女村長の独白を、ピンポイントですが印象的に語っていただきます。
乞うご期待!


8/9金  19:30〜19:55 東高円寺U.F.Oclub 
麻人楽音楽劇15『血系譜』

(FOXPILL CULT自主企画『ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭-』にて)

構成・演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽・映像:西邑卓哲 (FOXPILL CULT)

2017tike_cm2


[出演]
毒子:こもだまり
薬子:左右田歌鈴

避雷針売り:小林桂太(演劇実験室◎万有引力)

[Ag.演奏]
西邑卓哲(FOXPILL CULT)

[音声出演]
女村長:森ようこ(演劇実験室◎万有引力)
男:イッキ

[映像出演]
稲川実加・麻宮チヒロ・鋤柄拓也

[スタッフ]
原作:岸田理生「吸血鬼」
衣装製作(毒子・薬子):左右田歌鈴

201812tikeihu4

201812tikeihu2





201908_member


初演は2016年。2018年に追加撮影をして映像強化して、避雷針売りを桂太さん、薬子を歌鈴さんというキャストで再演。今回が血系譜としては三度目、この組み合わせでは二度目となります。


桂太さんは、『奴婢訓』を終えたばかりなのに即答で快諾いただき、夜中に叫びました(笑)
歌鈴さんは、昭和精吾事務所『水鏡譚』のあと、ともに13日に廻天百眼ワンマンライブを終えてきたところ。みんな忙しいのにありがたいです。

西邑さんは6月7月と〆切も多く、ライブも多く、昭和精吾事務所ではひとり四役(宣伝美術・音楽・映像・演奏)の大車輪を乗り越え、歌鈴さんわたしと共に音楽監督とドラム演奏を務めた廻天百眼ワンマンを終えたところ。
7月28日にも元メンバーのプエル氏を迎えたライブを控えていますが、8月自主企画に向けて準備中です。


歌鈴さんの薬子は、可憐な少女から女に変化する刹那をまた瑞々しく見せてくれるでしょう。
避雷針売りの桂太さんは、人がなにかに呑まれていく様が身体から表現できるし、それが色気ある演技につながっています。寺山さん作品では見られない桂太さんだと思うので、お見逃しなく!



桂太さん、歌鈴さんと上演した2018年版の写真はサイトにありますので、
CM作るまではそちらをご参照いただき楽しみにしていただけると幸いです。

作品紹介はこちら 
麻人楽公式はこちら



===================
ご予約受付中!

■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d

■対バン■
▽FOXPILL CULT
▽純情マゼラン
▽虚飾集団廻天百眼


■予約■ 
1)昭和精吾事務所 予約フォーム http://bit.ly/ssj_r

2)下記メール、Twitter、Facebook等でわたし/昭和精吾事務所までご連絡ください。
showaseigo14★gmail.com(★→@)
Twitter : https://twitter.com/mari_air
Facebook: https://www.facebook.com/komodamari6



=================
イベント全体
===================
FOXPILL CULT自主企画
『ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭-』
東高円寺U.F.Oclub
OPEN 19:00 START 19:30
【麻人楽は19:30〜19:25 冒頭に上演】


■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d


LIVE:
FOXPILL CULT純情マゼラン虚飾集団廻天百眼


音楽劇:
麻人楽(昭和精吾事務所)


ポトラッチ2019


mari_air at 12:18|PermalinkComments(0)

2019年07月08日

告知)7/13 廻天百眼レコ発ワンマンライブ「闇が発芽する」下北沢SHELTER

春に出演した廻天百眼 劇場本公演『闇を蒔く』のCD・DVDが全国流通で発売されました。

それにともない収録曲『闇が笑う』のMVも先日公開されました。


わたしも本編とおなじく寺院の総長(主人公姉妹が挑んでくるラスボス)ヘカテー役で出演しています。
MVの撮影は秘境の知る人ぞ知る、閉鎖研究所。
館長の木島巽さんが、わたしのホムンクルスとしてMVにも登場しています。
おなじく閉鎖研究所の美しきデザイナー、琴子さんが装飾で協力してくださり、エンプーサ、モルモが髪飾りをつけています。

そして本題!
7月13日にはCD・DVD発売記念ライブを下北沢SHELTERにて開催します。
なにわえわみさんと私は今回も、音楽監督&ドラム生演奏の西邑卓哲さんの右左にお立ち台をいただき、そこでだいたいずーっと歌っています。ときどき、地上舞台にも舞い降ります。

心よりお待ちしております。




mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)

2019年06月29日

御礼)2019 昭和精吾事務所公演「水鏡譚」終幕

ひさびさの劇場公演、二度めのリオフェス。

集合写真2019



まずは、心にとめてくれた皆様に御礼を。

そして共に作品を作ってくれた仲間たちに感謝を!

2019みんなと




前列大人だけふざけてる場面(本当は「次、楽しい顔して!」って言われた瞬間)。
集合変顔


石井飛鳥さんが撮影してくれた公開ゲネの舞台写真を、最終日には販売していました。
体制が整ったらwebでもまた!

水鏡譚ラスト


急遽ですが、7月3日(水)に昭和精吾事務所BAR 第四夜 @シアターPOO
開催が決定しました。ご予約などは特に必要ありません。そちらで感想など伺えたら嬉しいです。

昭和精吾事務所BAR http://komodamari.blog.jp/ssjbar.html
 

続きを読む

mari_air at 05:17|PermalinkComments(0)

2019年06月07日

水鏡譚)昨年の麻人楽音楽劇『七七火-なななぬか-』本番動画一部公開

本番が近づいてまいりました。
写真だけ見てて「どんなことするんだろ?」な感じだと思うので、
昨年の舞台映像より一部公開いたします。

【注意事項】

1)音声別撮りしたんですがこの動画に編集してません。石井飛鳥さんが撮ってくれてるときのカメラ操作音が冒頭静かなところでちらっと「カリカリ」って入ったままですけどお赦しください。
(それにしても石井さん、一回しか見てないのにズーム等の勘がさすがです。わたしの演技を見慣れてるせいかなあ、今この人撮って!ってところを押さえてくれてました。ありがとうございました!)

2)補助的にすこし映像上で編集していますが、ほぼ舞台のそのまんまです。
バックに流れる映像だけ見ても楽しいと思います。本番では完全には見えないので、バックに流れてる映像を公開したらいいのではというくらいです。


【動画解説】
昭和精吾事務所 公演『七七火-なななぬか-』より
2018年7月6日〜8日 サラヴァ東京




麻人楽音楽劇「七七火」
 原作:岸田理生「火學お七」
 脚本・演出:こもだまり
 音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

 本番映像撮影:石井飛鳥(虚飾集団廻天百眼)
 動画編集:こもだまり

==================
【出演】
ー 女たち ー
お七:こもだまり
女主人(お七だったかもしれない女):稲川実加
マッチ売りの少女(まだ誰でもない少女):左右田歌鈴
少女娼婦つき(お七になるかもしれない少女):餅月わらび
産婆(面):イッキ

ー 吉三かもしれない男たち ー
土地係:鋤柄拓也
暦屋:麻宮チヒロ
質屋(十年前を知っている男):イッキ


【アコースティックギター/ドラム演奏】
音屋:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

==================

これ見て行く気になったら、お申し込みはこちらです!

昭和精吾事務所 http://bit.ly/showaseigo
公演概要 http://bit.ly/skt_z

mari_air at 09:00|PermalinkComments(0)

2019年06月06日

麻邑楽×麻人楽、6年めのはじまり

2014年6月6日に麻邑楽、結成5周年。

麻人楽(まとら)とか麻邑楽(もうら)とか、昭和精吾事務所内で上演始めちゃったから余計にややこしくなってると思うんで、一年に一回の解説します。


最近の中で一番それっぽい写真はこれ!(2018.12『氾濫原』より「銀幕哀吟」)


麻邑楽は音楽ユニットでした。

西邑さん書き下ろし曲をアコギ伴奏でハモって歌う

「語りを入れよう」って言われてわたしの構成で語りで繋いで物語にする[戯楽曲]という形式のライブを始める

ライブハウスで演劇をすることになったから
麻宮チヒロさんと語りながら自分らで舞台上で音響オペしたら大変だった

映像と音を同期させて流しっぱなしで上演したい

オリジナル脚本書けるでしょうと言われて書く。作詞もすることになる。

映像と音と人が同期する(?)方向で稽古

そして現在の形式[音楽劇麻人楽]となりました。

昭和さん亡き後の初めての2016年公演で、事務所のレパートリー仮面劇・犬神のダイジェストを麻人楽音楽劇「犬神抄」(11分)として上演したのを皮切りに、岸田理生「吸血鬼」「火學お七」と手がけて、今年は「草迷宮」です。

麻邑楽は、昭和精吾事務所の詩劇パートで西邑さんがアコギで伴奏してくれてわたしや西邑さんが歌ったりイッキさんが語ったりする、冒頭の写真の、あれが近いです。(ハモってないけど)
あとは、氾濫原でやった生演奏朗読も、かなり麻邑楽的です。

麻邑楽を始めて、西邑さんを昭和さんに紹介して、美術館イベントの下見に同行してもらったら演奏出演することになって、その後も当然のように公演も呼ばれるようになって、今に至る。
改めて、見切り発車した当時の我々を褒めたい。


もっとくわしい歴史は、麻人楽サイトのバイオグラフィにて。
http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/matra/

YouTubeには麻邑楽1stライブ(2014)の動画があります。
麻邑楽で検索したら出てきます。


麻人楽映像は2015年「幻夢」と2017年「犬神抄+s」だけ発売していますが、
他のないの?と言ってくださるお客様があったので、そろそろ販売したいです。


6/6生まれの麻人楽、6歳の年!
成長します。

シアトロン(2017)、藤田幸也氏リアル誕生日ライブ(2018)以来、
麻人楽単体では公演していなかったのですが、そろそろ、武者修行の時期かな…


対バンのご依頼(持ち時間15〜30分とか)お待ちしております。
麻人楽でも昭和精吾事務所でも、個人宛でも(寺山作品の語りで15〜30分とか)できますので、ご相談くださいませ。

本当に単体では久しくやってないですけど麻邑楽(ハモりまくるダブルボーカルユニットという定義でした)への楽曲提供依頼なども承ります。舞台芸術創造機関SAI『BORDERS』のエンディング曲は麻邑楽です。


もろもろのご依頼はこちらまでお気軽に!
showaseigo14★gmail.com(★→@)

mari_air at 23:45|PermalinkComments(0)

2019年05月10日

告知)6/25-27 昭和精吾事務所『水鏡譚』こまばアゴラ/リオフェス2019参加

2017年『血系譜』(原作『吸血鬼』)
2018年『七七火-なななぬか-』(原作『火學お七』)
そして今年は『水鏡譚』。
寺山修司との共同執筆で知られる映画『草迷宮』のリオ版戯曲を軸に、麻人楽音楽劇の新作を作ります。

青森の一人息子の母殺しを描いた長編叙事詩「李庚順」ほか寺山修司の詩を J・A・シーザーの曲に乗せて語る[詩劇]と、
失われた面影と手毬唄を求め彷徨う青年の物語「リオ版・草迷宮」を中心に構成した、映像×音楽×語りの洪水 [幻想音楽劇] の双極で構成した、
昭和精吾事務所版・百物語。



昭和精吾事務所 公演
水鏡譚 -すいきょうたん-
 

f_2019

6/25(火)前夜祭★19:30公開ゲネ※終演後OPパーティあり
6/26(水)15:00、19:30
6/27(木)18:00 

こまばアゴラ劇場


作:寺山修司/岸田理生「草迷宮」「糸地獄」
構成・演出:こもだまり
音楽統括:西邑卓哲(FOXPILL CULT)



天井桟敷の伝説のアジテーター・昭和精吾。
装置もなく、語りの力のみで情景を鮮烈に想起させる彼の技法を継ぐ昭和精吾事務所第二世代が 昭和精吾と所縁のある二人の作家・寺山修司と岸田理生の作品を上演するシリーズ第三弾!



[出演]※名前のLINKは個人twitter

prof_2019ssj_name<
prof_2019_4name



こもだまり
イッキ(アクロスエンタテインメント/なめくじ劇場
西邑卓哲FOXPILL CULT
左右田歌鈴
久津佳奈
ぜん舞台芸術創造機関SAI
岬花音菜


[音声出演]
prof_2019guest_name


のぐち和美青蛾館
大島朋恵りくろあれ
白川沙夜月蝕歌劇団

f_2109_b


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【チケット】(日時指定自由席)
2019年5月14日(火)正午 e+、事務所より同時発売 
水鏡譚チケット


チケット総合案内▶︎http://bit.ly/ssj_ts


入場順:前売→予約→当日

前売・予約 一般3500円/学生2500円
※当日各+500円
公開ゲネ 前売・当日一律 2500円
※公開ゲネ後のオープニングパーティはどなたでもご参加可能です(参加費500円)

※リオフェス通し券10000円取扱あります(リオフェス7演目を一度ずつ見られます)

【会場】こまばアゴラ劇場
目黒区駒場1-11-13
京王井の頭線 駒場東大前駅(東口)徒歩3分
www.komaba-agora.com/

スクリーンショット 2019-05-13 1.13.21


続きを読む

mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)

2019年05月07日

チケット総合案内)2019.6.25-27 昭和精吾事務所「水鏡譚」

チケット総合案内

事務所チケット(前売・予約):5月14日正午発売
イープラス前売:5月14日正午発売

※各フォームは発売日より表示されます
☞公演詳細案内 http://bit.ly/skt_z


●チケット
1)6/26,27
前売 一般3,500円
前売 学生 2,500円
(※当日は+500円)
※学生券は当日受付にて学生証要提示。
 年齢が確認できない場合、差額を頂戴いたします。


2)6/25[公開ゲネ]
前売・当日ともに2,500円
※e+では6/25「限定鑑賞券」という名称です

【リオフェス通し券】
リオフォスの全団体を一回ずつ見られる通し券(1万円)もございます。


受付開始:開演45分前 開場:開演30分前
※開場の5分前より受付時配布整理番号順にご整列いただきます
ご入場順:1.事務所前売→2.e+前売→3.予約→4.当日

【チケット取扱所】


事務所チケット(前売・予約):5月14日0:00発売
●昭和精吾事務所
前売(事前精算) 6月14日23:59まで受付
http://bit.ly/ssj_p

※郵送料82円別途頂戴します。

●昭和精吾事務所
予約(当日精算)公演前日23:59まで受付
http://bit.ly/ssj_r




●e+(イープラス) ※発売日0時までは検索してもヒットしません
イープラス前売:5月14日 10:00発売予定
http://bit.ly/201906e[パソコン・携帯]
昭和精吾事務所「水鏡譚」
※上記リンクで飛べなかったらこちらです
https://eplus.jp/sf/detail/2949640001-P0030001

※6/25「限定鑑賞券2500円」が「公開ゲネ」のチケットです。
※リオフェス通し券をお持ちのかたで、ご来場予約をなさる場合は
昭和精吾事務所までご一報ください。

[昭和精吾事務所]
電話 050-5318-7445
showaseigo14★gmail.com(★→@)






mari_air at 03:40|PermalinkComments(0)

2019年04月24日

FOXPILL CULT最新MV『Holy Mountain』公開(※メインカメラマン)

昭和精吾事務所や麻人楽、廻天百眼、個人プロジェクトでも何かとお世話になっている西邑卓哲さん率いるFOXPILL CULTの5thアルバム『PAGAN WAVE』より、最新MVが公開されました。
(tweetされてるのは短縮版。you tubeにupされたフルバージョンも記事の下の方に貼っておきます。)








MV監督もしてる方達を差し置いてメイン撮影としての紹介で恐縮ですが、
MV用の撮影から最新ライブまで、物販大臣と言いながら(アングル重視で時には柔軟性を活かして変な形になりながら)撮影してきた映像がこうして作品に使われると、やった甲斐があります。
麻人楽の映像考える時にもこういう現場の経験は活かされるし。


youtubeの完全版はこちら。
ストレートなラブソングなのかなと見せかけてオリエンタルにいっちゃう謎の展開からの、西邑氏曰くサンバ展開。どうぞご視聴ください。



この曲の収録されているアルバム『PAGAN WAVE』はライブ会場での物販と、公式通販のほか、
タワーレコード渋谷店・オンライン店でお取扱い。
タワレコ渋谷店での購入のみ、購入特典のTシャツが付きます。
このTシャツの販売予定はありません。
初回納品がすぐ売り切れて、慌てて追加投入した分がまだ少しだけあるみたいなので、ご希望のかたはタワレコ渋谷店へ!






mari_air at 05:26|PermalinkComments(0)

2019年03月20日

2019年3月、このあとの出没予定

3月中にまとめたいことがあったり、
あらたな出演者が決まったり、
お仕事のオファーがあったり、
ヒューマンアカデミーでの演技講師2期めの最終日が近づいてきたり。

そんなわたしの三月の予定まとめ。
「出没」とはなにか!?
つい首を突っ込んでしまう出没加減に、どうぞご期待ください。






それぞれの詳細はこちら!

▶︎3/20 西邑卓哲(FOXPILL CULT)生誕祭/ポトラッチデッドvol.31




▶︎3/27 昭和精吾事務所BAR@新宿シアターPOO 一日ママ&パパ
http://komodamari.blog.jp/20190301.html

▶︎3/31 ナカムラマサ首個展『首茶論-クビサロン-』@ことたりぬ






mari_air at 05:44|PermalinkComments(0)