森田童子

2018年06月16日

森田童子さんの訃報を受けて/理生さんと昭和さんと李庚順

森田童子さんが今年4月に亡くなっていたと、高取英さんの呟きで知った。

37年前、早稲田大学内でジョイントコンサートがあった。





勾玉をふたつ触れあわさせる時、
そこには硬く透明な音が生まれる。
森田童子の歌は、勾玉の響きのように空に溶けてゆく。
そして空を見上げるとき、そこにはさまざまな漂流物がゆっくりと浮かんでくる。
記憶の遺失物、鳥たちの墓場。
時間は錯綜し、童子の唄を水先案内人に、
不思議空間へと旅立つことができるようになってくるのだ。
森田童子は時間と空間を唄い、
それを人生と名付けているのかもしれない。

時代が凍えて行っても、熱いものを抱えている男がいる。
一個の卵を割るとそこから
溶岩の流れ出す楕円球体を抱えている男がいる。
汽車の響きと心臓の鼓動が同じリズムを刻む男がいる。
昭和精吾が体の中から言葉をあふれさせると、
洪水が起きるようだ。
火の粉が舞って現在[いま]を灼く。
そして火傷の痛みが私たちを目ざめさせてくれるのだ。

岸田理生

==================
中池眞吉 第一回プロデュース 
森田童子×昭和精吾「双頭の歌」

1981.11.5 - 8
早稲田大学 大隈講堂裏 劇団「木霊」アトリエ(※正式には木偏に霊の一文字表記)

昭和精吾[一幕]寺山修司の叙事詩『李庚順』
昭和精吾のひとり旅/J・A・シーザー 音楽/岸田理生 構成選出/大田尾櫻 琵琶

森田童子[二幕]森田童子と黒い天使の四重奏
いま黒い天幕の中は、色鮮かーー 悲しい玩具箱のようです。

制作=吉沢耕/浅田直亮/忍田純子



寺山修司の名作長編叙事詩「李庚順」。
青森の一人息子による母殺しの物語。
昭和精吾の代名詞ともいえる演目で、2013年よりイッキさんとわたしの二人語りで上演を重ねている。
(※昭和精吾 舞台音源 s_05『李庚順』1999ジァン・ジァン公演 はVHSから拾った音なので、2000円にて販売中です)


第12回岸田理生アバンギャルドフェスティバル参加作品として7月に上演する『七七火-なななぬか-』は第二部は理生さんの『火學お七』を音楽劇としてダイジェストで、
第一部はこの寺山修司の長編叙事詩『李庚順』を軸に上演する。

そう、『李庚順』は、このとき理生さんが演出したというご縁がある。

『火學お七』は、このライブの一年後、1982年に初演『恋唄くづし 火学お七』を上演し、昭和精吾も「肉屋の主人」役で出演。
翌年『火學お七』と名も中身も刷新して再演。
40年経っても色褪せない二人の作家、ふたつの作品を、昭和精吾事務所が再生します。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(1)