ホンマアキコ

2016年06月21日

ホンマアキコさんの『白昼夢供戮離皀妊



わたしをモデルにした絵が6月に展示されていました。

高橋郁子氏のidenshi195でお会いした、
ホンマアキコさんの新作です。
(本番と重なっていた為、twitter以外でのお知らせが全く間に合わなくて失礼いたしました…)


今後また展示があればお知らせいたしますので、その際にはぜひ実物をご覧いただきたいです。

ホンマアキコ『白昼夢供
(アートコンプレックスセンター「ACT ART COM -アート&デザインフェアー2016」2016/6/16−19 )

麻人楽や廻天百眼でおなじみの女優たちもモデルになりましたので、併せてご紹介します。
ホンマ氏のサイトのギャラリーにて小さい画像がご覧いただけます。
http://www.ak-truth.com/

[白昼夢シリーズ機Ν供Ν掘Ν検
大島朋恵・こもだまり・稲川実加・仲村弥生

[フラウア・チャイルド供
左右田歌鈴




このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月04日

語りと音楽の会『月想』〜今昔物語集 第二十七巻二十四話より〜

fujimiya.tvのリハーサルを終え、小雨の中帰宅し、軽く食事。
荷物は昨日のうちにまとめてあるので、あとは着替えとメイクして出るのみだ。
着物は決めているが、着物として着るか(衿を入れるか)浴衣にするかでしばし悩み、衿ありに決定。本番は裸足だけど、現地までは足袋で白木の下駄で、普通の着物姿をよそおう。

うちから会場の東中野駅付近は、電車では遠回りで不便なため、荷物も多いし、タクシーで会場入り。まだ個展の営業時間だが、和田さんは楽器を広げ終わってるし、ホンマさんはおみやげの準備始めてるし、みんなそわそわしていて、終いには「ちょっと早いけどいいよね、閉めちゃいましょう」と言いだす(笑)


ホンマアキコ個展
「パアフェクト・ワールド」内特別イベント


 語りと音楽の会
 『月想』〜今昔物語集 第二十七巻二十四話より〜

 二〇一二年八月四日

 脚本:高橋郁子
 語り:こもだまり
 音楽:和田尚悟
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月07日

潮騒の祈り◎衣装あわせ

今日は、衣装を着ての通し稽古で、衣装の最終打ち合わせもした。
美術のホンマアキコさんが衣装監修も担当している。

この企画のスタートの日、まだお会いして2回目なのにも関わらずずうずうしくも「衣装にもホンマさんの絵があったらいいなあ」って私が言ったのが影響したのかどうかはわからないけれど、一回目の衣装合わせの時に試作段階のそれをホンマさんは持参していた。
(その日の様子はホンマアキコさんブログ「ゲシタルト」12/5の記事参照)
その日は予告篇用の写真を撮影する日だったので、これ幸いと(未完成なのに)使わせていただいた。

演出と作家本人の許可を得たので公開。




ガーゼのストール。染めも絵ももちろんホンマさん。
上のブログにも書いてあるけど、演者ひとりひとりお花も色味も違うの。
わたしのいただいたのはこちら(画面ではちょっと青みが強く見えるけど、淡いブルーグレー)。




ベースの衣装との相性もあるけど、演者のイメージも乗っているとのこと。
なんかうれしいな。




これが一番色味がわかりやすいかな。
この縒りの部分も、ホンマさんが作っている。
で、ひとりずつ「醒さんはこうやってちょっと巻いて、クレオ(亜矢香さんのこと)はこういう感じで、まりさんはこう垂らす感じ」とスタイリストさんのようにさくさく決めていったのだった。
楽しいなあ。それぞれが、この『潮騒の祈り』に向けて自分の分野で作業をして、集結する。それぞれの仕事を信頼して、任せて、待っているこのわくわく感。とても気持ちがいい。

本番ではホンマさんの絵や作品が会場に置かれる。照明の萩原克奈恵さんの明かりが加わって出来上がる空間に、わたしたちが音を、言葉を乗せる。
本番のその時間と空間がほんとうに楽しみだ。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)