妖怪

2019年07月20日

掲載情報)モデルを務めた実写妖怪写真が荒俣宏氏の新刊に収録されました




「実写妖怪写真」はカメラマン・野口さとこさんの作品です。
昭和精吾の『団塊パンチ』取材で出会ったカメラマンで、後日「こもださんにお願いしたいことがあります」とご連絡いただいたのが、実写妖怪モデルでした。

2007〜2008年にかけて講談社から刊行されたムック本『日本妖怪大百科』内の企画でした。
雑誌には6妖怪掲載、翌年作品撮りであと2妖怪になりました(こちらは未発表)。

ご覧いただけたら幸いです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798056944/ref=cm_sw_r_cp_api_i_uG3jDb07RVD1V



ちなみに元の『日本妖怪大百科』も、中古でちらほら売っているみたい。
わたしモデルの写真があるのはvol.3,4,6,7,9,10の6冊です。

今回再掲載の打診をくださった当時の編集者のK氏は「また撮り続けて写真集にできるといいですね」とおっしゃってたので、チャンスがあればまたぜひ。
これ以降、(吸血鬼や蛇女、幽霊、狐、人魚など)だいぶ人外を演じたので変身スキルは上がってると思います(笑)

わたしはまだ実物を見ていないので、もし見かけたかたあったら教えてくださいまし。

===================
●2019.7.26追記
===================
手元に届きました!






mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)